この例文を見れば簡単に積極性の自己PRが書ける!ポイント解説

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】この記事を読めば、積極性の自己PR例文を徹底理解できます!

「積極性を自己PRしたいけど、どう書けば良いかわからない」ですよね。

そこで就活戦略では、「積極性の自己PR例文」を徹底解説!

他にも、自己PRの書き方や注意点、ポイントを解説します。

kae
こんな私でも、評価される積極性の自己PRが書けるかな…。
kae
例文を見て書き方を知れば、内定レベルの積極性の自己PRができあがるよ!

 

✔Kae(筆者)

Kaeの実績

▲Kaeの実績

1:この例文を見れば簡単に積極性の自己PRが書ける!

さっそく、積極性の自己PR例文を紹介しますね。

例文1.ボランティアで積極性を発揮した自己PR例文

 

例文1.ボランティアで積極性を発揮した自己PR例文

強みは「積極性を活かして興味のあることには挑戦し、自己成長し続けられること」です。 大学2年の夏休み、6泊7日で熊本県に滞在し、豪雨被害のボランティアを行いました。浸水で土砂が入り込んだ自宅から、土砂を丸1日かけて掻き出すのです。 「なぜボランティアをしたの?」というと。「興味を持ったら自己完結せず、足を動かして確かめるべき。見て学んで自分の血肉にすれば、自己成長し続けられる!」と思ったからです。実際、ただ土砂を掻き出す単純作業でも、被災地の7世帯、40人の支えになることができました。TVを見て「可哀そう」と同情するだけで行動しないことより、100倍以上の価値があると思っています。 この積極性の高さは、「無関心で冷酷な人は三流。興味を持っても行動できない人は二流。何事も積極的に興味を持ち行動できる人は一流」という恩師の言葉が軸にあるからです。 この様に積極的にチャレンジし、30代40代になってもレベルUPし続ける社員になれると思っています。また、得た学びを部下やチームに還元し、会社全体に利益を出せる営業として活躍します!

これを見て「大手就活サイトみたいに、実績をアピールしてない」と気づいたと思います。

例文の書き方をした方が、面接官に高評価をもらうことができるんです。(詳しくは「後述する3つの作成ポイント」で解説!)

 

【補足例文1】積極性を協調性で自己PRした場合

積極性(=協調性が高い)とも言えますよね。

なので、協調性が強みの自己PR例文も考えてみました!

詳しくは「面接官の心を撃ち抜く!協調性の自己PR作成法【例文・注意点】」で解説しています。

 

【補足例文2】協調性を行動力で自己PRした場合

積極性(=行動力が高い)とも言い換えられます。

行動力が強みで自己PRした場合の例文も、考えてみました!

評価される行動力の自己PR例文を紹介!【新卒就活を攻略】」で解説しています。

kae
3つの例文を参考にして書けば、積極性の自己PRが簡単に書けるよ!

 

積極性の自己PRを面接で伝えるときの例文

就活戦略を読んでくれているあなたなら、バンバン面接の予定も入ってくるはずです。

なので、面接で「どう自己PRを話せば受かるか?」を解説した記事も作成しました!

詳しくは「こう話せば面接で受かる!新卒の自己PR例文【書き方・注意点】」で解説しています。

 

そもそも積極性を自己PRして評価されるのか?

結論、評価されます。

なぜなら、自己PRの評価基準は強みの種類ではないからです。

「凄い実績でが評価されるんでしょ?」と思うかもですが、これも違います。

正解は、「どれだけあなたの性格が伝わるか?」です。

さっき紹介した積極性の例文も、性格を超アピールしてましたよね。

 

とは言っても、「どう自己PRを書けば良いかイマイチわからない」って人もいるはず。(私も、自己PR作成に何カ月も悩んでたからわかる!)

なので、次の章で「評価UPの自己PRのポイント」を解説します。

kae
積極性を自己PRしても、性格が伝わる内容なら評価されるから安心してね!

