【OpenES】写真”なし”はあり?写真なしの場合の攻略法も解説

kae
「OpenESって証明写真や自己PRの写真が必要だけど、なしでも良いの?エントリーシートの内容が良ければ通過できるの?どうなのぉお!」
 
リクナビが運営しているOpenESでは、証明写真や自己PRなどで、写真の提出を求められます。
 
しかし、「写真なんて持ってないよ!」って就活生が多いと思うんですよね。
 
 
そこでこの記事では、そんな疑問や悩みを徹底的に解決します。
 
 
 
【この記事の信ぴょう性】
OpenESに関する記事が、上位表示されています。(つまり、Googleに記事の質が高いと認められたという事です。)
 
 
 
【他の記事より優れいている点】
「OpenESや履歴書の写真がなしでも、通過率を上げるにはどうすべきか?」についても、解説します。(上位サイトのどこにも載ってませんでした。)
 
 
 
それでは、早速始めましょう!
 
 
 
 
kae
OpenESって、証明写真や自己PRの写真は、なしでも良いのかな?
 
結論から言うと、OpenESや履歴書では「絶対に写真は必要」です。
 
証明写真も、自己PRや学生時代頑張ったことの写真、全て必須です!
 
 
なぜなら、写真1つ提出するだけでも、通過率を上げられる為です。
 
 
これは、普通のエントリーシートや履歴書を提出する時も、同じことが言えます。
 
 
例えば、下の写真だと、左右どちらに目を惹かれますか?
 
 
 
図が入っている左の写真の方に、注目したかと思います。
 
 
OpenESでも、写真を提出することで、面接官の目を惹き「読んでもらう確率」を上げられます。
 
読んでもらう確率が上がれば、通過する確率も上がるわけです。
 
「それなのに、自ら通過率を下げてどうするの?」という話ですよね。
 
 
 
ちなみに、OpenESやエントリーシートは、基本的に”読まれない”と思って下さいね。
 
特に締め切り直前なんて、何百通とエントリーシートが届くので読まれません。
 
その為にも、文字だらけのエントリーシートに写真を提出し、面接官の目を惹くのです。
 
 
kae
OpenESの通過率を上げるためにも、写真は絶対提出しようね!
 
 
 

2.OpenESの写真なしのデメリット

 
では、OpenESやエントリーシートには、写真が必要だと分かったところで。
 
具体的に、「写真がなしのOpenESだと、どういったデメリットがあるのか?」を、詳しく解説していきます。
 
 
写真がないことで起こるデメリットは3つです。
 
 
 
次の章で具体的な理由と、解決策を解説していきますね。
 
 
 

2-1.OpenESの写真なしのデメリット➀志望度の低さに繋がる

 
まず1つ目のデメリットは、「志望度の低さにつながる」ことです。
 
 
なぜなら、「写真なしのOpenES」=「手抜き」=「志望度が低い」と判断されるためです。
 
 
 
例えばですが、好きな異性のLINEを知りたい場合、どんな手を使ってでも仲良くなりますよね?
 
思い切って話しかけたり、共通の友達に繋げてもらったり。
 
尽くせる手はすべて尽くすはずです。
 
 
OpenESや履歴書をチェックする企業も同じです。
 
「このエントリーシート、写真なしだな…。」と思われると、提出した学生の評価はガクッと下がります。
 
 
なので、OpenESの写真がなしだと、あなたの”志望度は低い”と判断されてしまいます。
 
 
kae
写真なしのOpenESだと、志望度が低いと思われるんだね…。
 
 
 

2-2.OpenESの写真なしのデメリット➁情報量が不足して不利になる

 
2つ目のデメリットは、「情報量が不足して不利になる」事です。
 
 
なぜなら、人が情報を収集するときは、視覚に55%を頼っています。
 
もっと分かりやすい言い方をすれば、第一印象で好印象を残すことができれば、OpenESの評価は上がるわけです。
 
 
しかし、写真なしのOpenESだと、そのチャンスすら逃してしまうことになります。
 
 
つまり、OpenESの写真がなしだと、通過率が下がるという事です。
 
 
 
だからこそ、写真なしのOpenESだと、情報が不足して不利になってしまうのです。
 
 
 

2-3.OpenESの写真なしのデメリット➂差別化できなくなる

 
3つ目のデメリットは、「差別化できなくなる」ことです。
 
殆どのOpenESやエントリーシートは、文字ばかりの情報です。
 
そこで、就活力の高い学生は「写真で差別化」をして、OpenESの通過率を上げようとします。
 
 
しかし、OpenESの写真を提出しないと、差別化すらできませんよね?
 
