Kae:1カ月で業界1位の大手に内定

コツ3つ!部活の部長経験の魅力的な自己PRの書き方・例文3つ

友だち追加

kae

こんにちは、Kaeです!

このサイトでは強みや凄い実績がない人向けに、私が業界1位の大手に内定した対策法すべてを発信しています!

 

今回は、「コツ3つ!部活の部長経験の魅力的な自己PRの書き方・例文3つ」を解説します。

この1記事で、確実に評価される、部活の部長経験の自己PRが書ける内容です。

 

▼誰しも自己PRで一度は悩んだことがありますよね?

・「部活で部長をした経験を自己PRしたいけど、構成や書き方がわからず悩んでばかり…」

・「自己PR例文が極端にすごい内容や、しょぼい内容ばかりで全く参考にならず困ってる」

・「そもそも部活で部長をした自己PRを評価してもらえるの?何を伝えれば良いかわからない」

・「内定者の自己PRはすごい実績や困難の経験ばかり…自分との差を感じて不安…」

kae
実際私も強みすらなく、自己PRできるエピソード作りから苦労したので凄く共感するよ!

この記事で伝えるノウハウを1つでも知らなかったら、今後の就活で確実に詰みます…。

 

今回紹介するのは、私の就活経験や1266人以上の就活生を指導し内定してきた中で習得した内容です。

もちろんこれだけではありませんが、これらを習得した結果私は下記の実績を出しています。

自己pr 部活 部長

こういった過程で、評価され内定できる自己PRを完璧に習得してきました。

 

もしあなたが、「部活での部長経験を自己PRする書き方を知って、悩みから解放されたい!」

「すぐ参考にできる例文を見ながら、高評価な自己PRを書きたい」「評価される自己PRのポイントを抑えて、ESや面接を通過したい!」

「部長経験を自己PRして、すごい実績がなくても内定をもらいたい」と思っているのであれば、必ず役立つ内容なのでぜひ最後まで読んでください。

kae
記事後半では、第一志望・納得内定するための対策法6つも無料でプレゼントしてるよ!

【もくじ】

1:なぜあの人の自己PRは評価されるか?【部活での部長経験】

自己pr 部活 部長

内定者の自己PRを見ると、皆すごい部長経験や実績がありますよね?

なぜあの内容で内定が出るのでしょうか?

面接官が何を見ているかを知らないと、100%評価される自己PRにならないので要注意です…。

そのためには、「そもそも自己PRとは何をアピールすれば良いか?」を知ることが大切。

 

結論、自己PRは具体的な強みとあなたのポテンシャルを聞かれています。

自己pr 部活 部長

つまり、内定者の部長経験の自己PRは、実績が凄いから評価されているのではないということ。

 

実績や取り組んだ内容から伝わる、”具体的な強みが企業に合っているから”だったり。

「苦しい経験を乗り越えた精神力がある就活生なら、活躍できるだろう」と内面が評価されて内定しているんです。

(これが「部活や部長の経験は自己PRで有利だよ!」と言われる理由!)

 

実際に私も、部活の経験を自己PRしていました。

その結果、まったくすごくない経験でも業界1位の大手に内定しています。

なので部活の部長経験を自己PRする時は、具体的な強みとポテンシャルが評価ポイントだと知っておきましょう。

kae
最後まで読んで、書き方や注意点を抑えれば確実に高レベルな自己PRになるよ!

 

2:絶対NG!部活の部長を自己PRする時の注意点3つ

自己pr 部活 部長

多くの就活生が、絶対評価されない部活の部長経験の自己PRを書いてることを知っていますか?

そんな自己PRでは、ESも面接も絶対に通過しません…。

なのでこの注意点3つを知っておきましょう。

 

注意点1.部長や競技の実績だけを伝えるのはNG

さっきも伝えたとおり、自己PRは具体的な強みとポテンシャルを聞かれています。

なので部長経験や部活の実績だけを伝えても評価されません。

 

友達に例えるとわかりやすいのですが、友達が大阪出身だからという背景で付き合ってるわけではないですよね?

大阪出身でギャグセンスもあり、ノリが良くて一緒にいて面白いから友達なわけです。

そのように、部活経験を自己PRする時も”実績からわかる内面・性格”が重要!

