こう書けば高評価!履歴書の短文の自己PR作成法【3ステップ】

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】最後まで読めば、履歴書に書く短文の自己PRを徹底的に理解できます!

履歴書に短文で自己PRを書かないとダメだけど、どう書けば良いかわからないですよね。

 

そこで就活戦略では、「履歴書に書く短文の自己PR」を徹底解説!

短文だからこそ書くべき内容や注意点、例文も紹介しますね。

kae
短文の自己PRは情報量が少ないから、気を抜くと低評価になりやすい…。
kae
この記事を読んで、評価される自己PRを作れば大丈夫!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:こう書けば高評価!履歴書の短文自己PR作成法【3ステップ】

短文で自己PRを書く時は、「面接官の興味を惹くこと」が大切です。

なぜなら、短文になるほど情報量が減るから。

つまり、少ない文章の中で「いかに面接官の印象に残せるか?」が大事になります。

 

そこでおすすめなのが、この3ステップ作成法です。

 

ステップ1.強みをキャッチコピー化して書く

 

ステップ2.背景知識とポテンシャルを伝える

 

ステップ3.面接官の興味を惹くまとめを伝える

 

ちなみに、普通の文量(400字とか)で書く方法は別記事で解説しています。

詳しくは「【新卒】この自己PRならES通過率UP!書き方や例文を解説」をどうぞ。

 

 

ステップ1.強みをキャッチコピー化して書く

ただ強みを書くだけだと、「また同じような強みか」と思われてお終いです。

そこで強みをキャッチコピーにすることで、面接官の印象に残せるんです。

 

例えば、履歴書に書くならこんな感じ。

 

強みは、「アロンアルファのように、逆境に立たされても粘り強く継続し成果を出せること」です。

 

→「アロンアルファ」という言葉がフックになり、面白味のある自己PRになる!

 

サラッと強みを伝えるのではなく、具体的・キャッチコピーの様に書いてみましょう。

 

 

ステップ2.背景知識とポテンシャルを伝える

背景知識とは:自己PRで話すエピソードの具体的な内容のこと
ポテンシャルとは:あなたの将来の可能性の高さのこと

 

まず、背景知識を書くことは必須です。

面接官は、履歴書を見て初めて、あなたの自己PRを読むので。

(背景知識がないと自己PRが理解されず、マイナス評価になる…)

 

そして、ポテンシャルをアピールすることも大切です。

なぜなら、新卒の自己PRではあなたのポテンシャルの高さを評価されるから。

(「履歴書に、凄い実績を書けば良い」ってのは大間違い!)

 

例えば、こんな感じで履歴書に書けばOKです。

 

大学4年の就活サイト立ち上げ次にこの強みを発揮。集客しても3カ月間利益0ということが問題でした。そんな中「SNS集客法」を発見。その日以降、睡眠と食事以外の1日13時間の仮説と検証を180日継続。結果3カ月後に月40万円の利益を達成!私は「天才が勝つのではなく、やり遂げた人だけが成功できる」という理念で行動しています。

 

→履歴書を読んだだけでも、自己PRの背景知識がしっかり伝わり読みやすい!

 

→理念があることでポテンシャルや人柄が伝わるので、面接官から高評価!

 

短文でも、背景知識とポテンシャルがアピールできる内容を履歴書に書きましょう!

 

 

ステップ3.面接官の興味を惹くまとめを伝える

短文だからこそ、面接官にあなたのことを覚えてもらう必要があるんです。

そのためには、ありきたりなまとめの自己PRではダメ。

 

こんな感じで、履歴書に自己PRのまとめを書くのがおすすめです。

 

結果第一の社会でこの強みを活かし1年目から営業として活躍します!

 

→具体的に強みの活かし方が書かれていて、熱意が伝わる!

 

(ほとんどの就活生は、「強みを活かして頑張ります!」としか書かない…)

 

他にも、こんな風に履歴書に書けば印象に残せますよ。

 

行動力では誰にも負けません!なので、面接ではこのエピソードをとことんアピールさせてください!

