一気に内定へ!資格で努力した自己PRのコツ3つ・例文はコレ

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】この1記事で、高評価な資格で努力した自己PRを作成できます!

 

他サイトはTOEIC900点など凄い経験ばかりですよね。

そこで、普通の資格レベルでも内定できる作成のコツや例文を解説!

注意点や差別化するポイントも紹介します。

 

kae
資格で努力して落ちた経験でも自己PRして良いのかな?
kae
落ちた経験でも「性格」を自己PRすれば評価されるんだよ!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:内定率に関わるポイント3つ!資格で努力した自己PR

 

ポイント1.会社での努力経験の応用法を伝える

ポイント2.資格の凄さではなく努力の過程を伝える

ポイント3.資格取得のために努力できた価値観を伝える

 

 

 

ポイント1.会社での努力経験の応用法を伝える

再現性が高い強みなほど、自己PRの評価が上がります。

 

例えば、資格で努力した強みを書くならこんな感じ。

 

(自己PRの締め)結果が出るまで努力することができれば、どんな困難な取引先との商談でも食らいつき、利益を出すことができます。「お前なら安心して取引を任せられる!」と言ってもらえる営業マンとして、1年目から活躍します!

→「どんな風に努力できるか?」を書けば、再現性が高まり評価UP!

 

 

kae
資格で努力した経験を、具体的な言葉で伝えてみよう!

 

 

ポイント2.資格の凄さではなく努力の過程を伝える

新卒の自己PRでは、実績は求められていません。

その代わり、あなたの内面を評価されているんですよね。

 

なので、こんな風に性格が伝わる文章を書きましょう。

 

私は大学に入学後遊んでばかりの日々を過ごしていました。大学3年の4月になった頃、「堕落した生活から抜け出して、現状を変えたい!」との思いで英検に挑戦!

→「堕落から抜け出したいという向上心があったのか!」と内面が伝わり評価になる!

 

 

kae
取り組んだことを並べただけの自己PRじゃ、評価されないから注意だよ…。

 

 

ポイント3.資格取得のために努力できた価値観を伝える

価値観が伝われば、内面が伝わるので高評価になります。

例えば、この例文のように書けばOKです。

 

しかし私は「イチローでも3割の打率なら凡人の私はもっと努力が必要だ!」と思い、諦めずに2回目の試験に向けて努力を継続中です。資格やスポーツ全てにおいて、「8割以上の人は、結果が出る前にあきらめて粘りが足りないだけ」と思っているんです。

→「結果が出なくても、前向きに粘り強く努力できる子だな!」と伝わる!

 

 

kae
結果や取り組み内容を書いても、あなたの性格は伝わらないから気を付けてね…。

 

 

資格に落ちたことを自己PRしても大丈夫です

なぜなら、自己PRで大切なのは「実績<性格を伝えること」だから。

資格に落ちた後の、改善策を伝えれば良いだけです。

私だったら、こう書きますね。

 

ですが、試験の結果は不合格…。しかし私は「イチローでも3割の打率なら凡人の私はもっと努力が必要だ!」と思い、諦めずに2回目の試験に向けて努力を継続中です。資格やスポーツ全てにおいて、「8割以上の人は、結果が出る前にあきらめて粘りが足りないだけ」と思っているんです。

→「落ちたけどまだ頑張っているんだな!」と、マイナス評価にならずに済む!

 

(落ちた例文は、例文の章で解説!)

 

kae
例文のように書けば、資格に落ちた自己PRでも評価されるよ!

 

 

どんな資格での努力が自己PRで評価されるのか?

正直、どんな資格でも評価は一緒です。

理由は簡単で、資格自体を評価されるわけじゃないからです。

ポテンシャル採用の新卒は、あなたの内面が伝わる自己PRを求めています。

 

kae
例えTOEIC900点でも、性格が伝わらない資格の自己PRは落ちるよ…。

 

 

2:業界トップ企業内定者の資格で努力した自己PR例文!

 

例文1.資格に落ちたことを自己PRした場合

例文2.検定での諦めない強みを自己PRした場合

例文3.勉強で努力したことを自己PRした場合

例文4.アルバイトを自己PRした場合

例文5.自己PRの例文7種類を徹底解説!

 

 

 

例文1.資格に落ちたことを自己PRした場合

冒頭で、「資格に落ちた自己PRでも評価される」と伝えましたよね。

なので、英検準2級の資格に落ちた例で考えてみました!

