【自己分析ノートの作り方】3ステップですぐできる【例文あり】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

「自己分析ノートって、どんな作り方が良いの?」

 

「完璧に自分を分析できるように、例文を見て具体的な書き方が知りたい!」

といった疑問や悩みを解決します!

 

この記事では「自己分析ノートの作り方」を解説します!

例文と共に具体的な書き方や、科学的に正しい自己分析の方法も紹介。

kae
効率的で正確に、自分の強みや自己PRが分かるようになるよ!
kae
正しい自己分析ノートの作り方を知らないと、結局答えが見つからないことも…。

 

 

私は、強み0の状態から業界No.1企業に内定しました。

その理由は、正しい自己分析法や、対策法を学んだからです。

 

「少し視点を変える」だけで、自己分析は簡単にできます。

(2週間分析をし続けて、強みが見つからず病んだ私でもできた…!)

就活対策のプロが、自己分析ノートの作り方を解説します。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

✔ちょっと宣伝です。

【無料】強み0の私が、業界No.1企業に内定した対策法をプレゼント!

 

kae
700人が受け取り済みで、第一志望内定者多数!

 

私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で、お渡ししています。

 

(メルマガの対策法と合わせて読むと効果大なので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

 

1:自己分析ノートの作り方・書き方【例文あり】

自己分析ノートは、下記の作り方で簡単にできます。

作り方1.自己分析の目的・ゴールを明確にする

 

作り方2.ゴールに応じた方法で自己分析をする

 

作り方3.「なぜなに」で深堀する

kae
例文と一緒に、書き方も解説するね!

 

 

作り方1.自己分析の目的・ゴールを明確にする

ノートの作り方以前に、目的・ゴールがあいまいだと自己分析の意味がありません。

 

ノートを作る目的・ゴールはこの2つです。

(作り方より大事…!)

目的・ゴール1.強みを見つけること

 

目的・ゴール2.価値観を見つけること

 

「なぜこの2つなのか?」について、ツイートで解説しました。

自己分析をする目的・ゴールを明確に!

 

その1.強みを見つけるため
その2.価値観を見つけるため

 

強みは当たり前に大切!ただ、「価値観って必要なの?」って思いますよね。実は価値観が伝わらない自己PRや志望動機は、ガクッと評価が落ちます。読んでて「ありきたりな内容だな…」となる。

kae
ノートの作り方以上に、目的・ゴールは明確にしよう!

 

参考>>自己分析の目的は「自分の価値観を見つけること」【簡単なやり方】

参考>>【自己分析のゴールはどこまで?】答えは2つです【簡単なやり方】

 

※この記事では「強みの見つけ方」にフォーカスして解説します。

 

私のノートの作り方の例を見せると、こんな感じです。

kae
ゴールを可視化すると、横道にそれずに済むからおすすめだよ!

 

 

作り方2.ゴールに応じた方法で自己分析をする

余り知られてませんが、ゴールに応じて適した分析法があるんです。

 

それぞれのゴールに適した分析法は下記です。

強みを見つける:他己分析を使う

 

価値観を見つける:質問項目を使う

kae
その理由や、具体的な分析方法を解説してくね!

 

 

強みを見つけるなら他己分析!

なぜなら、「客観的に分析できるから」です。

詳しい理由を、ツイートで解説しました。

「強みを分析し直したい!」って人は、「他己分析」がおすすめ!

 

なぜなら、客観的に分析できるから。人は主観になると判断力が、2倍も下がります。

 

つまり主観だと、強みを2倍も見誤ってることに…。(本や自分史で分析してる人は要注意…!)

 

今すぐ他己分析で、客観的な分析をしましょう!

kae
この通りだから、強みは他己分析で見つけよう!

 

 

他己分析は、下記の図のように、友達10人くらいに聞けばOKです。

でた強みを加点形式で採点すれば、客観的に分析できます。

分析した内容を、自己分析ノートに書いていきましょう。

 

 

私の例だと、ノートはこんな作り方をします。

kae
他己分析の結果を、そのままノートに書けばOK!

 

 

他己分析ができない人におすすめの自己分析ツール

他己分析がムリなら「キミスカ(無料)」の自己分析ツールがおすすめです。

kae
3人に1人が利用してて大人気だよ!

 

理由は、一番客観的に分析できるツールだから。

 

前述した通り、客観的な自己分析だと、2倍も判断力が上がります。

kae
その分、自己PRなどの評価もぐっと上がるよ!

 

逆に、それができてないと正しく強みが判断できないことも。

kae
自己分析でこけると、内定を得るのは厳しくなる…。

 

このツールなら、下の図のように、グラフや数字で分析してくれます。

正直他のツールは、結果が文章だけなので主観で判断してしまいますよね。

強みや弱み、適職など十数種類もの項目を調べてくれるんです。

kae
20種類くらい試した中で、一番高精度だったよ!

 

登録が必要ですが、30秒もあればすぐに診断が受けられます。

無料ですし、優良企業から逆オファーも届きます。

 

キミスカの自己分析ツールを使うなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

無料ですし、こういう時に行動できる人は内定が出るのも早いと思ってます。

 

ツールで分析したら、下記の感じで自己分析ノートに書けばOKです。

kae
客観的な自己分析をして、ノートの作り方も真似してね!

