【コレを書け!】OpenESの趣味と特技の書き方

kae
こんにちは!趣味はスキューバダイビングのkaeです!
 
海の中って、非日常的でワクワクするんですよね。
自由な時間が流れていて、刺激的な海の中が大好きです。
 
 
 
今回は、「OpenESの趣味・特技の書き方」について、書いていきたいと思います。
 
 
 
こんなあなたにお勧め!

・趣味と特技欄の書き方が分からない!
・趣味と特技の例文を知りたい!
・そもそも趣味も特技もなくて困っている…。
 
 
kae
そんなあなたにお勧めの内容です!
 
 
 
OpenESの趣味・特技欄を魅力的に書けると…。
 
・ES通過率が圧倒的に上がる!
・面接官の興味を引けるOpenESになる!
 
 
 
逆に、上手く趣味・特技欄が書けないと…。
 
・面白みのない、読まれない内容になる。
・つまり、通過率の低いOpenESになる。
 
 
kae
こんな悲しい結末にならない様に、この記事が解決します!
 
 
 
では早速始めましょう!

【OpenESはコレで完璧!】自己PRは「思考」が無いと落ちる!例文あり!

 
 

1.OpenESの趣味・特技欄の前提知識

(実際のOpenESでの趣味・特技欄だよ)
 
OpenESの趣味・特技欄は、上記の図です。
(言わなくても知ってますよね、ごめんなちゃい笑。)
 
 
文字数は、120文字。
特に添付する写真などは必要ありません。
 
 
kae
たった120文字なのに、悩ませてくるんですよねぇ笑。
 
私は、スキューバダイビングが趣味って書いてました。
(年に1、2回しか行かないんですけどね。)
 
 

1-1.感情的価値を伝えることがポイント

OpenESの趣味・特技のポイントは。
 
感情的価値を伝えることです。
 
 
 
感情的価値とは、“自分“が感じた感情や考えのことです。
 
 
なぜなら、面接官が知りたいことは、就活生の人柄だからです。
 
ほとんどの企業は、新卒の学生に、ビジネススキルなんて求めていません。
 
この学生は、採用するに値する人格があるか?を見ているんです。
 
 
 
例えば、映画の感想を話したときに。
Aさんは、「迫力満点で面白かったねー。」とだけ言いました。
 
 
しかしBさんは、「迫力満点で面白かったねー。非日常的で、好奇心旺盛な私にはピッタリだったよ!」
 
と話していたらどうでしょう?
 
 
後者の方が、性格や思考が伝わりますよね。
 
これが、感情的価値です。
 
 
そして、独自の思考となり、差別化できる重要なポイントとなります。
 
 
kae
確かに、Bさんの方が性格が伝わってくるね!
 
 
 
普通過ぎるとダメなんですよ。
(言いたいこと伝わりますかね?)
 
普通過ぎる感想なんて、読んでいてい面白くないですよね?
 
kae
確かに、印象にすら残らないね…。
 
 
これと同じように、OpenESの趣味・特技の欄も、考えていく必要があります。
 
 
ちょっと難しく感じるかもしれませんが、ここから具体的に解説するので安心してくださいね!
 
 

2.OpenESの趣味の書き方と例

 
ではさっそく、趣味の作成に取り掛かっていきましょう!
 
OpenESに趣味を書くときは、たったの3ステップで簡単に作成できます。
 
一緒に作ってみてくださいね。
 
 

2-1.結論を述べる

まず初めに、結論を述べましょう。
 

趣味は、思考と実践の繰り返しです。

 
 
結論は、簡潔に。
1つだけに絞ってくださいね。
 
 
「趣味がない!」って場合は、記事の後半で、趣味の見つけ方を解説しているので、要チェック!
 
