【自己分析】質問の例文は3つで完璧【30問も答える必要0】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

「自己分析をしたいけど、どんな質問に答えれば強みが見つかるんだろう」

 

「質問例や、書き方例が知りたいな」

 

「できれば、自己分析から自己PRへの書き方も教えて欲しい」

といった疑問や悩みを解決します!

 

この記事では、「自己分析する際の質問例」を紹介します!

質問への回答例や、具体的な自己分析のやり方。

強み分析におすすめのツールや、フレームワークも解説します。

kae
適当に考えた質問例で自己分析しても、ムダだよ…。
kae
この記事を読めば、質問例で完璧に自己分析できるよ!

 

 

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

このサイト「就活戦略」では、自己分析の記事を60記事近く公開しています。

その結果、月に2万人以上の就活生に読まれています。

(それだけ、質が高くて人気がある証拠←自分で言うな)

 

つまり、就活生として、指導者として2つの実績があるんです。

正直、大手就活サイトは雇われたライターが適当に書いてるだけ…。

こういった背景から、「自己分析の例」を解説しますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

【事実】自己分析より自己PRが100倍重要!

「なんで自己PRの方が大切なの?」と思いましたか?

面接官が不採用にする理由1位が、「人柄が分からなかった」だからです。

 

「どういうこと?」と思いますよね。

「凄い強みでも、人柄が伝わらないと落ちる」ということです。

kae
自己分析ができても、自己PRがショボいと落ちるよ…。
kae
だから、自己分析より自己PR作成法を知ることが大切!

 

そこで、「人柄を伝えて内定率を上げる!自己PR作成法」が分かる、電子書籍(無料)をプレゼント中!

 

この電子書籍で、内定した就活生は700人越え!

 

私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で、お渡し中です。

(メルマガの対策法と併せて読むと、効果大なので…!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

 

1:幼少期や小中学生時代の自己分析はNG!

なぜなら、「ほぼ役に立たないから」です。

 

だって、小学生時代の話とかって覚えてますかね?

覚えていたとしても、自己PRネタには使えません。

面接官に「で、大学では何も頑張らなかったの?」と言われてお終いです。

 

少しは、自分を知ることに繋がるかもですが、非効率です。

大学時代を振り返るだけで、完璧に分析できます。

(その方法は、次の章で解説)

 

10年前を振り返らないと自己分析できないのは、「やり方が間違ってる」だけです。

効率的にできるのが、正しい自己分析です。

kae
だから、幼少期時代を振り返るのはNGだよ!

 

 

2:自己分析の質問の例文は3つで完璧!

結論、自己分析の質問は「3つだけ」でOKです。

そして、自己分析のゴールに応じて、質問内容が変わります。

 

「自己分析のゴールって何?」という人向けに、少し解説しますね。

 

 

自己分析にはゴールが2つある!

ゴール1.強みと自己PRネタを見つけること

 

ゴール2.価値観から就活の軸を見つけること

kae
この2つが、自己分析のゴール(目的)だよ!

 

詳しくは、「【自己分析のゴールはどこまで?】答えは2つです【簡単なやり方】」の記事で解説しています。

 

 

このことから、自己分析の質問3つは下記です。

【強みを自己分析する時の質問】

 

質問1.これまでで良かった思い出その1は?

 

質問2.これまでで良かった思い出その2は?

 

質問3.これまでで良かった思い出その3は?

 

「良かった思い出なんてあるかぁ!」って人もいるかもですね。

そんな人は、「頑張ったこと」「長く続けていること」と変換すればOKです。

 

【価値観を自己分析する時の質問】

 

質問1.絶対譲れないことその1は何?

 

質問2.絶対譲れないことその2は何?

 

質問3.絶対譲れないことその3は何?

「譲れないことが分からない」って人は「絶対やなこと」で考えるのもおすすめです。

kae
この3つの質問例で、自己分析を深めよう!

 

ちなみに、他のサイトでは「30の質問で自己分析しよう!」などと書かれてますが、必要ありません。

だって、この3つの質問で十分だから。

そもそも、30個の答えから共通点を探して、自己分析とか非効率すぎます。

(それができてたら、自己分析に困ってないわ…!)

kae
だから、自己分析の質問はこの3つで十分だよ!

 

 

自己分析の質問への回答例はこんな感じ

前述した質問の、回答例を紹介しておきますね。

【強みを自己分析する時の質問】

 

質問1.これまでで良かった思い出その1は?

→大学4年の時にECサイトを運営して、利益を出したこと!

 

質問2.これまでで良かった思い出その2は?

→大学2年の時、一人で沖縄に行きダイビングの資格を取ったこと!

 

質問3.これまでで良かった思い出その3は?

→気遣いできる力の高さから、友達の恋愛相談相手になったこと!

 

【価値観を自己分析する時の質問】

 

質問1.絶対譲れないことその1は何?

→自由な環境で過ごすこと!

 

質問2.絶対譲れないことその2は何?

→自分が決定権を持ち、仕事ができること!

 

質問3.絶対譲れないことその3は何?

→やりがいの高さより、お金を稼ぐこと!

 

(かなり本音で書いたから、ゲスいと感じたらごめんちゃい)

kae
こんな感じで、直感で思いつく答えを書けばOK!