なので、部長や競技の実績だけを伝えるのはNGです。

 

注意点2.専門用語ばかりの自己PRはNG

なぜなら、面接官はその部活のプロではないから。

知らない知識だらけだと、読みにくく、疑問点ばかりで理解されません。

面接官の印象に残せないので、ESを通過することができず、ずっと内定0のまま…。

 

実際私は、多くの就活生の自己PRを添削してきましたが、わかりにくい文章ほど専門用語がたくさんでした。

ですが少し噛み砕いた説明するだけで、読みやすく評価の高い内容になったんですね。

なのであなたも、専門用語ばかりにならないようにしましょう。

 

注意点3.エピソード背景や取り組みばかり説明するのはNG

専門用語ばかりにならないために、噛み砕いて説明するのが大事と伝えました。

しかし、説明しすぎてエピソード背景や取り組み内容ばかり、ダラダラ書くのもダメです。

なぜなら、何度も伝えているように強みやポテンシャルを伝える方が重要だから。

 

もちろんあなたが、どんな背景で部活をしていたか?苦労したか?を伝えることも重要。

しかし、伝えるべき本質ではないためサラッと書くだけで充分なんですね。

(難しいかもですが、詳しい書き方を後述するので安心してください!)

kae
取り組みやエピソード背景ばかり伝えない自己PRにする意識だけで、評価の高い内容になるよ!

 

3:簡単!部活での部長経験を自己PRする5ステップの書き方

自己pr 部活 部長

どんな構成で、部活の部長経験を自己PRすればいいかわからないですよね?

ただ闇雲に例文を見てマネするだけでは、ポイントを押さえて書けないのでダメ…。

なので私が大手に内定した、5ステップの自己PR作成法を参考にしてください。

(ちなみにこの方法で自己PRした就活生は、6社や大企業に内定をバンバン決めてる!)

 

【自己PRの作成ステップ5つ】

①強みとベネフィットを書く

②エピソードの背景を書く

③強みの根拠を書く

④ポテンシャルを書く

⑤強みの活かし方を書く

 

ポイントは、強みとベネフィットを冒頭で伝えることですね。

(ベネフィットとは:強みによってどんなメリットが企業に与えられるか)

 

たいていの就活生は、「強みは協調性です」と伝えて、具体的なエピソードの説明に入ります。

しかしその前に、「強みの協調性を活かして、どう活躍できるか?」を伝えるのが大事。

そうすれば、あなたを採用するメリットが的確に伝わり、面接官の心を惹きつける自己PRが書けます。

くわしい作成法は、解説すると長くなるので別記事を参考にしてください。

 

kae
他の就活サイトでは詳しく解説していないからこそ、あなたがこの作成法で自己PRすれば高評価間違いなし!

 

部長やキャプテンの自己PRの書き出し方【コツ5つ】

自己PRで一番難しいのが、書き出し方ですよね?

どんな強みを使えばいいのか?どんな文章で一文目を書けばいいのか?私もかなり悩みました。

しかし、この5つの方法を使えば簡単に評価される書き出し方ができますよ。

 

これは実際に私が、仕事として4年学んで”人の心をつかむ文章の書き方”から編み出した作成法です。

(面接官の印象に残し、確実に評価される書き出し方ができるよ!)

 

【自己PRの書き出し方5つ】

書き出し方1.強み+ベネフィットと伝える

書き出し方2.2文目でベネフィットを伝える

書き出し方3.企業が求める3つの強みと絡める

書き出し方4.強みに具体性を入れる

書き出し方5.強み+興味性を入れる

 

例えば、書き出し方1つ目の「強み+ベネフィットを伝える方法」で考えた書き出し例文はこんな感じ。

【強み+ベネフィットを伝える書き出し方】

・行動力の高さを活かし(強み)、入社1年目から営業TOP30に入る実力を身につけ貢献します!(ベネフィット)

 

よくある、部活の部長経験を自己PRした書き出しより、魅力が伝わる文章になっています。

 

こういった作成法や例文は、別記事で解説しているので参考にしてください。

【部活の部長経験を自己PRする書き出し方】

 

>>【書き出しで9割決まる】一行目がしょぼい新卒の自己PRはNG

 

kae
部活の部長経験が魅力的な内容でも、書き出し方がしょぼいと絶対評価されない…必ず読んで差をつけよう!

