1分でわかる!高評価な新卒の自己PR800字例文とは【簡単】

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】この記事さえ読めば、800字の自己PR例文を完璧に理解し、書けるようになります!

「普通の文字数すら大変なのに、800字の自己PRなんて書けない」と思いますよね。

 

そこで就活戦略では、「800字の自己PR例文」を徹底解説!

800字の例文や評価UPのポイント、書き方やエピソードの選び方まで紹介します。

kae
どんな文章校正やポイントに気を付けて書けば良いのかわからなすぎる…。
kae
大丈夫!例文と一緒に解説するから、800字の自己PRが書けるようになるよ!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

1:1分でわかる!高評価な新卒の自己PR800字例文とは

この記事では、「居酒屋でのアルバイト」を例文に解説します。

私個人的に、他のサイトは、部活や留学など凄い内容ばかりでしっくりこないんですよね。

 

 

強みは、「努力を継続して自己成長し続けることで、周りやチームにプラスの成果を還元できること」です。私は、大学1年から現在までの3年間、大手チェーン点の居酒屋でアルバイトをしています。

 

大学3年の時、バイトリーダーに昇格することができました。責任感から、「バイトでも、社員さんよりも頼られる存在になりたい!」との思いで、働いていました。

 

しかし、悩みや相談を受けることはなく、バイトリーダーとしての仕事をこなすだけの毎日。「与えられた仕事だけをする私って、意味があるのかな?」と悩んだ時期があったんです。

 

次第に、「頼れる存在でないと、バイトリーダーである意味がない!自ら、自分の存在価値を作りチームにプラスの影響を還元したい!」と思い始めたのです。そこで、3つの取り組みを開始することに決定。

 

1つ目に、バイトの愚痴や悩みをヒアリングし、相談できる時間を確保。2つ目に、20人のバイト全員に対して、6カ月間継続。3つ目に、集まった要望と改善策を考え、社員さんに直談判。

 

正直、ヒアリングを始めたころは、面倒くさそうな対応をする子が多く何度もくじけそうになりました。ですが、「結果に結びつかない努力に価値はない」と、食いしばり6カ月継続したんです。

 

私が取り組みを始めた思いを説明し続けることで、次第に共感してくれるメンバーが増えたのです。その結果、バイトの悩みや不満を解決し、働きやすい環境を作ることに成功!

 

今では、一番に悩みを相談される存在になることもできました。以上から、私の強みは「努力を継続できること」です。志望する営業では入社後すぐは、先輩のサポートや雑用寄りの仕事が多いと思っています。

 

ですが強みの「努力を継続して自己成長できる強み」を活かすことで、入社直後から誰よりも貪欲に学びつづけることができますし。

 

その結果、学びを同期やチームに還元することで、会社全体の利益アップのために尽力し続けます!(798文字)

 

(ちなみに、400文字から5分くらいで800文字に変換できた!)

例文を見ただけでは、「どんなポイントを押さえて書けば良いかわからない」ですよね。

なので次の章で、3つのポイントを解説します!

 

kae
とりあえず800字の例文を参考に、なんとなくのイメージを掴めればOKだよ!

 

 

2:800字の自己PRは「3ポイント」で名文になる!

 

ポイント1.文字数の増やし方と減らし方を知る

 

ポイント2.強みが会社にもたらすメリットを伝える

 

ポイント3.実績ではなく価値観重視で伝える

 

3つのポイントさえ押さえて書けば、文字数を簡単に増やせますし。

面接官に評価してもらえる自己PRがつくれます。

 

 

ポイント1.文字数の増やし方と減らし方を知る

800字など文字数が多い自己PRでも、これを知っていれば簡単に作成できます。

「どの部分の文字数を増やせば良いか?」というと…。

 

 

800字の自己PR作成で文字数を増やすべき部分とは?

 

文字数を増やす部分1.価値観が伝わる箇所

 

文字数を増やす部分2.強みの活かし方が伝わる箇所

 

文字数を増やす部分3.結論の強みが伝わる箇所

 

なぜなら、この3つの個所の文字数が増えれば。

「あなたの価値観・志望度の高さが伝わるから」です。

新卒の自己PRの評価基準は、「価値観が伝わるか?」「志望度が高いか?」です。

なので、上記を知っておけば簡単に文字数が増やせます。

 

 

800字の自己PR作成で文字数を減らすべき部分とは?

逆に、こういった部分の文字数は削ってしまってもOKです。

文字数を削って良い部分.取り組みや結果が伝わる箇所

 

なぜなら、結論さえサラッと伝われば十分理解してもらえるからです。

ここをダラダラ説明するのはNG。

価値観と志望度の高さをアピールした方が、自己PRの評価は上がります。

 

kae
800字の自己PRを書く時は、紹介した文字数を増やすべき3つの個所を加筆しよう!

 

 

ポイント2.強みが会社にもたらすメリットを伝える

なぜなら、これを書けるだけで志望度の高さがケタ違いになるからです。

大抵の就活生は、「強みは努力できることです!」としか伝えません。

(実際、昔の私もこれをしてしまってた←)

 

実際、例文でも強みが会社にもたらすメリットが書けていましたよね。

 

強みは、「努力を継続して自己成長し続けることで、周りやチームにプラスの成果を還元できること」です。

 

→具体的な強みのメリットが書かれているから、この子を採用するイメージがわきやすい!

