絶対評価されるOpenESの見本はコレ!【書き方も解説】

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y
こんな方におすすめ

「OpenESの見本が見たい!」

 

「OpenESの書き方が分からない…」

といった疑問や悩みを解決します!

 

 


【Kae(筆者)の実績】

200文字の自己PRすら書けない状態から、戦略的な就活法を習得。

その後、業界No.1企業に内定。

OpenES通過経験も多数あります。


このような経験から、「OpenESの見本」について、徹底解説していきます!

kae
読み終わるころには、絶対評価されるESが仕上がるよ!

 

1:OpenESの見本はコレ!【書き方も解説】

まず、実際のOpenESの見本を紹介します。

 

私が実際に書きました。

 

これだけだとつまらないので、具体的な書き方を解説していきます。

kae
各質問ごとに、解説してくね!

 

見本その1.保有資格・スキル

保有資格・スキルはこう書けば評価されます。

 

・「名称」+「取得年月」+「プチ情報」

 

 

kae
見本はこんな文章だよ!

普通自動車運転免許(2020年1月取得)(毎日のドライブが日課です!)


そこまで、力を入れて書く必要はありません。


なぜなら、「話のネタ」or「活かせる資格があるか」を知ることだからです。

kae
研究職の人は、しっかり書いておこうね!

 

 

強いてポイントを言うなら、プチ情報を加えることです。


そうすることで、話のネタになり面接も和やかにに進めてくれます。


実際に私は、ジェットスキーの免許について書いてました。

めずらしい資格なので、興味を示してくれた面接官がたくさんいましたよ。


なので、「名称」+「取得年月」+「プチ情報」の見本に沿って書きましょう。

 

見本その2.趣味・特技

趣味・特技は書き方にポイントがあります。

 

・「趣味or特技の内容」+「理由」

 


kae
見本はこんな感じ!

 

趣味は、読書です。

 

新しい知識を学んで、脳みそが成長する感覚がたまらなく好きです。

 

 

ポイントは、「理由」を伝えることです。


なぜなら、この質問で面接官が知りたいことが、「就活生の人柄」だからです。

「なぜ趣味or特技なのか?」の理由を伝えれば、人柄も伝わりますよね。

 

 

逆に、趣味や特技の”成果”ばかり書くと、絶対評価されません。

kae
「~~大会で優勝しました!」とかはダメな見本だね…。


このように、「趣味or特技の内容」+「理由」の見本に沿って書きましょう。

 


ゲームが趣味・特技の人でも、「OpenESの趣味はゲームでも問題なし!【絶対評価される例文】」の記事のとおり書けば評価されますよ。

 

見本その3.学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容

3ステップに沿って書けば簡単です。

 

ステップ1:取り組んだことを書く。

 

ステップ2:感情を書く。

 

ステップ3:学んだことの活かし方を書く。

 


kae
見本はこんな感じ!

学業では、読書に取り組みました。

 

なぜなら、知識の吸収にワクワクするためです。

 

新しい知識で、脳みそが成長する感覚が好きでたまりません。

 

怠けたくて、読書を辞めそうになった時期もありました。

 

しかし、「将来楽をするために、今頑張った方が得」と考え、今も続けています。

 

この経験で「知識を吸収する楽しさ」を、学びました。

 

入社後も、知識欲の高さを活かしてどん欲に学び続け、利益アップに貢献します。

 


ポイントは、ステップ2の「感情を書く」部分です。


前述したとおり、面接官は「就活生の内面」を知りたがっています。

感情を伝えることで内面も伝わるんですよね。


なので、結果ばかりの文章は評価されません。

kae
「~~に取り組みました。」「△△をしました。」だけの文章はダメ!

 

 

考え方としては、「なぜその取り組みをしようと思ったのか?」や、

「どんな思いをもって取り組んでいたのか?」と、深掘りすれば簡単ですよ。


なので、この3ステップの見本に沿って書きましょう。

 

 

もっと詳しく、解説が知りたい人は、「学業、ゼミ、研究室で取り組んだことの書き方は「3ステップ」で解決【例文あり】」がおすすめです。

 

見本その4.自己PR・写真・説明文

自己PRは、この4ステップで簡単に書けます。

 

ステップ1.強みを書く。

 

ステップ2.エピソード+感情を書く。

 

ステップ3.強みの活かし方を書く。

 

ステップ4:自己PR写真+説明文を書く。

 

 

kae
見本の文章はコレ!

強みは、「変化に気づく力の高さ」です。

 

毎日の30分の散歩で、この力が身につきました。

 

「散歩でこの強みが身につくか?」」と思うかもしれません。

 

しかし、私の散歩はただの散歩ではないんです。

 

近所の人や何気ない道の変化を見つけることを、一番の目的にしています。

 

なぜなら、「新たな気づきは、脳の成長剤になる」と考えているからです。

 

また、変化に気づく力が高ければ、相手への気遣いや会話などのレベルもUPしますよね。

 

私は常に、「小さな事でも、自分を成長させる糧にしたい!」と考えているのです。

 

散歩は0円で誰でもできます。

 

”たかが散歩”で自分が成長できることは、「最高の学びの教材」だと思い、今も続けています。

 

この経験から培った、変化に気づく力の高さを活かして、貴社の営業として精進します!

