【接客アルバイトの自己PRまとめ】30分で内定レベルの文章に!

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】この1記事で、内定できる接客アルバイトの自己PRを作成できます!

「接客ネタを自己PRにしたいけど、書き方がわからない」ですよね。

結論、「行動した時の感情」を伝えれば高評価になるんです。

こういうポイントや例文、具体的な作成法を解説しますね。

kae
接客アルバイトは使い古されたネタだから、不利になりそうで怖い…。
kae
大丈夫!差別化してあなたの内定率を上げる方法を伝授するよ!

 

【無料!内定率90%越え?!】

LINEを友達追加した方限定で、第一志望・納得内定できる5つのセミナーをプレゼント中!

【受け取れるプレゼント(一部)】

 

・どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?
・これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法
・30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法
・凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法
・これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

(1000以上が受け取り済みです)

友達追加は下記からどうぞ。

友だち追加

kae
自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決できるよ!

 

 

1:接客のアルバイトを自己PRしても内定できる【理由】

ただ内定するためには、「ありきたり感を消す」必要があります。

正直、接客アルバイトの自己PRは、ありきたり過ぎるんですよね。

面接官はもっと、飽き飽きしています。

(面白みのない自己PRは、ほぼ落とされる…)

「行動した時の感情」を伝えて、差別化すれば高評価になりますよ。

kae
差別化するには、後述する作成法やポイントをおさえて書けば良いよ!

 

 

2:【例文6つ】就活での接客アルバイトの自己PRまとめ

例文1.居酒屋の接客アルバイトの自己PR

例文2.コンビニの接客アルバイトの自己PR

例文3.スーパーの接客アルバイトの自己PR

例文4.強みが「人と接することが好き」の自己PR

例文5.アルバイトの自己PR(新卒)

 

 

例文1.居酒屋の接客アルバイトの自己PR

よくある居酒屋のホール(接客)で考えてみました!

強みは「相手目線に立ち、最適解の提案ができること」です。この強みを活かせば、営業としてクライアントに最適解を提示し、会社の利益UPに貢献できると思っています。大学3年の時、居酒屋で接客のアルバイトをしていた時に発揮した強みです。「注文時に利益が出るデザートを2回は勧める」という暗黙のルールがありました。ですが私は「押し売りするとせっかくの楽しい気分が台無しでは?」「相手も自分も心地良い形で、お店の利益UPに貢献するにはどうすれば良いか?」と考えたのです。具体的に、1.利益優先ではなく、お客さんが注文したメニューに合ったデザートを提案する。2.デザートを進めて頼んでくれたお客様を記憶し、次の来店時に必ずお礼を伝える。徐々にお客さんとの仲が深まり、私がおすすめしたデザートを注文してくれるお客さんが増加!結果的に、利益もUPしたのです。これは私が常に「自分ではなく相手優先で考える!ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&テイクくらい相手を思いやって行動する」を心がけているからです。貴社の営業としても、相手目線に立った提案を行ってお客さんの満足度を高め、会社にも利益を出す存在になります!

ちなみに「【評価UP】居酒屋アルバイトを自己PRするポイント・書き方」の記事もどうぞ。

 

ポイントは、「行動した理由を伝えること」です。

(具体的なポイントや作成法は後述!)

 

 

例文2.コンビニの接客アルバイトの自己PR

大学生なら、コンビニアルバイトをしている人も多いはず。

このアピール法で評価UP!コンビニバイトの自己PR(就活)例」で作成法を解説しています。

 

 

例文3.スーパーの接客アルバイトの自己PR

スーパーのアルバイトの自己PR【たった1つのコツで高評価】」もどうぞ。

 

 

例文4.強みが「人と接することが好き」の自己PR

接客アルバイト=人と接することが好きとも言えますよね。

(自己PRを伝える角度を変えると、差別化できる!)

この辺りは「簡単に高評価!長所が人と接することが好きの自己PR例・作成法」で解説しています。

 

 

例文5.アルバイトの自己PR(新卒)

まだまだ、アルバイトの自己PRがあるので紹介しておきます。

詳しくは「真似るだけで高評価!新卒のアルバイトの自己PR例文5つを解説」をどうぞ。

kae
紹介した自己PRの例文を参考にすれば、接客アルバイトネタで上手く書けるよ!

