面接で落ちる人は自己分析不足?【特徴3つと対策法】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y

 

こんな方におすすめ

「面接で落ちたのは、自己分析不足が原因かな?」

 

「自己分析がまだまだ甘いような気がして不安」

 

「面接で落ちる人の特徴や、どんな対策をすれば良いか知りたい!」

 

といった疑問や悩みを解決します!



この記事を読めば、「面接で落ちる理由は自己分析不足なのか?」が分かる!

後半では、面接で落ちない為の対策法3つや。

「自己分析がつらい、死にたくなる」という人の対処法も解説します。

kae
この記事さえ読めば、自己分析不足で面接に落ちることはなくなるよ!



私は、業界No.1企業に内定した18卒です。→マンガ版でプロフィールを読む

(自己分析がムダだと思ってたので、ほぼしなかったです)

kae
それでもこの結果を残せてるよ!

 

 

 

1:面接で落ちる人は自己分析不足?落ちる人の特徴3つ!

面接で落ちる人の特徴は、この3つです!

 

面接落ちる特徴1.自己PRで性格を伝えられていない

 

面接で落ちる特徴2.ESの深掘りができていない

 

面接で落ちる特徴3.言葉を噛んだり詰まってしまう

 

具体的に、次の章から解説していきます。

 

面接落ちる特徴1.自己PRで性格を伝えられていない

1つ目の特徴は、「自己PRで性格を伝えられていない」ことです。


「性格を伝える必要なんてある?」と思うかもですが、超重要です。


なぜなら、面接官が一番知りたいことが「就活生の人柄」だから。

kae
つまり、面接で自分の性格をアピールできないと、落ちるんだよ…。


なので、「自己PRで性格を伝えないと落ちる」んです。

 

面接で落ちる特徴2.ESの深掘りができていない

2つ目の特徴は、「ESの深掘りがでてきいない」ことです。


当たり前ですが、ESを読んで面接官が深掘りしてきますよね。

そしてそれにこたえられなければ、100%落ちます。

kae
確実に、自己分析不足が原因だね…。


なので、「ESの深掘りができていないと落ちる」んです。

 

面接で落ちる特徴3.言葉を噛んだり詰まってしまう

3つ目の特徴は、「言葉を噛んだり詰まってしまう」ことです。


想像してほしいんですが、「えっと、あっ、強みは…継続力…です…。」

みたいにしゃべる就活生を「この子良いな!採用しよう!」なんて思わないですよね。

kae
私なら、即落とす!


噛まずにスラスラしゃべったほうが、「練習してきたんだな!」と熱意が伝わります。

(2回も3回も噛んでる人は、論外)


なので、「言葉を噛んだり詰まったりすると落ちる」んです。

 

2:自己分析不足をラクに解決!面接を突破するための対策法3つ

面接を突破するための「対策法3つ」を紹介します。


これさえやっておけば、「自己分析不足で面接で落ちる」ことがなくなります。

(自己分析を何日もかけてやり直す的な内容じゃないから、安心してね)


kae
ラクに自己分析して、面接を突破する対策法3つはこれ!

 

対策法1.性格を伝える自己PRを作成する

 

対策法2.ESの深掘りをする

 

対策法3.言葉を噛んだり詰まらず話す練習をする

 

kae
次の章から、1つずつ解説してくね!

 

対策法1.性格を伝える自己PRを作成する

1つ目の対策法は、「性格を伝える自己PRを作成すること」です。


前述した通り、面接官が知りたいのは「就活生の人柄」だから。

自己PRなら人柄が伝えやすいので、効果絶大です。

(しかも、自己分析不足も防げる)

kae
9割の就活生は、これをやらないから落ちるんだよ…。

 


性格を伝える自己PRを書くためには、自己分析不足が必要です。

kae
自分の一番の強みを見つけて、アピールしないとダメだからね!

 


そこでおすすめなのが、この自己分析ツール(無料)です!

kae
就活生の3人に1人が利用してるよ!
私の実際の診断結果

 


このツールは、数字やグラフで自己分析してくれるのがポイントです。

そうすることで、「客観視」できるんですよね。

客観視できると、2倍も判断力が上がります。

 

逆に、客観視せず自己分析すると、判断力が下がって自分を見誤ってしまいます。

kae
結果、自己分析不足になって面接で落ちるんだよ…。


なので、この自己分析ツールが超おすすめです。

(20種類くらい試した中で、一番高精度だった!)

 

登録が必要ですが、30秒もあればすぐに終わります。

診断するなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

メニューバーの「適性検査」から、すぐに診断可能です。

ちなみに、公式LINEで対策法を配信していますので、併せてどうぞ。


kae
参加すると、こんな就活対策が知れるよ!

業界No.1企業に内定した「就活ノウハウ」が受け取れる!

【公式LINE(無料)】

kae
公式LINEでは、こんなノウハウが知れるよ!

