【新卒】この自己PRならES通過率UP!書き方や例文を解説

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y

 

ES(新卒)の自己PR作成法が知りたいですよね。

でも、他のサイトはサラッと例文が書かれているだけ…。

 

就活戦略では、「ES(新卒)の自己PR作成法」を徹底解説します!

強みの見つけ方や具体的な書き方、例文や面接での伝え方も解説。

kae
例文を真似して書くだけだと、内定をもらえる自己PRはできないよ…。
kae
この記事を読みながら自己PRを書けば、ESの通過率もUP!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:ES(新卒)の自己PRは何を書くのが正解?

結論、「あなたの性格」です。

例えば、感情や思考回路などですね。

kae
性格を書く理由は、自己PRを聞かれる理由を知ればわかるよ!

 

 

自己PRで性格を書くべき理由はコレ!

なぜなら、面接官が一番知りたいことだから。

 

というのも、新卒はポテンシャル採用ですよね。

ポテンシャル採用:将来の可能性を判断して採用すること

つまり、過去の実績や凄い経験は求められません。

その代わり、あなたの性格から「将来活躍してくれそうか?」を判断するんです。

 

この辺りは、「自己PRはしょぼいエピソードでOK!【内定できる作成方法】」でも解説しています。

kae
ES(新卒)の自己PRでは、あなたの性格を伝えないとダメだよ!

 

 

2:この書き方でES(新卒)の自己PRの評価UP!

ES(新卒)の自己PRは、この5ステップで簡単に書けますよ。

ステップ1.過去のできごとを洗い出す

 

ステップ2.順位付けで1~3位を決める

 

ステップ3.エピソードを深堀する

 

ステップ4.深堀結果を型にあてはめる

 

ステップ5.ブラッシュアップする

 

ポイントは、「過去のエピソードを深堀してから自己PRを選ぶ」こと。

間違っても、強みからエピソードを選んじゃダメですよ。

実際、私は後者で自己PRを作ったことがありますが、強みに合うネタがなくて病んだので…。

 

詳しい書き方は「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」で解説しています。

 

 

自己PRに書く強みは8ステップですぐ見つかる!

自己PRの強みが見つかってない人は、自己分析で見つけましょう。

就活戦略では、8ステップで簡単に見つかる方法を推奨しています。

詳しくは「もう自己分析で挫折しない!7ステップのやり方【内定者が解説】」をどうぞ。

kae
自己PRの強みが見つからない人は、自己分析の力を借りると良いよ!

 

ちなみに、自己分析で強みを見つけても良いですが。

ひとまず自己PRを作ってから、エピソード内でで発揮したことを強みにするのもあり。

 

 

エントリーシートの自己PRの文字数は?

基本、400文字指定のESが多いですね。

(まれに、300や600とかあるけど)

 

私が就活してた時は、ほぼ400文字でした。

1割程度で、800文字の自己PRを求められるイメージですね。

kae
今の段階では、まず400文字の自己PRを作成しておけば良いよ!

 

 

✔自己PR作成法より、「内定者の対策法」を知ることが重要!

対策法が知れる公式LINEとは:無料で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる、公式LINE!(959人が登録済み!)

自己PR作成と併せて、「内定者の対策法」を知ることが重要です!

 

なぜなら、自己PRを作っただけでは、内定は取れないから。

他にも、重要な対策が残っているんです。

対策が万全な人ほど、面接官に評価される自己PRが書けますし。

ESや面接の通過率も上がり、内定しやすくなるんです。

 

逆に、対策が甘い就活生ほど、ESすら通過できない人もいるほど。

結局、内定がもらえず苦労しちゃうんですよね。

「対策法なんて、ググればわかるくね?」って思うかもしれませんね。

 

しかし、大半の就活サイトは、雇われたライター(その辺の主婦)とかが書いてます。

つまり、就活知識が少ない素人だったりするんです。

なので、ググってでてくる対策法にも限界がある…。

だからこそ、「内定者の対策法」を知ることが大切なんです。

 

そこでおすすめなのが、私の「公式LINE(無料)」です!

959人の就活生が参加し、第一志望への内定実績も多数!

不要なら、いつでもすぐ解除できますし。

 

こんな感じで、対策法を無料で受け取れます。

 

私の対策法で、内定した就活生からのメッセージがこちら。

6社内定した強者

アドバイス直後に内定した子

期間限定で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる、電子書籍もプレゼント中!(無料)

友達追加は下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
ESの自己PRが書けただけでは、ES通過率は上がらないよ…。

 

 

3:【例文】内定レベルの新卒(ES)自己PRを紹介

例文1.エントリーシートにアルバイトを書く場合

 

例文2.協調性を自己PRする場合

 

例文3.高校生時代を自己PR場合

 

例文4.ESの自己PRを400字で書く場合

例文と、書き方のポイントも解説していきますね。

 

 

例文1.エントリーシートにアルバイトを書く場合

強みは、「弱み改善のために、貪欲に行動できること」です。

 

大学2年の春休みに、地元でコンビニのアルバイトに挑戦しました。「極度の人見知りを克服しよう!」と思ったからです。「なぜコンビニ?」というと、短時間で効率的にお客さんと会話できると考えたからです。