 

積極性、自主性、主体性の違いとは?

どの言葉もほぼ同じ意味なので、気にしなくてOKです。(面接官も気にしてない)

一応違いを紹介しておきますね。

・積極性:進んで物事を行うこと

・自主性:独立して物事を行うこと

・主体性:自分の意志で行動すること

 

2:たった3つのポイントで評価UP!積極性の自己PRとは

 

ポイント1.強み+ベネフィットを伝える

ポイント2.実績ではなくあなたの性格を伝える

ポイント3.強みの具体的な活かし方を書く

さっき紹介した積極性の例文を使って、詳しく解説しますね。

 

ポイント1.強み+ベネフィットを伝える

ベネフィットとは:強みがもたらす、さらなるメリットのこと

冒頭でベネフィットを伝えれば、あなたを採用するメリットが伝わりますよね。

面接官の中には、自己PRの1行目しか読まない人もいるのを知ってますか?

しかし、あなたがベネフィットを提示できれば…。「他のこと違うぞ!もうちょっと読んでみようか」となるのです。

 

実際、紹介した例文でも「強み+ベネフィット」が書けています。

強みは「積極性を活かして興味のあることには挑戦し、自己成長し続けられること」です。

 

→「自己成長し続けるってことは、会社にもたくさんメリットを与えてくれそう!」と高評価になる!

こんな風に、「積極性の強み+ベネフィット」を書くようにしましょう。

 

ポイント2.実績ではなくあなたの性格を伝える

さっきも伝えた通り、自己PRでは実績より性格が評価されます。

なぜなら、社会経験がない新卒に実績は求めないから。

つまり、自己PRから「あなたの性格」が伝わらなければ評価されないんです。

 

具体的には、この例文のような伝え方をすればOKです。

「なぜボランティアをしたの?」というと。「興味を持ったら自己完結せず、足を動かして確かめるべき。見て学んで自分の血肉にすれば、自己成長し続けられる!」と思ったからです。

 

→「自己成長意欲の高い学生だ!こういう人材を求めてた!」と評価UPになる。

この積極性の高さは、「無関心で冷酷な人は三流。興味を持っても行動できない人は二流。何事も積極的に興味を持ち行動できる人は一流」という恩師の言葉が軸にあるからです。

 

→「普段からこんな風に考えられる子なら、社会人になっても活躍してくれそう!」とプラス評価になる!

例文のように、実績よりもあなたの性格をアピールしていきましょう。

 

ポイント3.強みの具体的な活かし方を書く

ほとんどの就活生は、強みの活かし方をサラッとしか書いていませんよね。

そこであなたが、具体的な強みの活かし方を書けば、差別化できるんです。(熱意や志望度の高さが伝わるので、私のおすすめ!)

 

実際、積極性の例文でもこんな風に書いています。

この様に積極的にチャレンジし、30代40代になってもレベルUPし続ける社員になれると思っています。また、得た学びを部下やチームに還元し、会社全体に利益を出せる営業として活躍します!

 

→「30代40代のことまで考えているのか!長く働き続けてくれそう!」と熱意がアピールできる!

→「積極性から得た学びを、具体的にどう還元するがまで考えてる!」と評価UP!

例文のように、具体的に強みの活かし方を書きましょう。

kae
紹介したポイント3つを意識して書けば、評価UPの自己PRができあがるよ!

 

3:これじゃ不採用が連続する?!積極性を自己PRしたNG例文

積極性の自己PRが書きやすいように、NG例文も紹介しておきますね。

強みは「積極性の高さ」です。大学2年の夏休み、6泊7日で熊本県に滞在し、豪雨被害のボランティアを行いました。浸水で土砂が入り込んだ自宅から、土砂を丸1日かけて掻き出すのです。具体的には、10人1組のチームにわかれて、お宅に訪問しスコップや手作業で土砂を掻き出します。これを7日間毎日繰り返しました。その結果、ただ土砂を掻き出す単純作業でも、被災地の7世帯、40人の支えになることができました。この様に、貴社に入社した暁には積極的にチャレンジして活躍します!

