【自己分析】効果的なフレームワークは2つだけ【PDFあり】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

「自己分析にフレームワークがおすすめって聞いた。」

 

「でも、どのフレームワークで、どう分析すれば良いの?」

 

「フレームワークの種類が多くて決められないよ。」

といった疑問や悩みを解決します!

 

この記事では「自己分析のフレームワーク」について解説します!

結論、おすすめのフレームワークは2つです。

その使い方や注意点、あまり効果のないフレームワークなども紹介。

kae
フレームワークで自己分析しとけば良いってもんじゃないよ。
kae
効率的に、正しく分析できるフレームワークを使おうね!

 

 

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

内定後、このサイトを運営し約3年間就活法を配信してきました。

実際、対策法を指導した就活生は700人を超え。

第一志望はもちろん、6社の複数内定者を輩出しています。


正直、他のサイトではフレームワークを何種類も紹介しています。

しかし、私からすれば2つで十分。

(本当に効果的なフレームワークしか紹介しない)

こういった実績と背景から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

✔不安で毎日泣いていたKaeの逆転内定法

 

就活を始めたころの私は強み0、インターンも3社落選していました。

 

一時は辛すぎて自殺も考えたほど…。

 

どん底から、ある対策法を学び、業界No.1企業に内定したんです。

 

その対策法が知れる電子書籍を、無料でプレゼントしています。

 

(700人以上の内定者が受け取り済み)

 

kae
「もっと早く読めばよかった…!」と後悔する人も多いよ。

 

kae
自己PRの書き方など、内定に直結の対策法も知れるよ!

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

無料ですし、10秒ですぐメールボックスに届きます。

 

書籍の内容を実践し、第一志望や6社に複数内定した就活生もいます。

 

 

1:自己分析のフレームワーク【おすすめのやり方】

結論、自己分析のゴールによって使うフレームワークは変わります。

【補足】フレームワークとは:答えを見つけるときの思考パターンのこと

 

(料理のレシピ的なものだと思っておけばOK)

 


自己分析のゴールは、この2つです。

ゴール1.強みを見つけること

 

ゴール2.価値観を見つけること

kae
強みか価値観かで、使うフレームワークが変わるよ!

 

ゴールがこの2つである理由は、ツイートで解説しました。

自己分析・他己分析のゴールはこの2つ!

 

1.強みを見つけること
2.価値観を見つけること

 

たまに、短所や小学生の時ハマった遊びなどを考える人がいますが意味なし。就活ではこの2つさえ見つければ、全質問に対応できるからです。(短所とか強みの逆で十分)

 

非効率な分析は辞めましょう。

kae
自己分析はゴールが2つあると知っておこう!

 

この辺りは「【自己分析のゴールはどこまで?】答えは2つです【簡単なやり方】」でも解説しています。

 

 

では、それぞれ2つに合ったフレームワークを紹介していきます。

まず、強みを見つけるフレームワークから紹介します。

 

 

2:【強み分析】自己分析表のフレームワーク

強みを見つけるなら、下記のフレームワークが最強です。

【強み分析」自己分析のフレームワーク」から、PDFを無料でダウンロードして使えます。

(印刷して書きこんでね)

 

 

【実践】フレームワークで強みを見つけよう!

では、例文を見ながら、フレームワークを行いましょう。

(実際に私の例文で解説)

 

下記のステップで、フレームワークを進めればOKです。

ステップ1.自己分析の目的・ゴールを明確にする

 

ステップ2.ゴールに応じた方法で分析する

 

ステップ3.分析結果の上位3つを書きだす

 

ステップ4.「なぜなに」で深掘する

 

ステップ5.具体的なエピソードを抜き出す

 

 

ステップ1.自己分析の目的・ゴールを明確にする

「ゴールを明確にする必要ある?」と思うかもですが、あります。

なぜなら、人はすぐ忘れる生き物だから。

フレームワークをすると皆、余計なことを考えてしまいがちです。

例えば、短所ばかり気にしてしまったり。

(実際、私も経験ありまくり)

kae
だから、ゴールは明確にしておこう!

 

 

【例を紹介】ステップ1のフレームワーク

下記のように、フレームワークを埋めればOKです。

※弱みに目が行っても考えなくてOK!(ゴールはそこじゃない)

kae
ゴールを明確にしておこう!