・200文字の自己PRすら書けない私が、1カ月で業界No.1企業に内定した対策法とは。

 

・9割の就活生が知らない…。従来の自己分析や説明会、OB訪問が「ムダ」な理由。

 

・内定がもらえるか不安な日々から脱出できる「3つの対策法」

 

…etc

期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ!」などが知れる、電子書籍もプレゼント中!

 

友だち追加

 

 

不要であればすぐ解除できます。

 


自分史を書いたり自己分析本を読む人がいるけど、非効率です。

kae
自己分析ツールなら、10分で自己分析不足を解消できるよ!


という訳で、この自己分析ツールで自己分析した人から、次の章へ進みましょう!

 

kae
次の章からは、このツールの分析結果を使った、「性格を伝える自己PRの書き方」を解説するよ!

 

性格を伝える自己PRの書き方は「3ステップ」で簡単!

性格を伝える自己PRは、「3ステップ」で簡単に書けます。


kae
3ステップはこれだよ!

 

ステップ1.強みを書く

 

ステップ2.エピソード+感情を書く

 

ステップ3.強みの活かし方を書く

 

ポイントは、ステップ2の「エピソード+感情を書く」部分です。


感情を書くことで、面接官に伝えるべき人柄が伝わるからです。

強みを発揮した時の「感情」や、困難を乗り越えた時の「感情」から伝えられますよね。

なので、ステップ2の「エピソード+感情を書く」部分が重要になります。


もっと詳しい自己PRの書き方は、「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」で解説しています。

kae
この書き方を知らないと、見事に面接で落ちるのでマスターしておこうね…。

 

自己分析気持ち悪いしくだらない

とはいっても、「自己分析って気持ち悪い」「くだらない」と感じる人もいるはず。

そんな時は、やらなくてOKです。


なぜなら、自己分析をやらなくても内定はもらえるから。

自己分析をしなくても、自己分析不足を解消する方法があるんですよね。

kae
この内容は、大手就活サイトや就活本では一切書かれてない…。

 

自己分析がくだらないことについては、「自己分析がくだらないと感じる3つの理由【気持ち悪い・つらい】」で解説しています。

 

「気持ち悪い」と感じる人は「【自己分析が気持ち悪い】原因は3つあります【すぐ解決!】」の記事がおすすめです。

 

 


ちなみに、私も自己分析がくだらない」と思ってたので、しなかったです。

自己分析をしなくても内定をもらう方法は…。

私は自己分析がつらいのでしなかった【でも業界No.1企業内定】」で解説してます。


繰り返しですが、「自己分析が気持ち悪い」「くだらない」と思うなら、しなくてOK!

(確かに、くだらないし気持ち悪いよね)

 

よくある質問1.「自己分析すると死にたくなります…」

よくあるのが、「自己分析すると死にたくなる…」という悩みですよね。

結論、「死にたくなるなら自己分析しなくてOK!」です。


なぜなら、その状態で自己分析をしても解決できないから。


例えば、「面接で落ちたのは自己分析不足だから、もっと自己分析しよう!」

と思って自己分析しても、なにも強みが見つからない。

皆みたいに凄いエピソードなんて1つもないし…。

自己分析不足を解消しようとするほど、死にたくなる…。

kae
こういう泥沼に、皆はまりがちだよね…(私もはまった)


この様に、死にたくなる人は、自己分析して強みが見つかることは少ないです。

なので、死にたくなるくらいなら自己分析しなくて構いません。

この辺りは「【自己分析で死にたくなる】あなただけじゃない【実体験】」で詳しく解説しています。

 


「でも自己分析しないと内定もらえないじゃん!」って思いますよね。

そんな人は、「私は自己分析がつらいのでしなかった【でも業界No.1企業内定】」さえやっておけば完璧です。

 

よくある質問2.「自己分析で何も見つからない…嘘を書いても良い?」

結論、「嘘を書くのはやめた方が良い」です。


なぜなら、嘘を書いてバレた時がヤバいし、嘘をついて内定が取れるほど甘くないから。

(多少盛るとかは全然あり、仕方ない)


嘘で固めた強みや自己PRを話して、面接官の深掘りにも耐えて…。

って結構きついですよね。

(今面接で落ちてるなら、嘘で面接を乗り切るなんてなおさらムリ)


なので、「嘘をつくのはやめた方が良い」です。

 

 

 

自己分析の結果に嘘をつくことについて「自己分析の結果に嘘をついても良いのか?【解決法2つ】」で徹底解説してます!

 

対策法2.ESの深掘りをする

2つ目の対策は「ESの深掘りをする」ことです。(超重要!)


kae
これをやらないと、自己分析不足で確実に面接で落とされるよ…。

 

なぜなら、面接官はESに書いてあることをベースに質問するからです。

つまり、ESを読んで浮かぶ疑問をあらかじめつぶしておけば、対応できるんですよね。

だからこそ、「ESの深掘り」が重要になります。

 


kae
具体的なESの深掘り対策は、これをしておけばOK!
・ESで答えた内容のQ&Aを10個は用意しておく

ESで答えた内容のQ&Aを、10個用意しておくだけで構いません。

Q&Aとは:あらかじめされるであろう質問と、その答えを用意すること


これをするだけで、面接でされる質問はほぼすべて答えられますし。

すべて想定済みの質問が来るので、不安や緊張を感じずに済みます。

 


具体的には、ESに書いた質問を読んで「どんなことを聞かれるかな?」

と考えて、答えを用意しておけば良いだけです。

kae
自己PRや志望動機などのQ&Aを作成しておこう!


