【OpenES】業界No.1企業に内定した私の自己PR作成法

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y

サクッと、内定レベルのOpenESの自己PRを知りたいですよね。

正直、大手就活サイトの自己PRは質が低ry…。

 

そこで、就活戦略では「OpenESの自己PR」を徹底解説!

通過率を上げる書き方や例文、自己PRの考え方などを紹介します。

kae
実は、凄いエピソードを自己PRしても、評価はされないんだよ…。
kae
読み終わるころには、OpenESの自己PRを完全攻略できてるからね!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:OpenESで自己PR聞かれる理由を知れば通過率UP!

聞かれる理由は、「あなたの人柄を知るため」です。

なぜなら、新卒の就活はポテンシャル(将来の可能性)を重視するから。

 

実は、実績よりも人柄を見られているんです。

凄い経験を自己PRするより、性格が伝わる自己PRを書いた方が評価されます。

なので、自己PRを書く時は「人柄をアピールすること」を意識する必要があるんです。

kae
だから、自己PRは「性格を伝えることが大切」と知っておこう!

 

次の章では、私が作成した自己PR例を紹介しますね。

(書き方を知る前に、例文を見た方がイメージしやすい)

 

 

2.これが面接官の心を掴む!OpenESの自己PR例文

強みは、「自己成長のために、継続力を発揮できること」です。私は読書が好きで、月に20冊の本を読みます。

 

なぜなら、新たな知識を学ぶ時の、「成長している感覚」が堪らなく好きだからです。また、「得た知識が、生活の役に立って楽しい」という思いもあるんです。

 

正直、たまに「サボりたいな…」という気持ちも生まれます。しかし、「毎日の小さな積み重ねが、将来のラクに繋がる」と考えると、頑張ることができるんです。

 

なので、”自分への投資”として、読書を続けています。「たった千円だけで、有識者の知識を学べて、自分をレベルアップできる最強アイテム」だと思っています。

 

これらの結果、今でも毎月読書を欠かさず継続できています。

 

この強みを活かせば、入社後のハードな時期でも、誰よりどん欲に学びと場数を踏んでいきたいと思っていますし。40代50代でもレベルアップし続ける営業として活躍します!

 

以上から、私の強みは「自己成長のために、継続力を発揮できること」です。

大手就活サイトに載ってるOpenESの自己PR例より、質高いと思いませんか?

さっき伝えたように、「人柄が伝わる自己PR」になってますよね。

kae
こんな感じで、OpenESの自己PRを書けていれば完璧だよ!

 

とは言っても、「具体的な書き方が知りたい」って人もいるはず。

なので、次の章で自己PRの書き方を解説します。

ちなみに、「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」でも解説しています。

 

 

3.これだけで簡単にOpenESの自己PRが書けて内定できる!

自己PRは、この5ステップで作成すると内定率が上がります。

ステップ1.過去のできごとを洗い出す

 

ステップ2.順位付けで1~3位を決める

 

ステップ3.エピソードを深堀する

 

ステップ4.深堀結果を型にあてはめる

 

ステップ5.ブラッシュアップする

 

ポイントは、強みから自己PRを考えないことですね。

なぜなら、強みに合うエピソードなんて、ないことがほとんどだから。

(実際、私はこれを知らず強みから考えて挫折した←)

 

話やすいエピソードを選んで自己PRを作ってから、発揮した能力を強みにしちゃうのが最適解ですよ。

kae
OpenESの自己PRを書くなら、この5ステップを使えば最強だよ!

 

では次の章からは、書き方を解説していきます。

 

 

ステップ1.過去のできごとを洗い出す

OpenESの自己PRに書く、エピソードを決めていきます。

たまに、強みから考える人がいますが、失敗の原因になるのでダメ。

(強みに合うエピソードがないことがほとんどだから)

 

 

こんな感じで過去のできごとを洗い出そう

・大学1年の時から毎月20冊読書をしていること

 

・バイト先でお客さま満足度1位になったこと

 

・大学3年の時、沖縄でダイビングの資格を取ったこと

 

・友達から「相談に乗って欲しい」とよく言われること

 

・大学で成績優秀者に選ばれたこと

5~10個くらい書き出せれば、とりあえずOKですね。

 

ポイントは、「しょぼいエピソードで良いから書く」こと。

何度も伝えますが、実績よりも性格が伝わる内容が大事なので。

参考>>自己PRはしょぼいエピソードでOK!【内定できる作成方法】

kae
OpenESの自己PRで大事なのは「性格が伝わる内容かどうか」だよ!