 

強みは「結果が出るまで諦めず、努力を継続できること」です。具体的に、大学3年の時に受験した英検準2級の資格でも発揮した強みです。私は大学に入学後遊んでばかりの日々を過ごしていました。大学3年の4月になった頃、「堕落した生活から抜け出して、現状を変えたい!」との思いで英検に挑戦!準2級合格を目標に、6カ月間勉強を始めました。そのために、1.通学の2時間で英単語を暗記。2.就寝前に頻出問題を1時間勉強。ですが、試験の結果は不合格…。しかし私は「イチローでも3割の打率なら凡人の私はもっと努力が必要だ!」と思い、諦めずに2回目の試験に向けて努力を継続中です。資格やスポーツ全てにおいて、「8割以上の人は、結果が出る前にあきらめて粘りが足りないだけ」と思っているんです。結果が出るまで努力することができれば、どんな困難な取引先との商談でも食らいつき、利益を出すことができます。「お前なら安心して取引を任せられる!」と言ってもらえる営業マンとして、1年目から活躍します!

 

資格に落ちたことを自己PRするなら、「結果の改善策」を伝えましょう。

あなたの思いを伝えることで、落ちたマイナスイメージが払しょくされます。

 

ですが、試験の結果は不合格…。しかし私は「イチローでも3割の打率なら凡人の私はもっと努力が必要だ!」と思い、諦めずに次の試験に向けて努力を継続中です。資格やスポーツ全てにおいて、「8割以上の人は、結果が出る前にあきらめて粘りが足りないだけ」と思っているんです。

→「落ちたけどまだ頑張っているんだな!」と、マイナス評価にならずに済む!

 

 

kae
落ちたエピソードでも、伝え方を工夫すれば評価されるから安心してね!

 

 

例文2.検定での諦めない強みを自己PRした場合

2つ目に、資格で諦めなかったことを例に考えてみました!

(誰も書けるように、サークルを例にしてみた)

 

私は「辛い状況の時こそ自分の成長剤だと思い、絶対に諦めずチームに貢献できること」が強みです。大学2年の時に、所属するサッカーサークルでも発揮しました。2年の夏の練習で、右ひざの靭帯を損傷するケガをしてしまったんです。ドクターストップがかかり、本気でプレーすることができなくなりました…。その時私は「プレーはできなくても違う形でサークルに貢献したい!自分を試されている時ほど、ワクワクする!」と、向上心で一杯でした。そのために、審判の資格取得に挑戦!2カ月間、3時間の勉強を継続。その結果、審判の資格試験に合格できたんです。たかがサークルでもここまで取り組めた理由は、「辛い状況=自分へ試練であり、負けてしまうとせっかくの成長のチャンスを逃してしまう!」との思いがあるからです。社会に出ると、予想もできない辛いことがあると思います。ですが私は、この経験を活かして結果が出るまで努力し続けてます。また、少しでも利益をもたらすことができる一因として、チームや貴社に貢献します!

 

この例文のポイントは、取り組んだ時の感情を伝えることです。

 

その時私は「プレーはできなくても違う形でサークルに貢献したい!自分を試されている時ほど、ワクワクする!」と、向上心で一杯でした。

→「ケガをしたのにここまで前向きに考えられるのか!」とあなたの性格が伝わる!

 

 

たかがサークルでもここまで取り組めた理由は、「辛い状況=自分へ試練であり、負けてしまうとせっかくの成長のチャンスを逃してしまう!」との思いがあるからです。

→性格が伝わり「こういう人材を求めてた!」につながる!

 

 

kae
例文のように、資格で努力した経験から性格を自己PRしていきましょう!

 

 

例文3.勉強で努力したことを自己PRした場合

【勉強で努力した自己PR】作成法やコツ・例文を内定者が解説!」で解説しています。

 

 

例文4.アルバイトを自己PRした場合

真似るだけで高評価!新卒のアルバイトの自己PR例文5つを解説」をどうぞ。

 

 

例文5.自己PRの例文7種類を徹底解説!

これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」で詳しく解説しています。

 

kae
例文を参考にすれば、簡単に資格で努力した自己PRができあがるよ!

 

 

3:5ステップで書ける!資格で努力した自己PR作成法

自己PRが苦手なあなたでもすぐ書ける、作成法を紹介しますね。

 

 

この5ステップなら30分で自己PRが完成する

 

ステップ1.できごとの背景を書く

ステップ2.印象に残っていることと感情を書く

ステップ3.取り組みと感情を書く

ステップ4.結果と感情を書く

ステップ5.発揮した強みを書く

 

一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」でも解説しています。

 

kae
上の記事では、内定者がこっそり使っている作成法のテクが知れるよ!

 

 

マネでOK!資格で努力した強みの言い換え例

強みを言い換えて伝えれば、キャッチーさが生まれます。

その結果、「面接官の記憶に残る自己PR」になるんですよね。

 

【資格で努力した強みの言い換え例】

・寝食を忘れるほど熱中できる
・困難を成長剤だと思い取り組める
・どんな壁でも諦めずに乗り越えられる
・困難な取引先との商談でも食らいつき、利益を出せる
・アロンアルファのように強固な精神で努力し続けられる

 

 

kae
殆どの自己PRがおんなじ内容だからこそ、強みを言い換えてみてね!