 

2-2.背景を加える

次に、背景を伝えていきましょう。
 
背景とは、「なぜそれが趣味になったのか?」だったり、「趣味の説明」をすればOKです。
 

小さな問題でも、思考と実践を繰り返す事で、強靭な脳みそが鍛えられる楽しさに気づいたためです。

 
 
kae
人は、ストーリーを想像することで、話に入り込むんです。
 
そして、より印象に残るんですよ!
 
 

2-3.趣味から得たものを述べる

最後は、趣味から得たものを述べていきましょう。
 
kae
ここでポイントなのが、”感情的価値を伝える”ことだよ!
 
 
感情的価値とは、「独自の思考」や「なぜそう思ったのか?」といったあなたの気持ちのことです。
 
 
例えばこんな感じです。
 
 
視力や体力は衰えますが、思考は年を重ねるごとに価値あるものになると考えています。
10年後の自分に対する大きな投資だと思います。
 
 
 
 
※この部分があるかないかの違いで、大きな差別化になります!
 
(ほとんどの就活生はココが書けていないんですよね。)
 
 
書き手の考えが伝わることで、人間性がより伝わる文章になります。
 
だからこそ面接官に「この子、そういう考えをする子なんだ。」「ちょっと面白そうだな。会ってみたいな。」と思ってもらうことができるんです。
 
 
「普通の文章じゃ面白くない。」って理由が分かって頂けましたか?
 
 

3.OpenESのダメな趣味の例

 
もっと趣味の書き方を理解するために、“ダメ“な趣味の例を見てみましょう。
 
どこがダメなのか?一緒に考えながら読んでみてくださいね。
 
 

3-1.ダメな趣味の例

 
 
【ダメな趣味の例】
 
趣味は、料理です。
最近は、カレー作りにはまっています。
スパイスを1から調合して、自分好みの味に仕上げる事が、至福のひと時です。
元々、料理は苦手だったのですが、カレー作りをきっかけに少しずつ好きになりました。
 
 
(インド人って毎日カレーって本当かな?笑)
 
 
どこがダメなのか分かりましたか?
 
 
 
正解は、感情的価値が全く入っていないという点ですね。
 
この文章を読んでも、「どんな人間なのか?」が伝わってきません。
 
 
私が面接官なら、「へー、カレーのスパイスを1から調合するんだ。」
 
「へー、元々料理は苦手だったんだ。」
 
 
…。
 

え、この子カレー職人??
 
となって終わりです。
全く性格が伝わってきません笑。
 
 
 
もっと、「なぜ?」の説明が欲しいです。
 
「私はこんな性格なんです!」
「こんな考え方をする人間なんです!」
 
って部分を伝えていく必要があります。
 
 
 
では、どの様にこのダメな趣味の例文を、良い例文にするのか?
 
kae
次の章で具体的に解説していきますね。
 
 

3-2.良い趣味の例

先ほどの、ダメな趣味の例文を、良い例文にするには…。
 
感情的価値を伝えていく必要があります。
 
 
そのためには、「なぜそう思ったのか?」「どんな思考をする人間なのか?」から考えていけば見えてきます。
 
 
 
例えばこんな感じです。
 
 
 
【趣味の良い例文】
 
趣味は、料理です。
苦手な料理を克服したくて簡単なカレー作りを始めました。
少し分量が違うだけで違う味になるからこそ、小さな違いに気付く力が磨かれました。
日常から自分を磨く術を見つけ、今後もレベルアップしたいと思っています。
 
 
 
どうでしょう。
 
とっても人間性や性格が伝わる文章になったと思いませんか?
 
 
「何故そう思ったのか?」「どんな考えで取り組んでいるのか?」
 
これらを考えてみて下さいね。
 
 
 
何も、十何年も続けている趣味なんて要らないのです。

(えっへん!)
 
 
kae
感情を伝えて、あなたの思考が伝わる趣味を書いていきましょう!
 
 

4.OpenESの特技の書き方

kae
わぁーん!特技が上手く書けないよー!
 
