就活の不安や焦りは禁物?【内定するための3つの対策法】

こんにちは、kaeです。
 
【kaeって誰?】
 
・インターンに連続5社落ちた状態から、1ヵ月で業界No.1企業に内定。
 
 
・700名以上の就活生を指導し、第一志望や6社以上の内定を獲得させる。
 
 
「これから始まる就活で、内定をもらえるか不安で焦ってしまう…」
 
「就活に出遅れて志望する会社は全滅…内定もまだ0社…」
 
今回は、「不安や焦りの気持ちがある就活生」に向けて、「焦りの気持ちを解消して内定を得る方法」をお伝えします。
 
 
就活はやるべき対策をすれば、必ず内定はもらえます。
 
しかもその対策は、今すぐに取り組める誰でもできる内容です。
 
 
しかし、「焦って不安だから何もしたくない…」と、対策をしないままだと…。
 
”卒業間近になっても、内定がない”という状態になりかねません。
 
 
この記事を読めば、最悪の状況は避けられるので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。
 

1.就活の不安や焦りの理由【3つのパターンで解説】

 
まず、「焦りの気持ちには、具体的にどんなパターンがあるのか?」を見ていきましょう。
 
 
ぜひ、あなたに当てはまるパターンを見つけてみて下さい。
 

1-1.パターン➀:就活で内定がもらえるか不安や焦りがある場合

 
1つ目が、「このまま就活を続けて、内定がもらえるか不安…」というパターンです。
 
 
就活を始めたばかりの頃であれば、右も左もわからずに不安だらけですよね。
 
 
私も始めのころは、自己PRを作ることくらいしか思いつかず…。
 
内定を3社ももらっている友達がいたので、漠然とした不安と、焦りの気持ちが消えませんでした。
 
 
 
既に就活が本格化している場合なら…。
 
「友達は内定があるのに自分はまだない…」
 
「志望業界は全滅…就職できないまま卒業しちゃうのかな…」
 
と、不安と焦る気持ちの嵐だと思います。
 

1-2.パターン➁:アピールできることがなくて不安や焦りがある場合

 
2つ目が、「自己PRに書ける強みがない…」というパターンです。
 
 
就活を始めて真っ先に行うのが、自己PR作成だと思います。
 
しかし、「学生時代なにも頑張ったことがない…」
 
「誇れる強みなんて何もない…サークルで遊んでばかりだった…」
 
と後悔しているのではないでしょうか。
 
 
(私は後悔して泣いた経験があります)
 
 
 
部活動や留学経験のある友達は、アピールできる話も豊富です。
 
それに比べて、「自分には何も良いところがない…」と不安になることもあるでしょう。
 

1-3.パターン➂:志望業界が全滅+内定も0社で不安や焦りがある場合

 
就活が中盤になると、「持ち駒がゼロになってしまった…」
 
「エントリーしたい企業がない…この先の就活どうしよう…」
 
と、不安や焦りの気持ちが生まれる就活生も少なくありません。
 
 
 
「また振り出しに戻って、ESを書いて面接練習…辛い…」
 
と、就活を放棄したくなる気持ちも分かります。
 
kae
就活ってなんて残酷なんだ…
 
 
 
では、「どのように不安や焦りの気持ちを解消して、内定を得ることができるのか?」
 
について、次の章で解説していきます。
POINT

まずは、自分に当てはまる、不安や焦りのパターンを理解しよう!

2.焦りはなぜ生まれるのか?【間違った対策をしているから】

 
誰でも、「このままで内定が取れるんだろうか…」と不安になります。
 
kae
不安や焦りは、悪いことじゃないよ!
 
【就活が不安で焦りが生まれる理由】
 
・間違った就活対策を、”無意識に”行っているから。
 
私は、これまで700名以上の就活生に、就活指導を行ってきました。
 
そこで感じたことが、「9割以上の就活生は、”無意識に”間違った対策に時間を割いている」ということです。
 
 
例えば、説明会に片っ端から参加することや。
 
1日や2日書けてESを書くことなどです。
 
 
上記のような(他にもたくさん)就活をしている学生の多くは、内定がない現状です。
 
 
 
 
正しい対策ができていないから、内定がもらえずに不安が生まれるのです。
 
そして、その不安が焦りとなって、襲い掛かってきます。
 
 
 
とは言っても、就活を始めたばかりの頃の私も、不安と焦る気持ちしかありませんでした。
 
 
5社連続でインターンに落ちた時…。
 
 
「こんなに頑張ってESを書いたのに何で落ちるの?」
 
「私なんて、絶対内定もらえない…どうしよう…」
 
と、ネガティブな気持ちでいっぱいになり、就活を放棄した時期もあるくらいです。
 
 
毎日、漠然とした不安が襲ってきて、夜になると泣いていた時もあります。
 
kae
めちゃくちゃしんどかったし、死にたかった…
 
 
「就活が不安で泣いてしまう…」方は、こちらの記事もおすすめです。
 
 
 
