【法学部必須!】学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方!

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y

評価される、法学部Verの学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方が知りたいですよね。

(大手就活サイトの書き方は参考にならないし…)

 

そこで就活戦略では「法学部の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を徹底解説!

内定率UPの書き方や例文、注意点なども紹介します。

kae
評価される書き方のポイントをおさえないと、面接官の心はつかめないよ…。
kae
記事を読み終えるころには、確実に納得できる内容ができあがってるはず!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:【評価ポイント】法学部の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容

評価ポイント

評価ポイントは、この2つです。

評価ポイント1.人柄が伝わること。

 

評価ポイント2.強みが活かされていること。

 


その理由について、先日こんなツイートをしました。

 

学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の評価ポイントは2つ!

 

1.人柄が伝わること。
2.強みが活かされていること。

 

この質問で面接官が知りたいのは、「就活生の性格」です。また、強みが活かされた内容であれば、説得力が増し高評価になります。

 

※取り組んだ内容や実績は重要ではない。

 

 

この通りで、面接官が知りたいことは「あなたの性格」です。

社会経験の浅い学生に、実績は求めません。

kae
面接で落ちる理由1位は、「性格が分からないから」なんだよ…。

 

 

また、強みにマッチしているほど一貫性が出て、評価も高くなります。

kae
強みが活かせた内容をアピールしよう!


繰り返しですが、「人柄が伝わること」「強みが活かされた内容であること」を押さえておきましょう!

 

 

強みは「客観的な自己分析」で見つけよう!

強みを見つけるなら、「客観的な自己分析」がおすすめです。


なぜ客観的であるべきかというと、人は客観視すると判断力が高まるからです。

kae
本当の強みを見つけられるんだよ!

 

 

 

しかし、客観的に自己分析できないと…。

本当の強みではないので、アピールしても説得力が生まれませんよね。

自信をもって話せるエピソードも見つからないはずです。

kae
自己分析でミスると、OpenESや面接に通るのも難しくなるよ…。


だからこそ、「客観的な自己分析」が重要になります。

 

 

 

そこでおすすめなのが、この自己分析ツール(無料)です!

kae
就活生の3人に1人が利用してるよ!
私の実際の診断結果


上記は、私の実際の分析結果です。

強みや弱み、適職や性格の傾向など、数十種類もの項目がでてきます。

kae
グラフや数字で見れるから、客観視できるね!


(20種類くらい試した中で、一番精度が高かったです。)

 

 

登録が必要ですが、30秒もあればすぐに終わります。

診断するなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

メニューバーの「適性検査」から、すぐに診断可能です。

 

ちなみに、対策メルマガもおすすめです。

※期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ!」という電子書籍も、プレゼント中。

 

※不要であれば、すぐ解除できます。


kae
自己分析は、今後の就活でも重要だから今のうちにやっておこうね!

 

 

2:【注意点】法学部の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容

注意点

法学部で取り組んだ内容を書く時の注意点は、この2つです。

 

kae
その理由を解説してくね!

 

 

注意点1.専門用語をわかりやすく説明

必ず、「専門用語をわかりやすく説明」しましょう。


なぜなら、分からない言葉があると、内容を理解してもらえないからです。

理解できない内容に、高評価は付きませんよね。

kae
特に、法学部は専門的だから気を付けてね!


なので、「分かりやすく説明」するようにしましょう。

 

 

注意点2.あくまでも伝えるべきは人柄

また、「あくまでも伝えるべきは人柄」です。


前述したとおり、人柄が伝わらないと評価できないからです。

kae
実績は凄くても、「この子嫌な性格だな…」って人だと採用されないよ…。


なので、「性格を伝える」ことを忘れないでくださいね。

 

 

3:【例文】法学部の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容

書き方

 

書き方を解説する前に、法学部の場合の例文を見ておきましょう。

 

今回は、「法学部の学業」の場合で解説します。


kae
法学部の場合の例文はこんな感じ!

大学では、法律について勉強しています。

 

法律の勉強を通して、「知識に投資する重要性」を学びました。

 

なぜなら、法律を知らないことで犯罪者になった事例が、多数あるからです。

 

「知らないだけで損をする」ことがあるのです。

 

そして、「知識に投資する重要さ」は、今後の私の人生にも当てはまります。

 

例えば、役職のある人でも、学びを辞めれば会社から必要とされなくなります。

 

私は、「成長意欲がなくなり能力を磨けなければ、会社にいる価値はない」と思うのです。

 

だからこそ、「50歳、60歳になっても学び続け、価値ある人材になりたい!」と、強く思っています。

 

貴社に入社後も、勉強に対してお金や時間を惜しまず、自己成長への投資を続けて活躍します。

 


kae
この法学部の場合の例文をもとに、書き方の解説をしてくよ!