 

 

OpenESの自己PRに書くネタがない時の対処法

対処法1.しょぼい内容でも評価される書き方を知る

 

対処法2.1日で自己PRネタを作り出す

 

詳しくは「これで自己PRがないあなたでも内定できる!【作成法や例文】」で解説しています。

kae
OpenESや面接で伝える自己PRは、凄い内容じゃなくても評価されるよ!

 

 

ステップ2.順位付けで1~3位を決める

なぜ3位まで決めるかというと、複数の自己PRを聞かれることがあるからです。

OpenESで自己PRを1つ聞かれて、面接で「別の自己PRを教えて」と言われることもあります。

(OpenESでは、基本的に1位の自己PRから書いてね)

 

また、ガクチカや挫折経験のエピソードにも使えるので、3位まで決めておくのがおすすめ。

kae
今のうちから、自己PRネタを3つ決めておけば後で楽できるよ!

 

 

こんな感じで自己PRの順位付けをすればOK

1位:大学1年の時から毎月20冊読書をしていること

 

2位:バイト先でお客さま満足度1位になったこと

 

3位:大学3年の時、沖縄でダイビングの資格を取ったこと

 

4位:友達から「相談に乗って欲しい」とよく言われること

 

5位:大学で成績優秀者に選ばれたこと

 

考え方は、「自分の価値観や性格が伝わるのはどれか?」と考えること。

kae
順位付けをして、OpenESに書く自己PRを決めていこう!

 

 

ステップ3.エピソードを深堀する

深堀することで、自己PRに書くネタを見つけることができます。

まず、1位のエピソードを深堀しましょう。

kae
深堀がしっかりできてるほど、評価されるOpenESの自己PRになるよ!

 

 

こんな感じで、エピソードの深堀をすればOK

深堀は、この5ステップに沿ってやると簡単です。

深堀で見つけること1.できごとの背景

 

深堀で見つけること2.印象に残っていることと感情

 

深堀で見つけること3.取り組みと感情

 

深堀で見つけること4.結果と感情

 

深堀で見つけること5.発揮した強み

 

次の章で、具体的に深堀のやり方を解説しますね。

(「大学1年の時から毎月20冊読書をしていること」を例に)

kae
面倒くさがって深堀を適当にすると、しょぼい自己PRしかできないからね…。

 

 

深堀で見つけること1.できごとの背景

できごとの背景知識がないと、聞き手は「?」になりますよね。

なので、いつどこで何が起きたのかの説明が必要です。

kae
人は1つでも「?」があると、その後の言葉を否定しちゃうんだってさ!

 

 

こんな感じでできごとの背景を深堀すればOK

大学1年の夏休みから現在まで、毎月20冊の読書をしている(主にビジネス書)

 

→5W1Hがはっきりわかるので、面接官もイメージしやすい!

kae
こんな感じで、エピソードの前提知識を整理しておこうね!

 

 

深堀で見つけること2.印象に残っていることと感情

印象に残っていることが、自己PRの中心のネタになります。

例えば、挫折したことや挑戦したことなど。

 

そして重要なのが、「感情も深堀すること」ですね。

「挑戦した時何を感じたのか?」から、あなたの思考などが伝わるんです。

つまり、性格が伝わり評価されるOpenESの自己PRになります。

kae
印象に残ってるなら、挫折や挑戦、どんな経験でも構わないよ!

 

 

こんな感じで印象に残っていることと感情を深堀すればOK

・印象に残っていること

 

→なに?→毎月20冊の読書を、サボりたくても継続できていること

・感情

 

→なぜ?→新たな知識を学ぶ時の、「成長している感覚」が堪らなく好きだから。→他の理由はなに?→得た知識が、生活の役に立って楽しい」という思いもある。

 

「なぜ」だけでなく「なに」で考えるのがポイントです。

「なぜ」だけだと抽象的な答えになり、なにで考えると具体的な答えが生まれるので。

「その時何を思ってたか?」「なぜ挑戦したか?」と自問自答するのがおすすめ。

 

それでも深堀がむずいなら、「【自己分析】なぜなぜより「なぜなに」を使うべき【内定者が解説】」を見ればできるようになりますよ。

kae
とにかく、深堀して感情を自己PRに書くことが重要だと忘れずに!

