OpenESの証明写真のデータ化やサイズ調節!【アップロードまで】

kae
こんにちは、Kaeです!
こんな方におすすめ

「OpenESの証明写真の、データ化・サイズ調節の方法が知りたい。」

 

「そもそも、撮り方やアップロード方法ってどうするの?」

 

「選考でOpenESの提出が必要で、絶対に通過したい!」

という疑問を解決します。

 

 

私は、難関私大から業界No.1企業に内定した18卒です。

OpenESの作成や、通過経験も多数あります。

現在は、700名以上の就活生をサポートし、6社以上の複数内定者も輩出中。


このような経験から、「OpenESの証明写真」について解説していきます。

後半では、OpenESの通過率を上げる”秘策”もお伝えします。

kae
では、早速始めていきましょう!

 


動画で観たい方はコチラ↓

 

1:OpenESの証明写真のデータ化やサイズ調節!【アップロードまで】

まず、データ化する場合は、以下の2つから選べばOKです。

方法1:写真館でデータ化してもらう。

 

方法2:Sma faceを利用してデータ化する。

まず、写真館で証明写真をとった人なら、データも一緒にもらえます。(解決。)

 


写真館で撮影していない人や、スピード写真を利用した場合は…。

「Sma face」を利用すればOKです。

Sma faceとは:専用の写真機で撮影した写真を、無料で6か月間DLできるサービス。


なので、すぐに近くのSma faceで撮影しましょう。

データ化した証明写真を、スマホやPCに保存できます。

kae
これで、証明写真のデータ化はバッチリ!

 

よくある質問1:写真館や写真機で撮った、証明写真がない時は?

そんな時は、スピード写真をデータ化すればOKです。


「スピード写真だと不利にならない?」と思うかもですが、ないよりマシです。

なので、スピード写真で撮影して、PCやスマホに転送しましょう。


ちなみに、OpenESの写真なしについては、この記事で詳しく解説してます。

→OpenESの証明写真や自己PRの写真はなしでOK?【ない場合の対処法】

 

 

次に、サイズ調節ですが、基本的に変更しなくてOKです。

 

というのも、写真館ではもちろん。

写真機で撮影した場合でも、OpenES対応のサイズになっているからです。


kae
参考までに、証明写真のサイズはコレ!

・JPG形式またはPNG形式。

 

・縦型4:3比率。

 

・600×450 pixel(ピクセル)以上。

 

・ファイル容量 5MB以内。

kae
これで証明写真のサイズも、バッチリ!

 

よくある質問2:証明写真の撮影方法は?

以下の3つを守った撮影法が、おすすめです。

おすすめ1:写真館で撮影してもらう。

 

おすすめ2:背景は白色にする。

 

おすすめ3:スーツを着て撮影する。

 

まず1つ目に、写真館で撮影しましょう。


なぜなら、顔のゆがみや目の下のクマ消しなどをしてくれるからです。

これがあるだけで、圧倒的に好印象になるんですよね。

なので、写真館でプロに撮影してもらいましょう。

kae
スピード写真だと、どうしても質が悪い…

 


2つ目に、背景は白がマストです。

ピンクや青とかだと、ちょっと変な奴に思われます。

 


3つ目に、スーツは必須です。

なぜなら、スーツだと好印象になるからです。


あと純粋に、年齢高めの人事は、私服の証明写真を嫌います。

なので、スーツで撮影しましょう。

kae
この3つを守って、証明写真を撮影すればOK!

 

よくある質問3:証明写真のアップロード方法は?

図を見ながらやれば、簡単です。


まず、リクナビのOpenESにログインしてください。

次に、「編集」ボタンをクリック。

 

 


そして、ファイルを選択してアップロードして、保存ボタンを押します。

kae
これで、証明写真のアップロードは完了!

 

2:OpenESを通過するために必須の対策2つ!

もっと、OpenESの通過率を上げたいなら、以下の2つの対策が必須です。

対策1:評価される、「学業やゼミで取り組んだこと」を書く。

 

対策2:OpenESを早く提出する。

kae
1つずつ解説してくね!

 

対策1:評価される、「学業やゼミで取り組んだこと」を書く

1つ目は、「評価される、学業やゼミで取り組んだことを書く」です。


というのも、OpenESの中で重要視されている質問だからです。

(趣味や特技は、120文字なのに対し、400文字。)


なので、内容がショボいと普通に不採用になります。

 

 

とは言っても、「学業やゼミで取り組んだことなんてない…」という場合がほとんどだと思います。


そんなあなたのために、この記事で作成法を解説しました。

取り組んだことがなくても、書ける方法なので、参考にどうぞ。

→学業、ゼミ、研究室で取り組んだことの書き方は「3ステップ」で解決【例文あり】

kae
3ステップで簡単に書けるよ!

 

対策2:OpenESを早く提出する

ここだけの話、早く提出するほど、通過率が上がります。

 

その理由について、先日こんなツイートをしました。

この通りなので、早く提出するのがおすすめです。

 

 

「OpenESの書き方が分からない…」場合は、この記事を見れば簡単です。

趣味や特技、自己PRや志望動機など、書き方をまとめています。

→OpenESの書き方まとめ!例文と共に解説!【例文あり】

kae
これでOpenESの通過率は爆上がり!

 

 

ちなみに、私が無料で運営している「就活戦略コミュニティ」では…。

・業界を絞ると、就活が上手くいない理由とは?

 

・自己分析や説明会、OB訪問を今すぐやめるべき、3つの真実。

 

・強みがなくても書ける、自己PR作成の5ステップについて。

などの「戦略的に、内定を得るための情報」を配信してます。


無料なので、興味がある方は気軽に受け取ってみて下さい。

kae
不要なら、すぐ解除できるよ!

 

 


OpenESの証明写真が悪いと、印象も落ちてしまいます。

なので、プロに綺麗な写真を撮ってもらいましょうね。


では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

このサイトで、戦略的な就活法を学んで、内定を勝ち取っていきましょう!

私は、1か月という最短で、業界No.1企業に内定しました。

 

しかし、就活を始めたころは…。

・200文字の自己PRの作成に、2週間もかかる。

 

・強みや面接で話せるネタがない…。

 

・内定できる自信がなくて、うつ状態になる。

といった悲惨な状態でした。

 

インターンに応募しても、5社連続で不採用。

模擬面接では、「その自己PRの何がすごいの?!」とボロクソに言われるほど。

 

しかし、そこから必死に対策を行ったところ…。

業界No.1企業に内定することができました。

 

「就活戦略コミュニティ」という、私が運営するメールマガジンでは。

その過程で学んだ、就活対策やノウハウを、無料で配信しています。

(→詳細を知りたい方はコチラ)

※現在700名が参加中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。