 

 

資格で努力して学んだことを書くと評価UP?

自己PRでは学んだことを書く必要はありません。

その分、取り組みで感じた思いや理由を書きましょう。

 

kae
資格で努力した学びよりも、あなたの内面を自己PRする方が100倍大事!

 

 

【秘密のコツ】履歴書に自己PRを短文で書く方法とは

短文で書く時は、「文字数を減らす部分」と「減らしちゃダメな部分」があります。

詳しくは「こう書けば高評価!履歴書の短文の自己PR作成法【3ステップ】」をどうぞ。

 

kae
短文の自己PR作成法を知らないと、評価されない履歴書になるから気を付けてね…。

 

 

4:【注意点】資格で努力した自己PRの間違った書き方…

では、NG例文を紹介しておきますね。

 

私は「辛い状況の時こそ自分の成長剤だと思い、絶対に諦めずチームに貢献できること」が強みです。大学2年の時に、所属するサッカーサークルでも発揮しました。2年の夏の練習で、右ひざの靭帯を損傷するケガをしてしまったんです。ドクターストップがかかり、本気でプレーすることができなくなりました…。そのために、審判の資格取得に挑戦!2カ月間、3時間の勉強を継続。その結果、審判の資格試験に合格できたんです。この強みを活かして、チームや貴社に貢献します!

→感情が伝わる文章がないので、薄っぺらい自己PRになっている…。

→強みの活かし方がアバウトすぎて、再現性をアピールできていない…。

 

 

この例文だと、取り組んだ事実しか書かれていませんよね。

あなたのポテンシャルが読み取れない自己PRは、マイナス評価ですよ。

 

kae
例文のような、しょぼすぎる資格で努力した自己PRにならないようにね!

 

 

5:即解決!資格で努力したことを自己PRできない時の対処法

 

原因1.資格の内容がしょぼくて自信が持てないから

原因2.そもそも自己PRできる資格で努力した経験がない

 

 

 

原因1.資格の内容がしょぼくて自信が持てないから

例えば、「こんな資格の努力経験なんて、自信もって話せないよ…」パターン。

 

 

解決法1.自己PRの実績は重要ではないことを知る

何度も伝えている通り、実績が凄いから内定が出るんじゃありません。

あなたの性格が伝わり、「一緒に働きたい!」と思ってもらえるから内定が出るんです。

しょぼい資格でも、内面さえ自己PRできれば評価してもらえますよ。

 

kae
今すぐ、資格の凄さにとらわれるのは辞めよう!

 

 

原因2.そもそも自己PRできる資格で努力した経験がない

例えば、「大した努力の経験がないよ」ってパターンですね。

 

 

解決法1.日常の気づきを自己PRネタにする

資格での努力経験がなくても、日常をネタにできるんです。

実際、私は20分の散歩を自己PRネタにしたこともあります。

詳しくは「【OpenES見本】この1記事で何を書けば良いかもう悩まない!」で解説しています。

 

 

解決法2.好きなことを自己PRネタにする

日常ネタがなくても、趣味でも自己PRになるんですよ。

(私は、どうぶつの森を自己PRネタにしたこともある!)

詳しい作成法は「【OpenES】趣味がゲームでも絶対評価される書き方・例文」で解説しています。

 

kae
資格での努力経験じゃなくても、ゲームや日常の気づきで内定できるよ!

 

 

6:たった5つの動画で納得内定できる!就活セミナー【無料】

自己PRが書けた後は、「内定者の対策法を知る」ことが大切です。

なぜなら、自己PRが評価されただけでは内定は不可能だから。

まだまだ、ガクチカや志望動機、面接対策などが残っています。

 

また、就活で失敗する人ほど効率の悪い対策ばかり行うからです。

(内定がでない理由の9割が、対策の甘さ…)

その対策法を、内定者から学べば効率的に就活対策ができますよね。

 

 

そこでおすすめなのが、就活戦略セミナー(無料)!

就活戦略セミナーとは:無料で、私の「業界No.1企業に内定した対策法」が知れる、公式LINE!

1000人以上が登録し、6社内定や第一志望への内定実績も多数!

 

実際、私の対策法を実践して内定した人からのメッセージ。

6社内定した強者

※このセミナーが無料で受け取れるのは期間限定!

不要なら、いつでもすぐ解除できます。

 

友達追加は下記からどうぞ。

友だち追加
kae
無料だし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だよ!

 

 

という訳で、「資格で努力した自己PR」を徹底解説しました!

ポイントは、資格の種類や凄さは内定に関係ないということです。

実績ではなく、あなたの内面を自己PRしないと落ちるので気を付けて下さいね。

 

この記事を読んだら「これで高評価!高校時代の部活を自己PRした例文【簡単】」がおすすめです。

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。