これだけで簡単!自己PRの長所作成法【おすすめワードあり】

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】この記事を読めば、自己PRでアピールすべき長所が明確になります!

正直、他のサイトは読みにくくてわかりにくいですよね。

 

そこで、就活戦略では「自己PRの長所」を徹底解説!

評価されやすい長所はもちろん。

自己PRと長所の違いや作成法、長所がない時の対処法も紹介します。

kae
「自己PRで長所を聞かれたけど、ありのまま伝えて良いのかな」と不安だよね。
kae
最後まで読めば、評価される自己PRの長所が書けるようになるからね!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:これだけで簡単!自己PRの長所の作成法!

自己PRの長所は、この2ステップで簡単に作れます。

 

ステップ1.自己PRと長所の違いを知る

 

ステップ2.長所や短所を聞く面接官の意図を知る

 

 

ステップ1.自己PRと長所の違いを知る

自己PRとは:過去の強みを発揮したエピソードから、あなたのポテンシャルを伝えること
長所とは:強み、あなたの良い点のこと

つまり、「長所を証明するものが、自己PR」というイメージですね。

(これを知れば、自己PRと長所で何を伝えれば良いかわかるはず!)

 

 

ステップ2.長所や短所を聞く面接官の意図を知る

長所や短所を聞く理由は、「長所からあなたのポテンシャルを知るため」です。

 

なぜなら、新卒は実力採用ではなくポテンシャル採用だから。

社会経験の浅い新卒に、実績は求めませんよね。

なので、「私は将来こんな風に活躍します!」と、未来の可能性をアピールするのが大切。

 

そのポテンシャルは、性格や価値観から判断できます。

だから、長所や短所を聞いて判断しているという訳です。

 

kae
自己PRと長所には明確な違いと、質問される理由があるんだよ!

 

 

2:【高評価】自己PRで使える長所一覧を紹介

おすすめは、この5つの長所です。

 

長所1.好奇心が旺盛

 

長所2.知的謙遜力が高い(自分の知的さに謙虚を持っていること)

 

長所3.誠実性が高い

 

長所4.キャパシティが広い

 

長所5.知的探求心が高い

 

「この5つの長所があると成功しやすい」と、データでわかっているので紹介しました。

実際、Googleの採用にも使われてるくらい。

(他にも長所はあるけど、100個紹介してもキリがないしね)

詳しくは、「【自己分析の強み一覧】見つけた強みの言い換え例も紹介【簡単】」で解説しています。

 

 

自己PRでNGな長所はこれだ!

結論、「マイナス面の強い長所」はNGですね。

例えば、「面倒くさがり」「人を気付付けるのが得意」とか。

要は、普通に考えた長所であれば、NGやマイナス評価になることはありませんね。

 

kae
おすすめの長所とNG長所を参考に、あなたの良い点を考えてみてね!

 

 

第一志望・納得内定する5つの就活戦略セミナー

自己PRの長所ができたとしても、選考突破できなければ内定はとれません。

選考突破能力を上げれば、就活をイージーモードにできます。

 

そこでおすすめなのが、「5つの就活戦略セミナー」(無料)!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安0で挑むための対策法をプレゼントしてます。

(959人が受け取り済み!)

 

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

 

kae
自己PRの長所がわかったら、選考突破するための対策法を知ろうね!

 

 

3:自己PRでの長所のアピール例文【NGあり】

 

強みは、「努力を継続できること」です。

 

私は、スーパーでアルバイトをしています。大学3年の時、バイトリーダーに昇格したことから、「社員さんよりも頼られる存在になりたい」との思いで、働いていました。

 

しかし、悩みや相談を受けることはなく、バイトリーダーとしての仕事をこなすだけの毎日。「仕事だけをする私って、意味があるのかな?」と悩んだ時期があったんです。

 

次第に、「頼れる存在でないと、リーダーである意味がない」と思い始めました。そこで、3つの取り組みを開始。

 

1.バイトの愚痴や悩みをヒアリングし、相談できる時間を確保。2.20人のバイト全員に対して、6カ月間継続。3.集まった要望と改善策を考え、社員さんに直談判。

 

正直、ヒアリングで面倒くさそうな対応をする子もいて、何度もくじけそうになりました。ですが、「結果に結びつかない努力に価値はない」と、食いしばり6カ月継続したんです。

 

その結果、バイトが働きやすい環境を作ることに成功!

 

今では、一番に悩みを相談される存在になれました。このことから、私の強みは「努力を継続できること」です。

 

この例文は「普通のバイト経験でも高評価!自己PR作成法・例文【新卒】」で解説しています。

 

 

ちなみに、こんな自己PRや長所はNG!