 

「どうしても、質問の答えが出てこない…」って人は、おすすめのツールがあります。

(特に、強みの分析にもってこい!)

 

 

【最強ツール】強みの自己分析におすすめ!

結論、「キミスカ(無料)」がおすすめです。

なぜなら、客観的に自己分析できるから。

 

「なぜ客観的であるべきか?」というと…。

人は主観的になると、判断力が2倍下がりるからです。

 

(客観視すれば判断力が2倍UPする!)

 

つまり、自分一人で考える自己分析は、強みを見誤ってしまうんです。

kae
だから、客観的な自己分析が大切なんだよ!

 

そこでおすすめなのが、「キミスカ(無料)」の自己分析ツール!

kae
就活生の3人に1人が利用してるよ!

 

下の図のように、数字とグラフで客観的に分析できます。

私の実際の診断結果

強みや弱み、適職など十数種類も診断してくれるんです。

kae
20種類くらい試した中で、一番効果的だった!

 

登録が必要ですが、無料で精度の高い自己分析ができますし。

優良企業からの逆オファーも届いたりします。

kae
メニューバーの「適性検査」からすぐ診断できるよ!

 

キミスカでの自己分析は、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

無料ですし、自己分析ツールの中で一番高精度なテストが受けられます!

kae
客観的な自己分析で、強みを見つけよう!

 

 

3:自己分析のおすすめのやり方【例あり】

下記の5ステップを例に、自己分析すれば完璧です。

自己分析例1.ゴールを可視化する

 

自己分析例2.客観的データで分析する

 

自己分析例3.「なぜなに」で深堀する

 

自己分析例4.深堀結果からゴールを抜き出す

 

自己分析例5.自己PRと志望動機を考える

 

具体的な分析方法や、例は「【面接の通過率UP】自己分析の仕方は5ステップ【内定者が解説】」の記事で解説しています。

(めちゃくちゃ詳しく、画像や例文付きで解説してる)

kae
上の記事も読めば、すぐに自己分析が完成するよ!

 

 

4:【事実】自己分析より自己PRが100倍重要!

「なんで自己PRの方が大切なの?」と思いましたか?

その理由は、下記を読めばわかります。

面接官が不採用にする理由1位:「人柄が分からなかったから」

 

「どういうこと?」と思いますよね。

ヒントは、「人柄が分からない」という部分です。

不採用にする理由は、「強みやエピソードがショボかったから」ではありません。

 

…これで、自己PRが大切な理由が分かりましたね。

つまり、「凄い強みでも、人柄が伝わらないと落とされる」ということです。

 

だから、自己分析より、自己PR作成法を知ることが大切なんです。

kae
性格が伝わる、自己PRを作成しようね!

 

とは言っても、「どう書けば性格が伝わる自己PRになるの?」と思うはず。

 

そこで、「人柄を伝えて内定率を上げる!自己PR作成法」が分かる、電子書籍(無料)をプレゼント中!

 

「…本当に電子書籍を読む価値があるの?」って思いましたか?

実は、既に700人以上の就活生が受け取り済みです。

kae
毎年、この電子書籍を読んで、内定した就活生が多数いるよ!

(そもそも無料なので、デメリット0)

 

電子書籍は、私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で、お渡し中です。

(メルマガの対策法と併せて読むと、効果大なので…!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

kae
質問例が分かった後は、自己PRを作成しようね!

 

 

強みと価値観分析に使える自己分析シート

効率的にできるように、自己分析シートもお渡しします。

 

この自己分析シートを使えば、強みや価値観が楽に見つかりますよ。

(下記から、無料でDL可能)

 

 

kae
ぜひ、自己分析シートを使ってみてね!

 

 

【非推奨だけど紹介】自己分析のフレームワーク

あまりお勧めしませんが、他のフレームワークも紹介します。

「おすすめしないなら言うな」って思うかもですが。

「他にも自己分析の例が知りたい」って人もいるはずなので。

 

具体的には「【自己分析】効果的なフレームワークは2つだけ【PDFあり】」を、併せてご覧ください。

マインドマップや自分史での自己分析例も、紹介してます。

kae
自己分析の例を見て、いろいろ試してみてね!

 

 

という訳で、「自己分析の質問例」について解説しました。

多くのサイトでは、「質問30項目」などが推奨されています…。

しかし、お伝えした通り質問は3つだけでOKです。

kae
効率的な自己分析で、皆に差をつけようね!

 

【事実】自己分析より自己PRが100倍重要!

「なんで自己PRの方が大切なの?」と思いましたか?

面接官が不採用にする理由1位が、「人柄が分からなかった」だからです。

 

「どういうこと?」と思いますよね。

「凄い強みでも、人柄が伝わらないと落ちる」ということです。

kae
自己分析ができても、自己PRがショボいと落ちるよ…。
kae
だから、自己分析より自己PR作成法を知ることが大切!

 

そこで、「人柄を伝えて内定率を上げる!自己PR作成法」が分かる、電子書籍(無料)をプレゼント中!

kae
この電子書籍で、内定した就活生は700人越え!

 

私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で、お渡し中です。

(メルマガの対策法と併せて読むと、効果大なので…!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。