【絶対高評価】学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y

楽に、学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容を書けるようになりたいですよね。

正直、大手サイトを見てもイマイチ書き方がわかりにくいし…。

 

そこで、就活戦略では「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を徹底解説!

この記事さえ読めば、書き方はもちろんエピソードの選び方。

書く時のコツや注意点、OpenESの通過率UPの方法まで理解できます。

kae
普通に、学業で取り組んだ内容を書いても、内定は厳しいよ…。
kae
読み終わるころには、高評価の取り組んだ内容が書けてるから、安心してね!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

 

1.学業、ゼミ、研究室で取り組んだ内容を聞く理由

ズバリ、「性格を知りたいから」です。

なぜなら、新卒の就活はポテンシャル採用だからです。

(ポテンシャル採用とは:将来の可能性を重視すること)

転職活動とは違い、実力採用ではありません。

 

そして、このポテンシャルは、「性格」から見極めることができるんですよね。

なので企業は「性格を知るため」に質問しているんです。

kae
この考え方を抑えて、学業、ゼミ、研究室で取り組んだ内容を書こう!

 

 

2.評価される!学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容とは

評価ポイント1.あなたの人柄が伝わること

 

評価ポイント2.学びの活かし方が書かれていること

 

 

評価ポイント1.あなたの人柄が伝わること

さっき伝えた通り、「あなたの性格を伝えること」で評価してもらえるからです。

kae
学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容は「性格」を伝えることが大切!

 

 

評価ポイント2.学びの活かし方が書かれていること

これが書かれているだけで、あなたの志望度が伝わるんです。

例えば、この文章を読めばイメージしやすい。

このことから、「自己成長のために勉強し続ける楽しさ」を学びました!

 

→「ん~、学んだことはわかったけどなんか味気ないな…」とあまり評価されない!

このことから、「自己成長のために勉強し続ける楽しさ」を学びました!

この学びを活かせば、入社後から貪欲に営業経験を積み、知識を吸収できると思っています。また、自己成長の過程で学んだ知識を、会社に還元できる存在として活躍します!

 

→「お!具体的な学びの活かし方も考えてくれてる!志望度が高いな!」と高評価!

kae
学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容には、学びの活かし方を書こうね!

 

では、次の章で学業、ゼミ、研究室の例文を紹介しますね。

(書き方の解説の前に、例文を見た方が理解しやすいので)

 

 

3.面接官の心を掴む!学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の例文

学業では、大学1年から3年間、毎月10冊の読書に取り組んでいます。

 

なぜなら私は、知識を吸収してワクワクする感覚が好きだからです。新しい知識で、脳みそが成長する感覚が心地良いのです。

 

とは言え、怠けたくて、読書を辞めそうになった時期もありました。それでも「サボることで今までの努力を水の泡にしたくない!」一心で継続。継続できるように、起床後1時間は必ず読書を続けて習慣づけを行いました。

 

頑張れた理由は、「将来楽をするために、今頑張った方が得」という私の価値観があるからです。また、「たった千円の投資で、先人が一生かけて集めた知識や思考を、自分のものにできる道具は読書以外ない!」と思っているからです。

 

それだけ、自分の自己成長に対して価値と重要性を感じています。

 

結果、一度も挫折することなく現在も読書を通して自己成長を続けられています。

 

この経験から、改めて「自己成長のために勉強し続ける重要性」を学べました。

 

この学びを活かせば、入社後から貪欲に営業経験を積み、知識を吸収できると思っています。また、自己成長の過程で学んだ知識を、会社に還元できる存在として活躍します!

kae
こんな感じで、学業、ゼミ、研究室での内容を書いてみよう!

 

次の章では、取り組んだ内容を書くための下準備を解説します。

(これができてないと、書くのが大変なので…!)

 

 

4.【重要】学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方

ステップ1.過去のできごとを洗い出す

 

ステップ2.順位付けで1~3位を決める

 

ステップ3.エピソードを深堀する

 

ステップ4.深堀結果を型にあてはめる

 

ステップ5.ブラッシュアップする

(この5ステップに沿って進めていけば間違いなし)

kae
書き始める前に、話すエピソードの素材集めが重要だからね!