 

自己PRの学んだこと・得たものの書き方【部活部長・キャプテン】

書き出し方と同じように、部長経験で学んだことや得たものの書き方も難しいですよね?

解説してる記事もほとんどないので、私も困った経験があります。

 

結論、自己PRでは学んだことや得たものを書く必要はありません。

(さっき伝えた5つの作成法どおり書けば評価される内容になるよ!)

 

どうしても書きたいなら、”学び+価値観を伝える書き方”がおすすめです。

例えば、マネージャーとして部活で得たものの例文を書くとこんな感じ。

【マネージャーとして部活動で得たものの例文】

この経験から、主体的に問題を見つけ解決する重要性を学びました。(学んだこと・得たもの)

結果的に、私の信念である「0.1%でも可能性があるなら、結果が出るまで諦めず行動する」ことが、さらに強固なものになりました。(価値観・信念)

 

ただ学んだことを書くだけだと「へ~」で終わってしまいます。

そこで「自分の価値観がさらに強固になった!」と伝えれば、ポテンシャルも伝わりあなた独自の自己PRになるんです。

kae
自己PRでは学んだことや得たものを書く必要は無いけど書く場合は学んだこと+価値観を伝えると評価されるよ!

 

1266人が実践!強み0でも大手に内定した6つの対策法【無料】

書き方などを解説してきましたが、この自己PRで内定できるかまだ不安ですよね?

実際、書けた気になっててもNGな自己PRを書いてる就活生は多い…。

そこで、私がおすすめしてるのが公式LINE(無料)です。

 

▼こういった内容が知れるので、自己PRの質も上がるし内定にめっちゃ近づけます。

期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

 

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

\すでに1266人以上の就活生が登録中!/自己pr 部活 部長▲タップで詳細が知れるページに飛びます。

kae
10秒で友達追加できるし、不要になったら1タップで解除できるから損はしないよ!

 

4:高評価な部活での部長の自己PR例文3つ【強み別で解説】

自己pr 部活 部長

実際に、部活の部長経験の自己PR例文を、参考にしながら書きたいですよね?

とはいっても、他のサイトには参考になる例文が少ないので苦労したはず。

そこでこの記事では、今すぐ使える魅力的な部長経験の自己PR例文3つを紹介します。

(強み0で200文字の自己PRすら書けなかった私が、業界1位の大手企業に内定した全技術を詰め込んだ内容!)

 

例文1.部長・キャプテンとして協調性やチームワークを発揮した自己PR

部活の部長やキャプテンをしていれば、誰より協調性やチームワーク力が高いといえます。

そしてそれは、企業にとっては喉から手が出るほど欲しく、評価される強みです。

 

【部活の部長経験の自己PR1】

 

「辛い状況の時こそ自分の成長剤だと思い、チームために全力で協力できること」が強みです。(①強みとベネフィットを書く)

大学3年の時に、所属するダンス部の部長としても発揮しました。秋の全国大会に向けて、6カ月間のきつい練習があったんです。(ついてこれずにメンバーの3分の1が辞めるほど…)(②エピソードの背景を書く)

その時私は「確かに辛い練習だけど、部長としてチームの足を引っ張りたくない!皆がついてくるように行動で示そう!」との思いでした。そのため、①誰より早く練習に参加。②平日は2時間+休日は7時間の自主練を6カ月間継続。結果としてチームを鼓舞でき、大会では8位入賞をすることができました。(③強みの根拠を書く)

私は常に「辛い状況=自分のレベルを上げる、最大のシチュエーションだ!」と思っています。また、「自分が辛い状況の時気こそ全力で取り組める人こそが、チームへの最大の貢献」だと思い行動しています。(④ポテンシャルを書く)

この様に、会社でも一人ひとりの強固な高い意識があれば、会社全体の利益も上がります。志望している営業は辛いことの連続だと思いますが、「最高の成長剤」だと思いチームのために精進します!(⑤強みの活かし方を書く)

 

この例文を読んでわかるとおり、具体的な強みや内面が伝わる自己PRになっていますよね?

