評価される行動力の自己PR例文を紹介!【新卒就活を攻略】

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】最後まで読めば、評価される行動力をアピールした自己PR(新卒)が完成します!

簡単に、評価される行動力の自己PRを書き方ですよね。

 

そこで就活戦略では、「行動力を自己PRした例文(新卒Ver)」を徹底解説!

具体的な書き方や評価されるポイント、例文や注意点なども解説。

kae
しょぼい書き方だと、どんなに行動力を自己PRしても評価されないよ…。
kae
この記事の例文を見れば、高評価な行動力の自己PRができあがるよ!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:行動力を自己PRする場合の例文と注意点【新卒】

さっそく、行動力の自己PR例文を2種類紹介します。

例文と一緒に、注意点やポイントも解説しますね。

 

例文1.行動力を留学で発揮したパターン

 

例文2.行動力を旅行で発揮したパターン

 

 

例文1.行動力を留学で発揮したパターン

私は「自己成長のために時間とお金を惜しまず投資することで、常に成長し続けられる」ことが強みです。この強みは、大学2年次にカナダへ6カ月間留学した際にも発揮しました。「なぜ留学をしたか?」と言うと、将来海外で働くという夢実現のために、日常会話レベル以上の英語力を身につけたかったからです。人によっては、「国内や独学でも英語力は身につく」という方もいます。ですが私は「自分より実力のある方から学ぶことが最大の近道。そのためには数十万円という大金や時間を惜しみたくない」と思っているんです。こういった行動力の高さのおかげで、今では日常会話レベルの英語を話せるまでになりました。人はやりたいことがあっても、「行動しなくて良い理由」を探して挑戦を辞めてしまいます。だからこそ私は、貴社に入社してからも「挑戦したいことはお金と時間を惜しまず投資してトライしたい!」と思っていますし。それらを自分の糧にすることで、50代になっても成長し続ける営業として活躍します!

 

注意点は、この2つです。

 

注意点1.強みを具体的に書くこと

 

注意点2.強みの活かし方を具体的に書くこと

 

 

注意点1.強みを具体的に書くこと

そうすることで、深い自己PRとして面接官の印象に残せます。

(皆、同じような自己PRだから、印象に残らない…)

 

例えば、今回の例文だとここの部分ですね。

 

私は「自己成長のために時間とお金を惜しまず投資することで、常に成長し続けられる」ことが強みです。

 

→「具体的な強みが書かれていてイメージしやすい!」と印象に残る!

 

 

注意点2.強みの活かし方を具体的に書くこと

「入社後こんな風に強みを発揮します!」と自己PRされれば…。

「そんなに熱意が高いのか!もっと話を聞きたい!」と次の選考につながるんです。

 

紹介した例文だと、ここの部分。

 

人はやりたいことがあっても、「行動しなくて良い理由」を探して挑戦を辞めてしまいます。だからこそ私は、貴社に入社してからも「挑戦したいことはお金と時間を惜しまず投資してトライしたい!」と思っていますし。それらを自分の糧にすることで、50代になっても成長し続ける営業として活躍します!

 

→「そういう考えがあるから、行動力を大切にしているのか!」

 

→「具体的な強みの活かし方まで考えていて、志望度が高い!」と高評価!

 

 

例文2.行動力を旅行で発揮したパターン

2つ目に、旅行を例文に自己PRを考えてみました!

(趣味のゲームとかにも応用できるのでおすすめ)

強みは「どんな小さなチャンスでも、コレだ!と思えば誰より早く、実行と検証を繰り返して結果をだせること」です。ただ、闇雲に行動しているわけではありません。「石橋を100回以上叩いて、慎重かつスピーディーに渡る」イメージです。実際に、大学4年時に、就活サイトを立ち上げた際にもこの強みを発揮しました。サイトを立ち上げたは良いものの、集客しても3カ月間利益が0という日々が続いたことが問題だったんです。そんなある日、「SNS集客」という手法を発見。そこで1日かけて、「その手法が有効か?」のリサーチを行い「コレだ!」と思ったのです。その日からは、睡眠と食事以外の1日13時間を仮説と検証を行い、180日間継続しました。その結果、3カ月後には月40万円の利益を達成!社会人になると、規定の時間内で最大の結果を出さなければいけない連続だと思っています。だからこそ、強みの「誰より早く、実行と検証を繰り返して結果をだせること」を発揮し、会社に利益を出せる営業として入社1年目から活躍します!