そんなあなたの為に、特技の正しい書き方について解説していきます。
 
 
OpenESに特技を書くときは、3つのステップに沿って書いていきましょう。
 
 

4-1.結論を書く

まずは結論を書きましょう!
 

特技は、場の空気を読む力です。

 
 
こんな感じで、端的に述べられれば、結論部分はokです!
 
 
 
「こんなのが特技で良いの?」「特技がなくて何を書けば良いか分からない…。」
 
そんな場合は、記事の後半で特技の見つけ方を解説しているので、参考にして下さいね!
 
 

4-2.特技から得た学びを伝える

次は、特技から得た学びを伝えていきましょう。
 
 
kae
ここでも、感情的価値を伝えることがポイントだよ!
 
「どんなことを学んだのか?」「そこにはどんな思いがあるのか?」など、あなたの思考を伝えることで、OpenESの通過率も上がります。
 
 
 
例えばこんな感じ。
 
 
良好な人間関係のためには、中立な立場で客観視できる存在が不可欠だと学びました。
普段から場の空気を読む事で、人の気持ちに対して感受性が豊かになったと思っています。
 
 
 
こんな風に、特技を通した学びや気付き、そこから思うことについて書いてみましょう。
 
難しく考える必要はないので、考えてみて下さいね。
 
 

4-3.企業や周りに貢献する方法を伝える

最後は、企業へ貢献する方法を伝えましょう。
 
 
特技って、言い換えると強みとも言えるんですよね。
 
だからこそ、「企業へ入社した後や、周りへその特技をどう活かすか?」を伝えるべきだと思うんです。
 
 
 
例えばこんな感じで伝えてみて下さい。
 

この”場の空気が読める能力”を活かして、周りから常に必要とされる存在になっていきます。

 
 
会社に貢献できそうなことでも良いですし。
自分の身の回りの人にできそうなことでも良いです。
 
kae
「この特技で誰の役に立てるか?」と考えてみると浮かんできますよ。
 
 
こんな感じで、特技を活かす方法について述べていきましょう!
 
 

5.OpenESのダメな特技の例

 
では、OpenESの特技の書き方を、より深めていく為に”ダメな特技の例文”を見ていきましょう。
 
客観的にみることができるので、どこかダメか一緒に考えてみて下さいね。
 
 

5-1.ダメな特技の例

OpenESでのダメな特技の例文はコレです。
 
 
【ダメな特技の例文】
 
特技は水泳です。
大学3年の全国大会では、メドレーリレーで優勝することができました。
水泳を通して、仲間の大切さを学びました。
 
 
 
kae
どこがダメだか分かりますか?
 
パッと見は良さそうに見えますよね。
 
ただ、これはOpenESでのダメな特技の書き方なんです。
 
 
なぜかというと、”思考”が全く伝わってこないからです。
 
このOpenESの、特技の文を読んで感じるのは、「しんどいことも耐えられる人だろうな。」ということくらいです。
 
 
 
ここまでしっかりと、このOpenESでの、趣味・特技の書き方の記事を読んでくれているあなたなら既に気付いてると思いますが。
 
 
そうです。
 
感情的価値が書かれていないんですよね。
 
 
だから、「この子はどんな考えを持った子なんだろう?」といった、思考の部分が見えてこないんですよ。
 
 
だから落とされるんです。
 
 
 
では、どのようにこのダメな特技の例文を、良い例文へと変えていくのか?について、次の章で解説していきますね。
 
 

5-2.良い特技の例

さっきの特技のダメな例文を、良い例文に変えるとこんな感じになります。
 
 
ポイントは、”感情的価値を伝える”ということです!
 
(うるさいくらい言ってごめんちゃい笑。)
 
 
 
【良い特技の例文】
 
特技は水泳です。
個人の力は他人の支えで何倍にもなると学びました。
人のために自分の能力を発揮することは、最大の人助けだと思います。
組織でも無くてはならない存在になれる様に努めます。
 
 
 
どうでしょうか。
 
 
ダメな特技の例文に比べて、「どんな思考を持った子か?」というのが伝わってきたと思います。
 
特技の会社での活かし方も述べられていてGOODですね!
 
