【自己分析本は必要か】必要ないです【業界No.1内定者が断言】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y

 

こんな方におすすめ

「これから自己分析を始めるんだけど、本って必要あるの?」

 

「どんな方法で自己分析すれば良いかわからないよ…。」

 

「おすすめの自己分析法が知りたいなぁ。」

といった疑問や悩みを解決します!

 

この記事では「自己分析日本は必要かどうか」を解説します!

科学的に一番効果的な分析法や、自己分析の後にやるべき対策も紹介。

kae
効率的に正しい方法で自己分析できるよ!
kae
この内容を知らないと、自己分析本にムダ金を使って損するだけ…。

 

 

✔️Kae(筆者)

私は業界No.1企業に内定した18卒です。

自己分析をしても強みが0で、辛くて毎日泣いた経験もあります。

2週間自己分析本を続けたり、ツールを使ったり…etc。

その後、正しい対策法を身につけてトップ企業に内定しました。

 

正直、他の記事は、自己分析で苦労してない人が書いてますよね。

私は実体験を交えて、自己分析本の必要性を解説します。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

✔ちょっと宣伝です。

業界No.1企業に内定した対策法が知れる、電子書籍(無料)をプレゼント中です。

 

kae
700人以上が受け取り済みで、第一志望内定者も続出!

 

「強みがなくても書ける自己PR作成の5ステップ!」等が知れます。

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

 

 

1:自己分析に本は必要か【必要ないです】

理由は、この2つです。

本が必要ない理由1.客観的に分析できないから

 

本が必要ない理由2.非効率だから

(本が必要だと思ってた人は、今から思考を変えればOK)

kae
具体的に解説してくね!

 

 

本が必要ない理由1.客観的に分析できないから

「なぜ客観が大切か」というと、人は主観だと判断力が2倍も落ちるからです。

判断力が落ちた状態で見つけた強みなんて、評価されるわけありません。

自己分析本って、自分一人で考えるものなので、モロ主観ですよね。

kae
客観的でないと、正しく分析できないよ…。

 

 

本が必要ない理由2.非効率だから

私も本で分析したことあるんですが、余裕で1日とかかかります。

(本の中には2週間分析し続けようとかあるくらい)

はっきり言って、時間のムダだし必要性0です。

 

評価される強みを見つけるには、時間ではなく正しい分析法が必要なんです。

kae
本での分析は非効率だから不必要だよ…。

 

 

人生を振り返る系の自己分析本は絶対NG

ちなみに、本によく書いてある、人生を振り返る分析方法は必要ないです。

幼少期から大学までを振り返っても、8割ムダに終わるからです。

そもそも、幼少期の記憶なんて覚えてないし。

とにかく何時間もかかって時間がムダになるだけです。

kae
人生を振り返る系の自己分析本は、絶対やめようね!

 

次の章では、効率よく正確に分析する方法があるので解説します。

 

 

2:自己分析本よりおすすめの3ステップ分析

ステップ1.ゴールを明確にする

 

ステップ2.ゴールに応じた方法で分析する

 

ステップ3.「なぜなに」で深掘りする

具体的な分析法は「自己分析の深堀は「なぜ」と「なに」を使う【例あり】」の記事で解説しています。

 

 

強み探しは自己分析本より他己分析がおすすめ!

結論、「本より他己分析」がおすすめです。

なぜなら、客観的に分析できる最適な方法だからです。

客観的な分析が良い理由:「人は主観だと判断力が2倍も落ちる」から

前述した通り、本での分析は99%が主観です。

なので、最適な強みを見つけられないリスクがあります。

kae
自己分析するなら、本より他己分析で見つけようね!

 

具体的には、図のように友達や親に質問すればOKです。

kae
加点式で採点すれば、客観的に強みを見つけられるよ!