間違っても、部活の部長の経験や実績を前面に押し出すのではありません。

「どんな人材なのか?」「どんな思いで活動したか?」が伝われば、評価される自己PRに変わるんです。

 

協調性やチームワークの強みで、部活の部長経験を自己PRするならこの記事が参考になりますよ。

 

 

kae
部長としてどんな思いで行動したか?をたっぷり伝えれば、あなたの自己PRの価値はグッと上がるよ!

 

例文2.部長・キャプテンとして責任感を発揮した自己PR

部活で部長やキャプテンとして活動していれば、責任感も自己PRできますよね?

なので、責任感の強みでも自己PR例文を考えてみました。

 

【部活の部長経験の自己PR2】

 

「責任感の強さで、自分に与えられた期待以上の成果を出しチームに貢献できること」が強みです。(①強みとベネフィットを書く)

所属するサッカー部で、部員30名をまとめる部長として強みを発揮しました。(②エピソードの背景を書く)

1人1人の競技レベルを上げることを目標に取り組み2つを実行。①毎日練習の内容を内省し、1週間でまとめてチームへ発表・改善メニューを提案。②チームのレベルUPのために、1の取り組みと結果を数値化して可視化。これを、部長になって1年間継続しています。結果、順調に部員の競技レベルも向上しています。(③強みの根拠を書く)

部のためにここまで行動できたのは、「今までの部長の誰よりも良い実績を残してやろう!」との向上心があったからです。(④ポテンシャルを書く)

入社後すぐは、雑務や役割がない仕事が大半かと思います。そんな時こそ強みを活かし、強い責任感で業務に貢献します!(⑤強みの活かし方を書く)

 

「責任感の強さで、自分に与えられた期待以上の成果を出しチームに貢献できること」

という書き出しで、具体的な強みとベネフィットもアピールできています。

すごい経験がなくても書けるよう、部長やキャプテン経験がある人なら使えるエピソードにしてみました。

 

 

例文3.【運動部・文化部別】部長・キャプテンの自己PR例文

部活は運動部だけでなく、文化部もありますよね?

例文1つ目と2つ目で運動部の自己PR例文を紹介したので、文化部の例文を紹介します。

 

【部活の部長経験の自己PR例文3】

「最後までやり遂げられる責任感の高さ」が強みです。これにより、困難な業務でも最後の最後まで気を抜かず、責任をもってやり遂げる人材になれます。(①強みとベネフィットを書く)

実際に、大学で吹奏楽部の部長だった時にも発揮した強みです。部員100名の情報や引継ぎを、次の部長に私1人で引継ぎで苦労したことがありました。(②エピソードの背景を書く)

そこで完璧な引継ぎを行うために2点を実行。①100名分の性格やサポート方法の一覧表を作成。②あらかじめ質問をまとめて、いつでも見れるサイトを作成(私が引退してからでも問題を対処できる)結果、無事に引継ぎは完了できました。(③強みの根拠を書く)

「最後のマネージャーの仕事として、全力を尽くしたい!」という責任感でいっぱいでした。(④ポテンシャルを書く)

この強みを活かし、営業として貴社のスポーツ用品をより多くの人へ広めて売り上げに貢献します!(⑤強みの活かし方を書く)

 

「最後までやり遂げられる責任感の高さ」が強みです。これにより、困難な業務でも最後の最後まで気を抜かず、責任をもってやり遂げる人材になれます。

という書き出し方をしているので、魅力的な自己PRになっています。

また、強みの活かし方を、企業の商品と絡めて伝えて”熱意の証明”をしているのもポイント。

 

もっと運動部や文化部の自己PR例文を見たいなら、こちらの記事を参考にどうぞ。

 

これで勝てる!高評価な自己PR例文7つを紹介!

もっと部活や部長経験の自己PR例文を参考にしたいですよね?

そこで、いろんな強みやエピソードで作成した例文のまとめ記事を作成しました!

私が大手に内定するために実践したテクニックを詰め込んだ例文ばかりです。

【もっと部活の部長経験を自己PR例文を見る】

 

>>これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】

 

kae
部活の部長経験の自己PR例文をマネするだけでも、絶対にレベルの高い内容が書けるよ!