 

 

【補足】経営・文系の場合の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容

補足で、別の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容を紹介しておきます。


「経営に関して書きたい!」って人は、「【例文で解説!】学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」を参考にどうぞ。


また、文系の人は「文系版!学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方!例文あり」がおすすめです。

 

 

4:【書き方】法学部の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容

画像

取り組んだ内容の書き方は、以下の3ステップでOKです。

 

kae
法学部の例文を使って、解説してくね!

 

 

ステップ1.取り組んだ内容を書く

1つ目に、「取り組んだ内容」を書きましょう。


kae
法学部の場合は、こんな感じでOK!
大学では、法律について勉強しています。

こんな感じで、分かりやすく書ければ問題ありません。

 

 

よくある質問1.学業で取り組んだ内容がないです。

学業で取り組んだ内容がない時は、「何気ない取り組み」でOKです。


前述したとおり、大切なのは「性格を伝えること」だからです。


ただの授業でも、視点を変えれば書けるので今日から始めてみて下さい。

kae
今日1日意識するだけで、書く内容が見つかるよ!

 

 

よくある質問2.ゼミ名がない時の対処法は?

ゼミ名の記入が必要で、ゼミ名がない時は「ゼミ名なし」と記入すればOKです。


kae
例えばこんな風に書いてみてね!

書き方1:ゼミ名はありません。(法律について勉強しています。)

 

書き方2:法律に関して勉強するゼミに所属しています。

 

こんな感じで、取り組んでいる内容が伝われば問題ありません。

 

 

ステップ2.学んだことを書く

2つ目に、「学んだこと」を書きましょう。


kae
例文だと、この部分の内容だよ!

法律の勉強を通して、「知識に投資する重要性」を学びました。

 

なぜなら、法律を知らないことで犯罪者になった事例が、多数あるからです。

 

「知らないだけで損をする」ことがあるのです。

 

そして、「知識に投資する重要さ」は、今後の私の人生にも当てはまります。

 

例えば、役職のある人でも、学びを辞めれば会社から必要とされなくなります。

 

私は、「成長意欲がなくなり能力を磨けなければ、会社にいる価値はない」と思うのです。

 


ポイントは、「人柄を伝えること」です。

その為に、学んだ時の感情や自分の価値観を伝えると、高評価になります。


kae
例文だと、ここの内容だよ!

 

私は、「成長意欲がなくなり能力を磨けなければ、会社にいる価値はない」と思うのです。

 

→「成長意欲の高い学生だな!」と、高く評価してもらえる。

 

kae
「法学部での学びを通して、どんな考えが生まれたか?」と深掘りすると分かりやすいよ!


こんな感じで例文のように、学んだことが書ければ完璧です。

 

 

ステップ3.会社での活かし方を書く

3つ目に、「会社での活かし方」を書きましょう。


この文章があると、熱意や志望度が伝わりやすくなります。


kae
紹介した法学部の例文だと、ここの部分だよ!

だからこそ、「50歳、60歳になっても学び続け、価値ある人材になりたい!」と、強く思っています。

 

貴社に入社後も、勉強に対してお金や時間を惜しまず、自己成長への投資を続けて活躍します。

 

この文章があるだけで、高評価になるのが分かりますよね。

「長く会社に貢献してくれそう!」「活躍してくれそう!」と期待がわきます。


こんな感じで、「会社での活かし方」を書いてみて下さいね。

 


これで、法学部の場合の「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」の書き方はOKです。

 

 

 

もっと書き方が知りたい人は、「100%通過!学業、ゼミ、研究室で取り組んだ内容の書き方【例文あり】」を併せてどうぞ。

 

 

5:【添削】法学部の学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容

「就活戦略メルマガ(無料)」の参加者限定で、添削を受け付けています!

 

参加後すぐ届く、1通目のメールに文章を書いて送ってください。

kae
既に、700名以上の就活生が参加中!


一緒に、評価される取り組み内容に仕上げましょう。

 

 

 

ちなみに、就活戦略メルマガに参加するとこんな内容が知れます。

 

・説明会やOB訪問は不要!9割の就活生が知らない真実。

 

・ESの通過率をアップさせる、今すぐできる提出法とは?

 

・面接攻略法!面接で見られているポイントを解説!…etc。

 

※期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ!」という電子書籍もプレゼント中!

 

※不要であれば、すぐ解除できます。

 

 

 

OpenESや面接では、必ず学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容が聞かれます。

特に法学部だと、専門的な内容なので深掘りされることも多いです。


エントリーシートや面接で落とされないためにも、しっかり仕上げておきましょう!


では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

法学部のあなたにおすすめ!「100%通過するOpenESの書き方!【例文あり】」を参考に書いてみてね!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。