文字だけで勝負することになってしまいます。
 
さらに、OpenESは手書きではないので、文字の独自性や見やすさも関係ありません。
 
 
つまり、文章の「内容」だけで勝負することになるのです。
 
 
これってメチャクチャ難易度高いと思いませんか?
 
 
例えるなら、草野球しか経験したことのない人が、いきなりメジャーリーグに挑戦しようとする様なものです。
 
 
 
自己PRやOpenESの内容だけで「絶対に他の就活生に勝てる」自信は少ないと思います。
 
写真なしのOpenESで勝負するのではなく、写真を提出した方が通過率も上がるんですよね。
 
 
だからこそ、写真なしのOpenESだと、他の就活生と差別化できずに、通過率が下がってしまうのです。
 
 
kae
OpenESを差別化して通過率を上げる為にも、写真は提出しようね!
 
 
 

3.OpenESの写真で通過率を上げるためにやる事

 
ここまでで、OpenESのは写真は「面接官に好印象と志望度の高さを伝えて、内定率upに繋がる」という事が分かったと思います。
 
逆に、写真なしのOpenESだと、印象が落ち内定率も下がると分かりました。
 
 
kae
でも、どうすれば証明写真や自己PRの写真で、好印象を与えられるの?
 
 
では、どのようにすればOpenESの証明写真で、企業に好印象を与えられるのでしょうか?
 
ポイントは、「好印象を与える」事です。
 
 
 
その為には、写真の撮影法やデータ化の方法、たくさんの対策ポイントが存在します。
 
 
具体的な内容は、OpenESの証明写真の記事で、解説しているのでチェックしてみて下さいね。
 
 
 
 
kae
どうすれば自己PRや学業で頑張ったことの写真で差別化し、OpenESの通過率を高められるの?
 
 
ポイントとしては、「思考をイラスト化する」という事です。
 
 
 
殆どの就活生が、部活やイベントの”風景”を写真で伝えます。
 
その人自身を知るためには、「風景」が大切なのではないんですよね。
 
「思考」を伝えることで、その人自身が伝わるんです。
 
 
だからこそ、企業が求めている学生の「思考」を、イラストで伝えることで、良い意味で目立つ写真が出来上がります。
 
詳しい内容や、写真の作成法などはこちらの記事で解説しているので、ぜひ読んでみて下さいね。
 
 
 
 

4.OpenESを写真なしで提出しないとダメな場合の対処法

 
kae
どうしてもOpenESの写真が無いよ。もう写真なしで提出して良いかな?
 
 
「どんなに頑張っても提出できる写真がない。」という事もあると思います。
 
そんな時は、もう仕方ないので”写真なし”でエントリーシートを提出しちゃって下さい。
 
 
 
ただ、確実に印象は良くないです。
 
写真があるOpenESは、第一印象が悪くなることは無いですが。
 
写真なしのOpenESだと、「この学生やる気ないのかよ。舐めてるな。」と、企業側の印象は確実に落ちます。
 
 
 
だからこそ、少しでもOpenESの通過率を上げるために、秘策を使いましょう。
 
 
秘策とは、「OpenESの質を上げる事」です。
 
 
 
「な~んだ、そんな事かよ。」と思うかもしれませんが、侮ることなかれ。
 
正直、OpenESの写真がどれだけ良くても、自己PRや学業で頑張ったことの質が低ければ、簡単に落ちます。
 
 
つまり、写真なしのOpenESでも「内容の質を上げれば通過率は上がる」という事です。
 
 
OpenESの各質問についての答え方は、こちらの記事で解説しています。
 
今すぐチェックしてみて下さいね!
 
 
 
 
 
 
kae
写真なしのOpenESでも、諦めないでね!チャンスは絶対にあるから!
 
 
 

5.OpenESの写真なしについてのまとめ

 
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
 
OpenESの写真なしについて、まとめておきましょう。
 
 

この記事のまとめ

➀OpenESでは写真は絶対に提出しよう!
 
➁写真なしのOpenESは、志望度の低さや通過率downに繋がってしまう。
 
➂どうしても写真が無い時は、OpenESの内容で勝負だ!
 
 
 

今日のひとこと。

OpenESって、就活で初めて使用するものだから慣れないですよね。
 
なのでいきなり「自己PR写真を提出して下さい。」などと言われて、「写真持ってないし!」なんてハプニングもあると思います。
 
 
ただ、どんな状態でも必ず解決策はあります。
 
落ち込まずに今できる事から取り組もうね!
 
その時に、私の就活ブログの内容が役に立てば幸いです。
 
 
では、今日も就活頑張っていきましょう!
 
 
 
就活対策メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。