OpenESの学歴はどこまで書くべき?【書き方は重要でない】

書類
kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y

 

こんな方におすすめ

 

「OpenESの学歴は、いつからどこまで書くべき?」

 

「正しい学歴の書き方が分からない。」

 

「学歴の書き方で差がつくのかな?」

といった疑問や悩みを解決します!

 

 


【筆者(Kae)の実績】

・難関私大から業界NO.1企業に内定(18卒)。

・就活コンサルを行い、第一志望や複数内定者を、700名以上輩出中!

 


このような経験から、「OpenESの学歴はどこまで書けば良いのか」を解説します。


OpenESを始めて書く人でも、この記事1つで絶対に評価される書き方が知れます。

kae
後半では、学歴の書き方より重要な、自己PRとガクチカについても解説するよ!

 

1:OpenESの学歴はいつからどこまで書くべき?

結論、「高校入学から大学の卒業見込みまで」です。

 

中学校は、義務教育なので学歴にかかなくて良いんですよね。

 


kae
私の学歴を例にすると、こんな感じ!

(ダウンロードしたOpenESの学歴欄です)

 


こんな風に、高校から大学まで学歴が書けてれば問題ありません。

kae
大学生の人は、「卒業見込み」にチェックを入れて入力するのをお忘れなく!

 

よくある質問1:アルバイト経験はどこまで書くべき?

アルバイト経験は、書かなくてOKです。

 

kae
アルバイトは学歴ではないので、書く必要ないよ!

 

留学や転学の学歴はどこまで書くべき?

この写真のように書けばOKです。

 

(留学を例にした場合)

 


ちなみに、留学経験は、「1年以上の場合だけ」書くのが基本です。

ただ、アピールしたい時は1年未満でも書いて問題ありません。


kae
OpenESの公式サイトにも、そう書いてあるよ!

短期留学(1年未満)は入力しないのが一般的ですが、アピールしたい場合は入力して構いません。

 

 

これで、「学歴はどこからどこまで書けば良いか?」は完璧です!

 

2:学歴より自己PRとガクチカが重要!【学歴は重要でない】

正直、「学歴をどこからどこまで書くか」は全く重要ではありません。

 


なぜなら、OpenESで一番重要なのは、「自己PRとガクチカの内容」だからです。

kae
学歴をどこまで書くかより、この2つの書き方をマスターすべきだよ!

 

 

自己PRとガクチカは、「性格を伝える書き方」ができれば絶対通過します。


その理由は、面接官が知りたいのは、凄い強みやエピソードより、「就活生の性格」だからです。

 


自己PRの具体的な作成法は、「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」を読めば、完璧に書けるようになりますよ。


ガクチカは「学業、ゼミ、研究室で取り組んだことの書き方は「3ステップ」で解決【例文あり】」で解説しています。

 


kae
また、OpenESは自己PRやガクチカの写真も超重要!

評価される写真について知りたいなら、「OpenESの写真のまとめ記事【証明写真・自己PR写真の作成法】」を読むだけでOK!

 

OpenESのエピソードがない時は「自己分析」で解決!

「客観的データに基づいた自己分析」なら、すぐにエピソードが見つかります。


なぜなら、人は自分のことを客観的に見れない生き物だからです。

つまり、客観的に分析できていないから、”エピソードが見つからない”んですよね。

 

 

そんな客観的データで自己分析できるのが、「キミスカ」というツールです。


kae
こんな感じで、数字や統計がでるよ!
キミスカの診断結果

(私の自己分析結果です)

 


強みや弱み、思考の特徴や適性の職種までわかっちゃいます。

kae
無料だし、超正確だから8万人の就活生が使ってるよ!

 

 

登録が必要ですが、30秒もあればすぐに終わります。

診断するなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

メニューバーの「適性検査」から、すぐに診断可能です。

 

 

 

✓「就活対策メルマガ(無料)」も併せてどうぞ。

対策法が無料で受け取れる、メルマガです。

kae
700人以上の内定者を輩出してるよ!

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

 

これで、OpenESの学歴を、どこからどこまで書くべきかは完璧ですね!

正直、学歴をどこまで書くかは採用に関係しません。

ですが、少しでも印象が落ちないためにも、学歴はきちんと書いておきましょう。


私と一緒に、戦略的な就活をして、内定を勝ち取りましょうね!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

OpenESの趣味の書き方が知りたい人は、「OpenESの趣味は理由が重要!【例文あり・通過率upの書き方】」がおすすめです。


まとめ記事の「OpenESの書き方まとめ!例文と共に解説!【例文あり】」も大人気!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。