 

→「ここまで考えてるってことは、それだけ熱意があるんだな!」と志望度が伝わる!

 

たった一文を加えるだけで、プラスになるので試して損はありません。

 

kae
例文のように、「自分のメリットは企業にどんなメリットがあるか?」を書いてみよう!

 

 

ポイント3.実績ではなく価値観重視で伝える

なぜなら、さっきも伝えた通り「自己PRは価値観が伝わるかで評価される」から。

ここが書けていない自己PRは、ありきたりな内容になりマイナスです。

価値観は、「取り組みをした理由」や「その時の感情」などから伝えられます。

 

実際、例文でも価値観をたっぷり伝えていますよね。

 

責任感から、「バイトでも、社員さんよりも頼られる存在になりたい!」との思いで、働いていました。

 

(中略)

 

「与えられた仕事だけをする私って、意味があるのかな?」と悩んだ時期があったんです。次第に、「頼れる存在でないと、バイトリーダーである意味がない!自ら、自分の存在価値を作りチームにプラスの影響を還元したい!」と思い始めたのです。

 

→「些細な仕事でも、責任感を持って取り組める人材なんだな!」

 

→「会社に入ってからも、役割以上の結果を出せる人材になりそう!」と評価UP!

 

まだまだ、自分の価値観が伝わる文章を書いてます。

 

ですが、「結果に結びつかない努力に価値はない」と、食いしばり6カ月継続したんです。

 

(中略)

 

志望する営業では入社後すぐは、先輩のサポートや雑用寄りの仕事が多いと思っています。ですが強みの「努力を継続して自己成長できる強み」を活かすことで、入社直後から誰よりも貪欲に学びつづけることができますし。その結果、学びを同期やチームに還元することで、会社全体の利益アップのために尽力し続けます!

 

→「困難なことがあっても、結果を出すまで継続できる子だな!」と伝わる!

 

→「入社した後のことまで、こう言う思いや考えを持っているのか!」と熱意が伝わる!

 

この例文のように書けば、確実に価値観が伝わり高評価になります。

 

kae
800字の自己PRは、とにかく「価値観をたっぷり伝える」ことが大切だよ!

 

とは言っても、「具体的な文章校正がわからないと書けない」ですよね。

なので次の章では、800字の自己PR作成法を解説します。

 

 

3:カンタン!800字の自己PR作成法【例文あり】

詳しくは例文を使って、「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」で解説しています。

 

 

800時の自己PRはいろんな企業で聞かれるか?

800字の自己PRは、ESや面接でもあまり聞かれません。

私の感覚的に、100社に2~3社くらいある程度ですね。

 

と言うと、「じゃあ適当に作っておこう」と思うかもしれませんがダメです。

この機会に、800字の自己PRを作成しておけば、必要な時すぐに提出できますよね。

そのスピード感が周りとの差になり、ES通過率UPにも役立つんです。

 

kae
紹介した記事を参考に、800字の自己PR今のうちに作成しておこう!

 

 

4:すぐ解決!800字の自己PRに書くエピソードがない時の対処法

詳しくは「これだけでエピソードがないを解決!高評価な自己PRが書ける!」で解説しています。

 

kae
エピソードがなくても、「ある視点」を知れば800字でも書けるようになるんだよ!

 

 

5:800字の自己PRに書く長所がない時の評価UPの強みとは

「どんな長所なら評価してもらえるんだろう?」と疑問ですよね。

そこで、面接官から評価されやすい長所を解説した記事を書きました!

(Googleの採用試験でも重視される5つの強み!)

 

詳しくは「これだけで簡単!自己PRの長所作成法【おすすめワードあり】」で解説しています。

 

kae
上の記事を見ながら長所を考えれば、評価UPの自己PRになること間違いなし!

 

 

6:こうして私は第一志望・納得内定しました!【無料で伝授】

自己PRが評価されても、「ある5つの戦略」を知らないままだと内定できません。

 

この5つの戦略を知らない人の大半が…。

「自己PRは書けたけど、本当にこれで内定できるのか不安」

「友達はインターンに参加したり内定をもらってるのに、自分だけまだ…」

といった状態になっているんです。

 

実際、この5つの戦略を知って就活をした学生は。

自己PRや志望動機、面接などの苦手意識が0になっているんですよね。

結果、内定倍率400倍以上の会社を含む、6社に複数内定をしたり。

面接が超苦手だったのに、立て続けに2社の内定!

など多数の理想を実現しています。

 

ちなみに私も、200文字の自己PRすら書けない状態から、この対策で業界No.1企業に内定済みです。

(他にも、複数内定・第一志望内定などの就活生が多数)

 

 

無料!「5つの就活戦略セミナー」がおすすめ!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安を0に!

その結果、第一志望・納得内定を獲得できる5つのセミナーをプレゼントしてます。

(現在、1000人以上が受け取り済み!)

 

無料でセミナーを受け取れますし、不要になればすぐに解除もできます。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
800字の自己PR例文がわかったら、セミナーを見て実力をつけよう!

 

 

という訳で、「800字の自己PR例文」を徹底解説しました!

紹介した例文とそのポイントを参考に書けば、誰でも簡単に書けるようになります。

とにかく「価値観が伝わる部分」の文字数を増やすことが大切ですよ。

 

 

この記事を読んだ後は「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」がおすすめです。

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。