【簡単な自己分析】3ステップのやり方で就活を無双しよう!

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

「上手く自己分析できないから、もっと簡単なやり方が知りたい!」

 

「じっくり自己分析する時間がないから、簡単なやり方を教えて欲しい。」

 

もっと簡単に、自己分析できる方法が知りたいですよね。

就活戦略(このサイト)では、「自己分析が30倍簡単なやり方」を解説します!

簡単にできる3ステップや、ツールだけでなく、自己PRや就活の軸の見つけ方まで紹介。

kae
自己分析ができないまま放っておくと、3カ月後に痛い目に合うだけ。
kae
最後まで読めば、「超簡単に自己分析ができた!」状態になってるよ!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

就活戦略(このサイト)では、自己分析の記事を60近く書いています。

そして、月に4万回も読まれるほど人気に!

つまり、就活生・情報発信者としての実績があると思ってます。

 

正直、他のサイトの自己分析法って、イマイチわかりにくいですよね。

なので、私の実績をもとに30倍簡単なやり方を解説します。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:自己分析の定義・目的を知ってますか?

簡単な自己分析のやり方の前に、定義と目的を知っておきましょう。

これを知らず自己分析しても、正しく自己分析できないので。

 

 

この定義を知れば自己分析が簡単に!

結論、「過去のできごとを深堀して、強みと価値観を見つけること」です。

 

他のサイトでは、下のように定義されています。

「どんな業界や企業、職種が向いているか」「何が好きか嫌いか」を見つけること

でも、私からしたら「間違い」なんですよね。

なぜなら、強みと価値観さえ見つければ、全ての質問に応用できるから。

 

例えば、こんな風に応用できます。

・強み

→自己PRやガクチカ、挫折経験などに応用できる!

 

・価値観

→志望動機や就活の軸、希望の職種などに応用できる!

 

強みと価値観だけで、よく聞かれる質問に対応できますよね。

(わざわざ、どの業界が向いてるかなんて見つけなくて良い!)

なので、自己分析の定義は「過去のできごとを深堀して、強みと価値観を見つけること」です。

kae
自己分析とは、強みと価値観の2つさえ見つければOKなんだよ!

 

 

この2つの目的を知れば自己分析が簡単に!

目的1.強みから自己PRを見つけること

 

目的2.価値観から就活の軸を見つけること

 

「なぜこの2つか?」というと、定義でも説明した通りです。

強みや自己PRさえわかれば、ガクチカや挫折経験に応用できますし。

価値観や就活の軸は、志望動機や希望の職種が見つかりますよね。

(この2つさえ見つければ、他の質問全てに対応できる!)

だから、この2つが自己分析の目的なんです。

kae
自己分析の目的は、「強みから自己PR・価値観から就活の軸を見つけること」だよ!

 

では、定義と目的を理解したところで、簡単なやり方を解説しますね。

 

 

2:15分でできる!自己分析の簡単なやり方

やり方1.過去のできごとを書く

 

やり方2.「なぜ」「なに」で深堀する

 

やり方3.強みと自己PRネタ・就活の軸を選ぶ

上記のやり方で、簡単にできるので解説していきます。

その前に、注意点をお伝えしますね。

 

 

強みから自己分析するやり方はダメ!

なぜなら、「強みに合う自己PRネタがない」ことがあるからです。

 

強みを見つけたら、それに合う自己PRネタと結び付けると思います。

でも、強みとマッチするエピソードって、あんまりなくないですか?

 

実際私は、見つけた強みに合うエピソードがなくて、苦労しました。

その結果、「200文字の自己PRすら、書けない…」状態になったんです。

(就活が怖くなって、泣きながら自己分析してた…)

 

なので、「強みを見つける→自己PRを考える」ではなく。

「自己PRのエピソードを見つける→強みを考える」にしましょう。

そうすれば、強みとエピソードのミスマッチを防げます。

kae
自己分析する時は、エピソードを考えてから強みを見つけようね!

 

 

無料ですぐ使える!自己分析シート

自己分析シートを使えば、より簡単にできます。

 

下記から無料でDLできるので、使ってくださいね。

 

ちなみに、「【無料で自己分析シート配布】この内容だけで完璧【内定者が解説】」でも解説しています。

kae
自己分析シートを使って、もっと簡単に自己分析しちゃおう!