 

5:絶対評価される強み一覧!部活の部長の自己PRですぐ使える

自己pr 部活 部長

あなたは部活の部長経験で、アピールすべき強みを知っていますか?

確実に評価される強みを知らずに自己PRを考えるのは、ナンセンスです…。

 

結論、この強みを伝えるようにしましょう。

自己pr 部活 部長

(引用:高等教育に関するアンケート結果

この図からわかるとおり、企業は主体性や行動力課題設定解決能力を求めています。

つまり、「行動できて自分の頭で考え、問題解決できる人材」を求めているんですね。

なのであなたが部活の部長やキャプテンとして、何か問題を解決した経験・主体的に行動した経験があればかなり有利。

 

ちなみに、強みは言い換えたり類似の強みで考えると、独自性が生まれて差別化できるのでおすすめです。

具体的な強み一覧や、言い換え方はこちらの記事を参考にどうぞ。

 

kae
部活の部長経験というすごい経験があるからこそ、強みの伝え方にこだわれば評価UPだよ!

 

7:部活で怪我や病気をした自己PRは〇〇を伝えて魅力UP!

自己pr 部活 部長

怪我や病気エピソードをアピールしたい人もいますよね?

ですが、ただ怪我や病気のエピソードを自己PRしても評価はされません…。

結論、怪我をした時の心境や信念を伝えて、会社で経験が活かせることを伝えれば評価されるんです。

 

例えば私だったら、こんな風に部活のエピソード自己PRします。

【怪我や病気の自己PR例文】

 

「つらい状況下でも、今できる最善の行動を考え成果が出るまで食らいつけること」が強みです。

所属するサッカー部で部長になった直後、大事な試合の3カ月前に怪我をしてしまったんです。

それでも部長としてチームに貢献するため、試合までの復帰を目標にリハビリを開始。1カ月で一度復帰できたものの、復帰当日に2回目の怪我をして心が折れかけたこともあります。それでも諦めずリハビリを継続した結果、大事な試合前に復帰することができました。

諦めず行動できたのは、常に「0.1%でも可能性があるなら、全力で取り組む!ダメならその時に悩めば良い。まずは行動!」と考えていたからです。(怪我したと気の心境・信念を伝える!)

この強みや経験があれば仕事で辛いことがあっても、絶対挫折することはありません。また、目標を達成するためなら小さなことでもチャレンジし、改善と行動を繰り返し結果を出す人材になります!(怪我の経験が会社で活かせることを伝える!)

 

怪我をした経験や強みが、会社で生かせることをかなり強気にアピールした例文です。

大事なのは、怪我をした状況やきっかけばかりアピールしすぎないこと。

kae
部活の部長として、怪我や病気をした経験も伝え方次第では魅力的な自己PRになるんだよ!

 

8:高校の部活経験を自己PRするなら反論処理で高評価!

自己pr 部活 部長

人によっては、高校時代の部活の部長経験を自己PRしたいと思いますよね?

しかし普通に高校時代の自己PRをすると、マイナス評価です…。

 

なので、反論処理を入れることが大切です。

反論処理がないと、「なぜわざわざ高校時代のエピソードを自己PRするの?」というマイナスイメージを払拭できず落とされるので。

なので私だったら、こんな風に反論処理をします。

 

【高校時代の部活の自己PR例文】

 

強みは、「目標達成のために、年単位で努力を継続できること」です。

高校では硬式野球部に所属し甲子園出場に向けて練習していました。しかし、出場枠が1校でギリギリ出場できるかどうかのラインだったんです。

そこで結果を出すことにこだわり取り組みを開始。①毎朝1時間の朝練を提案し、1年間継続。②強豪校の徹底的な分析。その結果、甲子園出場の目標を達成することができました。

結果を出せた理由は、私が日ごろから「結果に結びつかない努力に価値はない。従来の方法を妄信せずに良い意味で疑い、改善を重ねることが大事」だと思いチームにも伝えていたからです。

「なぜ高校のエピソードをアピールするの?」と思ったかもしれません。ですが今の私を形成した大きなできごとであり、第一志望の貴社に内面を理解してもらえる一番のエピソードだからです。(反論処理をする!)

このように入社後も、40代50代になっても努力を継続して結果を出す営業として活躍します!

