OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】

kae
こんにちは、Kaeです!
こんな方におすすめ

 

「OpenESの書き方や、例文が知りたい!」

 

「そもそも、強みがない…。エピソードの選び方や、ガクチカとの違いって何?」

 

「通過率を上げて、内定&就活を成功させたい!」

といった悩みや疑問を解決します。

 

 

 

【Kae(筆者)とは?】(→プロフィールを見る。)

私は、難関私大から、業界No.1企業に内定。(18卒)

現在までに、700名以上の就活生をサポートし、第一志望内定者を多数輩出しています。

自己PRの添削を行い、通過経験も豊富です。

 

 

このような経験から、「OpenESの自己PR」について解説していきます。

kae
後半では、強みの見つけ方も解説してるよ!

 

 

OpenESの自己PRは「客観的な自己分析」が重要!

前提として、OpenESの自己PRには「客観的な自己分析」が重要です。

 

なぜなら、本当の強みをアピールしないと評価されないからです。

 

また、人は客観的に判断すると、「判断力が2倍」になります。

kae
本当の強みを見つけられると、就活は勝ちだね!

 

 

 

しかし、客観的な自己分析ができないと…。

・自己PRをアピールしても評価されない

 

・本当の強みをアピールできない

なんて最悪の状況になることもあり得ます。

kae
自己分析をミスると、内定は厳しいよ…。

 

だからこそ、「客観的な自己分析」が重要なんです。

 

 

 

そこでおすすめなのが、この自己分析ツール(無料)です!

kae
就活生の3人に1人が利用してるよ!

(これは実際の私の分析結果の図です)

 

こんな風に、数値とグラフで分析できるので、客観的に強みが分かるんですよね。

強みはもちろん、弱みや適職など数十種類が分析できます。

kae
20種類くらい試した中で、一番精度の高いツールだよ!

 

 

そこで、このツールを下記から診断可能です!

登録が必要ですが、30秒もあればすぐに終わります。

診断するなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

メニューバーの「適性検査」から、すぐに診断可能です。

 

kae
客観的な自己分析ができた人から、作成を始めていこうね!

 

 

✓「就活対策メルマガ(無料)」も併せてどうぞ。

対策法が無料で受け取れる、メルマガです。

kae
700人以上の内定者を輩出してるよ!

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

 

 

1:OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】

結論、以下の4ステップでOKです。

kae
1つずつ解説してくね!

 

ステップ1.強みを書く

まず、強みを書きましょう。

結論を先に伝えるのが、自己PRの基本です。


kae
書き方はこんな感じ!

強みは、知識欲求が高いことです。

長すぎると、何を伝えたいのか分かりにくいので、端的に書きましょう。

 

よくある質問1:凄い強みじゃなくて良いの?

その理由について、先日こんなツイートをしました。

 

自己PRは「性格を伝える書き方」ができればOKです。

 

というのも、面接官が一番知りたいのは「人柄」だから。
20歳そこらの学生に、凄い強みなんて期待しません。

 

「強みがショボいと落ちるじゃん」と思うかもですが、性格が伝わらない方が落ちます。
なので、「性格を伝える」ことだけ考えれば良い。

 

上記のとおりで、性格が伝わらないと落ちます。

仮に、凄い強みがあっても、性格が伝わらないと落ちます。

(大事なので2回言いました。)


なので、強みはショボくても全然OKです。

 

よくある質問2:そもそも強みがないです…

そんな時は、以下の2つの方法で解決できます。

方法1.「自分の中での強み」を考える。

 

方法2.先にエピソードから考える。

 

1つ目の方法として、自分の中の強みを見つければOKです。


なぜなら、「強みがない…」と思うのは、「他人と比べている」から。

なので、自分の中での「コレかな?」と思うものを書きましょう。

kae
面接官が知りたいのは、「あなた自身のこと」だよ!

 


2つ目の方法は、先にエピソードを考えることです。


正直、強みにマッチするエピソードってないですよね。

なので、「話したいエピソード→発揮した強み」の順で考えれば、解決できます。

kae
次の章の、ステップ2から考えよう!

 

ステップ2:エピソード+感情を書く

次に、エピソード+感情を書きましょう。


なぜなら、強みを発揮したエピソードは、説得力を生むからです。

感情を伝えれば「性格」が伝わるので、高評価にもなります。


なので、エピソード+感情は重要です。

 


kae
書き方はこんな感じ!(太字が感情だよ)

読書が好きで、月に20冊の本を読みます。

 

なぜなら、新たな知識を学ぶ時の、「成長している感覚」が堪らなく好きだからです。

 

また、「得た知識が、生活の役に立って楽しい」という想いもあります。

 

たまに、「サボりたいな…」という気持ちも生まれます。

 

しかし、「毎日の小さな積み重ねが、将来のラクに繋がる」と考えると、頑張ることができるんです。

 

なので、”自分への投資”として、読書を続けています。

 

書き方は、「友達に質問する」感じで考えれば、簡単です。


kae
こんな感じ!

友達:「毎月20冊の本を読んでるよ」

 

あなた:「どうして本を読んでるの?」

 

友達:「知識を学ぶのが楽しいからだよ!」

 

あなた:「正直、20冊も読むの大変じゃない?」

みたいな感じで、頭の中で友達と会話すればOKです。

 

よくある質問3:自己PRできるエピソードがないよ…

そんな時は、「思考のクセ」を伝えればOKです。

普段からずっとボーっとしてる人はいないので、考え方なら伝えられますよね。

しかも、性格も伝わるので、一石二鳥です。


なので、思考のクセを伝えましょう。

 


kae
私だったらこう書くよ!