 
 
ちなみに、「全国優勝した。」などの”結果”は消しました。
 
なぜなら、結果よりも”思考”を伝えることが優先だからです。
 
 
kae
結果よりも、あなたの考えが伝わる特技を書こう!
 
 

6.OpenESで趣味や特技がない場合の見つけ方

ここまで、Open ES の趣味・特技の書き方について説明してきましたが。
 
 
kae
趣味がない場合はどうしたら良いのー!
 
kae
すごい特技なんてないよーっ!
 
という場合でも心配無用ですよ。
 
 
 
ここからは、趣味や特技が無くても、今すぐOpenESに書ける趣味や特技を、見つけられる方法について解説していきます!
 
 

6-1.趣味や特技の定義付けを行う

OpenESに書ける趣味や特技が見つからない場合は、定義付けを行いましょう!
 
 
人って、選択肢を絞ることで、圧倒的に判断力が上がるんです。
 
 
趣味が見つからない理由って、「趣味って言うほど長く続けてないし…。」「そこまで好きなことなんて無いし…。」
 
といった事がよぎりますよね?
 
 
また、特技が分からない時も、「そもそも特技ってどこからが特技なの?」「私の特技って凄くないしな…。」
 
って悩みがあると思うんです。
 
 
 
別に最近始めたことでも趣味になるし。
 
友達1人だけに「凄い!」と言われただけのことでも、特技で良いと思うんですよ。
 
 
だからこそ、定義付けをして制限を設けることで、選択肢を絞る必要があるんです。
 
 
 
例えばこんな感じです。
 
 
【趣味の定義】
 
・心がワクワクすること。
 
 
 
こんな感じで、自分の中で趣味の定義を作ってみて下さい。
 
そうすることで、自然と選択肢が絞られて趣味を決めやすくなりますよ。
 
 
kae
特技も同じように定義付けをしてみよう!
 
 

6-2.定義に基づく行動をピックアップする

趣味の定義を決めたら、次はそこに当てはまる行動をピックアップしていきましょう!
 
紙に書き出すなりしてみて下さいね。
 
 
 
例えばこんな感じです。
 
 
【定義(心がワクワクすること)に基づく行動】
 
・朝起きて海の近くを散歩すること
 
・漫画を読むこと
 
・初めてのことに挑戦すること
 
・美味しいご飯を食べること
 
・読書をすること
 
 
 
kae
こんな感じで、ダーッと考えることなく書き出していきましょう。
 
 

6-3.定義に一番合う趣味や特技を抜き出す

最後に、ピックアップした項目を見ながら、「どれが一番定義に合っているか?」を考えて下さい。
 
 
今回の場合は、「どれが一番ワクワクするものか?」ですね。
 
 
 
・読書をすること
(↑一番ワクワクするっ!)
 
 
 
 
1つだけピックアップ出来ましたか?
 
後は、前半で紹介した”OpenESの趣味・特技の書き方”に沿って、作成していけばバッチリです!
 
 
kae
これでOpenESに書く趣味や特技はバッチリだね!
 
 

7.OpenESにこんな趣味や特技を書いて良いの?

OpenESに書く趣味や特技を考えていると、「こんなのでも良いのかな?」と悩むこともあると思います。
 
 
先ほど紹介したように、”定義付け”をして、思考をしっかり伝えられる内容であれば、全く問題ないです。
 
 
kae
でもやっぱり、こんな趣味や特技で良いのか不安…。
 
といったあなたの為に、どうやって趣味や特技として伝えるか、その考え方を解説します!
 
 

7-1.娯楽の代表の漫画やゲーム

しっかり定義付けをして、定義に基づく項目をピックアップした結果…。
 
趣味や特技が、漫画を読むこと。
 
あるいは、ゲームをすることだった場合。
 
「こんな趣味や特技を、OpenESに書いても良いのかな?」といった悩みが出てきますよね。
 
 
kae
しかし、心配無用!
 