 

 

3:受かる接客アルバイトの自己PR作成法!5ステップで簡単

ステップ1.できごとの背景を書く

ステップ2.印象に残っていることと感情を書く

ステップ3.取り組みをわかりやすく書く

ステップ4.結果と感情、会社での応用法を書く

ステップ5.冒頭に発揮した強みを書く

 

 

ステップ1.できごとの背景を書く

あなたの自己PRを、面接官は初めて読みます。

接客アルバイトのイメージが浮かばないと、その後も理解してもらえないので注意です。

なので、一読してもわかるように背景を書きましょう。

大学3年の時、居酒屋で接客のアルバイトをしていた時に発揮した強みです。
kae
例文のように、「いつどんな接客のアルバイトをしたか?」を書けばOKだよ!

 

 

ステップ2.印象に残っていることと感情を書く

問題点や困難だったこと、何でも良いです。

今回は、「アルバイトでの疑問」をエピソードネタに使ってみました。

 

また、「なぜそれが印象に残っているか?」の感情も書きましょう。

冒頭で伝えた通り、取り組んだ理由が伝わる自己PRは評価されるんです。

・「注文時に利益が出るデザートを2回は勧める」という暗黙のルールがありました。(印象に残っていること)ですが私は「押し売りするとせっかくの楽しい気分が台無しでは?」「相手も自分も心地良い形で、お店の利益UPに貢献するにはどうすれば良いか?」と考えたのです。(感情)

 

→行動した理由がわかり、あなたの内面が伝わるので差別化できる!

kae
内面を伝えれば、ありきたり感が消えて高評価な自己PRになるんだよ!

 

 

ステップ3.取り組みをわかりやすく書く

凄い取り組みである必要はありません。

なぜなら、面接官が知りたいのは「あなたの内面」だから。

・具体的に、1.利益優先ではなく、お客さんが注文したメニューに合ったデザートを提案する。2.デザートを進めて頼んでくれたお客様を記憶し、次の来店時に必ずお礼を伝える。

 

→取り組んだことが伝われば良いので、サラッと書くだけでOK!

kae
凄い取り組みを自己PRしても、的外れになるだけだから気を付けてね…。

 

 

ステップ4.結果と感情、会社での応用法を書く

結果も、伝われば良いのでサラッと書けば良いですよ。

(何度も言ってるけど、自己PRは取り組んだ理由を伝えるのが命!)

 

また、「なぜその結果が出せたか?」の感情も書きましょう。

感情からあなたの性格が伝わり、誰とも被らない接客の自己PRになるんです。

 

さらに、「この経験をどう会社で活かすか?」も書けるとポイントUPですね。

具体性がうまれて、熱意の高さが伝わり内定率も上がります。

・徐々にお客さんとの仲が深まり、私がおすすめしたデザートを注文してくれるお客さんが増加!結果的に、利益もUPしたのです。(結果)これは私が常に「自分ではなく相手優先で考える!ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&テイクくらい相手を思いやって行動する」を心がけているからです。(感情)貴社の営業としても、相手目線に立った提案を行ってお客さんの満足度を高め、会社にも利益を出す存在になります!(会社での活かし方)

 

→「普段からギブの精神で行動しているのか!この子をもっと知りたい!」と評価UP!

→「会社での活かし方が具体的で熱意が高い!入社して欲しい!」と思ってもらえる!

kae
ただ結果を書いて終わるより、深みのある接客の自己PRになるんだよ!

 

 

ステップ5.冒頭に発揮した強みを書く

強みは、接客アルバイトの自己PRを一通り書いてから考えるのがおすすめです。

最初に考えてしまうと、強みにとらわれてネタが思い浮かびにくくないですか?

(実際私は、強みを最初に考えて自己PRが書けずに苦労した…)

人は色んな強みを持っているから、そのネタにはどんな強みでも当てはまります。

 

ちなみに、強みを書いた後に…。

「強みの再現性の高さをアピールする」と差別化ができますよ。

皆、「強みは~です!」としか伝えないから、再現性をアピールすれば差別化できます。

・強みは「相手目線に立ち、最適解の提案ができること」です。この強みを活かせば、営業としてクライアントに最適解を提示し、会社の利益UPに貢献できると思っています。

 

→「営業での強みの再現性も高いな、この子は期待できそう!」と高評価!

kae
5ステップの作成法を参考に、ありきたり感0の接客自己PRを書いてね!