 

→熱意が伝わる!皆ここまで露骨にアピールしないので差別化できる!

 

こんな風に、印象に残せる自己PRのまとめを書いていきましょう。

 

 

紹介したステップ1~3の例文をあわせると、こんな自己PRになります。

強みは、「アロンアルファのように、逆境に立たされても粘り強く継続し成果を出せること」です。大学4年の就活サイト立ち上げ次にこの強みを発揮。集客しても3カ月間利益0ということが問題でした。そんな中「SNS集客法」を発見。その日以降、睡眠と食事以外の1日13時間の仮説と検証を180日継続。結果3カ月後に月40万円の利益を達成!私は「天才が勝つのではなく、やり遂げた人だけが成功できる」という理念で行動しています。結果第一の社会でこの強みを活かし1年目から営業として活躍します!(237文字)

(これで、短文といわれる約200文字の自己PRが完成!)

 

kae
紹介した3ステップの通り自己PRを書けば、短文でもスラすら書けるようになるよ!

 

 

2:このポイント3つが大事!履歴書の短文の自己PR例文

では他にも、3ステップで自己PRを作成した実際の例文を紹介しますね。

 

 

履歴書の短文の自己PR例文.協調性が強みの場合

(協調性が強みで、200文字前後になるよう考えてみた!)

強みは辛い状況の時こそ自分の成長剤と思い、チームに全力で協力できること。3年次、ダンスサークルでは秋の全国大会に向け6カ月間のきつい練習がありました。私は「辛い練習でも、自分のことでチームの足を引っ張りたくない!」との思いで、平日2時間+休日7時間の自主練を6カ月継続。結果8位入賞!「辛い状況=レベルUPの最大のチャンス」「辛い時に全力で取り組むことがチームへの最大の貢献」と思っています。志望する営業は辛いことの連続ですが「最高の成長剤」と思い精進します!(230文字)

 

ちなみに協調性の自己PR例文は「面接官の心を撃ち抜く!協調性の自己PR作成法【例文・注意点】」でも紹介しています。

 

この例文もさっき伝えた「面接官の興味を惹く書き方」ができていますよね。

 

強みは辛い状況の時こそ自分の成長剤と思い、チームに全力で協力できること。

 

→短文だからこそ、強みをキャッチコピー化して差別化できている!

 

 

「辛い状況=レベルUPの最大のチャンス」「辛い時に全力で取り組むことがチームへの最大の貢献」と思っています。

 

→短文でも、ポテンシャルがグッと伝わる自己PRになって高評価!

 

 

志望する営業は辛いことの連続ですが「最高の成長剤」と思い精進します!

 

→面接官に、志望度の高さが伝わるまとめが書けていてGood!

 

kae
この例文をマネながら、履歴書に短文の自己PRが書いてみてね!

 

 

3:【履歴書の短文自己PR】文字数を減らす簡単な方法

履歴書に短文で自己PRを書くなら、この部分から文字数を減らしましょう。

 

文字数を減らす部分1.取り組み内容

 

文字数を減らす部分2.背景知識

 

ここの部分を減らしても、ある程度内容が伝わるので。

 

逆に文字数を減らさない方が良い部分は、「ポテンシャルが伝わる部分」です。

紹介した協調性の自己PR例文だと、ここの部分。

 

私は常に「辛い状況=自分のレベルを上げる、最大のシチュエーション!」と思っています。「自分が辛い状況の時いn全力で取り組める人こそが、チームへの最大の貢献」だと思っています。

 

→自己PRの評価ポイントになる部分だから、短文にする場合でも減らさない方が良い!

 

 

 

履歴書に書く自己PRの文字数を短文にする過程を紹介!

