就活が決まらない不安な就活生の5つの共通点!【対策と不安解消法】

kae
こんにちは!

就活が決まるか不安で、解禁3日目に軽いウツになったkaeです。

 

そんな過去もありました・・・。(遠い目。)

 

今回は、就活が決まらないから不安で仕方ない!という貴方に向けて記事を書いていきます。

誰でも就活となると不安な気持ちで一杯になりますし、私もその一人でした。

それでも1か月で、第一志望の業界No.1企業から内定を得たんです!

 

“就活が決まらないから不安”

そんな状態から抜け出せた方法をお伝えします。

では、さっそく始めましょう!

1.就活が決まらない人の5つの共通点と解決法

就男くん
就活が決まらないから不安を抱えている就活生の特徴って何ですか?
kae
就活が決まらない就活生は、5つの共通点があります。

就活に不安しかないと内定取れません【業界No.1内定者が教える内定獲得法】

その5つの特徴とは何か・・・。

1.親の意見を参考にする
2.明日やろうはバカ野郎
3.間違った情報を得ている
4.マインドが間違っている
5.本質を理解していない

 

「就活が不安で仕方ない・・・。」

「就活が決まらなくて不安・・・。」

と感じ、実際に就活が決まっていない就活生には、5つの特徴が存在します。

トントン拍子で就活を進めている人たちは、潜在意識的にこの重要性に気付いています。

 

しかし、当の本人はこの事実に気づかないまま就活を進めてしまっているのです。

(本人が悪いのではなく、事実を教えない周りの環境が悪いです。)

では、1つずつ解説していきましょう。

1-1.5つの共通点と解決法:➀親の意見を参考にする

就活が決まらずに不安を抱えている就活生の多くは、“親“が原因です。

「大手企業に入りなさい。」

「安定した職種につきなさい。」

こういった親の言動に振り回されているのです。

 

これは全て間違っています。

なぜなら、安定した仕事なんて存在しないからです。(この世に安定なんて存在しません。)

 

そもそも、親の意見を受け入れることが間違っているんです。

数十年以上も前に就活を経験した親に、今の就活の何が理解できるのでしょうか?

エントリーの仕組みすら分からない様な人の意見何てアテになりません。(就活指導している人なら別。)

 

といっても、就活を始めた当初の私も、親の意見を参考にしていました。

誰で最初はそんなものです。(不毛さに気づいたので就活相談も一切辞めました。)

 

“大手企業に入れば安泰!“

と少しでも思っているのなら、そんな古臭い腐った価値観は今すぐ捨てた方がマシです。

あなたが本当に望んでいる、理想の未来が手に入る就活をしましょう。

1-2.5つの共通点と解決法:➁明日やろうはバカ野郎

2つ目が、行動が出来ていない事です。

「就活が不安。内定が決まらない・・・。」と不安を抱えている就活生程、大して行動できていません。

エントリーシートを書くのにも時間がかかるし、面接練習も直前になるまで気合が入らない。

 

その気持ち凄くわかります。

ただ、「今はやる気ないも~ん。」と、明日やろうはバカ野郎になる程、就活は決まらないままです。

私は、行動の重要性に気付いてから、就活を成功させた人に直接連絡を取ったり。

その人から就活指導を受けるようにしていました。

この時、行動を起こしていなければ、絶対に就活が決まらないままでしたね。

 

就活生の9割は凡人。

それでも功績を収められているのは、ひたすら行動して就活に挑んだからに過ぎません。

就活が決まらない不安を解消するには、明日やろうはバカ野郎を卒業しましょう!

1-3.5つの共通点と解決法:➂間違った情報を参考にする

これは毎年声を大にして伝えている事ですが、就活生の殆どがムダな就活対策をしています。

結果の出ない間違った情報を鵜呑みにして、就活してもそりゃ決まらないのも当然です。

・自己分析

・説明会

・志望企業の絞り込みetc・・・。

 

上記はムダな就活対策法です。

(何故ムダなのか?は後半で解説しています。)

この様に、意味のない対策が萬栄している事が原因で、自ら結果の出ない就活対策を行っているんです。

就活生が悪いのではなく、間違った情報を流す大人が悪いです。

 

就活で大切なのは、“選考を突破すること“です。

自己分析や説明会、志望企業の絞り込みをしても、選考突破にはつながりません。

むしろ逆効果です。

だからこそ、正しい情報を正しい人からいち早く受け取ることが就活でのポイントになります。

1-4.5つの共通点と解決法:➃マインドが間違っている

就活が決まらないから不安を抱えている就活生に共通しているのが、マインドです。

就活が上手く決まる就活生は、映画主役になれているんです。

就活が決まらない人は、映画の脇役にしかなれていません。

どういうことか?というと・・・。

「私は主人公なんだからきっと上手くいくはずだっ!」と思えているかどうかの違いです。

 

私なんて所詮・・・。

とか考えちゃっていませんか?

