OpenESの自己PRは400の文字数にすべき!【自己PRの書き方解説】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y

 

こんな方におすすめ

 

「OpenESの自己PRの適切な文字数が知りたい!」

 

「自己PRの書き方も知りたい。」

 

「もっと自己PRの内容を良くしたい!」

といった疑問や悩みを解決します。

 

 

【筆者(Kae)の実績】

私は、200文字の自己PRすら書けない状態から、業界No.1企業に内定しました。

これまで、700名以上の就活生を、第一志望・複数内定へと導いています。

 


このような経験から、「OpenESの自己PRの文字数」について解説していきます!

kae
具体的な作成ステップや、自己PRの質を上げる方法も教えるよ!

 

1:OpenESの自己PRの文字数は400文字にすべき!

結論、「400文字ギリギリまで埋めるべき」です。


なぜなら、OpenESの中で自己PRは一番重要視されている質問だからです。

 

その証拠に、趣味は120文字なのに、自己PRは400文字になっていますよね。

また、文字数ギリギリまで埋めることで「志望度の高さ」も伝えられます。


なので、自己PRの文字数は400文字ギリまで書きましょう!

kae
ちなみに、自己PR写真の説明文も、40文字きっちり書こうね!

 

2:【自己PRの書き方解説】400文字書ける4ステップ!

自己PRを400文字で作るなら、この4ステップで書けば簡単です!

 

ステップ1.強みを書く。

 

ステップ2.エピソード+感情を書く。

 

ステップ3.強みの活かし方を書く。

 

ステップ4:自己PR写真+説明文を書く。

 

kae
1つずつ解説してくね!

 

ステップ1.強みを書く

まず、強みを書きましょう。


今回は、「散歩」を例にした自己PRを書いてみますね。

 

kae
例えばこんな感じ!

強みは、散歩で培った「変化に気づく力の高さ」です。

 

こんな風に、まずは強みだけを端的に伝えればOKです。

文字数は、1割くらいを埋める感じだと丁度よくなりますよ。

 

よくある質問1:強み凄い方が良いの?

ちなみに、「凄い強み」は書けなくて問題ありません。


なぜなら、強みがすごくても、性格が伝わらないと落ちるからです。

kae
面接官が一番知りたいのは、「就活生の人柄」だよ!

 

ステップ2.エピソード+感情を書く

次に、「エピソード+感情」を書きましょう。


ここが一番重要で、凄い強みじゃなくても評価されるのは「感情」を書くからです。

感情、つまり性格が伝わり評価してもらえるようになります。


kae
例えば、こんな風に書いてね!

 

毎日の30分の散歩で、この力が身につきました。

 

「散歩でこの強みが身につくか?」」と思うかもしれませんね。

 

しかし、私の散歩はただの散歩ではありません。

 

近所の人や何気ない道の変化を見つけることを、一番の目的にしているんです。

 

なぜなら、「新たな気づきは、脳の成長剤になる」と考えているからです。

 

また、変化に気づく力が高ければ、相手への気遣いや会話などのレベルもUPします。

 

そうすることで、対人能力の高い人材になれると考えているのです。

 

つまり私は常に、「小さな事柄からでも、自分を成長させる糧にしたい!」と考えているんです。

 

散歩は0円で誰でもできます。

 

”たかが散歩”で自分が成長できることは、「最高の学びの教材」だと思い、今も続けています。

 


ポイントは、「感情や考え」を書いて文字数を増やすことです。

kae
上の例文も、私の考えばかり書いてるよ!

 


逆に、エピソード(事実)ばかりだと、評価してもらえません。

あなたの性格が伝わらないから、どんな人が判断できないんですよね。


kae
何度も言うけど、性格が伝わらないと落ちるよ!

 

 

文字数的には、この部分で8割以上書くイメージです。

kae
「文字数が増えない!」って時は、「友達に質問されている感じ」で書けば簡単だよ!