 

まず、お客さんの目を見て会話を2カ月継続。「誰でもできる」と思いますよね。でも私は、常に挙動不審なほど極度の人見知り…。それでも「人見知りでこれ以上損する人生は嫌!変わりたい!」という一心でした。

 

その後、気遣いの言葉をかける取り組みも追加。人見知りせず会話できるようになり、「マニュアルなら誰でも話せる、もっと自分を鍛えたい!」と思ったんです。

 

結果、今では自らお客さんと他愛もない会話ができるまでに!この時「自分でも、変わろうとすれば理想に近づける!」と感動したのを覚えています。

 

以上から、強みは「弱み改善のために貪欲に行動できること」です。

 

ポイントは、あなたの性格を伝えること。

(大事なので、就活戦略では何度も伝える)

 

例文を読んで、「大手就活サイトの自己PRより、人柄が伝わる」と思ったはず。

これが、評価される自己PRのポイントなんです。

 

例文だと、ここの部分。

常に挙動不審なほど極度の人見知り…。それでも「人見知りでこれ以上損する人生は嫌!変わりたい!」という一心でした。

 

→「弱みを改善しようと、行動できるのか!」とプラス評価になる!

その後、気遣いの言葉をかける取り組みも追加。人見知りせず会話できるようになり、「マニュアルなら誰でも話せる、もっと自分を鍛えたい!」と思ったんです。

 

→「貪欲に自己成長のために行動できる人材だな!」と高評価!

kae
こんな風に書けば、普通のエピソードでもバンバンESで通過できるよ!

 

 

例文2.協調性を自己PRする場合

面接官の心を撃ち抜く!協調性の自己PR作成法【例文・注意点】」で解説しています。

ここで書くと、長くなりすぎて読みにくいので。

kae
協調性の高さは、高評価な新卒の強みだったりするよ!

 

 

例文3.高校生時代を自己PR場合

【自己PR】これなら高校時代のエピソードでも高評価【簡単】」で例文を紹介しています。

高校生時代の自己PRは、マイナスになりがちですよね。

でもあることをESで書けば、評価してもらえます。

kae
高校生時代のことを自己PRしたい人は、上記の記事を参考にしてね!

 

 

例文4.ESの自己PRを400字で書く場合

内定を出したくなる!新卒自己PR(400字)の例文とは?」で解説しています。

基本、新卒のESは400文字で自己PRを聞かれることがほとんど。

なので、「どんな要素を書けば良いか?」「評価されるポイントは何か?」等を解説しています。

kae
大手就活サイトでは知れない、テクニックを解説した記事だから読んでね!

 

以上が、ES(新卒)Verの自己PR例文です。

次の章では、ESの自己PRが書けた後にやるべき「2つの対策」を解説しますね。

 

 

4:ES(新卒)の自己PRが書けたらやる対策法2つ

対策1.新卒面接での自己PRの伝え方を知る

 

対策2.OpenESの自己PR写真の選び方を知る

 

 

対策1.新卒面接での自己PRの伝え方を知る

ESが通過したら、面接で自己PRを話さないといけませんからね。

 

ESでも面接でも、話す自己PRの内容は同じで構いません。

ちなみに、2分程度で話し終えるのがおすすめです。

(人の集中力は2分程度なので)

なので、400文字で自己PRできるように練習しましょう。

就活戦略で伝えた自己PRの書き方なら、ESの通過率も上がります。

 

面接での自己PRに関しては「【新卒】これだけであなたも面接官に好かれる自己PRができる!」で解説中。

kae
だから今のうちに、面接で自己PRを話す練習をしておこうね!

 

 

対策2.OpenESの自己PR写真の選び方を知る

なぜなら、OpenESの自己PRでは写真も必要だからです。

OpenESとは:リクルート社が提供するESのことで、1つで何社にもまとめて提出できる

多くの企業で、OpenESの提出が求められます。

なので、OpenESの自己PR写真も用意しておくことが大切です。

 

とは言っても、「自己PR写真って何?」「どんな写真を選べば良いの?」と思う人もいるはず。

実は、評価されやすい自己PR写真や、OpenESの書き方があるんですよね。

そのあたりは「OpenESの自己PR写真は「興味」が大切!【良い・悪い写真は?】」で解説しています。

kae
紹介した記事を読めば、自己PR写真を作れば高評価間違いなし!

 

 

✔自己PR作成法より、「内定者の対策法」を知ることが重要!

なぜなら、自己PRを書いただけでは、内定は取れないから。

まだ、重要な対策が残っているんです。

 

そこでおすすめなのが、私の「公式LINE(無料)」です!

対策法が知れる公式LINEとは:無料で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる公式LINE

959人の就活生が参加し、第一志望への内定実績も多数!

不要なら、いつでもすぐ解除できます。

友達追加は下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
ESの自己PR作成ができたら、もっと大事な対策法を知る必要があるよ!

 

 

という訳で、ES(新卒)の自己PRに関して、徹底解説しました。

この1記事で、自己PRの書き方や例文は完璧に理解できましたよね。

何度も読みながら、評価される自己PRとESに仕上げていきましょう。

 

 

この記事を読んだ人は、「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」の記事も読んでいます。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。