NGな理由は一目瞭然ですよね…。

強みのベネフィットが書かれていないので、ありきたりな自己PRになっています。

また、取り組んだことばかり書いているので、性格が伝わりませんし。

強みの活かし方が適当すぎて、熱意が全く伝わりませんよね。(9割の就活生はこういう書き方になってるから要注意!)

kae
例文を見ながら、「間違った書き方になっていないか?」を確認しておこう!

 

4:注意点3つ!面接官からの評価が下がる…積極性の自己PR例とは

 

注意点1.強みを具体的に書く

注意点2.取り組み+感情を一緒に書く

注意点3.強みの活かし方を具体的に書く

 

上記で紹介した、NG例文を例に解説していきます。

 

注意点1.強みを具体的に書く

必ず、「どんな場面でどれほど積極性があるのか?」を自己PRしましょう。

抽象的な強みだと、信ぴょう性が薄れて評価してもらえないからです。

強みは「積極性の高さ」です。

 

→誰でも言える抽象的な強みなので、信頼度が落ちる…。

 

積極性の強みを具体的に書いた例文はこれです。

強みは「積極性を活かして興味のあることには挑戦し、自己成長し続けられること」です。

 

→どんな場面での積極性なのか?が具体的にわかり、信頼度UP!

積極性の強みを具体的に書くことで、「強みの差別化」にもなります。

良く使われる強みだからこそ、具体的に書きましょう。

 

注意点2.取り組み+感情を一緒に書く

重要ですが、自己PRから「あなたの内面」を評価されています。

つまり、内面が伝わらない自己PRを話しても、評価すらしてもらえません。

大学2年の夏休み、6泊7日で熊本県に滞在し、豪雨被害のボランティアを行いました。浸水で土砂が入り込んだ自宅から、土砂を丸1日かけて掻き出すのです。具体的には、10人1組のチームにわかれて、お宅に訪問しスコップや手作業で土砂を掻き出します。これを7日間毎日繰り返しました。その結果、ただ土砂を掻き出す単純作業でも、被災地の7世帯、40人の支えになることができました。

 

→取り組んだことと結果しか書いておいらず、内面が伝わらない…。

 

取り組みを書く時は、あなたの感情もセットで伝えましょう。

大学2年の夏休み、6泊7日で熊本県に滞在し、豪雨被害のボランティアを行いました。浸水で土砂が入り込んだ自宅から、土砂を丸1日かけて掻き出すのです。 「なぜボランティアをしたの?」というと。「興味を持ったら自己完結せず、足を動かして確かめるべき。見て学んで自分の血肉にすれば、自己成長し続けられる!」と思ったからです。

実際、ただ土砂を掻き出す単純作業でも、被災地の7世帯、40人の支えになることができました。TVを見て「可哀そう」と同情するだけで行動しないことより、100倍以上の価値があると思っています。

この積極性の高さは、「無関心で冷酷な人は三流。興味を持っても行動できない人は二流。何事も積極的に興味を持ち行動できる人は一流」という恩師の言葉が軸にあるからです。

 

→「行動することは、行動しないことの100倍価値があるというアグレッシブな考えのある子だな!」

 

→「普段から、積極性を持ち行動できる人は一流という思考で生活してるのか!」と内面が伝わる!

取り組んだこと+感情を書くだけで、あなたにしか書けない積極性の自己PRが完成しますよ。

 

注意点3.強みの活かし方を具体的に書く

強みの活かし方が抽象的だと、面接官に熱意が伝わらず損します。

この様に、貴社に入社した暁には積極的にチャレンジして活躍します!

