OpenESの趣味は理由が重要!【例文あり・通過率upの書き方】

kae
こんにちは、Kaeです!
こんな方におすすめ

「OpenESの趣味と特技の書き方を、例文といっしょに知りたい。」

 

「そもそも、趣味と特技がない時はどうしたら良いの?」

 

「書き方を知って、通過するOpenESを作成したい。」

といった疑問を解決します。

 

 

私は、難関私大から業界No.1企業に内定。

何通ものOpenESを作成し、通過経験も豊富です。

また、700名以上の就活生をサポートし、第一志望や複数内定者を多く輩出しています。


こういった経験から、「OpenESの趣味と特技」について解説していきます。

趣味や特技がない場合の、対処法もあるので安心してくださいね。

kae
では、早速始めましょう!

 

 

1:これで高評価!OpenESの趣味・特技の書き方【例あり】

結論として、OpenESの趣味と特技は、2ステップで完成です。

ステップ1:「なにが趣味or特技か?」を書く。

 

ステップ2:趣味or特技である「理由」を書く。

kae
1つずつ解説するね!

 

ステップ1:「なにが趣味or特技か?」を書く

まず、趣味or特技を、結論として書きましょう。

旅行を例にすると、こんな感じです。

趣味は、海外旅行です。

こんなふうに、一旦は結論をひとこと書いてください。

 

 

ステップ2:趣味or特技である「理由」を書く

次に、趣味or特技である「理由」を書いてください。


なぜ理由が必要かというと、120文字以内の指定があるからです。

文字数の指定があるのは、「詳しく知りたいから、具体的に教えてね」という企業の意図があります。


また、企業が知りたいのは「性格」です。

つまり、「特技or趣味である理由」を伝えることで、あなたの性格をアピールできるというわけです。


なので、理由部分はしっかり書いていきましょう。


kae
こんな感じに書くのがおすすめ!

趣味は、海外旅行です。


なぜなら、非日常的な体験をすることで、価値観が広がる感覚がたまらなく好きだからです。


価値観が広がることで、自信のレベルアップにつながると考えています。

こんな風に、「なぜそう思うのか?」という理由を書けばOKです。

kae
思いつかない時は、友達に質問してる感じで考えるのがおすすめ!

 

 

よくある質問:趣味と特技の2つを書くべき?

OpenESでは、どちらか1つに絞るべきです。

また、1つの趣味or1つの特技だけを書きましょう。

なぜなら、1つを掘り下げて伝えたほうが、性格をアピールできるからです。


以下のパターンで考えると、わかりやすいです。

Aさん:趣味は、海外旅行です。特技は、ピアノ演奏です。


Bさん:趣味は海外旅行です。

なぜなら、非日常的な体験をすることで、価値観が広がる感覚がたまらなく好きだからです。

価値観が広がることで、自信のレベルアップにつながると考えています。

 

これだと、Bさんの方が深みがあり、圧倒的に性格も伝わりますよね。

なので、1つの趣味or特技だけを書きましょう。

 

 

2:【OpenESの趣味】文字数も大切な評価ポイント!

この2つのポイントをおさえて趣味を書きましょう。

ポイント1.文字数は120文字ギリギリまで書く

 

ポイント2.文字数が足りない時はプチ情報を書く

 

 

ポイント1.文字数は120文字ギリギリまで書く

8〜9割程度の文字数が書ければ、OKです。

30文字だけとかだと、せっかく性格をアピールできるのにもったいないです。

kae
趣味でも特技でも、頑張って100文字前後を目指そうね!

 

 

ポイント2.文字数が足りない時はプチ情報を書く

「どうしても、120文字も書けません…」という場合は、「プチ情報を書く」のがおすすめです。

趣味や特技のプチ情報を書けば、話が広がり面接も和やかに進みやすいからです。

 

こんな風にプチ情報を書けますよ。

趣味は海外旅行です。非日常的な体験をすることで、価値観が広がる感覚がたまらなく好きだからです。最近は、タイで初めてのゲイバーに行って、新しい世界を経験しました。

 

→「ゲイバーに行ったのか!笑」

 

→「実績だけを書く趣味とは違って、読んでて面白い!」と高評価!

「ゲイバー行ったの?」と、話を広げてくれる面接官もいますよね。

kae
文字数が埋まらない時は、「プチ情報」を書こう!

 

 

3:【超簡単】OpenESに書く趣味や特技がない時の対処法

「趣味も特技もないよ…」人は、このツイートを読めば解決しますよ。

「書ける趣味や特技がないよ…」と思うのは「誰よりも好きなことや、日本1の特技しかダメ」と”錯覚”してるからです。
そんな趣味や特技のある就活生は0.1%ほど。

 

なので、趣味なら「ある程度」好きなこと。特技なら、「自分の中で」得意なこと。と基準を下げて考えてみると思いつくのでおすすめ。

 

「でも、遊び系の内容だと、評価されないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

なぜなら、企業は趣味や特技より、「性格」を重視して採用するからです。

kae
だから安心して、特技や趣味を書けばOKだよ!

 

 

4:さらにOpenESの書き方が知りたいなら!

メルマガでは、さらに「OpenESの書き方」について解説しています!

kae
こんなことが知れるよ!

・エピソードがなくても書ける!ガクチカの作成法とは?

 

・絶対に評価される!志望動機に必要な3つのポイント。

 

※期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成法」もプレゼント中!

現在、700名以上が参加してくれています。

kae
無料で参加できるよ!
 
 

※不要であれば、すぐに解除できます。

 

 


では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

OpenESは多くの企業が取り入れていて、内定に直結することです。

戦略的に就活をして、内定を掴み取りましょうね!

 

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。