そんなしょうもない思考は今すぐ捨てて下さい!

 

あなたの人生は、“あなたが主役“です。

就活が上手く決まっている就活生が主役ではありません。

今、就活が決まらなから不安な思いをしているのは、この後大きな転機が訪れて好転するからです。

映画を面白い展開に操っていくのは、主人公ありきという事を忘れずに!

1-5.5つの共通点と解決法:⑤本質を理解していない

最後が、本質を理解していないという事です。

本質とは、“一番大切な事”です。

就活が決まらないから不安を抱えている就活生は、就活の本質を理解できていません。

 

選考突破能力を上げる。

これが、内定を得る上での最重要課題です。

説明会に参加したからといって、面接での通過率が上がりますか?

「絶対内定とれるぞ!」という自身が湧きますか?

 

もし、選考を突破することだけに注力できていなかったのであれば、今すぐ軌道修正すべきです。

このタイミングで知れたことがラッキーですね!

 

では、選考突破能力を上げるにはどうすれば良いか?については、無料の就活対策メルマガで配信中です。

500名以上参加者がいるメルマガ参加のプレゼントとして、

・強みが無くても自己PRを書く為の○○

・30分で質の高い志望動機を書く3つの方法

・自己分析や説明会、OB訪問が不要な理由

が分かるPDF書籍などもプレゼントしています。

→無料でさらに就活対策法を知る

不要であればすぐ退会できるので、気軽に参加してみて下さいね!

2.就活が決まらない選考段階別の原因

就男くん
選考が進んでる場合の、就活が決まらない人の共通点は何ですか?
kae
では、就活が決まらない原因を選考段階別で見ていきましょう。

 

ここまで、就活が決まらない人の5つの共通点と解決法について解説してきました。

実は、選考段階によって就活を成功させるポイントが存在します。

「選考も中盤・・・。」という場合が多いと思うので、選考段階別に就活が決まらない原因を解説します。

5つの時系列、

1.自己分析の段階

2.説明会の段階

3.志望企業を決める段階

4.ES提出の段階

5.選考の途中段階

これらに分けて解説していきます。

2-1.選考段階別の原因:➀自己分析の段階

まず、初期の段階で「就活が決まらない・・・。」と不安を抱えているのなら、自己分析が原因です。

え?自己分析って不要なの?

とびっくりするかもしれませんが、就活を成功させたいなら今すぐ自己分析は辞めましょう。

 

なぜなら、就活序盤で自己分析をしても内定先は決まらないからです。

自己分析をした事があるなら分かるかと思いますが、“底なし沼“”です。

やってもやっても正解なんてわかりません。

なのに、皆必死に取り組んでしまっているのです。

自己分析よりESを数多く提出することが先ですよ。

 

内定を得た後に「本当に入社したいか?」を決めるためです。

今やるべきことではありません。

内定を得ていない段階で自分の枠や企業を絞るのはいい加減やめましょう。

2-2.選考段階別の原因:➁説明会の段階

説明会も就活生が信じてしまっている迷信です。

説明会に参加するくらいなら、面接練習をして下さい。

企業のIR情報や出版書籍、ニュースを検索すれば、説明会よりも濃い情報が知れます。

 

そもそも、企業が説明会を行うのは、“集客”が目的です。

大手企業はより良い人材を確保するために説明会を行い、企業のファンを増やしています。

その証拠に、参加者にはお土産として商品を渡していますよね?

就活生はあくまで顧客。

として見られている事実に気づきましょう。

 

もちろん、メリットもありますがデメリットの方が多いですが。

半日以上の時間を消耗するくらいなら、上記であげた方法なら1時間で濃い企業情報が分かります。

就活が決まらない就活生程、説明会に参加して不安を消そうとしているのです。

選考突破に繋がらない行動は無駄です。

2-3.選考段階別の原因:➂志望企業を決める段階

就活が決まらない原因の一つが、志望企業を絞っている事です。

志望企業は絞るな!

正直、入社してみないと適正なんて分かりません。

それなのに、自己分析や説明会、業界企業研究をして志望企業を絞ってしまうのです。

 

内々定も決まらない状態で視野を絞るほど、難関になっていきます。

目隠し状態でパズルを完成させるほど難しいです。

業界や企業研究は、自分の適性を絞るためではありません!

あなたの視野を“広げる”ために存在します。

志望業界や企業はより広く、5業界以上の100社以上は選考を受ける事がおススメです。

2-4.選考段階別の原因:➃ES提出の段階

もし、今の段階でES提出数が30社以下なら要注意です。

就活生の平均ES提出数が、30と言われており、内定数が1社です。

つまり、30社へエントリーして1社しか内定を得られないという事になります。

 

100社以上はエントリーしよう。

私がコンサル生に毎年伝えていることは、どれだけエントリー数を増やせるかどうかです。

より、就活を成功させたいならESを提出して内定数を増やすことが大切です。

就活が決まらない不安になっている就活生程、30社以下のES提出数になっています。

 

実際に私は、この重要性に気づいていたので、400社以上にプレエントリーし。

140社以上にESを提出。

その結果、第一志望から内定を得られたのです。

2-5.選考段階別の原因:➄選考の途中段階

ESも通過し、面接を受けていく段階で、こんな事を考えていませんか?