 

では、簡単な自己分析のやり方を解説していきます。

 

 

やり方1.過去のできごとを書く

大学であったできごとを、思いつくだけ書きだしていきましょう。

 

下の図のように、ノートに書けばOKです。

ポイントは、思いつくものはすべて書くこと。

後で整理するので、今は何も考えずに書きだせば良いです。

 

 

凄いエピソードを書こうとすると99%失敗する

ちなみに、凄いエピソードは必要はありません。

 

なぜなら、面接官が求めているのは「あなたの人柄」だから。

凄いエピソードなんて、知りたいと思っていません。

 

もし凄い経験や高い能力を求めているなら、中途採用をするはずですからね。

新卒は「ポテンシャル採用」です。

つまり、将来の可能性を「人柄から判断」しています。

なので、凄いエピソードを書きだす必要はないですよ。

kae
書きだすエピソードは、凄い内容じゃなくて全然構わないよ!

 

 

書きだしたエピソードに順位をつける

エピソードが書き出せたら、順位付けしていきましょう。

 

こんな感じで、1~3位までを決めればOKです。

「深堀されても困らないエピソードか?」と考えると、簡単に順位付けできますよ。

 

「なぜ1~3位か?」というと。

自己PRを2~3つ聞かれることがあるからです。

その時のストックになるので、今決めておくと便利ですよ。

kae
書きだしたエピソードを、1~3位まで順位付けしていこう!

 

(後もうちょっとで終わりだから、頑張って!)

 

 

やり方2.「なぜ」「なに」で深堀する

就活戦略では「なぜ」だけでなく、「なに」の深堀を重視してます。

 

下の図のように、深堀すればOKです。

ポイントは、「友達と会話してる感じ」で考えること。

詳しくは「自己分析の深堀は「なぜ」と「なに」を使う【例あり】」で解説しています。

kae
「なぜ」だけでなく、「なに」で深堀することがポイントだよ!

 

 

やり方3.強みと自己PRネタ・就活の軸を選ぶ

深堀から、強みと自己PRネタ・就活の軸を見つけるだけです。

 

私の場合は、こんな感じになりました。

【強みと自己PRネタ】

 

【就活の軸】

「見つからないよ…」って人は、深堀が甘いだけです。

さっき紹介した深堀の記事を読みながら、考えればすぐできますよ。

 

以上が、簡単にできる自己分析のやり方でした!

kae
これで、自己分析の目的「強みと自己PRネタ・就活の軸」が見つかったね!

 

 

自己分析が簡単になる!おすすめ無料ツール

正直「まだ自己分析がむずかしい…」と感じる人もいるはず。

そんな人は、「キミスカ(無料)」の自己分析ツールがおすすめです!

(就活生の3人に1人が使ってる…!)

 

自己分析につまずいたら、ツールの力を借りれば良いだけなんですよね。

例えば、私ならこんな風に自己分析できました。

1.挑戦欲求。2.自立欲求。3.向上欲求が高いとわかる!

 

5分くらいで診断できて、すぐに強みがわかります。

(20種類くらい試した中で、トップレベルの制度だった!)

詳しくは、「【自己分析ツール】この1つで十分!【無料・簡単・高精度】」で解説しています。

kae
自分だけで自己分析が難しいなら、ツールの力を借りれば良いよ!

 

 

このやり方で99点の自己分析ができる!

就活戦略(このサイト)では、「7ステップの自己分析」をおすすめしてます。

(100点なんてこの世にないので、99点)

 

簡単なやり方も良いですが、もっと効果的なやり方があるんです。

この方法なら、面接官に評価される強みが見つかるし。

ESや面接で落ちることの方が、珍しくなると思います。

詳しくは、「【やり方がわからない】自己分析は7ステップでOK【3分で解決】」で解説しています。

kae
簡単なやり方も良いけど、がっつり自己分析することも大切だよ!

 

 

3:あなたも6社に内定できる?!5つの対策とは

この対策法は、公式LINE(無料)で受け取れます。

すでに、959人が参加済み。

 

この対策法を実践した19卒の男子学生がいたんですが。

2カ月後には、「6社内定しました!」と連絡をくれました。

(全て私のおかげとは言えませんが)

私の対策や思考法を参考したら、6社も内定したみたいです。

 

私は、就活の発信には「本人の実績より、指導実績が重要」と思っています。

なぜなら、指導実績がショボい=価値の低い対策法だから。

実際私は、業界No.1企業の内定しただけ。

(もっと凄い人はたくさんいる)

 

ですが、これまで959人に対策法を配信してきました。

そして、第一志望や6社内定などの実績を残しています。

毎日のように「Kaeさんの対策法で、内定できました!」と連絡も頂くほど…!