 
“あなたの考え”がしっかり伝われば問題ないですよ。
 
 
(凄い趣味や特技じゃないとダメ、って誰が決めたの?って感じですし。)
 
 
 
例えばこんな感じで、あなたの思考を伝えてみて下さい。
 
 
【趣味が漫画を読むことの場合。】
 
趣味は、漫画を読むことです。
創造力が豊かになる感覚が好きでハマりました。
特にONE PIECEは、たった1人の作者で3億円以上ものお金を生み出せた理由を学べる、最高のビジネス書だと思っています。
 
 
 
こんな感じで、あなたの考えを伝えてみて下さい。
 
そうすれば、「こんなの趣味でも特技にもならないよ。」という面接官の脳を操れます。
 
 
大事なのは、あなたがどんな人間か?を伝える事です。
 
趣味や特技の凄さは、重要ではありません。
 
 

7-2.ありがちな内容のピアノや野球

次は、よくOpenESの趣味や特技欄でも書かれる、ピアノや野球についてです。
 
 
kae
皆と同じような趣味や特技になっちゃうよー。
 
と、きっとこんな悩みを抱えてるのではないでしょうか。
 
 
 
でも、そんな時こそ…。
 
感情的価値を伝えるんです!
 
(この記事で100回くらい言ってるな笑。)
 
 
 
例えばこんな感じです。
 
 
【ありがちなピアノが特技の場合】
 
特技はピアノです。
人を感動させる喜びを学ぶことができました。
今後も感動を与えられる仕事が出来るよう、尽力していきたいと思います。
 
 
 
最後の1行で、感情や考えを伝えられているのが分かりますか?
 
 
 
例えみんなと同じ趣味や特技でも、思考を伝えるだけで差別化できるんです。
 
 

8.OpenESにおける趣味と特技の重要性

 
ここまで、たくさんの角度からOpenESでの、趣味や特技の書き方について解説してきました。
 
ただ、OpenESにおける趣味や特技欄の、重要性は低いです。
 
 
もちろん、しっかり書く必要はあります。
 
ですが、OpenESでは趣味や特技よりも、自己PRや志望動機などの方が、重要視されます。
 
 
趣味や特技よりも、自己PRや志望動機の方が、文字数が多く設けられていますよね?
 
それが、重要視されている証拠です。
 
 
kae
だからといって、気を抜いて適当に書くのはダメだよ!
 
 

8-1.趣味や特技は興味を持たせるには最高

OpenESの趣味や特技も、一つの評価基準です。
 
 
そして何よりも、興味性を持たせるには最高な項目です。
 
なぜなら、名前など基本的な情報を除いて、”初めに読む”部分だからです。
 
 
だからこそ、「え?この子面白い!」と思わせる事ができれば、面接官の興味を引けます。
 
 
つまり、その後の自己PRや志望動機まで、しっかりと呼んでもらえる可能性が高くなるわけですね。
 
 
趣味や特技欄は、ある種のフックとして重要なんです。
 
 
kae
たった120文字の趣味や特技だけど、しっかりと作り込んでみようね!
 
 

9.OpenESの趣味と特技のまとめ

OpenESの趣味・特技の書き方はマスターできましたか?
 
もう一度ポイントを、おさらいしておきましょう!
 
 
この記事のまとめ

・特技や趣味欄は思考を伝える事が重要
・趣味は、結論+背景+感情的価値を伝える
・特技は、結論+得た学び+貢献する方法を伝える
 
 
OpenESの趣味と特技はたった120文字だけど、気を抜かずに作成してみて下さいね。
 
 
 
 
今日のひとこと。

小さなことでも、頑張っていれば必ず結果に繋がる!
少しずつで良いから今日も頑張ろう。
 
今日も就活頑張っていきましょう!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。