 

小さな変化を見つけることで、ただの散歩からでも「自分の成長剤」が手に入ります。


ポイントは、ステップ2の「エピソード+感情を書く」部分です。


感情を書くことができれば、強みがショボくても必ず評価してもらえるからです。

kae
面接官が知りたいのは、あなたの性格だからね!

 


なので、見本のように書けば、凄い強みがなくても「内定を取れる自己PR」が書けますよ。

kae
取り組みばかり書くと、凄い強みがある人しか評価されないよ…。


凄い強みがない人こそ、この4ステップの見本に沿って、書きましょう!

 

 

さらに詳しい書き方は、「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」で解説しています。


また、自己PR写真と説明文の作り方は、「OpenESの自己PR写真は「興味」が大切!【良い・悪い写真は?】」でお伝えしています。

 

強みは「客観的な自己分析」で見つかる!

強みが見つからないなら、「客観的なデータに基づく自己分析」がおすすめです。


人は脳の構造上、自分のことになると的確に判断できなくなります。


なので、客観的に自己分析できないと、就活も失敗してしまうんですよね。


また、数字やグラフで結果が表示されないと、客観的に分析できません。

kae
自分の良いように解釈しちゃうもんね…。

 

 

そこでおすすめなのが、就活生の3人に1人が利用しているツールです。


kae
実際の、私の自己分析結果がコレ!
キミスカの診断結果

こんな感じで、10種類近くのデータで分析してくれます。

 

 

超おすすめなので、このツールを無料でプレゼントさせて頂きます。


私が運営している、「就活戦略メルマガ(無料)」の参加者にのみ、プレゼント中です。

kae
700名以上の就活生が参加中だよ!


参加後、すぐに届く1通目のメールで自己分析が受けられます。

 

※今だけ!参加者限定で「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ」という電子書籍もプレゼント中!

 

よくある質問1:自己PRの文字数は何文字にすべき?

結論、「400文字ギリまで書くべき」です。


なぜなら、スカスカの内容だと熱意が伝わらないからです。

kae
空白だらけのOpenESなんて、通過させたくないよね?


なので、400文字ギリまで埋めましょう。


ちなみに、文字数については「OpenESの自己PRは400の文字数にすべき!【自己PRの書き方解説】」でも解説してます。

 

見本その5.学生時代に最も打ち込んだこと+写真+説明文

この4ステップに沿って書けばOKです。

 

ステップ1.打ち込んだことを書く。

 

ステップ2.取り組み+理由を書く。

 

ステップ3.得た学び+活かし方を書く。

 

ステップ4.写真+説明文を書く。

 

 

kae
見本の文章はコレだよ!

「興味のあることは何でも挑戦した事」です。

 

なぜなら、「新たな経験は脳の成長剤になる」と考えたからです。

 

「やってみたい!」と思う人が1000人居るとします。

 

しかし、挑戦する人はそのうちの100人ほどです。

 

さらに、最後までやり遂げられる人は、1人もいないと思います。

 

年を重ねるほど、挑戦へのハードルは高くなります。

 

だからこそ、「やりたい!」と思ったことは必ず挑戦しているのです。

 

それくらい、挑戦することに価値を感じています。

 

実際に大学4年間で、ダイビングの免許取得・フルマラソン・起業・100冊の読書など、たくさん挑戦してきました。

 

この経験から、「挑戦することの貴重さ」を再確認しました。

 

貴社に入社後も、泥臭く知識を吸収し続ける営業として、精進します!

 

やりたい事は何でも挑戦し、人生の糧にしてきました。これからもトライし続けます。


kae
この書き方なら、凄いエピソードがなくても書けるよね!

 

 

ポイントは、ステップ2の「取り組み+理由を書く」部分です。


何度も言いますが、伝えるべきはあなたの性格だからです。

kae
取り組んだことより、性格をたくさん書こうね!

 

写真と説明文の考え方は、自己PRと同じなので省きます。

 

2:さらにOpenESの見本を見たい方におすすめ!

もっとOpenESの見本が見たいなら、就活戦略メルマガ(無料)がおすすめです。


就活戦略メルマガとは、私が運営している、無料の就活対策マガジンです。

kae
今アツいっ!700名以上の就活生が参加中!

 


就活は「情報戦」なので、情報を仕入れた人ほど勝ち組になれます。

kae
私も、このおかげで業界No.1企業に内定できたよ!


しかし、一般的な就活情報だけだと、内定が取れない最悪な状態になるんです。

kae
内定がないまま、卒業旅行に行きたくないよね…。

 

 

kae
就活戦略メルマガでは、こんなことが知れるよ!

・ある1つのことをするだけで、ESの通過率が上がる方法。

 

・説明会やOB訪問を、今すぐやめるべき3つの理由とは?

 

・絶対評価される志望動機は、3つの○○が重要!

 


※今だけ!参加者限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ」という電子書籍もプレゼント中です。

 

 

正直、大手の就活サイトにある見本は、正直レベルが低すぎます。

内容や書き方も、参考にならないOpenESばかりですよね。


でも、この記事の見本と書き方を参考にすれば大丈夫!


私と一緒に、戦略的に就活をして、内定を勝ち取りましょう!

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

OpenESの書き方まとめ!例文と共に解説!【例文あり】」の記事も人気!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。