こんな風に、指導実績の方が大切だと思っています。

 

 

実際に内定した子からのメッセージを紹介

6社内定した強者

この対策法は公式LINE(無料)で、随時受け取れます。

※期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成法」などが知れる、電子書籍もプレゼント中!

 

友達追加は下記からどうぞ。

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

もっと詳細を知りたい人は、下記をどうぞ。

 

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかったです!」と好評なので、損はさせません。

kae
参考にする情報が悪いと、ずっと不安が消えず内定もできないよね…。
kae
あなたも思い切って行動すれば、明るい未来が手に入るよ!

 

 

4:【無料】簡単にできる!自己分析のやり方4つ

やり方1.他己分析での自己分析

 

やり方2.質問項目を使った自己分析

 

やり方3.人生から自己分析する

 

やり方4.自分史での自己分析

 

 

やり方1.他己分析での自己分析

これは、一番おすすめの簡単なやり方です。

 

というのも、自己分析は「客観的であること」が重要だからです。

(客観的に自己分析できてない人は、要注意…!)

詳しい理由は、「【自己分析】客観的でないと失敗する【業界No.1内定者が断言】」を読めばすぐわかります。

 

他己分析の簡単なやり方は「【他己分析での自己分析法】知らないと損します【内定者が解説】」で解説しています。

kae
他己分析での自己分析も、簡単なやり方だからおすすめ!

 

 

やり方2.質問項目を使った自己分析

質問項目を使ったやり方も、めっちゃ簡単ですね。

この辺りは、「【自己分析】質問の例文は3つで完璧【30問も答える必要0】」の記事を読んでみて下さい。

kae
ある3つの質問で、簡単に自己分析できるやり方があるよ!

 

 

やり方3.人生から自己分析する

人生を振り返って、自己分析することもできます。

就活戦略では、あまりおすすめしてませんが…。

(おすすめしない理由は、「【自己分析】人生を振り返るのはNG!【5ステップでOK】」をどうぞ)

 

とは言え、「人生から自己分析するやり方が知りたい!」って人もいるはず。

そんな人は、「【自己分析】人生グラフは5ステップで完成【テンプレート・例】」で解説しています。

kae
人生グラフを使っても、簡単に自己分析できるよ!(おすすめ度は低いけど)

 

 

やり方4.自分史での自己分析

自分史も、あまりおすすめしてません…笑。

(その理由は「【悲報】自分史での自己分析はNG【トップ企業内定者が解説】」で解説してます)

 

どうしても自分史で自己分析したい人は、「【自己分析】自分史に必要な項目は2つだけ【内定者が解説】」をどうぞ。

 

以上が、簡単に自己分析できる4つのやり方でした!

kae
特に、他己分析できでのやり方は超おすすめだよ!

 

 

これ1冊だけ!おすすめの自己分析本

「超客観力」という本がおすすめです。

(就活戦略でおすすめしてるのは、上記1冊だけ)

 

私がDaiGoさん好きってのを抜きにしても、良本です。

自己分析に一番大切な、「客観的な視点」を鍛えられます。

そうすれば、正確に強みを見つけられるんですよね。

自己PRの質も上がるし、面接の改善にも使えます。

 

他のサイトでは、「ストレング〇ファインダーが良い!」とか言われてますが。

正直、分厚すぎて読みにくいんですよね…。

後、自己分析テストなら紹介した「キミスカ(無料)」で十分なので。

だから、今のところこれ1冊しかおすすめしてません。

kae
おすすめの自己分析本は、「超客観力」この1冊だけだよ!

 

 

5:1カ月で業界No.1企業に早期内定しました

私は、1カ月で業界No.1企業に内定しました。

それまでは、自己分析をしても強みが見つからず。

200文字の自己PRすら、書けない状態だったのにです。

 

「なぜ、早期内定できたか?」というと。

4社内定を得た先輩から、「5つの対策法を教わったから」です。

 

あのまま我流で就活してたら、卒業旅行の時も内定0だったかもしれません。

就活の成功者から、対策法を学んで結果を出せたんです!

(受験はプロに教わるのに、就活は我流になるのが不思議…)

 

こういった対策法を、「公式LINE(無料)」で随時配信しています。

(我流で失敗する就活生を、少しでも減らしたい!)

現在、959人が参加済みです。

※期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成法」などが知れる、電子書籍もプレゼント中!

 

友達追加は下記からどうぞ。

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

もっと詳細を知りたい人は、下記をどうぞ。

 

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので、損はさせません。

 

この記事を読んだ人の多くは、「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」も読んでいます!

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。