もう自己分析で挫折しない!7ステップのやり方【内定者が解説】

kae
就活戦略(このサイト)のKaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

「自己分析が大事なのは知ってるけど、やり方がわからない…」

 

「大手就活サイトの記事は、読みにくくて内容も薄い…」

 

「具体的なやり方や例が知りたいな。」

 

 

大手就活サイトを見ても、イマイチやり方がわからないですよね。

就活戦略では、「自己分析のやり方」を徹底解説します!

7ステップとその例、おすすめのツール。

自己分析の注意点や、よくある質問まで紹介します。

kae
間違った自己分析のやり方だと、評価される強みは見つからないままだよ…。
kae
読み終わるころには、誰よりも評価される強みが見つかるよ!

 

 

✔Kae(筆者)

私は業界No.1企業に内定した18卒です。

就活戦略(このサイト)で、自己分析の記事を書き4万人に読まれています。

(それくらい、内容が支持されてる!)

このように、就活生・指導者としての実績から、解説しますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:この定義を知れば自己分析で失敗しない

結論、「過去のできごとを深堀して、強みと価値観を見つけること」です。

 

この定義を知っておけば、かなり楽に自己分析できるんです。

なぜなら、「見つけることが明確になる」から。

 

自己分析に苦手意識がある人ほど、定義があいまいだったりしませんか?

実際、私は定義なんて気にせずに自己分析してました。

その結果、考えなくて良い短所に目が行き。

「なんで私って、こんなにダメな性格なん…」と落ち込んでたんですよね。

 

でもこれって、自己分析の定義を知っていれば、防げた話です。

なので、就活戦略を読んでるあなたは、定義を知っておいてくださいね!

kae
自己分析の定義は、「過去のできごとを深堀して、強みと価値観を見つけること」だよ!

 

 

2:2つのゴールを知れば自己分析が簡単になる

ゴール1.強みと自己PRネタを見つける

 

ゴール2.価値観から就活の軸を見つける

 

上記2つが、自己分析のゴールです。

これさえ知っていれば、かなり簡単に自己分析できますよね。

(この2つ以外は見つけなくて良いから)

 

「なぜこの2つなの?」というと、全ての質問に応用できるからです。

例えば、こんな感じ。

・強みと自己PRネタ

 

→ガクチカや挫折経験、頑張ったことなどに使える!

 

・価値観と就活の軸

 

→志望業界や企業選び、志望動機などに使える!

こんな風に、面接で聞かれる質問は、ほぼ網羅できます。

 

大手就活サイトでは、「ハマった遊びを見つけよう!」とか書いてますが…。

論外だと分かりますね。

就活戦略を読んでるあなたは、そんなムダな自己分析はしなくてOKです。

kae
「強みと自己PRネタ」「価値観から就活の軸」の2つを見つけようね!

 

 

価値観を見つける時におすすめの方法

価値観を見つける自己分析のやり方を、記事で解説しました。

【知らないと損】自己分析で価値観を知る簡単な方法【3ステップ】」も併せて読んでみて下さいね。

kae
価値観は就活の軸にもつながるから、しっかり分析しようね!

 

 

3:自己分析が不要な人もいると知ってますか?

この条件2つに当てはまる人は、自己分析が不要なんです。

下記2つの特徴に当てはまる人は、「自己分析しない方が良い人」です!

 

特徴1.自己分析しても強み・価値観が不明
特徴2.志望業界や職種が不明

 

特に、「考えてもやりたいことがない!」って人は、自己分析しない方が良い。「今」答えが出ないだけだから。選考を受けながら考えていけばOKです。

 

実際、私は途中から自己分析をしていませんでした。

なぜなら、「自己分析し続けても終わりがないな」と思ったから。

 

「頭で考え続けるより、行動しつつ考えた方が良いな」と思ったんですよね。

だから、ほぼ全ての業界にエントリーしました。

(プレエントリー400・ES提出140)

そうすれば、選考の途中で「やっぱこの業界が良いかも!」って見えてきます。

 

結果、志望度も高い業界No.1企業に内定できました。

なので、自己分析をしない選択もありですよ!

kae
自己分析してもわからないことを考え続けるより、行動しながら考えた方が効率的だよ!