 

 

深堀で見つけること3.取り組みと感情

9割の就活生は、取り組んだこと「しか」書きません。

それだと、取り組んだ理由がわからず、「盲目的に行動しただけか」と思われてしまいます。

kae
だから、取り組んだ時の感情や思いを見つけ出すことが大切!

 

 

こんな感じで取り組みと感情を深堀すればOK

・取り組み

 

→なに?→サボりたくても毎月20冊の読書を継続した

・感情

 

→サボらなかった理由はなに?→「毎日の積み重ねが、将来のラクに繋がる」と考えると頑張れたから。→なぜそう思えた?→「たった千円だけで、有識者の知識を学べて、自分をレベルアップできる最強アイテム」だと思ってたから。

 

コツは同じで、「なぜ」「なに」で質問すること。

そうすれば、具体的な取り組んだ理由がわかってくるはずです。

kae
これなら、取り組んだ理由が明確にわかるからOpenESも高評価!

 

 

深堀で見つけること4.結果と感情

取り組んだ結果、どうなったかを伝える必要があります。

(結果が書かれてない自己PRは、後味悪い)

 

そして、「その結果になってどう感じたか?」という感情も重要です。

結果の感情は、「入社後の強みの活かし方」とかに使えます。

kae
結果に対して感じた感情も、しっかり深堀して見つけよう!

 

 

こんな感じで結果とその感情を深堀すればOK

・結果

 

→どうなった?→今でも読書を継続できている

・感情

 

→この結果でなにを感じた?→入社後、誰よりどん欲に学びと場数を踏んでいけると思った!→他にはなにを思った?→40代50代でもレベルアップし続ける営業として活躍できると思う!

 

結果は、サラッと考えるだけで構いません。

たまに凄い結果を書こうとして、詰め込む人がいますが逆効果です。

(面接官が知りたいのは、結果じゃなく性格だから)

 

感情の考え方は、「その結果を見て何を感じたか?」と考えると簡単です。

kae
こんな感じで、結果とその時思った感情を書きだしていこう!

 

 

深堀で見つけること5.発揮した強み

最後に、自己PRのエピソードで発揮した強みを書けばお終いです。

皆、初めに強みを考えますがおすすめしません。

エピソードを深堀してるうちに、「あれ、なんか思ってた強みと違うくね?」ってなるので。

kae
だから、強みは自己PRの一番最後で考えるのが最適解だよ!

 

 

こんな感じで、自己PRの強みを深堀すればOK

ここまで深堀したエピソードを見て、「どんな強みを発揮したか?」と考えましょう。

今回の場合は、この強みに決まりました。

・発揮した強み

 

→自分の成長のために、継続力を発揮できること

kae
こんな感じで、強みまで見つけられたら深堀は完璧だよ!

 

とは言っても、「どんな強みが良いかわからない」って人もいるはず。

そんな人は「【自己分析の強み一覧】見つけた強みの言い換え例も紹介【簡単】」を参考にどうぞ。

 

 

強みを決めるには「客観的な自己分析」が重要!

自己PRの強みは、客観的に自己分析ツールで見つけるのもおすすめです。

 

なぜなら、人は主観になると判断力が2倍もおちるから。

それだけ「評価されない強みを選ぶリスクがある」ということです。

(逆に、客観的に判断できれば2倍の判断力になる)

だからこそ、「客観的な自己分析」が重要になります。

 

特におすすめなのが、「キミスカ(無料)」の自己分析ツールです。

(就活生の3人に1人が利用してるほど人気!)

(これは実際の私の分析結果の図です)

 

こんな風に、数値とグラフで分析できるので、客観的に強みがわかります。

強みはもちろん、弱みや適職など数十種類が分析できます。

(20種類くらい試した中で、一番精度の高いツールだった!)

 

登録が必要ですが、無料ですし30秒もあればすぐに終わります。

優良企業からの逆オファーもあるので、損はしないですよ。

診断するなら下記からどうぞ。

 

>>無料で今すぐキミスカの自己分析を受ける

 

こういう時にすぐ行動できる人ほど、就活で成功する人だと思っています。

kae
客観的な自己分析ができた人から、作成を始めていこうね!

