就活が不安な大学3年向け!いつから始める?やるべき対策は?

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

・大学3年だけど、就活をいつから始めるべきか分からず不安…。

 

・何を対策すれば良いのかわからない…。

 

・大学3年なのに就活を何もしていないので、不安でたまらない…。

といった、疑問や悩みを解決します。

 

私は大学2年の春から就活を始めました。初めは、200文字の自己PRすら作れず、不安で泣くほど…。

 

しかし、業界No.1企業に内定しました。

 

ポイントは、「選考を通過するための対策だけ」をすること。説明会やOB訪問をしても、選考は通過できません。なので、今すぐやめるべきですよ😌

 

このような経験をもとに、就活が不安な3年生に向けて、「スケジュールや対策」を解説します。

kae
この記事を読めば、「就活何もしていない…」なんて不安はなくなるよ!

 

1:就活が不安な大学3年向け!いつから始める?

結論として、「今すぐ始めるべき」です。

 

その理由について、先日こんなツイートをしました。

【「就活はいつ始めるべきか論」に終止符を!】

 

結論、「今すぐはじめるべき」です。当たり前ですが、早いに越したことはないから。

 

私は、大学2年の春休みから就活を始めました。それでも、「SPIの対策、もっとしとけば良かったかも…」と思ったほど。

 

なので、「今すぐ」始めましょう😌

このとおりで、後悔する前に「今すぐ」対策を始めましょう。

 

よくある質問1:21卒の就活スケジュールは?

↓2021卒の、就活のスケジュールはこんな感じです。

 

しかし、実際はこのスケジュール通りには進みません。

 

3月よりも早く、ES提出が始まりますし。

面接も3月ごろから始まり、6月には内定が出る人もいます。

なので、乗り遅れないように「今すぐ対策するべき」なんですよね。

 

「大学3年なのに、就活何もしてない…」と思っていても大丈夫です。

kae
次の章で、今すぐできる対策3つを紹介するよ!

 

2:【就活の不安がなくなる!】3つのやるべき対策!

「大学3年のうちにやるべき対策」と理由について、先日こんなツイートをしました。

【大学3年生のうちにやるべき3つの対策!】

 

①基礎質問の対策。

②応用質問の対策。

③(①と②の)面接練習。

 

基礎質問とは:よく聞かれる質問。(例:自己PR)

応用質問とは:難しい質問。(例:キャリアプラン)

 

これで、全質問にバッチリ答えられます。

面接練習で実践力がつくのでおすすめ。

kae
次の章から、対策法を解説してくね!

 

対策1:基礎質問の対策をする

まず、「基礎質問の対策」をしておきましょう。

kae
基礎質問とは:就活で聞かれやすい質問のことだよ!

 

以下の3つの質問の答えを、作っておけばOKです。

質問1.趣味・特技(120文字)

 

質問2.自己PR(400文字)

 

質問3.学業、ゼミ、研究室で取り組んだこと(400文字)

 

具体的な作成方法は、下の記事で解説してるので参考にどうぞ。

→OpenESの趣味は理由が重要!【例文あり・通過率upの書き方】

kae
趣味は、理由の書き方がポイントだよ!

 

→OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】

kae
記事で紹介している、「性格が伝わる書き方」をすれば、高評価になるよ!

 

→学業、ゼミ、研究室で取り組んだことの書き方は「3ステップ」で解決【例文あり】

kae
取り組んだことがない時の、対処法も解説しているよ!

これで、基礎質問の対策は完璧です。

 

対策2:応用質問の対策をする

次に、「応用質問の対策」を行いましょう。

kae
応用質問とは:難しい・聞かれる頻度が少ない質問だよ!(例:会社で成し遂げたいこと)

 

大学3年の今は、この2つを作成しておけばOKです。

質問1.業界の志望理由(150文字)

 

質問2.就活の軸(何文字でもOK)

 

大学3年のうちから「業界の志望理由」を作っておきましょう。

そうすることで、ES作成のときに志望動機がスラスラ書けますよ。

 

また、「就活の軸」も3年のうちに作成しておきましょう。

企業選びの基準になるので、大切です。

kae
この2つが作れたら、応用質問の対策はOK!

 

対策3:(対策1と2の)面接練習をする

最後に、対策1と2の文章を話す「面接練習」をしましょう。

大学3年から練習しておけば、面接本番も余裕になるからです。

 

「面接練習ってどうするの?」という方は、下の動画で練習してください。

 

【一人でもできる!面接練習用の動画】

kae
これで、面接練習はバッチリ!

 

3:就活が不安なら大学3年のうちに「○○」をしておこう!

さらに、大学3年のうちに「○○」もしておくべきです。

「○○」を作っておくことで、ESの質問に答える実力がつくからです。

 

また、本番のESで同じ質問が出たら、コピペで出せます。

すると、ESの提出スピードが上がり、通過率もアップするんですよね。

kae
私はこの方法で、1日に7社に提出でき、業界No.1企業に内定したよ!

 

これができないと、ESの提出スピードが落ちて、通過率も下がります。

結果、内定がない状態になってしまうのです。

kae
なので、「○○」をしておくのはマスト!

 

では、その「○○」は何かというと…。

「ES練習+ストック作成」です。

kae
ES練習とは:過去のESを、実際に書く練習だよ!

 

具体的な「ES練習+ストック作成」の方法は、「就活戦略コミュニティ」でお伝えしています。

kae
就活戦略コミュニティとは:就活の対策法を受け取れる、無料のメールマガジン!

今だけ、参加者限定でプレゼントもあります。

参加者限定のプレゼント内容:強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ!

↓無料で参加できるので、気軽にどうぞ。

 

※不要であれば、すぐ受け取り解除できます。

 

 

不安についてまとめた「【完全版!】就活生が感じてる不安5つと解決法!」の記事もあわせてどうぞ。

 


大学3年の時期に、就活が不安になる気持ちはとても分かります。

ですが、今回お伝えした対策をしておけば大丈夫!

戦略的に就活をして、内定を勝ち取りましょう!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。