 

 

4:もう自己分析で挫折しない!7ステップのやり方

ステップ1.ゴールを可視化

 

ステップ2.客観的データを用意

 

ステップ3.自己分析の素材を3つ用意

 

ステップ4.「なぜ」と「なに」で深堀

 

ステップ5.自己分析素材全てで4を行う

 

ステップ6.強み・自己PRネタを1つに決定

 

ステップ7.価値観から就活の軸を3つに決定

 

上記のやり方なら、「自己分析できない」なんて悩みは吹き飛びます!

詳しいやり方や例は、「【徹底解説】自己分析の例を紹介!【自己PRへの繋げ方】」で解説してます。

 

 

これが自己分析の完成例!

7ステップのやり方の例

紹介した7ステップのやり方なら、30分くらいでできますよ。

 

これだけだとつまらないので、おすすめの自己分析ツールや。

すぐ使える自己分析シート、やり方のポイントも解説しますね。

kae
自己分析は7ステップのやり方なら、簡単にすぐできるよ!

 

 

この自己分析シートで効率的に自己分析!

就活戦略では、おすすめの自己分析シートがあります。

 

さっき紹介した、7ステップのやり方で使えるシートですし。

自分でノートに書くより、効率的に自己分析ができますよ。

下記から、無料でDLできるので使ってくださいね。

 

【自己分析シート】

 

>>無料で自己分析シートをDLする

URLをタップして、コピーして使えばOKです。

 

自己分析シートは「【無料で自己分析シート配布】この内容だけで完璧【内定者が解説】」でも解説しています。

kae
自己分析シートを使って効率的にすすめよう!

 

 

就活生の3人に1人が使ってる!自己分析ツール

その自己分析ツールとは、「キミスカ(無料)」です。

 

就活戦略で一番おすすめの、ツールなんですよね。

私も使ったんですが、試した20種類の中で一番高精度でした。

 

というのも、グラフと数字で「超客観的」に分析できるんです。

数字とグラフで客観的に分析できる!

 

「なぜ客観性が大事なの?」というと。

人は主観になると、判断力が2倍下がるから。

そして、自己分析って一人でやるので、主観的になりますよね…。

つまり、自身の強みを「2倍も間違えてしまう」ってこと。

 

実際、私も就活生の時、主観的に自己分析してしまってました。

(あの時にこのツールを知っていれば…!)

強み弱み、適職など10種類以上を分析できますよ。

 

登録が必要ですが、無料で30秒もあればできますし。

優良企業からの、逆オファーも来るのでおすすめです。

ツールを使うなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

無料ですし、こういうツールは使っておいて損ないですよ。

 

詳しい使い方などは、「【自己分析ツール】この1つで十分!【無料・簡単・高精度】」でも解説しています。

kae
自己分析ツールを使うのも、おすすめのやり方だよ!

 

 

自己分析に必要な質問項目は3つだけ

質問項目を使って、自己分析するやり方もあります。

 

ちなみに、この3つの質問を自分に問いかけるだけでOK。

質問項目1.絶対に譲れないことその1は何?

 

質問項目2.絶対に譲れないことその2は何?

 

質問項目3.絶対に譲れないことその3は何?

 

ちなみに、「100の質問に答えよう!」とかは信じなくて良いですよ。

就活戦略では、上記3つの質問をおすすめしてます。

 

そもそも、100問答えてまとめられますか?

3問だけで自己分析できるのに、時間がムダ過ぎますよね。

この辺りは「【自己分析】自分史に必要な項目は2つだけ【内定者が解説】」で解説しています。

 

 

これが一番簡単な深掘りのやり方!

ステップ1.エピソードの背景を書く

 

ステップ2.印象に残っていることを書く

 

ステップ3.印象に残っていることの背景を書く

 

ステップ4.感情を「なぜなに」で深堀

 

ステップ5.取り組みを「なぜなに」で深堀

 

ステップ6.取り組み結果を書く

 

ステップ7.強みを1つに決める

 

ステップ8.価値観を見つける

 

正直、自己分析で一番難しいのって深堀のやり方ですよね。

そんなあなたに向けて、就活戦略では徹底解説した記事を書きました!