 

 

ステップ1.過去のできごとを洗い出す

学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容になりそうなのを、書きだします。

 

 

こんな風に過去のできごとを洗い出せばOK

・大学1年の時から毎月20冊の読書をしていること

 

・友達からいつも明るくて元気づけられるといわれたこと

 

・高校1年の時から祖母の食事の介護をしていること

 

・毎日20分、日課の散歩を継続していること

 

・大学の成績優秀者に3年連続で選ばれたこと

 

コツは、とりあえず書きだすことです。

「凄い内容がない…」と考える人がいますが、ショボい内容で構いません。

だって、新卒就活は実績を求められていないから。

学業、ゼミ、研究室などの取り組みで、あなたの性格を伝えることが大切です。

kae
だから、とにかく思いついたエピソードを書きだしていこう!

 

 

ステップ2.順位付けで1~3位を決める

1位にになった内容を、OpenESや面接で話すネタに決めます。

 

3位までは、必ず順位付けしておきましょう。

「学業で取り組んだ内容を教えてください」プラス、「学業以外で取り組んだ内容は?」と聞かれるので。

kae
だから、1~3位までの順位を決めて用意しておくのがポイントだよ!

 

 

こんな風に順位付けで1~3位を決めればOK

1位:大学1年の時から毎月20冊の読書をしていること

 

2位:友達からいつも明るくて元気づけられるといわれたこと

 

3位:高校1年の時から祖母の食事の介護をしていること

 

4位:毎日20分、日課の散歩を継続していること

 

5位:大学の成績優秀者に3年連続で選ばれたこと

kae
決め方のコツは、「どれが一番性格が伝わりそうか?」と考えることだよ!

 

 

ステップ3.エピソードを深堀する

深堀をして、学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容のネタを揃えていきます。

kae
※ここを適当に取り組むと、後で詰むのでしっかりね!

 

 

こんな風にエピソードを深堀すればOK

深堀は、この5ステップに沿って進めていけば簡単です。

深堀で見つけること1.できごとの背景と感情

 

深堀で見つけること2.印象に残っていることと感情

 

深堀で見つけること3.取り組みと感情

 

深堀で見つけること4.取り組んだ内容の結果と学び

 

深堀で見つけること5.学びをどう活かせるか

kae
「大学1年の時から毎月20冊の読書をしていること」を例に解説するね!

 

 

深堀で見つけること1.できごとの背景と感情

面接官は、学業で取り組んだ背景知識を知りません。

なので、まず深堀から、エピソードの背景を伝える必要があります。

 

また、「なぜ取り組んだのか?」の感情も深堀しましょう。

そうすることで、あなたの人柄が伝わる素材が見つかります。

kae
いきなり取り組んだ内容を伝えても、全く理解してもらえないからね…。

 

 

こんな風にできごとの背景と感情を深堀すればOK

・できごとの背景

学業では、大学1年から3年間、毎月10冊の読書に取り組んだ。

 

→「いつから何をどれだけ取り組んでいるか」がわかりやすい!

・感情

 

→なぜ取り組んだ?→知識を吸収してワクワクする感覚が好きだから。→感覚ってなに?→新しい知識で、脳みそが成長する感覚が心地良いのです。

 

ポイントは、初めて話を聞く面接官でも理解できるように伝えること。

また、「なぜ」だけでなく「なに」を使って深堀しましょう。

「なぜ」だけだと抽象的な答えしか出ません。

ですが、「なに」を使えば、具体的に深堀ができるので。

kae
特に研究などは、わかりやすく専門用語を使わずに説明しようね!

 

どうしても深堀が苦手な人は「【自己分析】なぜなぜより「なぜなに」を使うべき【内定者が解説】」をどうぞ。

 

 

深堀で見つけること2.印象に残っていることと感情

この部分が、学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の核になります。

例えば、挫折経験やチャレンジしたことなどですね。

kae
絶対に、挫折や失敗経験を書かないとダメってことはないんだよ!