 

→誰でも言える強みの活かし方で、熱意が伝わらない…。

 

 結局、新卒の就活では「内面」と「ポテンシャル」しか見られてないんですよね。(実績は求められてない)

なので、ポテンシャルが伝わるように具体的に書きましょう。

この様に積極的にチャレンジし、30代40代になってもレベルUPし続ける社員になれると思っています。また、得た学びを部下やチームに還元し、会社全体に利益を出せる営業として活躍します!

 

→「30代や40代のことまで考えているのか!熱意が高いな!」と評価UP!

kae
NG例文と3つの注意点を参考に、積極性の自己PRをブラッシュアップしてね!

 

5:あなたに興味0の面接官も振り向かせる!積極性の自己PR作成法

では、具体的な自己PRの作成ステップを紹介します。

詳しくは「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」で解説しています。

kae
上の記事を見れば、簡単に5ステップで面接官をうならせる自己PRが書けるよ!

 

積極性の具体的な長所や短所を紹介【自己PRの強み例文】

積極性が強みで自己PRを書く参考に、具体的な長所と短所を紹介しますね。

【積極性の長所例文】

 

・仮説、行動、改善を貪欲に取り組めるほど、積極性が高い

・主体的に問題解決に取り組み、チームの利益UPに貢献できる

・積極性を活かして興味のあることには挑戦し、自己成長し続けられる

長所を考えるなら、「利益を出せる人材だとアピールすること」を意識すると簡単ですよ。

会社では、「利益を出せる人材」が求められているので評価も上がります。

 

【積極性の短所例文】

 

・のめり込むと、1日3食が1色になる程周りが見えなくなる

・友達から「第二の母」と言われるほど、人の世話を焼いてしまう

・1つに集中し過ぎてマルチタスクが苦手で、シングルタスクになりやすい

積極性が強みな場合、のめり込みやすいのではないでしょうか?

短所を考える際も、長所と同じように具体的に伝えることが評価UPのコツです。

kae
積極性の長所も短所も、「具体的」に書くことで評価が上がるよ!

 

6:無料!第一志望・納得内定できる5つの就活セミナー

自己PRが評価されても、「ある5つの戦略」をしらないままだと内定できません。

 

この5つの戦略を知らない人の大半が…。

「自己PRは書けたけど、本当にこれで内定できるのか不安」

「友達はインターンに参加したり内定をもらってるのに、自分だけまだ…」

といった状態になっているんです。

 

実際、この5つの戦略を知って就活をした学生は。

自己PRや志望動機、面接などの苦手意識が0になっているんですよね。

結果、内定倍率400倍以上の会社を含む、6社に複数内定をしたり。

面接が超苦手だったのに、立て続けに2社の内定!

など多数の理想を実現しています。

 

ちなみに私も、200文字の自己PRすら書けない状態から、この対策で業界No.1企業に内定済みです。

(他にも、複数内定・第一志望内定などの就活生が多数)

 

そこでおすすめなのが、「5つの就活戦略セミナー」(無料)!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安を0に!

その結果、第一志望・納得内定を獲得できる5つのセミナーをプレゼントしてます。

(現在、1000人以上が受け取り済み!)

 

無料でセミナーを受け取れますし、不要になればすぐに解除もできます。

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
積極性の自己PR例文がわかったら、セミナーを見て実力をつけよう!

 

という訳で、「積極性の自己PR例文」を徹底解説しました!

もうこれであなたは、評価される自己PR例文を完璧に理解できていますし。

積極性を自己PRする時の、ポイントや書き方まで網羅できましたね。

この記事を読んだ後は、「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」がおすすめ!

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

たった1カ月で私が業界No.1企業に内定した6つの対策法

「自己PRやガクチカ、志望動機が書けない・自信0を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定する6つの就活戦略セミナー」を特別プレゼントしています。

【▼LINE登録で無料プレゼント!】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?
1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法
2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法
3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法
4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法
5章:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

公式LINE(無料)を友達追加した人限定で、特別プレゼントしています。

今すぐ無料でプレゼントを受け取る

▲タップで特別プレゼントの詳細が知れるページに移動。