 

とは言っても、「他己分析って恥ずかしいし苦手」っていう人もいるはず。

そんな人に、おすすめの自己分析ツールを紹介します。

 

 

他己分析ができない人におすすめの自己分析ツール

「キミスカ(無料)」の自己分析ツールがおすすめです。

kae
学生の3人に1人が利用してるよ!

 

なぜなら、どのツールよりも超客観的に分析できるからです。

kae
他己分析並みに、客観的に正確な強みが見つかるよ!
kae
本での自己分析は主観になりやすく、正しく分析できないよ。

 

下の図のように、グラフや数値で分析してくれます。

(実際の私の分析結果)

強みや弱み、適職など十数種類の項目が見れるんです。

kae
20種類くらい試した中で、一番精度が高かったよ!

 

登録が必要ですが、30秒もあればすぐできますし。

無料で客観的な自己分析ができて、優良企業から逆オファーも届きます。

キミスカの自己分析ツールを使うなら、下記からどうぞ。

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

無料ですし、こういう時に行動できる人が成功すると思ってます。

kae
自己分析本よりキミスカのツールの方が必要性大だよ!

 

 

自己分析はこの2つが見つかればゴール

ゴール1.強みを見つけること

 

ゴール2.価値観を見つけること

強みは自己PR系で必須ですし、価値観は志望動機などに必須です。

このゴールに応じて分析法が変わります。

このあたりは「【自己分析のゴールはどこまで?】答えは2つです【簡単なやり方】」の記事で詳しく解説しています。

kae
2つのゴールさえ見つかれば、それ以上の分析は不必要!

 

 

3:自己分析の後は自己PR作成が大切!

特に「性格が伝わる自己PR」を書く事が大切です。

 

理由は、下記の面接官が不採用にする理由1位を見れば分かります。

不採用にする理由1位:「人柄が分からなかったから」

(だから毎回、ESでも面接でも自己PRを聞かれる)

 

この書き方ができれば。

面接官がESを少し読んだだけで、「この子良い!」となるし。

差別化され、濃い内容にもなるので評価も上がります。

kae
ESの自己PRしか読まない面接官もいるから超大切!

 

逆に、この書き方ができないままだと。

面接官からは、「また同じような内容かよ」とマイナス評価だし。

ありきたりな内容の自己PRでは、受かっても一次面接止まりです。

kae
つまり、性格が伝わる自己PRが書けないと内定はムリだよ…。

だからこそ、自己分析の後は自己PR作成が大切です。

 

とは言っても、「作成法が分かんない」って人もいるはず。

そんな人は、「資産型勝ち組就活生への道」(電子書籍)がおすすめです!

私が作成した書籍で、性格が伝わる自己PR作成が知れます。

kae
無料だし、700人が受け取ってるよ!

 

書籍は、私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定でお渡し中。

(メルマガの対策法と合わせて読むと効果大なので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

kae
無料で電子書籍を受け取って、内定を勝ち取ろう!

 

 

という訳で、「自己分析本は必要か不必要か」を解説しました。

結論、自己分析本は必要ありません。

時間がかかるし、主観的な分析は正しく強みを見つけられません。

kae
この記事で紹介した、正しい自己分析法を試してみてね!

 

【おすすめの自己分析ツール(無料)】

 

kae
就活生の3人に1人が利用してるよ!

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

✔本での自己分析より「性格が伝わる自己PR」が必要!

理由は、不採用なる理由1位が「人柄が分からなかったから」だからです。

性格が伝わる自己PRが書ければ、「この子良い!」と高評価を貰えます。

kae
ESの自己PRしか読まない面接官もいるから超大切!

逆にこの書き方ができないと、「また同じような内容かよ」とマイナス評価です。

kae
性格が伝わる自己PRが書けないと、内定は厳しい…。

 

そこで、「性格が伝わる自己PR作成が知れる電子書籍(無料)」をプレゼント中です!

 

kae
700人以上が受け取り済みだよ!

 

私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で、お渡ししています。

 

(メルマガの対策法と合わせて読むと効果大なので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。