 

 

ステップ2.ゴールに応じた方法で分析する

今回は「強みの分析」なので、下記2つの方法がおすすめです。

分析方法1.OfferBoxの360°診断

 

分析方法2.キミスカの適性診断

 

「なぜ2つがおすすめか?」というと、精度が高いからです。

自己分析に重要な「客観性」を保ちながら、分析できます。

kae
人は主観的になると、判断力が2倍下がる…。
kae
だから、自己分析は客観性が大切だよ!

 

さらに詳しい理由は、「【業界No.1内定者が解説】強み・弱みの自己分析テストを紹介」の記事で詳しく解説しています。

 

 

下記から、テストを受けておきましょう。

(やりやすい方、どちらか1つでOK)

フレームワークで最も重要なので必須です。

kae
テストを受け終わったら、フレームワークを進めよう!

 

 

【例を紹介】ステップ2のフレームワーク

先ほど伝えたツールで分析すると、こんな感じになります。

(実際の私の分析結果)

 

【OfferBoxの360°診断】

kae
自己・他己分析の結果から、診断してくれるよ!

 

【キミスカの適性検査】

私の実際の診断結果
kae
グラフと数値で、超客観的に強みが見つかるよ!

 

 

ステップ3.分析結果の上位3つを書きだす

深掘りしやすいように、上位3つの強みを書きましょう。

紹介したツールを使えば、数値で強みが見れます。

kae
だから、すぐ上位3つを見つけられるよ!

 

 

【例を紹介】ステップ3のフレームワーク

kae
こんな感じで、可視化しておくだけでOK!

 

 

ステップ4.「なぜなに」で深掘する

1位~3位の強みを、それぞれ深掘しましょう。

深掘することで、濃いフレームワークになるからです。

また、深掘で強みのエピソードも見つかります。

kae
自己PRのネタになるので、おすすめだよ!

 

 

【例を紹介】ステップ4のフレームワーク

この記事では、1位の強み「自立欲求の高さ」を例に解説します。

(参考にしながら、1~3位を全部深掘りしてね)

こんな感じで、「なぜ」と「なに」での深掘を繰り返しましょう。

その過程で、強みの根拠や具体的なエピソードが見つかります。

自己PRネタや、強みの根拠も見つかりましたね。

(赤枠の部分がそれ!)

kae
1位~3位の強みを深掘しよう!

 

深掘は「自己分析の深堀は「なぜ」と「なに」を使う【例あり】」でも解説しています。

 

 

ステップ5.一番自信のある強みを選ぶ

ESや面接用に、どの強みをアピールするか選びましょう。

深掘の結果から、「これなら深掘されてもOKだな!」ってのを選べば良いです。

kae
自信のある強みを1つ選ぼう!

 

ちなみに、面接では強みを2つ聞かれることもあります。

(だから、2~3位の分析はムダにならない)

 

 

【例を紹介】ステップ5のフレームワーク

こんな感じで、就活で使う強み・エピソードを可視化しましょう。

kae
これで、自己PR作成もスラスラできるよ!

 

ちなみに、自己PRの書き方は「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」の記事で解説しています。

 

 

3:強みに自信がない人必見!対策法をプレゼント

強みに自信がなくても、「対策法」次第で志望企業に内定できます。

 

実際に私は、ショボい強みでも業界No.1企業に内定しました。

就活を始めたころ、自己分析を2週間続けても強みが0。

コンビニのアルバイト中も、「何が強みだろう」と考え続け。

それでも、ショボい強みしか見つからなかったんです。

 

あまりの辛さに、自殺を考えたほどです。

「どうせ自分なんて内定なんて無理や…」と。

kae
自己分析すらできない、強みもない自分が辛かった。

 

そんな中、ある対策法に出会い状況が一変!

不安が「これなら私でも内定余裕やん!」に変わったんです。

 

ショボい強みでも自信を持てるようになったし。

評価される自己PRも、書けるようになっていました。

kae
結果、業界No.1企業に内定したよ!
kae
対策法を知らなかったと思うと、ゾッとする…。

 

だから、強みに自信がない人ほど「対策法」を身につけて欲しいんです。

 

「でも、対策法ってどこで知れるの?」と思うはず。

 

そこでおすすめなのが、私が書いた電子書籍(無料)です。

上記の対策法などが、知れる内容です。

kae
700人以上の内定者が受け取り済みだよ!