 

これで、自己PRに書く素材がそろいましたね。

次の章を見ながら、型に当てはめて自己PRを完成させましょう。

 

 

ステップ4.深堀結果を型にあてはめる

この型に、深掘りした内容を当てはめるだけです。

型1.強みを伝える

 

型2.背景を説明する

 

型3.印象に残っていること+感情を伝える

 

型4.取り組み+感情を説明

 

型5.結果+感情を伝える

 

型6.まとめを書く

kae
深堀結果を型に当てはめれば、さっき紹介した自己PR例が書けるよ!

 

 

こんな感じで、自己PRの型に当てはめて書けばOK

強みは、「自己成長のために、継続力を発揮できること」です。(強みを伝える)

 

私は読書が好きで、月に20冊の本を読みます。(背景を説明する)

 

なぜなら、新たな知識を学ぶ時の、「成長している感覚」が堪らなく好きだからです。また、「得た知識が、生活の役に立って楽しい」という思いもあるんです。(印象に残っていること+感情を伝える)

 

正直、たまに「サボりたいな…」という気持ちも生まれます。しかし、「毎日の小さな積み重ねが、将来のラクに繋がる」と考えると、頑張ることができるんです。(取り組み+感情を説明)

 

なので、”自分への投資”として、読書を続けています。「たった千円だけで、有識者の知識を学べて、自分をレベルアップできる最強アイテム」だと思っています。

 

これらの結果、今でも毎月読書を欠かさず継続できています。

 

この強みを活かせば、入社後のハードな時期でも、誰よりどん欲に学びと場数を踏んでいきたいと思っていますし。40代50代でもレベルアップし続ける営業として活躍します!(結果+感情を伝える)

 

以上から、私の強みは「自己成長のために、継続力を発揮できること」です。(まとめを書く)

kae
この例を参考に、OpenESの自己PRを書けば良いよ!

 

 

ステップ5.ブラッシュアップする

後は、数日~数週間かけて自己PRをブラッシュアップすれば完成です。

1回で100点の自己PRになるわけではありません。

kae
言い回しなどを工夫しながら、最強の自己PRに仕上げてね!

 

 

4.こうすればOpenESの自己PR写真は評価される!

最後に、自己PR写真+説明文も忘れずに作っておきましょう。

 

写真と説明文の考え方は、こんな感じ。

写真の選び方:面接官の興味を惹くものにする

 

説明文の書き方:写真の説明を書く

 

その理由について、先日こんなツイートをしました。

OpenESの自己PR写真は、「面接官の興味を引くもの」であるべきです。

なぜなら、OpenESは「きちんと読まれないのが大半」だからです。

大手企業でも、人事は5名ほど。そこに、何万通ものOpenESが届きます。

…これだと、1つ1つ入念に読む暇はないですよね。ちなみに、人事から聞いたリアルな声。

この通りなので、OpenESの自己PR写真は、興味を惹く写真をえらびましょう。

 

「そんな写真ないよ…」と思うはずなので、この記事を参考にすればOKです。

写真がなくても、5分で作成できる方法です。

詳しくは「一瞬でOpenESの評価をUP!自己PR写真の作成方法とは」で解説しています。

kae
とにかく、OpenESの自己PR写真は興味付けが大切だよ!

 

 

5.自己PR作成法より、「内定者の対策法」を知ることが重要!

対策法が知れる公式LINEとは:無料で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる、公式LINE!(959人が登録済み!)

OpenESの自己PR作成と併せて、「内定者の対策法」を知ることが重要です!

なぜなら、自己PRを作っただけでは、内定は取れないから。

 

対策が万全な人ほど、面接官に評価される自己PRが書けますし。

ESや面接の通過率も上がり、内定しやすくなるんです。

逆に、対策が甘い就活生ほど、ESすら通過できない人もいるほど。

結局、内定がもらえず苦労しちゃうんですよね。

 

「対策法なんて、ググればわかるくね?」って思うかもしれませんね。

しかし、大半の就活サイトは、雇われたライター(その辺の主婦)とかが書いてます。

 

つまり、就活知識が少ない素人だったりするんです。

なので、ググってでてくる対策法にも限界がある…。

だからこそ、「内定者の対策法」を知ることが大切なんです。

 

そこでおすすめなのが、私の「公式LINE(無料)」です!