 

 

価値観を見つけるなら質問項目を使う

おすすめは、この2つの質問項目です。

質問項目1.絶対に譲れないこと3つは何か

 

質問項目2.絶対に嫌なこと3つは何か

こんな風に、極論で考えると自己分析しやすくなります。

極論とは:極端に偏った議論のこと
kae
やりやすい方の質問を使って、ノートに書いていこう!

 

私のノートの作り方例を見せると、こんな感じです。

kae
価値観を見つけるなら、極論で質問するのがおすすめ!

 

 

作り方3.「なぜなに」で深堀する

深堀をして、具体的な強みを見つけましょう。

kae
具体的な強みは、自己PRのエピソードに必須だよ!

 

ちなみに「なぜ」だけでなく「なに」でも深掘りするのが大切です。

なぜなら、「なぜ」だけだと抽象的な答えしか生まれず。

「なに」を加えると、具体的な答えが出てくるからです。

kae
深堀は、「なぜ」と「なに」の2つが重要だよ!

 

ノートの作り方例はこんな感じです。

これで、強みと具体的なその根拠が見つかりましたね。

(他の2位と3位の強みも、同じように分析してね)

 

価値観を見つけるときも、同様に行えばOKです。

kae
深堀をして、具体的な強みを見つけよう!

 

 

【補足】紳士なノートが自己分析におすすめです

(好きすぎて、2年間くらい使い続けてるノート)

 

このノートが良いのは、「無地」であることです。

研究でも、無地のノートは、想像力が広がると言われています。

kae
だから、自己分析ノートにぴったり!

 

他にも、書き心地が良くて100ページ以上あるんです。

なので、毎日使っても数カ月は買い替えなくて楽ちんです。

サイズも豊富で、無地が嫌なら方眼バージョンもありますよ。

 

それでいて、800円でおつりが返ってくる安さです。

kae
良ければ、Amazonで買ってみてね!

 

 

2:強み0の私が業界No.1企業に内定した対策法

結論、性格が伝わる自己PR作成に注力したことです。

 

「なんで、性格が伝わる自己PRが大切なの?」というと。

面接官が不採用にする理由の1位が、「人柄が分からなかったから」だからです。

 

私は、この対策の結果、ショボい強みでも、業界No.1企業に内定できました。

 

しかし、この自己PRの書き方をマスターできてない人がほとんど。

それだと、自己PRを一行読んだ面接官に「また似たような内容か」

と、ESをシュレッダーにかけられ続けるだけです。

kae
性格が伝わる自己PRが書けないと、採用されないよ…。

だからこそ、性格が伝わる自己PR作成が大切なんです。

 

とは言っても、「書き方が分からないよ」という人も多いはず。

そんな人は、私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」がおすすめ!

kae
700人が参加して、複数内定者も輩出中!

 

参加者限定で、「性格が伝わる!自己PR作成の5ステップ」が知れる、電子書籍もプレゼントしています。

(やる気のある人だけにしか受け取って欲しくないので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

kae
必ず質問される自己PRをマスターして、内定Get!

 

 

3:自己分析ノートの作り方の注意点2つ!

作り方の注意点1.自分史を使ったノート作りはNG

 

作り方の注意点2.本を使った自己分析やノート作りもNG

1つ目に、自分史をノートに書く作り方はおすすめしません。

なぜなら、あり得ないくらい非効率だから。

自分史って、幼少期から現在を振り返るだけで2~3時間はかかります。

(小学生の頃ハマった遊びとか、聞かれても覚えてない)

それから、共通点を探してさらに分析しないとダメなんですよね。

(めちゃくちゃ時間かかってだるい)

 

前述した、自己分析ノートの作り方なら30分で終わります。

しかも、科学的に正しい分析法です。

kae
自分史を使うノートの作り方は必要はないよ…。

 

自分史は、「【悲報】自分史での自己分析はNG【トップ企業内定者が解説】」で解説してます。

 

 

2つ目に、本を使った自己分析やノート作りも必要ないです。

理由は簡単で、この記事さえ読めばノートの作り方は完璧だから。

 

本だって、読むのに2時間はかかります。

この記事なら、5分で読める!(超効率的!)

わざわざ本にムダ金払う必要ありません。

kae
本での自己分析やノート作りはやめようね!

 

 

という訳で「自己分析ノートの作り方」について解説しました。

自己分析ノートは、紹介した3ステップの作り方で簡単にできます。

(本や自分史を使う必要性は0…!)

kae
この記事を読みながら、納得できる自己分析ノートを作ってね!

 

【無料の自己分析ツール】

 

kae
就活生の3人に1人が利用してる採用ツール!

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

無料ですし、登録しておけば優良企業から逆オファーも届きます。

 

✔強み0の私が業界No.1企業に内定した対策法!

「性格が伝わる自己PR作成に注力した」ことです。

面接官が不採用にする理由1位:「人柄が分からなかったから」

kae
この対策でショボい強みでも、業界No.1企業に内定できたよ!
kae
できないと、ESを一行読んでシュレッダーにかけられるだけ…。

そこで、強み0の私が、業界No.1企業に内定した対策法をプレゼント!

 

kae
700人が受け取り済みで、第一志望内定者多数!

 

私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で、お渡ししています。

 

(メルマガの対策法と合わせて読むと効果大なので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。