 
それでも、何とか自分を奮い立たせて、やるべき対策を続けていました。
 
その結果、第一志望の企業から内定を得ることができたのです。
 
 
周りの就活生よりも、数か月早く就活を終えたので、誇らしい気持ちだったのを覚えています。
 
 
私が内定をもらえた理由は、まぎれもなく「正しい対策」を行ったからです。
 
POINT
就活が不安で焦る気持ちが生まれる理由】
 
・間違った就活対策を、”無意識に”行っているから。

3.不安や焦りを解消して内定を獲得する3つの○○【今すぐできる!】

 
では、「不安や焦りを解消して、内定を得るために、どうすれば良いのか?」を解説していきます。
 
 
就活での不安や焦りは、次の章で解説する”3つの〇〇”で、解決することができます。
 
実際、私はインターンに落ち続け、200文字の自己PRすら書けない。
 
友達のレベルの高さから、就活1日目で「死にたい…」とうつ状態になる。
 
という状態でした。
 
 
しかし、この3つの〇〇を実践したところ、業界No.1企業に内定できたので、あなたにもお伝えします。
 

3-1.対策➀:性格が伝わる自己PRに改善する

 
【対策➀】
 
・性格が伝わる自己PRに改善する。
 
就活で一番重要なのは、自己PRの内容です。
 
内容とは、「凄い結果」ではなく、「どれだけ性格が伝わるか?」という部分です。
 
 
なぜ、自己PRで性格を伝えることが重要かというと。
 
選考で落ちる理由の第一位が、「学生の性格が分からなかった」という理由だからです。
 
 
また、自己PRは毎回の選考で、必ず質問されます。
 
それだけ重要な項目だということです。
 
 
つまり、自己PRでしっかりと面接官に性格をアピールできれば、選考で落ちる確率をグッと下げられるのです。
 
 
 
「私は自己PRに自信があるから!」「面接官に自己PRを褒められたから大丈夫!」
 
と思っているかもしれません。
 
 
しかし、「性格がきちんと伝わる文章を書けているか?」となると、そうでない就活生が多いです。
 
なので、この機会にもう一度、自己PRをブラッシュアップしていきましょう。
 
悩める就活生
性格が伝わる自己PRに作成しなおそう!
 

3-2.対策➁:最終面接へ進める面接対策を行う

 
【対策②】
 
・最終面接へ進める、面接対策を行う。
 
「面接対策なら何度もやってるよ!」と思うかもしれません。
 
 
しかし、現時点で内定がないのなら、面接練習がきちんとできていない証拠です。
 
(正しい方法を知らないだけなので、この記事で対策すれば大丈夫ですよ)
 
 
なぜ面接練習が重要かというと、二次面接以降は「深堀質問」が始めるためです。
 
 
「なぜ?」「どうして?」という面接官の質問に答えられないと、確実に落ちます。
 
 
 
では、どのように面接対策を行えばよいのかというと…。
 
【面接対策の方法】
 
・自己PRに対するQ&Aを、10個作成する。
 
自分の自己PRに対して、あらかじめ質問と答えを用意しておくだけでOKです。
 
 
あらかじめ質問されるであろうことを把握しているので、余裕をもって面接に挑めます。
 
「なぜですか?」と深堀されて、「えっ!なんて答えようっ??」と、手汗びっしょりにならなくて済みます。
 
 
私はこの方法を利用したところ、一時や二次面接で落ちなくなりました。
 
 
ぜひ今すぐ、自己PRに対してQ&Aを作成してみて下さい。
 
kae
志望動機なども同様にやると良いよ!
 

3-3.対策➂選考突破能力を高める

 
【対策③】
 
・選考突破能力を高める。
 
選考突破能力とは、「内定を得るために欠かせない能力」のことです。
 
例えば、筆記試験やエントリーシート、自己PRなどがあります。
 
 
 
どれだけ筆記試験が得意でも、面接が苦手なら一生内定はもらえません。
 
 
企業によっては最終面接で筆記試験を行うこともあります。
 
そのため、面接が得意だとしても、筆記試験が苦手なら普通に落とされます。
 
 
 
内定を3社や4社、あるいは第一志望の内定をもらう就活生は、選考突破能力が高いのです。
 
正しくは、選考突破能力を高めるための努力を行っています。
 
 
私自身も、初めは200文字の自己PRすら書けない状態でした。
 
しかし、対策を続けたおかげで、1ヵ月で第一志望から内定を得ることができたのです。
 
 
 
kae
でもどうやって、選考突破能力を高められるの?
 
では、何をすれば選考突破能力を高めることができるのでしょうか。
 
 
そこで、私が運営している「就活戦略コミュニティ」をおすすめしています。
 
【就活戦略コミュニティとは?】
 
・内定を得るための、戦略的な就活法が知れる、”無料のコミュニティ”です。
コミュニティ内では何が知れるかというと…。
 
 
【就活戦略コミュニティで知れること】
 
・内定がない就活生に共通している、「ダメな自己PRの書き方」とは?
 