 

書籍は、私が配信している「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定でお渡ししています。

(メルマガの対策法と併せて読むと、効果大なので!)

kae
「もっと早く読めばよかった…!」と後悔する人も多いよ。

 

kae
自己PRの書き方など、内定に直結の対策法も知れるよ!

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

※参加者700人越え!メルマガ解除はいつでも可能です。

無料ですし、10秒ですぐメールボックスに届きます。

書籍の内容を実践し、第一志望や6社に複数内定した就活生もいます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

無料ですし、10秒ですぐメールボックスに届きます。

 

書籍の内容を実践し、第一志望や6社に複数内定した就活生もいます。

 

 

 

4:【価値観分析】信念の矢のフレームワーク

価値観を見つけるなら、下記のフレームワークで完璧です。

【価値観分析】自己分析表のフレームワーク」からPDFをダウンロードできます(無料)。

 

価値観の分析法は「【知らないと損】自己分析で価値観を知る簡単な方法【3ステップ】」でも解説してるので併せてどうぞ。

 

 

【実践】フレームワークで強みを見つけよう!

ステップ1.自分がどうなりたいかを書く

 

ステップ2.周りの人をどうしたいかを書く

 

ステップ3.業界がどうなれば面白いかを書く

 

ステップ4.共通項を探す

 

ステップ5.信念の矢を見つける

 

 

ステップ1.自分がどうなりたいかを書く

例えば、将来どうなっていたいか。何をしたいか。

などを、単語でバーッと書いていきましょう。

(文章より、単語の方が後々考えやすい)

kae
まず、自分の展望を書きだそう!

 

 

【例を紹介】ステップ1のフレームワーク

「自分を一言で表すなら何?」と考えると出てきやすいです。

kae
私は、挑戦や自由など、好きなことも単語で書いたよ!

 

これだけでも、自分の価値観は見つかりますが。

次の章から、もっと価値観を深掘りしていきます。

 

 

ステップ2.周りの人をどうしたいかを書く

同じように、周りの人にどうなって欲しいか。

友達や親が、どうなったら面白いか?を書きだしましょう。

kae
周りをどうしたいかを、フレームワークに書こう!

 

 

【例を紹介】ステップ2のフレームワーク

私の場合は、思い通りの人生になってくれたら良いな。

質の高い人生を歩んで欲しいな。と思いながら書いてみました。

 

 

ステップ3.業界がどうなれば面白いかを書く

志望している業界があれば、その業界についてでOKです。

まだ志望業界がないなら、「社会がどうなれば面白いか?」で構いません。

kae
どうなれば面白いかを書きだそう!

 

 

【例を紹介】ステップ3のフレームワーク

私の場合は、就活業界を例に考えてみました。

もっと自由な就活が広まれば良いな。

可能性を広げる就活ができれば良いなという考えですね。

kae
こんな感じで、フレームワークを埋めよう!

 

 

ステップ4.共通項を探す

ステップ1~3から、共通している言葉を探しましょう。

そうすることで、「自分の価値観」がはっきりわかるんです。

この共通項が、あなたの価値観に直結しています。

kae
共通項を探そう!

 

 

【例を紹介】ステップ4のフレームワーク

私の場合は、「枠を壊す」「創造する」「挑戦」などが共通項でした。

「何となく一緒かな?」という感じで良いので、見つかればOKです。

kae
共通している単語を、フレームワークにメモしてね!

 

 

ステップ5.信念の矢を見つける

ステップ4で見つけた共通項を、「一言」でまとめましょう。

信念の矢とは:自分の軸となる価値観のこと

 

(私が勝手に名付けました笑)

kae
信念の矢を見つけよう!

 

 

【例を紹介】ステップ5のフレームワーク

私の場合は、「人生を自由に創造する」という一言にまとまりました。

意味としては、「自分も周りも、自由に人生を操って欲しい」。

「就活生も、可能性を広げる就活をして、人生を創り上げて欲しい」

といった意味が含まれています。

 

考え方としては、英語や類似語で考えてみると、簡単です。

業界を決める基準や、志望動機のネタとしても使えますね。

kae
これで、価値観がバッチリ見つかったね!