 

 

接客のアルバイトの自己PRで使える強みとは

とは言え、接客アルバイトで伝える強みに迷っているかもしれませんね。

そこで、面接官ウケが良い強み5つを紹介します!

(会社で重宝されるかつ、能力が高い人材の証拠の強み)

詳しくは「【自己分析の強み一覧】見つけた強みの言い換え例も紹介【簡単】」をどうぞ。

kae
上の記事で紹介している強みは、Googleの採用試験にも使われてるほど!

 

 

30分ですぐ強みが見つかる!自己分析7ステップ

「強みが見つからない…」という人は、自己分析すれば良いだけです。

簡単にできるように、7ステップで徹底解説した記事を書きました。

詳しくは「もう自己分析で挫折しない!7ステップのやり方【内定者が解説】」で解説しています。

kae
他の就活サイトより何倍も、詳しく手取り足取り解説しているよ!

 

 

4:接客アルバイトの自己PRが書けない・弱い時の対処法とは

過去の私も、「自己PRが書けない・しっくりこない」と悩みました。

なので、その悩みを対処できる記事を紹介しておきますね。

 

 

内定レベルのエピソードない時の自己PR作成法とは

正直、自己PRのエピソードは1日あればつくれますし。

実際、私は15分程度で作成できます。

詳しいコツは「これだけでエピソードがないを解決!高評価な自己PRが書ける!」で解説済みです。

 

 

自己PRの内容が弱くて不安な時の対処法とは

エピソードが書けても、「弱い気がする」と不安ですよね。

その理由は、「行動した理由」が抜けているからです。

理由からあなたの内面が伝わるので、深みのある自己PRになりますよ。

具体的には「弱い自己PRをサクッと内定レベルに変える作成法!【NG例あり】」で解説しています。

 

 

5:これで内定!接客アルバイトの自己PR【ポイント3つ】

特に大切なポイント3つを紹介しますね。

ポイント1.強みの再現性を自己PRする

ポイント2.取り組みに至った心情を伝える

ポイント3.どんな性格から結果を出せたかを伝える

 

 

ポイント1.強みの再現性を自己PRする

面接官は、あなたの自己PRをじっくり考えて読みません。

なので、あなたが会社にもたらすメリットを提案する必要があるんです。

(露骨にアピールしないと、価値を理解してもらえない!)

・強みは「相手目線に立ち、最適解の提案ができること」です。この強みを活かせば、営業としてクライアントに最適解を提示し、会社の利益UPに貢献できると思っています。

 

→「営業職なら、こんな風に強みが活かせるのか!」とあなたの価値が伝わる!

kae
再現性を自己PRしないと、あなたの価値が上手く伝わらないので損するよ…。

 

 

ポイント2.取り組みに至った心情を伝える

何度も伝えている通り、「行動した理由」が自己PRのありきたり感を消してくれます。

「こんな感情だったから取り組んだ」ということを伝えましょう。

・「注文時に利益が出るデザートを2回は勧める」という暗黙のルールがありました。ですが私は「押し売りするとせっかくの楽しい気分が台無しでは?」「相手も自分も心地良い形で、お店の利益UPに貢献するにはどうすれば良いか?」と考えたのです。

 

→「悪しき習慣を変える勇気や行動力がある!この子は面白いな!」と印象に残せる!

kae
あなたにしか書けない、差別化された接客アルバイトの自己PRになるんだよ!

 

 

ポイント3.どんな性格から結果を出せたかを伝える

「こんな性格だから結果が出せたよ」と伝えて、さらに内面を自己PRするんです。

(結果の後にも、あなたの感情を伝えて念押しをするイメージ)

・結果的に、利益もUPしたのです。これは私が常に「自分ではなく相手優先で考える!ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&テイクくらい相手を思いやって行動する」を心がけているからです。

 

→「普段から価値提供を心がけているからなのか!」とあなたの性格が伝わり評価UP!

kae
3つのポイントを使って書けば、差別化された接客アルバイトの自己PRになるよ!

 

 

という訳で、「接客アルバイトの自己PR」を徹底解説しました!

ポイントは簡単で、ありきたり感を消すことです。

そのために、あなたの感情や行動した理由を書けば良いだけですね。

 

この記事を読んだ後は「こう書けば評価UP!部活の自己PR例文を紹介【書き方やコツ】」もどうぞ。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。