 

ステップ3.強みの活かし方を書く

そして、「強みをどう活かすか?」を書きましょう。


この文章があれば、入社したい熱意も伝えられるのでおすすめです。

 

kae
例文はこんな感じ!

このように、変化に気づく力の高さを活かして、貴社の営業として精進します!


書き方としては、「強みを活かして貢献します!」でOKです。

 


伝えるべきは性格なので、ここの文字数は少なくて構いません。

kae
文字数的には、全体の1割を埋める感覚で良いよ!

 


ステップ1~3の例文を合わせると、文字数は「399文字」です。

 

 

もっと自己PRの作成法を詳しく知りたいなら、「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」がおすすめです。

 

ステップ4:自己PR写真+説明文を書く

最後に、「自己PRの写真と説明文」を書けば完成です!


自己PR写真の説明文は40文字なので、これもギリまで書きましょう。

 


自己PR写真のポイントは、「面接官の興味を惹く」ことです。

そして、説明文で解説するのがおすすめです。


kae
例えば、こんな感じ!
 

説明文:ただの散歩でも、町の小さな変化に目を向けることで「気づく力」が身につきました。(39文字)

 


この写真なら、興味を惹きますよね。

説明文の文字数も、40文字ギリまで埋められています。

 


もっと詳しく自己PR写真の作り方が知りたい時は、「OpenESの自己PR写真は「興味」が大切!【良い・悪い写真は?】」をみて下さい。

 

 

ちなみに、OpenESでは第一印象が大切です。

証明写真について、解説した「OpenESの証明写真のデータ化やサイズ調節!【アップロードまで】」で評価される証明写真を作っておきましょう。

kae
証明写真は、絶対スーツで取るべきだよ!

 

よくある質問2:複数の内容を書いて文字数を埋めても良いの?

絶対1つの内容に絞るべきです。


なぜなら、1つを深堀して伝えることで、深みが出るからです。


あれもこれも伝えていたら、事実ばかりの自己PRになりますよね。

前述したとおり、事実ばかり(=性格が伝わらない)の自己PRは落ちます。


なので、1つに絞って文字数を埋めましょう!

 

よくある質問3:120文字の自己PRの文字数を増やすには?

ステップ3の「エピソード+感情」を書けばOKです。


感情をたくさん書くことで、性格が伝わるので評価されます。


考え方は、友達に「なぜそう思ったの?」と質問されてる感覚で書くとやりやすいですよ。

 

3:自己PRの内容を良くしたいなら「客観的なデータ」が必要!

評価される自己PRには、「客観的なデータ」が必要です。


人は、自分のことになると判断力が鈍るからです。


正しい強みが見つかれば、最強にアピールできる自己PRも作れます。

kae
OpenESも、バンバン通過できるね!

 

 

しかし、間違った強みを自己PRで伝えても、絶対評価されません。

kae
適性検査でも、「虚偽の疑いあり」って出ちゃうかも…。

 

 

そこで、この問題を解決できる、「自己分析ツール」をプレゼント中です!


数字やグラフのデータで客観的に、強みや弱み、適性の職種が知れます。

kae
約8万人の就活生が使ってるよ!

 

 

ちなみに私はこんなデータが出ました。

キミスカの診断結果
kae
自己PRに書く強みが、簡単に見つかるね!

 


私が運営している「就活戦略メルマガ(無料)」に参加後、すぐ1通目のメールで受け取れます。

※期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ」の電子書籍もプレゼント中!

 

 

OpenESの自己PRの文字数は、絶対400文字まで書きましょう。

写真の説明文も、40文字ギリまで埋めるのが大切です。

この記事を読んで、戦略的に就活をして、内定を勝ち取りましょうね!


では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

学業、ゼミ、研究室で取り組んだことの書き方は「3ステップ」で解決【例文あり】」の記事も人気です!

 

OpenESのまとめ記事は「OpenESの書き方まとめ!例文と共に解説!【例文あり】」こちら!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。