 

 

こんな風に印象に残っていることと感情を書けばOK

・印象に残っていること

 

→具体的になに?→怠けたくて、読書を辞めそうになった時期があったこと

・感情

 

→それでも「サボることで今までの努力を水の泡にしたくない!」一心で継続

kae
「なぜ?」「なに?」と自問自答して、考えれば簡単だよ!

 

 

深堀で見つけること3.取り組みと感情

印象に残っていることに対する、取り組んだ内容を書いていきます。

kae
取り組んだ内容は、凄いことじゃなくても評価されるから安心してね!

 

 

こんな風に取り組みと感情を深堀すればOK

・取り組み

 

→何をした?→継続できるように、起床後1時間は必ず読書を続けて習慣づけを行いました

・感情

 

→なぜその取り組みをした?→「将来楽をするために、今頑張った方が得」という価値観があったから。→なぜ?→自分の自己成長に対して価値と重要性だったから。

kae
こんな感じで、取り組んだことの理由も見つけ出していこうね!

 

 

深堀で見つけること4.取り組んだ内容の結果と学び

取り組んだ内容の締めとして、結果と学びが必要です。

kae
ここも、別に凄い内容じゃなくても評価されるから安心してね!

 

 

こんな風に結果と学びを深堀すればOK

・結果

 

→どうなった?→挫折することなく、読書を通して自己成長を続けられた!

・学び

 

→なにを学んだ?→自己成長のために勉強し続ける重要性。→なぜ?→社会人になると多くの人は学生時代ほど勉強をしないから。

kae
「取り組んだ内容から、何を感じたか?」を考えると簡単だよ!

 

 

深堀で見つけること5.学びをどう活かせるか

最初に伝えた通り、学びの活かし方=熱意の表れになります。

kae
あるとないじゃ、志望度の届き方が違うから絶対書こうね!

 

 

こんな風に学びの活かし方を深堀すればOK

・学びの活かし方

 

→活かし方は何かな?→入社後から貪欲に営業経験を積めて、知識も吸収できそう!→他はなにかある?→得た知識を、会社に還元すれば活躍できるかも!

ポイントは、志望する職種と結び付けて考えること。

kae
具体性が生まれると、それだけ信憑性も増すから高評価だよ!

 

ここまでで、学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の素材がそろいました!

次の章で、素材を型にはめて取り組んだ内容を完成させます。

 

 

ステップ4.深堀結果を型にあてはめる

型1.取り組んだ内容+感情を伝える

 

型2.背景を説明する

 

型3.印象に残っていること+感情を伝える

 

型4.取り組み+感情を説明

 

型5.結果+学びを伝える

 

型6.まとめを書く

kae
素材を先に用意しておけば、取り組んだ内容なんて簡単に書けるよ!

 

 

型に当てはめるとこんな感じに完成します

学業では、大学1年から3年間、毎月10冊の読書に取り組んでいます。

 

なぜなら私は、知識を吸収してワクワクする感覚が好きだからです。新しい知識で、脳みそが成長する感覚が心地良いのです。(できごとの背景と感情)

 

とは言え、怠けたくて、読書を辞めそうになった時期もありました。それでも「サボることで今までの努力を水の泡にしたくない!」一心で継続。(印象に残っていることと感情)

 

継続できるように、起床後1時間は必ず読書を続けて習慣づけを行いました。

 

頑張れた理由は、「将来楽をするために、今頑張った方が得」という私の価値観があるからです。また、「たった千円の投資で、先人が一生かけて集めた知識や思考を、自分のものにできる道具は読書以外ない!」と思っているからです。

 

それだけ、自分の自己成長に対して価値と重要性を感じています。(取り組みと感情)

 

結果、一度も挫折することなく現在も読書を通して自己成長を続けられています。

 

この経験から、改めて「自己成長のために勉強し続ける重要性」を学べました。(取り組んだ内容の結果と学び)

 

この学びを活かせば、入社後から貪欲に営業経験を積み、知識を吸収できると思っています。また、自己成長の過程で学んだ知識を、会社に還元できる存在として活躍します!(学びをどう活かせるか)

kae
こんな感じで、学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容を書けたら完璧!

