【評価UP】居酒屋アルバイトを自己PRするポイント・書き方

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y
【断言】最後まで読めば、評価UPの居酒屋アルバイトの自己PRが書けるようになります!

正直、居酒屋アルバイトで、凄い経験やアピールできることがないですよね。

 

そこで就活戦略では、「居酒屋アルバイトを自己PRする方法」を徹底解説!

何に気を付けて伝えれば評価されるか、書き方や例文を解説します。

kae
本当に、居酒屋のアルバイトを自己PRしても評価してもらえるのかな…。
kae
大丈夫!自己PRのあるポイントを知れば、簡単に書けるようになるよ!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

 

1:これが居酒屋アルバイトで自己PRすべきこと!

結論、「あなたのポテンシャル」さえ自己PRできれば評価UPです。

なぜなら、ポテンシャルから「入社後活躍しそうか?」を判断するため。

 

新卒は中途と違い、実力や過去の経験を問われません。

その代わり、性格や価値観からポテンシャルの高さを判断されます。

なので、居酒屋アルバイトの自己PRから、あなたの価値観や性格を伝えましょう。

 

kae
新卒の自己PRでは、実績ではなくあなたのポテンシャルの高さを見られてるんだよ!

 

 

2:【簡単!】居酒屋アルバイトの自己PR作成法

 

ステップ1.過去のできごとを洗い出す

 

ステップ2.順位付けで1~3位を決める

 

ステップ3.エピソードを深堀する

 

ステップ4.深堀結果を型にあてはめる

 

ステップ5.ブラッシュアップする

 

詳しい解説は「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」の記事をどうぞ。

 

kae
5ステップの書き方で自己PRすれば、面接官の心をグッとつかめるよ!

 

 

3:居酒屋アルバイトの自己PR例文・ポイント

では、居酒屋アルバイトの自己PR例文と、ポイントを解説しますね。

 

例文1.アルバイト(居酒屋)のバイトリーダーを自己PR

 

例文2.飲食店(居酒屋)のアルバイト経験を自己PR

 

ちなみに「絶対評価される!OpenESの自己PR例【強みの見つけ方】」でも解説しています。

 

 

例文1.アルバイト(居酒屋)のバイトリーダーを自己PR

強みは、「努力を継続できること」です。私は、居酒屋でアルバイトをしています。大学3年の時、バイトリーダーに昇格したことから、「社員さんよりも頼られる存在になりたい」との思いで、働いていました。しかし、悩みや相談を受けることはなく、バイトリーダーとしての仕事をこなすだけの毎日。「仕事だけをする私って、意味があるのかな?」と悩んだ時期があったんです。次第に、「頼れる存在でないと、リーダーである意味がない」と思い始めました。そこで、3つの取り組みを開始。1.バイトの愚痴や悩みをヒアリングし、相談できる時間を確保。2.20人のバイト全員に対して、6カ月間継続。3.集まった要望と改善策を考え、社員さんに直談判。正直、ヒアリングで面倒くさそうな対応をする子もいて、何度もくじけそうになりました。ですが、「結果に結びつかない努力に価値はない」と、食いしばり6カ月継続したんです。その結果、バイトが働きやすい環境を作ることに成功!今では、一番に悩みを相談される存在になれました。このことから、私の強みは「努力を継続できること」です。

 

ちなみに「ポイント3つで簡単!バイトリーダーの自己PR作成法・例文」でも解説しています。

この例文のポイントは「徹底的に性格や価値観を伝える」こと!

 

 

ポイント.徹底的に性格や価値観を伝える

これを書くだけで、あなたの性格からポテンシャルをアピールできます。

(冒頭で伝えた通り、自己PRは実績よりポテンシャルが大事!)

特に、取り組んだ理由や、行動した時の感情を考えれば簡単に書けますよ。

 

例文だと、この部分ですね。

 

大学3年の時、バイトリーダーに昇格したことから、「社員さんよりも頼られる存在になりたい」との思いで、働いていました。

 

→「ただのアルバイトなのに、責任感の強い子だな!」と評価してもらえる。

 

正直、ヒアリングで面倒くさそうな対応をする子もいて、何度もくじけそうになりました。ですが、「結果に結びつかない努力に価値はない」と、食いしばり6カ月継続したんです。

 

→「継続力と負けん気が強い!入社後も意欲的に仕事に取り組んでくれそう!」と思ってもらえる!

 

こんな感じで、実績以上にあなたの性格や価値観を自己PRに書きましょう。

 

 

例文2.飲食店(居酒屋)のアルバイト経験を自己PR

居酒屋アルバイトの掛け持ちをしていることを、例にしてみました。

強みは、「弱み改善のために、貪欲に行動できること」です。大学2年の春休みから、地元の居酒屋2店舗でアルバイトを掛け持ちしています。なぜ掛け持ちしているかというと、「気軽にできる接客で、極度の人見知りを克服したい!」「短時間で効率的にお客さんと会話できる」と考えたからです。人見知りを改善するために、1.お客さんの目を見て会話を2カ月継続。「正直、誰でもできる」と思いますよね。でも私は、常に挙動不審なほど極度の人見知りなんです。「人見知りでこれ以上損する人生は嫌!変わりたい!」という一心でした。2.気遣いの言葉をかける取り組みも追加。人見知りせず会話できるようになり、「マニュアルなら誰でも話せる、もっと自分を鍛えたい!」と思ったんです。結果、今では自らお客さんと他愛もない会話ができるまでに!この時「自分でも、変わろうとすれば理想に近づける!」と感動したのを覚えています。以上から、強みは「弱み改善のために貪欲に行動できること」です。