自己分析の深堀は「なぜ」と「なに」を使う【例あり】」で解説してるので、読んでみてくださいね。

kae
深堀のやり方は、8ステップに沿ってやれば簡単にできるよ!

 

 

自己分析のやり方がわかる!ノートの書き方例

自己分析ノートの書き方を解説した、記事を書きました。

 

具体的な書き方やポイントなどを、解説してます。

この辺りは「【自己分析ノートの作り方】3ステップですぐできる【例文あり】」を読んでくださいね。

kae
自己分析ノートの書き方は、上記の記事にすべて書いてあるよ!

 

 

5:就活生から「6社内定しました!」と連絡が…

ある夜、私のスマホが「ピロン!」と鳴りました。

見てみると、ある男子就活生からTwitterのDMが一件。

そこには、「内定6社頂きました!」と書かれていたんです!

 

この就活生は、私の公式LINEで対策法を受け取っていた子でした。

「Kaeさんの対策や思考を真似て、内定できました」とのこと。

(私は本人の努力も大きいと思ってますが)

 

実際に届いたDMがこちら。

6社内定した強者

「この男子就活生だからうまくいった」と思うかもしれません。

 

しかし、正しく対策ができていなければ…。

内定を逃していた可能性もありますよね。

卒業旅行が近づいても、内定が0のままだったかもしれません。

 

 

6社も内定できた理由は、たった1つ

「誰よりも行動し続けたから」です。

 

私が配信していた対策法を学び。

実践と改善を繰り返していたから、だと思ってます。

行動力のある人は、就活の成功率も高くなるんですよね。

 

もし、内定が欲しい企業があるなら私の「公式LINE(無料)」がおすすめです。

対策法を、随時配信しています。

(現在、959人が参加してくれてます)

 

※期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成法」などが知れる、電子書籍もプレゼント中!

友達追加は下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

 

もっと詳細を知りたい人は、下記をどうぞ。

 

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

無料ですし、こういう時に行動できる人が内定を勝ち取ると思っています。

kae
あなたも959人の就活生と一緒に、無料で対策法を受け取ってみてね!

 

 

6:3つの注意点で自己分析の精度を上げよう!

注意点1.強みやエピソードの凄さはいらない

 

注意点2.自己分析はいつから?今から!

 

注意点3.自己分析のやりすぎがダメな理由

 

 

注意点1.強みやエピソードの凄さはいらない

なぜなら、面接官が1番知りたいことが「あなたの人柄」だからです。

 

その証拠に、下の画像をみてください。

ダントツで人柄を重視してる

左の、面接官が見ているポイントに注目。

「人柄を見ている」が、90%を超えてますよね。

つまり、「強みや凄いエピソードなんていらないから、人柄を教えて!」ってことなんです。

 

そもそも、新卒はポテンシャル採用です。

ポテンシャル採用とは:将来の可能性に対して採用すること

凄い経験を求めているなら、中途採用をするはずですよね。

 

なので、「強みやエピソードがショボい」と落ち込む必要はありませんよ!

それより、人柄を伝える自己PRを書くことに専念しましょう。

kae
自己分析の結果、強みやエピソードが凄くなくても、問題ないからね!

 

 

注意点2.自己分析はいつから?今から!

早いに越したことはありません。

 

新卒の就活は、いかに早く行動できたか?が大きなポイントです。

対策する期間が長いほど、あなたの就活力も上がります。

だったら、早いうちから自己分析した方が得ですよね。

 

実際私も、大学2年から就活を始めてました。

SPIの勉強から始まり、自己PRを作成して…。

その結果、友達の誰よりも早く、早期内定できたんです。

しかも、業界のトップ企業に。

 

就活戦略を読んでくれてるあなたは、行動力があります。

その行動力を活かして、すぐに対策をしておけば良いことありますよ。

詳しくは「【自己分析はいつから始める?】今すぐやるべき!【半日でできる】」で解説しています。

kae
紹介した7ステップのやり方で、今すぐ自己分析してみよう!