自己分析不足で落とされない為にも、ESのQ&Aは用意しておきましょう。


もっと詳しい自己分析の深掘りについては、「自己分析の深掘りは「なぜ」と「なに」を使う【例あり】」で解説しています。

 

対策法3.言葉を噛んだり詰まらず話す練習をする

3つ目の対策法は「言葉を噛んだり詰まらず話す練習をする」ことです。


「噛むだけで落ちるの?」と思うかもですが、落ちます。

なぜなら、毎回噛んだりスラスラ話せない就活生って「無能そう」に見えますよね。


一方、面接官の質問にスラスラ答える就活生なら、「やり手だな!」と感じるはず。

なので、「言葉を噛んだり詰まらず話す練習をする」のが大切なんです。

 


kae
対策法としては、これさえやっておけばOK!
・ESに書いた内容を、暗記して噛まずに話せるまで反復練習する

「ESに書いた内容を、すべて暗記してスラスラ話せるまで練習する」ことが大切になります。

kae
初歩的な内容だけど、やらないから落ちるんだよ…。

 


ちなみに私は、スマホで録音してひたすらESに書いた内容を答える練習をしてました。

これだけで、面接で噛むことなんてなくなるし。

何より自信満々に答えられるんですよね。

kae
結果、業界No.1企業に内定したよ!


なので、「暗記してスラスラ話す練習」を繰り返しましょう!

 

自己分析不足を解消して面接慣れすれば勝ち!

正直、面接は「面接慣れすれば勝ち」です。


特に就活初期は、皆面接に慣れてません。

なので、あなたが万全の状態で挑めば、面白いように通過するよになるんですよね。

(周りのショボさに笑えるくらい)


「でも、どうすれば面接慣れできるの?」と思うかもですが…。

前述した3つの対策を繰り返せば、すぐ面接慣れしますよ。

kae
そうすれば、まず一次面接で落ちることなんてなくなるからね!


「面倒くさい」と思うこともあるけど、練習を繰り返して面接慣れしていきましょう!

 

3:私は自己分析がつらいのでしなかった【でも業界No.1企業内定】

私は、途中から自己分析がつらいと感じたのでしなかったです。


自己分析しても強みなんてないし、凄いエピソードも見つからなかったので…。

kae
マジで自己分析クソだと思ってた…。

それでも、「正しい就活対策」を知ったおかげで、業界No.1企業に内定できたんです。

 


この正しい就活法を知ったおかげで。

 

・強みがなくても業界No.1企業に内定

 

・部活をしながら時間のない中、1日に7社もESを提出

 

・皆が就活を始めた時期に既に内定

 

…etc。

 

といったことを実現することができていたんですよね。


もし正しい就活対策を知らなかったら…。

 

・自己分析しているのに強みが見つからず、自己PRすら書けない

 

・一次面接は通るのに、二次や最終で毎回落とされる

 

・面接官の深掘りに答えられず、いまだに内定0社

 

…etc。

 

という状態になっていたかもしれません。

 


だからこそ、自己分析不足で面接に落ちている人はもちろん。

私のように「自己分析ってくだらない」と思っている人は、「正しい就活対策」を身につけないと損なんですよね。

 

 

そこでおすすめなのが、私が運営している「公式LINE(無料)」です。

kae
既に、200人以上の就活生が参加してるよ!

 


公式LINEに参加すると、こんな就活対策法が受け取れます。

業界No.1企業に内定した「就活ノウハウ」が受け取れる!

【公式LINE(無料)】

kae
公式LINEでは、こんなノウハウが知れるよ!

・200文字の自己PRすら書けない私が、1カ月で業界No.1企業に内定した対策法とは。

 

・9割の就活生が知らない…。従来の自己分析や説明会、OB訪問が「ムダ」な理由。

 

・内定がもらえるか不安な日々から脱出できる「3つの対策法」

 

…etc

期間限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ!」などが知れる、電子書籍もプレゼント中!

 

友だち追加

 

 

不要であればすぐ解除できます。

 

【自己分析しなかったらどうなる】業界No.1企業内定の私が解説」の記事も併せてどうぞ。

 

という訳で、自己分析不足で面接に落ち続けている人は「3つの対策」

性格が伝わる自己PR作成・ESの深掘り・面接練習

を徹底的にやっておきましょう!

kae
これができてないと、次の面接でも自己分析不足でまた落ちるよ…。


では、最後まで読んで頂きありがとうございました。


この記事を読み終えたら、「自己分析の目的は「自分の価値観を見つけること」【簡単なやり方】」を読むとさらに内定を取れる確率がアップしますよ!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。