 

この行動力の例文も、注意点は同じ2つです。

 

注意点1.強みを具体的に書くこと+差別化する

 

注意点2.強みの活かし方を具体的に書くこと

 

 

注意点1.強みを具体的に書く+差別化する

今回の例文では、強みを具体的に書くことに加え、差別化もしてみました。

例えば、強み(結論)の後に「ただ~~じゃないんですよ」と伝えることで。

「他の就活生とは違う強みなんですよ!」と差別化ができるんです。

 

例文だとここの部分。

 

強みは「どんな小さなチャンスでも、コレだ!と思えば誰より早く、実行と検証を繰り返して結果をだせること」です。ただ、闇雲に行動しているわけではありません。「石橋を100回以上叩いて、慎重かつスピーディーに渡る」イメージです。

 

→「具体的な強みがイメージしやすい!」

 

→「ただ行動力があるだけじゃないのか!」と、強みにあなたらしさを付け加えられる!

 

 

注意点2.強みの活かし方を具体的に書くこと

さっきも伝えた通り、入社後強みをどう活かすかを書ければ評価も上がります。

 

例文だとここの部分ですね。

 

社会人になると、規定の時間内で最大の結果を出さなければいけない連続だと思っています。だからこそ、強みの「誰より早く、実行と検証を繰り返して結果をだせること」を発揮し、会社に利益を出せる営業として入社1年目から活躍します!

 

→「入社後、志望職種での強みの活かし方まで考えてるのか!」

 

→「他の学生より、具体的に考えてるってことは志望度が高いな!」と評価UP!

 

kae
紹介した行動力の例文のように、新卒の自己PRを作成してみよう!

 

 

2:そもそも新卒が行動力を自己PRして評価されるのか

ズバリ、行動力が強みの自己PRでも評価してもらえます。

理由は簡単で、新卒の自己PRで評価されるポイントは「ポテンシャル」だから。

強みの種類や実績の凄さではないんです。

(私も就活を始めたころは、凄い実績の自己PRが評価されると勘違いしてた←)

 

凄い経験が求められるのは、中途採用です。

新卒は社会人経験がないので、実績なんて求められてませんからね。

 

kae
強みは行動力でも良いから、ポテンシャルをアピールすることが大切だよ!

 

 

3:評価UP!行動力を自己PR(新卒)する時の書き方

「自己PRの書き方がわからない」って人は、おすすめの5ステップ作成法があります!

(いろんな書き方があるけど、この書き方が一番簡単!)

 

詳しくは「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」で解説しています。

 

kae
上の記事を参考にすれば、30分もあれば自己PR(新卒)が完成するよ!

 

 

4:【新卒自己PR】長所(行動力)の言い換え・キャッチコピー例文

自己PRで行動力を強みにするなら、具体的に書くことがポイントです。

いくつか、言い換え例とキャッチコピーの例文を紹介しますね。

自己成長のために、お金と時間を惜しまずに投資できる。小さなチャンスでも取りこぼさないほど、行動力が高い。困難な状況下でも瞬時に適切な判断を行い、問題解決のために行動できる。社会経験が浅い20代だからこそ、柔軟な思考と行動力で貪欲に行動できる。どんな小さなチャンスでも、コレだ!と思えば誰より早く、実行と検証を繰り返して結果をだせる。石橋を100回叩きながら、慎重かつスピーディーに行動できる…etc

(この例文のように具体的な行動力ほど、面接官の心に刺さる!)

 

ちなみに、新卒の自己PRで評価されやすい長所があるんです。

この辺りは「これだけで簡単!自己PRの長所作成法【おすすめワードあり】」で解説しています。

 

kae
行動力の言い換えや、長所の書き方に困っている人は参考にしてね!

 

 

5:新卒が行動力を自己PRする時のエピソードの考え方

「行動力が強みの自己PRを作成したいけど、考え方がわからない」って人もいるはず。

そんな人向けに、新卒の自己PRのエピソードの考え方を解説しました!

 

このあたりは「これだけでエピソードがないを解決!高評価な自己PRが書ける!」をどうぞ。

 

kae
行動力の強みを発揮したエピソードがなくても、自己PRが書ける方法を解説してるよ!

 

 

6:無料!第一志望・納得内定する!5つの就活セミナー

自己PRが評価されても、他の対策がボロボロでは内定できません。

選考突破能力を上げれば、就活をイージーモードになります。

 

そこでおすすめなのが、「5つの就活戦略セミナー」(無料)!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安0で挑むための対策法をプレゼントしてます。

 

ちなみに私は、200文字の自己PRすら書けない状態から、この対策で業界No.1企業に内定できました!

(他にも、6社内定・第一志望内定などの就活生が多数)

現在、1000人以上が受け取り済みです。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

 

 

kae
新卒面接の自己PR例文がわかったら、セミナーを見て実力をつけよう!

 

 

という訳で、行動力を自己PRした例文(新卒)を解説しました!

これで、例文や書き方、注意点などが完璧に理化できましたね。

 

 

この記事を読んだ人は「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」も読んでいます。

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。