 

「なぜ高校時代のエピソードを自己PRするのか?」の疑問に答えて、反論処理ができています。

その結果、面接官が感じる不信感がなくなり、高校時代の自己PRでも納得してもらえるんです。

 

高校時代のエピソードを自己PRするなら、必ずこの記事を参考にしてください。

注意点や書くべき内容を解説しています。

 

kae
高校時代のエピソードだと評価されないと不安かもだけど、反論処理をすれば良い内容になるよ!

 

9:【補足】副部長・副キャプテン・マネージャー・部員の自己PR方法

自己pr 部活 部長

副部長や副キャプテン、マネージャーや部員経験を自己PRする時はどう書くか疑問ですよね?

伝え方のポイントを知らないと、評価が半減するので要注意です…。

 

結論、副キャプテンは部長と同じような伝え方をすればOK。

部長の単語を、副部長や副キャプテンに変えればいいだけですね。

 

マネージャーの場合は、こちらの記事で解説しています。

 

役職がないただの部員の場合は、”ポテンシャルが伝わる文章をたっぷり書くこと”が重要です。

役職がない分、印象に残りにくい自己PRになりがち…。

なので、「どんな人材・価値観があるか?」に焦点を当てて、インパクトのある自己PRにしましょう。

(ちなみに、帰宅部は部活じゃないのでアピールすると笑われますよ。)

kae
副キャプテンはそれなりにインパクトがあるけど、マネージャーや部員はありきたり過ぎるから伝え方を工夫して好印象に書こう!

 

10:部活の部長経験の魅力的な自己PRを書きたいなあなたへ

自己pr 部活 部長

最後まで読んでいるあなたは、確実に優秀で誰より行動力がある就活生です。

なので今回紹介した、部活の部長PRの書き方を参考にすれば、高評価な内容になること間違いなし!

(実際に私が実践した、業界1位の大手に内定するための対策を詰め込んでいるので。)

また、今まで指導してきた就活生もこの方法で複数内定や、大手内定をたくさん獲得している人ばかりです。

 

しかも部活の部長経験がある優秀な人材なら、他の学生より有利に内定をつかめますよ。

なので、自信を持ってこのまま進んでいってください。

kae
では、復習の前に少しお知らせがあるから、最後まで読んでね!

 

11:第一志望・納得内定できる6つの対策動画をプレゼント

自己pr 部活 部長

公式LINEでは、私がインターンに3社連続で落ち、模擬面接すらダメ出しの嵐で、強み0・200文字の自己PRや志望動機すら書けない状態から…。

・1カ月で業界1位の大手に内定した方法。

・1200人以上が6社の複数内定・倍率400倍、大手、難関企業などに内定した方法。

・やりたいことを見つけて5社6社と複数内定できる対策法。

・対策を万全にして内定できない不安が0の状態で、第一志望・納得内定できる環境。

上記を無料で提供しています。

 

▼実際にこの対策法を実践した私や他の就活生は、下記の実績を出しています。

自己pr 部活 部長

もしかするとあなたは、「凄い強みやエピソードがなく、自己PRや志望動機に自信がない」「漠然とした不安や焦りがある」

「ESや面接に落ちてばかりで内定できるか不安…」「志望業界や企業が見つからない」「就活に出遅れた…」と思っていませんか?

強みや凄い実績がなくてもESや面接を通過できる実力をつけて内定し、「なりたい自分」を実現したいなら下記から公式LINEを友達追加しておいてください。

 

また、期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

 

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

\すでに1266人以上の就活生が登録中!/自己pr 部活 部長▲タップで詳細が知れるページに飛びます。

kae
無料で登録してプレゼントが受け取れるし、不要ならすぐ解除できるよ!

 

まとめ:部活の部長経験の魅力的な自己PRの書き方

【この記事のまとめ】

 

・部活の部長経験は、すごい経験や実績を評価されているのではない

・自己PRは具体的な強みやポテンシャルが伝わる程、評価される!

・部活の背景や取り組みの説明ばかりの自己PRはNG…。

・部活の部長経験は、どの企業からも求められる強みと経験だから有利。

・高校時代の部活エピソードでも、反論処理をすればOK!

 

kae
では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

他の就活生は「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方・プログラミング」の記事も読んで、さらに実力を付けています。

友だち追加