 

 

ステップ5.ブラッシュアップする

何日かかけて学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の質を上げていきましょう。

当たり前ですが、今日作って完璧なものができるわけじゃないんで。

kae
ブラッシュアップすれば、最強の取り組んだ内容ができあがるよ!

 

 

5.内定を獲得するには「内定者の対策法」を知ることが重要!

対策法が知れる公式LINEとは:無料で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる、公式LINE!(959人が登録済み!)

学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容より、「内定者の対策法」を知ることが重要です!

当たり前ですが、他にも重要な対策があるから。

 

対策が万全な人ほど、面接官に評価される自己PRが書けますし。

ESや面接の通過率も上がり、内定しやすくなるんです。

逆に、対策が甘い就活生ほど、ESすら通過できない人もいるほど。

結局、内定がもらえず苦労しちゃうんですよね。

 

「対策法なんて、ググればわかるくね?」って思うかもしれませんね。

しかし、大半の就活サイトは、雇われたライター(その辺の主婦)とかが書いてます。

つまり、就活知識が少ない素人だったりするんです。

なので、ググってでてくる対策法にも限界がある…。

 

だからこそ、「内定者の対策法」を知ることが大切なんです。

そこでおすすめなのが、私の「公式LINE(無料)」です!

959人の就活生が参加し、第一志望への内定実績も多数!

不要なら、いつでもすぐ解除できます。

 

こんな感じで、対策法を無料で受け取れます。

 

私の対策法で、内定した就活生からのメッセージがこちら。

6社内定した強者

アドバイス直後に内定した子

※期間限定で、友達追加した人限定で「強みがなくても書ける!自己PR作成法」などが知れる、電子書籍もプレゼント中!

友達追加は、下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
就活は行動力がある人ほど、成功する傾向にあるからね!

 

ここまでが、学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の作成法でした。

ここからは、注意点などを解説していきます。

 

 

5:OpenESに記入する際の注意点2つ!

注意点1.性格が伝わる文章になるように書く

 

注意点2.専門用語を使わずに書く

 

 

注意点1.性格が伝わる文章になるように書く

性格が伝わらないと、新卒の就活では100%落とされます。

「凄い実績を伝えないと!」と思うかもですが…。

「性格」が伝わらない限り、凄い実績をアピールをしても無駄です。

kae
ステップ2で紹介した、書き方を参考にして書いてみてね!

 

 

注意点2.専門用語を使わずに書く

なぜなら、専門用語が多いと読みにくいからです。

ただでさえ、OpenESは流し読みされるのに、読みにくいとなおさらです。

特に、ゼミの話は専門用語を使いがちだから、要注意ですね。

 

また、面接官は専門用語を知らない場合がほとんど。

kae
だから、専門用語使わずにわかりやすく書こうね!

 

 

6.学業、ゼミ、研究室で取り組んだ内容が書けない場合

取り組んだ内容が書けない時の対処法は、「今からエピソードを作る」ことです。

 

OpenESにかける内容がないなら、作ってしまえば良いだけです。

インターンに参加したり、大学のテストを頑張ってみたりetc。

参考>>【学業で取り組んだ内容がない】今すぐ書ける!2種類の作成法

kae
今からでも取り組めることを、見つけていけば良いから大丈夫!

 

 

自己PR作成法より、「内定者の対策法」を知ることが重要!

なぜなら、自己PRを書いただけでは、内定は取れないから。

まだ、重要な対策が残っているんです。

 

そこでおすすめなのが、私の「公式LINE(無料)」です!

対策法が知れる公式LINEとは:無料で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる公式LINE

959人の就活生が参加し、第一志望への内定実績も多数!

不要なら、いつでもすぐ解除できます。

友達追加は下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
就活は、行動力がある人ほど成功すると思っています!

 

 

という訳で、「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を徹底解説しました!

正直、大手サイトを見るよりこの1記事だけで、完璧に書けるようになります。

初めは難しくても、チャレンジを辞めずに頑張っていきましょう!

 

この記事を読んだ人は「【最新版】この1記事でOpenESの書き方は完璧!通過率UP」も読んでくれています。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。