【自己分析】自分史に必要な項目は2つだけ【内定者が解説】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

「自分史で自己分析する時に、どんな項目を使えば良いか知りたい。

 

「具体的な自分史の書き方を、例を見ながら教えて欲しい。」

といった、疑問や悩みを解決します!

 

この記事では「自分史で自己分析する時の項目」について解説します!

具体的な自分史の書き方や例文なども紹介。

 

kae
実は、巷の自分史の書き方は、意味がないものが多い…。
kae
この記事の方法で自分史を書けば、強みがバッチリ見つかるよ!

 

 

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

現在は、このサイトや就活対策メルマガを運営しています。

2年で、700人以上の内定者を出していきました。

(第一志望・複数内定者も多数)

 

つまり、就活生として指導者として、両方の実績があります。

他のサイトは、雇われたライターが適当に書いた記事が多い…。

こういった経験から、「自分史の項目」を解説します。

>>詳しいプロフィールを読む

 

✔ショボい強みの私が業界No.1企業に内定した秘訣

結論、「性格が伝わる自己PRを作ったから」です。

 

「ショボい強みの自己PRは落とされる」と思うかもですが、違います。

なぜなら、面接官は自己PRで「性格」を知りたいだけだから。

kae
性格が伝わらない自己PRで、内定はできないよ…。
kae
実際に私は、この方法で業界No.1企業に内定したよ!

 

そこで、この自己PR作成法が知れる「電子書籍(無料)」を、プレゼント中!

この内容で、700人以上の内定者が生まれたよ!

 

書籍は、私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で受け取れます。

(メルマガの対策法と併せて読むと、効果大なので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

 

1:巷の自分史やグラフの自己分析は意味なし

なぜなら、「非効率だから」です。

(一般的な自分史の書き方は特に)

 

正直、「何十項目も振り返るとか効率悪っ…」と思いませんか?

(たまに、100項目を振り返ろう!とか言ってるサイトあって草)

私はめちゃくちゃ「効率悪いな」と思います。

 

 

とは言え「自分史での自己分析法が知りたい」と思ってこの記事を読んだはず。

なので、次の章から「効率的な自分史の書き方」を解説します。

 

 

2:自分史での自己分析に必要な項目は2つ!

下記2つから、自己分析しやすい項目を選べばOKです。

【パターン1】

 

質問項目1.(幼少期~現在で)一番目の良かった思い出は?

 

質問項目2.(幼少期~現在で)二番目の良かった思い出は?

 

質問項目3.(幼少期~現在で)三番目の良かった思い出は?

 

【パターン2】

 

質問項目1.(幼少期~現在で)一番目の嫌だった思い出は?

 

質問項目2.(幼少期~現在で)二番目の嫌だった思い出は?

 

質問項目3.(幼少期~現在で)三番目の嫌だった思い出は?

この3つの質問項目だけで、考えればOKです。

kae
何十項目を自己分析しても、効率悪いだけだよ…。

 

では、次の章で例と一緒に、自分史の書き方を解説します。

 

 

3:自分史での自己分析のやり方【例あり】

自分史の作り方1.ゴールを可視化しておく

 

自分史の作り方2.質問項目を記入

 

自分史の作り方3.質問項目に回答(過去の振り返り)

上記の3ステップで、効率的に自分史が書けます。

kae
この方法と項目で、自己分析を深めてね!

 

具体的な自分史の書き方は、「【悲報】自分史での自己分析はNG【トップ企業内定者が解説】」で解説しています。

 

 

4:強みに自信がない人におすすめ対策法!

結論、「性格が伝わる自己PRを作ること」です。

 

「ショボい強みの自己PRは落とされる」と思うかもですが、違います。

実は、強みに自信がなくても、評価される自己PRは書けるんです。

なぜなら、面接官は自己PRで「性格」を知りたいだけだから。

(余り知られてない、事実)

 

つまり、上手くあなたの性格が伝わる自己PRが書ければ。

ショボい強みでも、バンバン選考を通過できます。

kae
実際に、この方法で私は業界No.1企業に内定したよ!

(2週間自己分析しても、ショボい強みしかなかったレベル)

 

もし、性格が伝わる自己PRを書けないままだと…。

どれだけ凄い強みでも、良くて二次面接止まりですね。

(性格の伝わらない自己PRは、低評価)

kae
性格が伝わらない自己PRは、評価されないよ…。

 

だからこそ、「性格が伝わる自己PRの作成法」を知ることが大切なんです。

 

 

そこで、この自己PR作成法が知れる「電子書籍(無料)」を、プレゼント中!

kae
この内容で、700人以上の内定者が生まれたよ!

 

書籍は、私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で受け取れます。

(メルマガの対策法と併せて読むと、効果大なので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

 

5:自分史以外に自己分析のおすすめのやり方

冒頭でもお伝えした通り、自分史よりおすすめの自己分析法があります。

 

その方法は、下記の5ステップでの自己分析です。

自己分析の仕方1.ゴールを可視化する

 

自己分析の仕方2.客観的データで分析する

 

自己分析の仕方3.「なぜなに」で深堀する

 

自己分析の仕方4.深堀結果からゴールを抜き出す

 

自己分析の仕方5.自己PRと志望動機を考える

 

だまされたと思って、この5項目で自己分析してみて下さい。

かなり、深い部分まで自己分析ができるんですよね。

(「自分史の項目ってなに?」と気にしてたのが、アホらしくなるくらい)

kae
ぜひこの5項目で、自己分析をしてみてね!

 

具体的な方法は、「【面接の通過率UP】自己分析の仕方は5ステップ【内定者が解説】」の記事で解説しています。

 

 

無料で自己分析シートをDLできます

ちなみに、前述した5項目の自己分析で使える、シートをプレゼントします。

 

我流でノートに書くより、シートを使った方が楽でおすすめです。

自己分析シートのDLは、下記からどうぞ。

kae
強みと価値観を分析する、2パターンに分かれてるよ!

 

 

自己分析シートを使った分析法は「【無料で自己分析シート配布】この内容だけで完璧【内定者が解説】」で解説しています。

 

 

という訳で、「自分史で自己分析するための項目」を解説しました。

正直、自分史よりも効果的な自己分析法をおすすめします。

(でも、自分史を試してみるのも、ありなのでどうぞ)

kae
自分史での自己分析の項目は、もう完璧だね!

 

✔ショボい強みの私が業界No.1企業に内定した秘訣

結論、「性格が伝わる自己PRを作ったから」です。

 

「ショボい強みの自己PRは落とされる」と思うかもですが、違います。

なぜなら、面接官は自己PRで「性格」を知りたいだけだから。

kae
性格が伝わらない自己PRで、内定はできないよ…。
kae
実際に私は、この方法で業界No.1企業に内定したよ!

 

そこで、この自己PR作成法が知れる「電子書籍(無料)」を、プレゼント中!

kae
この内容で、700人以上の内定者が生まれたよ!

 

書籍は、私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で受け取れます。

(メルマガの対策法と併せて読むと、効果大なので!)

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。