 

 

注意点3.自己分析のやりすぎがダメな理由

「自己分析をしたのに、1週間後にまたやり直す」とかはやめた方が良いです。

 

なぜなら、強みや価値観はすぐ変わらないから。

例えば、「リーダーシップの高さ」が強みなのに。

1週間後に、「縁の下の力持ち」になったりしないですよね。

この辺りは「【断言】自己分析のやりすぎは不要!【2回で十分です】」で解説しています。

 

もし、何度自己分析してもうまくできないなら、やり方を間違えてます。

その場合は、就活戦略で紹介した7ステップのやり方を使ってくださいね。

kae
自己分析を何度もやり直すのは、ムダ過ぎるからおすすめしないよ!

 

 

7:もっと簡単に自己分析するやり方【3ステップ】

就活戦略では、「簡単にできる自己分析のやり方」も解説しています。

 

詳しくは、「【簡単な自己分析】3ステップのやり方で就活を無双しよう!」をどうぞ。

kae
上記のやり方なら、3ステップで簡単に分析できるよ!

 

 

8:こんな自己分析の疑問をスパッと解決!

質問1.自己分析が終わった後何をすべきか

 

質問2.他の自己分析のやり方【自分史・人生】

 

質問3.おすすめの自己分析本はこれ1冊

 

 

質問1.自己分析が終わった後何をすべきか

ズバリ、「性格が伝わる自己PR作成」です。

 

さっきも伝えた通り、面接官が一番知りたいことは「あなたの人柄」。

そして、人柄は自己PRで伝えることができるんです。

 

正直、人柄が伝わらない自己PRだと、即落とされます。

実際、私も採用をすることがあるんですが。

性格が伝わらない自己PRって、読んでいてつまらないし。

「面接したい!」と覆えないんですよね…。

 

しかし、人柄が伝わる自己PRが書ければ。

ESや一次面接の通過は、当たり前になります。

なので、自己分析のやり方を知った後は、自己PR作成が大切です。

 

このあたりは「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」で解説しています。

kae
自己分析のやり方がわかったら、自己PRの作成をしていこうね!

 

 

質問2.他の自己分析のやり方【自分史・人生】

7ステップのやり方以外の、自己分析のやり方を紹介しますね。

 

就活戦略では、自分史と人生から自己分析するやり方も解説してます。

(7ステップのやり方が最強なので、あまりおすすめしませんが…)

>>【悲報】自分史での自己分析はNG【トップ企業内定者が解説】

 

>>【自己分析】人生を振り返るのはNG!【5ステップでOK】

kae
他のやり方が知りたいなら、上記の2つのやり方の記事を参考にどうぞ!

 

 

質問3.おすすめの自己分析本はこれ1冊

おすすめは、「超客観力」の1冊だけです。

 

冒頭でも伝えた通り、自己分析は客観性が大切です。

(主観で自己分析するやり方は、判断力が2倍下がるから)

その客観力が鍛えられるのが、この本なんですよね。

 

以前、「【自己分析】客観的でないと失敗する【業界No.1内定者が断言】」の記事を書いたんですが。

その後に、この本と出会いました。

 

正直、ストレングスファインダーとかより、よっぽど役立ちます。

実際に、ストレングスファインダーを使ったことがあるんですが…。

本が分厚すぎて読むのがダルくて、仕方ないんですよね。

 

その点、「超客観力」はスラスラ読めてしまいます。

就活において、「情報にお金を惜しまない」のは超重要です。

この機会に、お金で情報を買ってみると、今より前に進めますよ。

kae
就活戦略でおすすめの本は、「超客観力」1冊だけだよ!

 

✔就活生から「6社内定しました!」と連絡が…

ある男子就活生からTwitterのDMが一件。

そこには、「内定6社頂きました!」との文字が!

 

この就活生は、私の公式LINEで対策法を受け取っていた子でした。

「Kaeさんの対策や思考を真似て、内定できました」とのこと。

もっと詳細を知りたい人は、下記をどうぞ。

 

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

この記事を読んだ就活生は、「100%通過するOpenESの書き方!【例文あり】」も読んでくれています。

 

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。