959人の就活生が参加し、第一志望への内定実績も多数!

不要なら、いつでもすぐ解除できます。

 

こんな感じで、対策法を無料で受け取れます。

 

私の対策法で、内定した就活生からのメッセージがこちら。

6社内定した強者

アドバイス直後に内定した子

※期間限定で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる、電子書籍もプレゼント中!(無料)

友達追加は下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
OpenESの自己PR以上に、正しく対策できることが内定を掴む秘訣だよ!

 

以上が、OpenESの自己PRの書き方でした。

ここからは、OpenESの自己PRに関するよくある質問などを解説します。

 

 

6.OpenESの自己PRでよくある質問を紹介!

質問1.文字数は何文字にするべき?

 

質問2.高校生時代のことを自己PRしても良い?

 

質問3.もっとOpenESの自己PR例文が知りたい

 

 

質問1.文字数は何文字にするべき?

320文字は書くべきです。

OpenESの自己PRは、400文字指定で8割は埋めたいので。

400文字の自己PRの書き方は、「内定を出したくなる!新卒自己PR(400字)の例文とは?」で解説しています。

kae
OpenESの自己PRは320~360文字(8~9割)は書こうね!

 

 

質問2.高校生時代のことを自己PRしても良い?

結論、全く問題ありません。

 

ですが、面接官によっては「で、大学では何をしたの?」と深堀してくることもあります。

なので、「先手を打った自己PRの書き方」をする必要があります。

(この書き方ができないと、大学では何もしてないと思われて落ちやすい)

 

書き方は「【自己PR】これなら高校時代のエピソードでも高評価【簡単】」を参考にどうぞ。

kae
OpenESの自己PRは、高校生時代のエピソードでも良いから安心してね!

 

 

質問3.もっとOpenESの自己PR例文が知りたい

詳しくは「【最新版OpenES】20の例文で書き方を徹底解説!」を参考にしてください。

kae
ここまで読んだあなたなら、OpenESの自己PRは完璧になってるはず!

 

 

7.OpenESの通過率がグッと上がる2つの対策!

対策1.OpenESの募集初日に提出する

 

対策2.文字数の違う自己PRを用意しておく

 

 

対策1.OpenESの募集初日に提出する

OpenESは、早く出すほど通過率が上がります。

 

その理由について、先日こんなツイートをしました。

OpenESの通過率を上げたいなら、「早く提出する」がポイントです😌〆切近くに届いたESは読まれません。

 

というのも、人事は1000通以上を3人程度で評価するから。

 

なのに大半が〆切数日前に届くので、読む暇ないですよね。通過率上げたいなら、だいたい1週間前までに届けばOKです。

OpenESを募集した初日に届いたら、超熱意が伝わりますよね。

(私が人事なら、即効面接に呼ぶ!)

kae
この通りだから、内定したいならOpenESは早く出そうね!

 

 

対策2.文字数の違う自己PRを用意しておく

なぜなら、企業によって聞かれる文字数が違うからです。

毎回作っていたら、提出スピードも遅れますよね。

 

あらかじめ作成しておけば、コピペしてすぐにOpenESを提出できます。

文字数は、200・300・400・600・800の5パターンあれば十分。

kae
あらかじめ文字数の違う自己PRを、作っておくのがおすすめ!

 

 

✔自己PR作成法より、「内定者の対策法」を知ることが重要!

なぜなら、自己PRを書いただけでは、内定は取れないから。

まだ、重要な対策が残っているんです。

 

そこでおすすめなのが、私の「公式LINE(無料)」です!

対策法が知れる公式LINEとは:無料で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる公式LINE


959人の就活生が参加し、第一志望への内定実績も多数!

不要なら、いつでもすぐ解除できます。

友達追加は下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
就活は、行動力がある人ほど成功率が高いんだよ!

 

 

という訳で、「OpenESの自己PR作成」を解説しました!

この1記事さえ読み込めば、確実に評価されるOpenESになりますよ。

 

この記事を読んだ人は「【最新版】この1記事でOpenESの書き方は完璧!通過率UP」も読んでいます。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。