・最終面接で、一番重要なたった1つの〇〇。
 
・就活が始まったら、やらないと損する3つの対策について。
 
現在700名以上が参加中です。
 
などなどを、毎日19:30に配信しています。
 
他にも、「就活が不安で自殺まで考えた経験」や「自己PRの添削」なども行っています。
 
無料で参加でき、不要であればすぐ解除できるので、お気軽にぜひ↓。

※アドレス必須

※個人情報は厳選に管理しているので、迷惑メールが届くことはありません。
 
 
 
また、いま就活戦略コミュニティに参加してくれた方には、プレゼントもお渡ししています。
 
【参加するともらえるプレゼント】
 
・何時間も悩んでしまう志望動機を、30分で書き上げる5つのステップ。
 
・kaeがおすすめする、勝ち組就活生に共通する思考法とは?
 
・今日からすぐにできる、ESの通過率をアップさせる1つの行動。
 
※参加後、1通目のメッセージ内でお渡ししています。
 
無料で参加できます。

※アドレス必須

※不要であれば、すぐに解除できます。
 
kae
就活戦略コミュニティに参加して、皆と一緒に選考突破能力を高めよう!
 
POINT

不安や焦りを解消して内定する、3つの対策はコレ!

1.性格が伝わる自己PRに改善する。
 
2.最終面接へ進める面接対策を行う。
 
3.選考突破能力を高める。
 
 

4.卒業間近まで内定がなければどうなる?

 
「卒業まで内定がないとどうなるの…」と不安になりますよね。
 
【卒業間近まで内定がないと…】
 
・人生ハードモードになる。
 
正直、今からでもきちんと対策すれば、内定を取ることは可能です。
 
 
しかし、卒業シーズンになると、採用活動を終えている企業がほとんど。
 
そのため、人気企業や大手企業に内定することは、難しくなります。
 
 
その結果、「名の知れない企業へ就職する」という結末もあり得るのです。
 
 
場合によっては、「有給が取れない…」「朝9時から夜22時まで働いて、手取りはたった15万円…」
 
という、最悪の状況になってしまう可能性も、十分にあります。
 
 
つまり、内定はできたとしても、理想の生活には遠い人生になる訳です。
 
kae
今頑張らないと、今後大変だよ…
 
 
だからこそ、やり直しが効く”今”の時期に、就活と向き合っていきましょう!
 
 
このサイトでは、他にも内定を得る方法を解説しているので、チェックしてみて下さい。
 
 
↑クリックするとブログのトップに飛ぶので、他にも記事が見れます。
POINT

卒業間近の内定は、内定できてもその後の人生がハードモードになってしまう。

 

5.卒業間近で内定がない場合【2つの対策法】

 
では、「もうすぐ卒業なのに、内定がまだない…これからどうしたら良いの?」
 
という方に向けて、2つの対策法をお伝えします。
 

5-1:対策➀:主人公マインドを身に付ける

 
【対策➀】
 
・主人公マインドを見つける。
 
主人公マインドとは、「自分は人生の主人公だ!」という意識を持つことです。
 
 
漫画のワンピースを思い浮かべてみて欲しいのですが。
 
主人公は、最終的には成功を収めますよね。
 
どんなに困難な戦いでも、自分や仲間の力で、最終的には敵に打ち勝ちます。
 
 
そして、あなたの人生は「あなた自身が主人公」なのです。
 
主人公は、友達でもなければ、親でもありません。
 
 
つまり、主人公マインドを持つことで「今は苦しいけど、最後は上手くいくはず!」と思えるのです。
 
 
私も、辛いことがあった時は、「主人公は最終的に成功する…だからまだ頑張ろう!」と思っています。
 
 
このように、少し考え方を変えるだけで、就活が不安で焦る気持ちが解消されますよ!
 
POINT
卒業間近まで内定がない場合の対策法。
 
1:主人公マインドを身に付ける。
 

5-2:対策➁:内定辞退者が出た企業に再応募する

 
【対策➁】
 
・内定辞退者が出た企業に、再応募する。
 
就活が終わりに近づいたからと言って、全ての企業が採用活動を終えたわけではありません。
 
卒業が近づくにつれて、”内定辞退”の数も増えます。
 
 
そして企業は、内定辞退者の穴埋めをするために、学生を再募集します。
 
内定数の多い大手企業であれば、内定辞退者の数も多くなる可能性があるので、チャンスです。
 
 
つまり、卒業間近であっても、十分に内定できるチャンスは残っているという訳です。
 
 
 
興味のある企業のホームページをチェックすれば、再募集が行われているかを確認できます。
 
また、大学の就職センターに情報が届く場合もあるので、チェックしてみて下さい。
 
 
 
チャンスを逃さないためにも、就活から目をそらさず、今すぐ行動していきましょう!
 
POINT
卒業間近まで内定がない場合の対策法。
 
2:内定辞退が出た企業に、再応募する。
 

6.就活の不安や焦りを解消して内定を掴もう!【まとめ】

 
 
 
 
では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
YouTubeやTwitterでも発信しているので、ぜひチェックしてみて下さい。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。