 

強みは、「頑張れること」です。私は、スーパーでアルバイトをしています。大学3年の時、バイトリーダーに昇格しました。

 

しかし、バイトリーダーとしての仕事をこなすだけの毎日。「仕事だけをする私って、意味があるのかな?」と悩んだ時期があったんです。

 

次第に、「頼れる存在でないと、リーダーである意味がない」と思い始めました。そこで、3つの取り組みを開始。

 

1.バイトの愚痴や悩みをヒアリングし、相談できる時間を確保。2.20人のバイト全員に対して、6カ月間継続。3.集まった要望と改善策を考え、社員さんに直談判。

 

その結果、バイトが働きやすい環境を作ることに成功しました。このことから、私の強みは「努力を継続できること」です。

 

ダメな理由はこれ。

 

強みは、「頑張れること」です。

 

→「長所ではあるけど、具体性に欠けるし普通過ぎるな」と印象に残らない!

 

 

~文章全体を読んで~

 

→「取り組んだことを淡々と書いてるだけで、性格がわからない…」

 

→「性格や感情が伝わらないので、内容が薄く感じるし、ポテンシャルを感じない」とマイナス評価!

 

kae
自己PRの良い例とNG例を紹介したので、参考にしながら文章を作ろう!

 

 

4:自己PRと長所どっちも聞かれる場合の対処法

そんな時は、同じ内容を伝えればOKです。

例えば、長所は「継続力の高さ」だとしたら。

自己PRは、「コンビニのアルバイトで継続力の高さを発揮したエピソード」とかですね。

 

 

自己PRと長所は同じ内容で良いのか?

同じで全く問題ありません。

なぜなら、一貫性があった方が評価してもらえるからです。

 

・長所:「継続力の高さ」

・自己PR:「コンビニバイトで継続力を発揮したエピソード」

 

→「長所と自己PRに一貫性がある!再現性のある長所だな!」と評価される!

 

ですが、別々の長所と自己PRでも問題ありません。

ただ、「その長所を発揮した自己PRを教えて?」と聞かれることもあります。

なので結局、長所と同じ内容の自己PRも用意しておくのがおすすめです。

 

kae
自己PRと長所は同じ内容でも、違う内容でも問題ないよ!

 

 

5:すぐできる!自己PRの長所がない時の解決策

 

解決策1.長所ではなくエピソードから考える

 

解決策2.客観的なデータから分析する

ちなみに、「もう悩まない!自己PRの長所がない5つの原因と解決策とは」でも解説しています。

 

 

解決策1.長所ではなくエピソードから考える

長所から考えようとするから、思いつかないんですよね。

ですが、自己PRのエピソードから考えると簡単に思いつきます。

 

・エピソード:テレアポのアルバイトで、クレーム対応を2年継続している。理不尽なお客が多いけど、「成長できる!」と思って頑張れている

 

→「忍耐力や成長意欲の高さを長所にできるかも!」と思いつく!

 

なので、まずは長所ではなくエピソードから作ってみましょう。

 

 

解決策2.客観的なデータから分析する

それでも長所がない時は、「キミスカの適性検査(無料)」がおすすめ!

就活生の3人に1人が利用してます。

人って、主観になると判断力が2倍落ちるので長所が見つかりにくいんです。

(つまり、長所を2倍も間違って決めてる…!)

 

ただ、キミスカなら「数字とグラフ」の超高精度な分析をしてくれます。

なので、客観的に長所を見つけることができるんですよね。

詳しくは「【自己分析ツール】この1つで十分!【無料・簡単・高精度】」で解説しています。

 

kae
自己PRの長所がないなら「エピソードから考える」「客観的データを利用する」を試してね!

 

 

第一志望・納得内定する5つの就活戦略セミナー

自己PRの長所ができたとしても、選考突破できなければ内定はとれません。

選考突破能力を上げれば、就活をイージーモードにできます。

 

そこでおすすめなのが、「5つの就活戦略セミナー」(無料)!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安0で挑むための対策法をプレゼントしてます。

(959人が受け取り済み!)

 

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

kae
自己PRの長所がわかったら、選考突破するための対策法を知ろうね!

 

 

という訳で、「自己PRの長所」を解説しました。

長所は、ポテンシャルが伝わりさえすればどんな内容でも評価されます。

自己PRの例文も紹介したので、参考にしながら作ってみてくださいね。

 

この記事を読んだ人は「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」も読んでくれています。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。