 

こんな感じでフレームワークを使い、価値観を明確にしましょう。

 

 

好きなことで自己分析するフレームワーク

ちなみに、価値観は「好きなことの自己分析」でも見つけられます。

詳しくは、「自己分析の目的は「自分の価値観を見つけること」【簡単なやり方】」で解説しています。

 

 

5:フレームワークで自己分析する時の注意点

注意点1.フレームワークを何度もやり直さない

 

注意点2.他人の強みと比べない

 

自己分析は、何度やっても同じ答えです。

(「もっと凄い強みを見つけたい」って気持ちはわかるけど…)

2、3日で強みは変わったりしません。

自己分析は、就活前と内定後の2回で十分です。

 

この辺りは「【断言】自己分析のやりすぎは不要!【2回で十分です】」でも解説しています。

 

また、他人と比べないように気を付けましょう。

私も、自己分析をした時、他人と比べた経験があります。

結果、「何でこんなに自分はショボいんだろう」と病みまくったんですよね。

比べても何もメリットは得られなかったよ。

kae
比べるだけ時間がムダだから、やめようね!

 

 

【自己分析が浅い】徹底的に分析するなら

浅いと感じる原因は、「深掘が足りていないだけ」です。

また、徹底的に自己分析したいなら「徹底的な自己分析はこれで完璧【業界No.1企業内定の私が解説】」も併せてどうぞ。

 

 

6:おすすめしない自己分析のフレームワーク

その1.マインドマップ(自分史)

 

その2.モチベーショングラフ

 

その3.自己分析1000問

 

その4.SWOT分析

 

 

その1.マインドマップ(自分史)

おすすめしない理由は、思考が分散しすぎるからです。

マインドマップって、過去のことをバーッと書きますよね。

ここが落とし穴なんです。

だって、考えなくて良いことまで深掘してしまうから。

kae
手間がかかる割に、効率悪いよ…。

(私が紹介した2つの方法で十分)

 

 

その2.モチベーショングラフ

なぜなら、過去のことを覚えてる人は少ないからです。

私もやってみたことがあるんですが。

1年前の4月に何があったか、何てほぼ覚えてません。

その時のモチベーションなら、なおさら覚えてませんよね。

kae
だから、フレームワークとしてはおすすめしないよ。

 

 

その3.自己分析1000問

…1000問の自己分析は、非効率すぎる。

1000問もやっちゃうと、逆に考えをまとめるのが大変ですよね。

(これを考えた前田社長は個人的に好き←知らんがな)

kae
時間がかかるから、これもおすすめしないよ。

 

 

その4.SWOT分析

おすすめしない理由は、「深掘があまいから」です。

SWOTとは:強み・弱み・機会(強みの活かし方)・脅威(弱みの補強方法)

 

前述した通り、フレームワークで大切なのは、深掘です。

もっと言うと、「なぜなに」で深掘しないと意味がありません。

だって、強みの根拠を見つけられないから。

kae
根拠のない強みは、面接でも評価されないよ…。
kae
だから、SWOTは深掘が甘いからおすすめしない。

 

 

という訳で、「自己分析のフレームワーク」を解説しました。

フレームワークの種類は、強みor価値観どちらを見つけるかで変わります。

また、この記事で紹介したフレームワークを使えばOKです。

kae
よくあるフレームワークは、結構使えないよ。
kae
紹介した2つのフレームワークで、自己分析してね!

 

✔不安で毎日泣いていたKaeの逆転内定法

 

就活を始めたころの私は強み0、インターンも3社落選していました。

 

一時は辛すぎて自殺も考えたほど…。

 

どん底から、ある対策法を学び、業界No.1企業に内定したんです。

 

その対策法が知れる電子書籍を、無料でプレゼントしています。

 

(700人以上の内定者が受け取り済み)

 

kae
「もっと早く読めばよかった…!」と後悔する人も多いよ。

 

kae
自己PRの書き方など、内定に直結の対策法も知れるよ!

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

無料ですし、10秒ですぐメールボックスに届きます。

書籍の内容を実践し、第一志望や6社に複数内定した就活生もいます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

無料ですし、10秒ですぐメールボックスに届きます。

書籍の内容を実践し、第一志望や6社に複数内定した就活生もいます。

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。