 

この例文のポイントは、2つあります。

 

ポイント1.「しょぼい内容ではないと断言する」こと

 

ポイント2.取り組んだ理由を伝えること

 

 

ポイント1.「しょぼい内容ではないと断言する」こと

正直、居酒屋アルバイトなんて適当にしている人が大半ですよね。

ありきたりな経験をそのまま自己PRすると、「しょぼい」と思われてしまいます。

そこで!「ただのアルバイトじゃないんです!」と伝えることで、興味を惹き差別化できます。

 

この居酒屋アルバイトの例文だとここ。

 

なぜ掛け持ちしているかというと、「気軽にできる接客で、極度の人見知りを克服したい!」「短時間で効率的にお客さんと会話できる」と考えたからです。

 

→「しょぼい内容かなと思ったけど、確かな多目的をもって取り組んでたのか!」と評価される!

→「他の居酒屋アルバイトとは違って、真剣に取り組んでたのか!」と印象に残せる!

 

「居酒屋アルバイトの自己PRに自信がない」って人ほど、取り入れてみてくださいね。

 

 

ポイント2.取り組んだ理由を伝えること

理由からあなたのポテンシャルをアピールできるんです!

 

居酒屋アルバイトの例文だと、ここの部分。

 

「正直、誰でもできる」と思いますよね。でも私は、常に挙動不審なほど極度の人見知りなんです。「人見知りでこれ以上損する人生は嫌!変わりたい!」という一心でした。

 

→「ただの居酒屋アルバイトでもこんなに頑張れる子なのか!良い人材だ!」と高評価!

 

こんな感じで、あなたのポテンシャルを伝えてみましょう。

 

kae
紹介した居酒屋アルバイトの例文を見て、評価される内容に仕上げてね!

 

 

4:面接で自己PR(居酒屋アルバイト)の伝え方

面接で居酒屋アルバイトの自己PRを伝えるなら、この2つを意識しましょう。

 

伝え方1.400字前後の文字数で自己PRする

 

伝え方2.暗記してきた感が出ない話し方をする

 

 

伝え方1.400字前後の文字数で自己PRする

人の集中力がもつのは、最大2分と言われています。

そのため、面接で自己PRを伝えるときも2分以内にした方が良いですよね。

その2分以内になる文字数が、約400文字なんです。

なので、400文字の自己PRを用意しておきましょう。

 

kae
ダラダラ長くて終わりのない自己PRは、面接官に嫌われるよ!

 

 

伝え方2.暗記してきた感が出ない話し方をする

なぜなら、面接官は「暗記してきた感のある自己PRを嫌う」からです。

(実際の人事に聞いたけど、年上の人ほど嫌う!)

 

ただ、覚えず噛みながら話すことも論外…。

なので、間に会話を挟んだり抑揚をつけて、自己PRを伝えるのがおすすめです。

そうすれば、話に強弱がうまれて暗記感が出なくなります。

 

kae
面接で居酒屋アルバイトの自己PRを話す時は、「暗記してきました感」を消そうね!

 

 

5:就活でアルバイトを自己PRする時のよくある質問

 

質問1.企業が求める人物像を自己PRした方が良い?

 

質問2.ありきたりなアルバイトの自己PRで評価される?

 

 

質問1.企業が求める人物像を自己PRした方が良い?

ズバリ、企業が求める人物像を自己PR「しない方が良い」です。

なぜなら、効率が悪すぎるから。

 

就活は多い人で、100社以上ES(エントリーシート)を書きますよね。

(ちなみに私は140社出した!)

そこで、1社1社に合う自己PRを用意するなんて、不可能です。

 

そんなことをするより、1つの自己PRに磨きをかけた方が通過率も上がります。

(ポテンシャルさえ伝われば、評価される!)

 

kae
わざわざ、企業が求める人物像に合う自己PRを作る必要はないよ!

 

 

質問2.ありきたりなアルバイトの自己PRで評価される?

ポテンシャルを伝えれば、評価してもらえます。

理由は何度も伝えてますが、新卒就活はポテンシャル採用だから。

(ポテンシャルは、あなたの性格や価値観から判断されてる!)

 

もちろん、ありきたりな自己PRを「ただ伝えるだけ」では内定は厳しい…。

ですが、「この子は将来、活躍してくれそうだな!」とポテンシャルを感じてもらえれば。

ありきたりなアルバイトの自己PRでも、高評価になるんですよね。

(起業とか凄い経験じゃないと内定できないなら、皆就職できてない!)

 

kae
ポテンシャルさえ自己PRすれば、ありきたりなアルバイトでも評価されるんだよ!

 

 

無料!第一志望・納得内定する5つの就活戦略セミナー

自己PRが評価されても、他の対策がボロボロでは内定できません。

選考突破能力を上げれば、就活をイージーモードになります。

 

そこでおすすめなのが、「5つの就活戦略セミナー」(無料)!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安0で挑むための対策法をプレゼントしてます。

 

ちなみに私は、200文字の自己PRすら書けない状態から、この対策で業界No.1企業に内定できました!

現在、959人が受け取り済みです。

 

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

 

kae
居酒屋アルバイトの自己PR以外にも、超重要な対策が残ってるんだよ!

 

 

という訳で、「居酒屋アルバイトの自己PR」に関して解説しました!

この1記事で、伝えるべきポイントや書き方、例文まで理解できましたね。

最初は40%の出来で良いので、少しずつ質を高めていきましょう。

 

この記事を読んだ後は「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」もおすすめです。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。