では実際に、「協調性の自己PR例文」を使って、文字数を減らしてみます。

文字数を減らす前の自己PRは、こんな感じです。

強みは「辛い状況の時こそ自分の成長剤と思い、チームに全力で協力できる」こと。大学3年次、所属するダンスサークルでは秋の全国大会に向け、6カ月間のきつい練習がありました。(ついてこれず3分の1が辞めるほど)その時私は「確かに辛い練習だけど、自分のことでチームの足を引っ張りたくない!力になりたい!」との思いでした。そこで平日2時間+休日7時間の自主練を6カ月継続。結果大会では8位入賞!私は常に「辛い状況=自分のレベルを上げる、最大のシチュエーション!」と思っています。「自分が辛い状況の時に全力で取り組める人こそが、チームへの最大の貢献」だと思っています。志望する営業は辛い連続ですが「最高の成長剤」と思い精進します!(310文字)

 

そして、伝えた部分を減らしていくとこんな短文の自己PRができます。

強みは辛い状況の時こそ自分の成長剤と思い、チームに全力で協力できること。3年次、ダンスサークルでは秋の全国大会に向け6カ月間のきつい練習がありました。私は「辛い練習でも、自分のことでチームの足を引っ張りたくない!」との思いで、平日2時間+休日7時間の自主練を6カ月継続。結果8位入賞!「辛い状況=レベルUPの最大のチャンス」「辛い時に全力で取り組むことがチームへの最大の貢献」と思っています。志望する営業は辛いことの連続ですが「最高の成長剤」と思い精進します!(230文字)

背景知識と取り組み部分を削って、文字数を減らしたのがわかりますよね。

この2箇所を削るだけで、310文字から230文字まで短文にできました。

 

短文にするために、言い方を変えれば簡単にできますよ。

(これなら、短文でもポテンシャルが伝わる自己PRができる!)

 

kae
こんな感じで、文字数を減らす時は「背景知識と取り組み」から削ろうね!

 

 

4:【履歴書の短文の自己PR】面接官に好かれる長所はコレ!

「履歴書に短文で自己PRを書きたいけど、長所がわからない」って人もいるはず。

そんな人向けに、評価されやすい長所をまとめた記事を書きました!

 

この辺りは「これだけで簡単!自己PRの長所作成法【おすすめワードあり】」で解説しています。

 

kae
上の記事を見て長所を選べば、評価される自己PRが履歴書に書けるよ!

 

 

5:面接では履歴書の短文自己PRをそのまま話すのはNG!

履歴書の短文の自己PRを、面接で話すのはおすすめしません。

当たり前ですが、短文だと伝えるべきメッセージが伝わりにくいから。

 

おすすめは、400文字程度の自己PRを話すことですね。

400文字だと、面接官の集中力を切らさない長さで話すことができますし。

情報量があるので、あなたの自己PRをしっかり評価してもらえるんです。

 

kae
面接で自己PRを話す時は、履歴書の短文じゃなくて400文字Verで伝えよう!

 

 

6:無料!第一志望・納得内定するための5つの就活セミナー

自己PRが評価されても、他の対策がボロボロでは内定できません。

ですが、選考突破能力を上げれば、就活をイージーモードになります。

 

そこでおすすめなのが、「5つの就活戦略セミナー」(無料)!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安0で挑むための対策法をプレゼントしてます。

 

ちなみに私は、200文字の自己PRすら書けない状態から、この対策で業界No.1企業に内定できました!

(他にも、6社内定・第一志望内定などの就活生が多数)

現在、1000人が受け取り済みです。

 

 
友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

 

kae
履歴書の短文の自己PRができたら、もっと選考を突破できる力をつけていこう!

 

 

という訳で、「履歴書に書く短文の自己PR」を徹底解説しました!

履歴書に書く時は、とにかく「面接官の興味を惹くことが大切」とわかりましたね。

3ステップの作成法や例文を参考に、履歴書に書いてくださいね。

 

 

この記事を読んだ後は「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」もおすすめです。

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。