私は、怠けたい時「現在の努力は、3年後成果になる」と考えるようにしています。

 

そうすると、「もう少しだけ頑張ろう!」と思えるんです。

 

正直、「諦めて楽になりたい」と思うこともあります。

 

しかし、今諦めてしまうと、3年後も現状維持のままです…。

 

なので普段から、「未来への投資として、怠けたい時こそ頑張ろう!」と意識しています。

こんなふうに、普段の考え方を書くと、エピソードになりますよね。

 

考え方は、「頭の中で友達に質問」すれば簡単です。

あなた:「辛い時って、どんな考えになる?」

 

友達:「今の努力が、3年後成果になるから頑張ろう!」って思うよ。

 

あなた:「諦めたりしないの?」

こんな風に考えれば、OKです。

kae
「楽しい時バージョン」「悩んだ時バージョン」とかで、考えても良いね!

 

よくある質問4:ショボいエピソードしかないよ…

結論、ショボくて全然OKです。


繰り返しですが、大事なのは性格を伝えることだからです。

なので、凄いエピソードじゃなくて構いません。

kae
「笑顔で挨拶する」「目を見て話す」とかでも全然OK!

 

ステップ3.強みの活かし方を書く

そして、強みの活かし方を書きましょう。


そうすることで、自己PRの説得力が増します。


kae
例えばこんな感じ!

知識欲求の高さを活かして、誰よりも情報を吸収し、貴社の営業として活躍します。

こんな風に、強みの活かし方を書けばOKです。

 

よくある質問5:文字数は何文字にするべき?

320文字は書くべきです。

OpenESの自己PRは、400文字指定です。

なので、320~360文字(8~9割)は書きましょう。

 

ステップ4:自己PR写真+説明文を書く

最後に、自己PR写真+説明文を書けばおわりです。

写真の選び方:面接官の興味を惹くものにする。

 

説明文の書き方:写真の説明を書く。

 

結論、「面接官の興味を惹く写真」がおすすめです。


その理由について、先日こんなツイートをしました。

 

OpenESの自己PR写真は、「面接官の興味を引くもの」であるべきです。

 

なぜなら、OpenESは「きちんと読まれないのが大半」だからです。

 

大手企業でも、人事は5名ほど。そこに、何万通ものOpenESが届きます。

 

…これだと、1つ1つ入念に読む暇はないですよね。ちなみに、人事から聞いたリアルな声。

 

なので、興味を惹く写真をえらびましょう。

 


「そんな写真ないよ…」と思うはずなので、この記事を参考にすればOKです。

写真がなくても、5分で作成できる方法を解説してます。

→OpenESの自己PR写真は「興味」が大切!【良い・悪い写真は?】

 


最後に、写真の説明を書けばOKです。

 

よくある質問6:自己PRとガクチカの違いは?

結論、同じです。

「強みは~~です。」「頑張ったことは~~です。」と、答え方が違うだけです。

なので、別に気にしなくて構いません。

 


ちなみに、「学業、ゼミ、研究室で取り組んだこと」は、この記事を読めば完璧です。

取り組んだことがない場合の書き方も、解説しています。

→学業、ゼミ、研究室で取り組んだことの書き方は「3ステップ」で解決【例文あり】

 


学生時代頑張ったことは、この記事で解説しています。

→就活での学生時代頑張ったことの書き方!【頑張ったことが無い時は?】


kae
これで、OpenESの自己PRは完璧!

 


「もっと、例文を見たい!」という方は、この記事がおすすめです。

OpenESの各質問の、例文と解説がみれます。

→【21卒版OpenES】20の例文で書き方を徹底解説!

 

2:OpenESの通過率を上げて、就活を成功させるには?

結論、この3つの対策がおすすめです。

kae
1つずつ解説してくね!

 

方法1.OpenESを早く提出する

1つ目として、早く出すほど通過率が上がります。


その理由について、先日こんなツイートをしました。

 

OpenESの通過率を上げたいなら、「早く提出する」がポイントです😌〆切近くに届いたESは読まれません。

 

というのも、人事は1000通以上を3人程度で評価するから。

 

なのに大半が〆切数日前に届くので、読む暇ないですよね。通過率上げたいなら、だいたい1週間前までに届けばOKです。

 

この通りなので、内定したいなら早く出しましょう。

 

方法2.文字数の違う自己PRを、用意しておく

2つ目に、「自己PRの文字数を変えておく」こともおすすめです。


なぜなら、企業によって聞かれる文字数が違うからです。

毎回作っていたら、提出スピードも遅れますよね。


なので、あらかじめ文字数の違う自己PRを、作っておきましょう。

kae
とりあえず、150・200・400文字の3パターンを作ればOK!

 

方法3.就活を成功させた人から、情報を受け取る

3つ目は、「就活を成功させた人から、情報を受け取る」ことです。


ネットや本には情報が多すぎるので、選ぶ必要があるからです。

参考書A+B+C+Dよりも、参考書Aだけを深堀した方が、身につきますよね。


なので、就活を成功させた人の、情報を受け取りましょう。

kae
サイトやTwitterなどで、探せばOK!

 

 

 

OpenESはの自己PRは、内定に直結します。

なので、この記事を読んで、評価される内容に仕上げていきましょう。


では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

戦略的に就活をして、内定を掴み取りましょう!

 

 

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。