内定を取ったもの勝ち。

もし、内定を取ることが“ゴール”だと思っているのなら、それは間違いです。

 

就活の正しいゴール(正解)は、

人生を自由に操る道を作る

という事です。

きっと、あなたにも叶えたい理想の未来というのが存在すると思います。

しかし、それは就活でしか叶えられない事ではなく、他にも道が複数存在するんです。

就活は人生のターニングポイントでしかなく、理想の未来を手に入れるために一つの手段です。

 

大手に入れば安泰!

有名企業に入れば勝ち組!

こんなことを言っているのは、就活の本当の正解を知らない人達です。(一理あるので否定はしません。)

 

就活が決まらないから不安で仕方ないのは、こういった思い込みがあるからです。

人生はどうにでもなります。

少し楽な気持ちで考えて、明日からの就活に挑んでみて下さいね!

 

無料で配信している就活対策メルマガでは、こういった思考法や具体的な対策法を解説しています。

就活に不安しかない状態から、複数内定を獲得した就活生を多く輩出しているので参考にどうぞ。

→無料でさらに就活対策法を知る

不要であればすぐ退会できます。

3.就活が決まらない不安の解消法

就男くん
就活が決まらないから不安な人の共通点は分かったけど、やっぱり不安です。
kae
そうでうすよね、不安の解消法もお伝えします。

 

「就活が決まらない。」「不安で仕方ない。」

そんな気持ちを解消できる、2つの方法をお伝えします。

1.情報が集まる環境を作る

2.行動できる環境を作る

 

ここまでで、就活が決まらないから不安を感じる原因、正しいマインドを理解できたはずです。

でも、どうしても不安は付きものです。

1つずつ解説していきますね。

3-1.不安解消法:➀情報が集まる環境を作る

正しい情報が集まる環境がなければ、不安は解消されません。

Twitterや友達同士で交わす内容は、薄く本質を見抜けていない情報です。

その証拠に、周りの友達皆、説明会や自己分析に必死でしょう。

 

大学受験をする時でも、塾に通ったり何冊も参考本を買って勉強した筈です。

ネットで大学の情報を調べて、思いをはせていた筈です。

本質を捉えた就活情報を収集することが重要なのは、就活でも同じです。

3-2.不安解消法:➁行動できる環境を作る

正しい情報を収集する為には、“行動”が必須です。

じっと待っているだけでは、情報が集まらないのは当然です。

そのためには、自ら動いていく必要があります。

就活が決まらないから不安を抱えている就活生は、成功している就活生よりも行動量が少ないんです。

ホリエモンさんが出版した多動力という本が有名ですが、本を読んで行動した人は5%もいないです。

しかし、現状を打破したい!と強く思っている人は、あの本をきっかけに行動しています。

今すぐ行動できるかどうか

の違いが、成功か失敗の明暗を分けているんです。

 

行動する初めの第一歩として、私の就活対策メルマガが少しでも役に立てば幸いです。

→無料でさらに就活対策法を知る

不要になればすぐに解除できます。

4.まとめ

就活が決まらないから不安なのはみんな同じです。

それでも内定を得て理想の未来を掴めているのは、正しい情報を掴んで行動しているからです。

たったこれだけの違いで、就活が決まるか決まらないかが分かれます。

今すぐ、あなたの就活に取り入れられる事なのでトライしてみて下さいね!

 

 

こんな間違った選考対策をしていませんか?

 
非効率な説明会やOB訪問、志望の業界決めetc…。
 
私が1か月で業界No.1企業から内定を得られたのは、戦略的に効率的に対策したからです。
 
才能なんていりません。努力した人が報われます。
 
 
・200字の自己PRすら書けず、インターン全落ちでも1カ月で業界No.1&第一志望に内定した秘訣とは?
 
・9割の就活生が知らぬ間に陥っている、負け組就活生の3つの共通点とは?
 
・就活の本質を学び、戦略的、効率的に内定を獲得する為の7つのステップ
 
こんな内容が学べる電子書籍を、期間限定でプレゼントしています。
 
 
就活に不安しか無くても心配要りません。
私なんて自殺すら考えた程です。
少し学んで行動すれば、就活は楽勝なのです。
 
一緒に就活を頑張りましょう。
 
無料で今すぐ電子書籍を読んでみる
※読者500人突破!
※メルマガが不要であればすぐに解除できます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
就活が不安で苦しくて、自殺すら考えたkaeの悲惨な就活時代を記事にしました。
少しでも不安で苦しい気持ちが和らげば幸いです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。