キーエンスの採用大学はコレ【低学歴でも内定する2つの方法】

kae
こんにちは、kaeです!

 

こんな方におすすめ

「キーエンスは、自分の大学でも採用されるのか知りたい。」

 

「キーエンスに入りたいけど、学歴が低くて不安…」

という就活生に向けて解説します。

 

 

私は、難関私大から業界No.1企業に内定。

その後2年間、就活指導をして700名以上の就活生を、内定へと導いてきました。

低学歴でも6社の複数内定や、難関企業から採用された就活生も多くいます。


この経験にもどついて、キーエンスの採用大学の情報について解説します。

 

※動画で観たい方はこちらをどうぞ↓

1.キーエンスの採用大学(一部)はコチラ

キーエンスの採用大学の一部は、こんな感じです。

【採用大学(一部)】

(あ)青山学院大学 、大阪大学 、 大阪市立大学 、 大阪府立大学 、 岡山大学 、 (か)関西大学 、 関西学院大学 、 学習院大学 、 京都工芸繊維大学 、 京都産業大学 、 京都女子大学 、 近畿大学 、 慶應義塾大学 、 甲南大学 、 神戸大学 、 神戸市外国語大学 、 神戸女学院大学 、 駒澤大学 、 (さ)埼玉大学 、 滋賀大学 、 首都大学東京 、 上智大学 、西南学院大学 、 専修大学 、 (た)千葉大学 、 電気通信大学 、 東京外国語大学 、 東京工業大学 、 東京農工大学 、 東京理科大学 、 東北大学 、 東洋大学 、 徳島大学 、 同志社大学 、 同志社女子大学 、 (な)名古屋大学 、 名古屋工業大学 、 南山大学 、 日本大学 、 一橋大学 、 兵庫県立大学 、 広島大学 、 福島大学 、 (は)法政大学 、 北海道大学 、 (ま)明治大学 、 (や)横浜国立大学 、 横浜市立大学 、 (ら)立教大学 、 立命館大学 、 龍谷大学 、 (わ)和歌山大学 、 早稲田大学

kae
見てもわかる通り、学歴の高い大学が多く採用されているよ…

1-1.高学歴の大学でないとキーエンスに採用されるのは厳しめ

学歴の低い大学からの採用は、少し厳しいかもです。


「でも、高学歴”だけ”を採用している訳じゃないでしょ?」と思うかもしれませんね。

甲南大学などの学歴が低い大学(すみません…)でも、採用されることはありますが。

採用された学生は、早稲田や神戸大学の就活生と勝負して、”勝ち残った学生”です。

つまり、学歴が低くても能力が高い人材だったという訳です。


なので、キーエンスは高学歴でないと、採用されるには厳しめです。

 

1-3:きちんと対策すれば採用される

kae
キーエンスからの採用は無理なのかな…?

こういう話をすると、「じゃあ、低学歴の大学生はキーエンスに採用されるのを諦めろってこと?」

「能力が低いとキーエンスに採用されないの?」という反論が生まれます。


結論として、”きちんと対策すれば”採用されます。

 

よくある質問1:低学歴は採用されるのを諦めるべき?

低学歴の大学でも、キーエンスに採用される可能性は十分にあります。


「私みたいな人種は、対策しても学歴の高い大学生に勝てっこない…」と思うかもしれませんが、それは間違った考えです。


私は難関の私大に入学しましたが、指定校推薦なので学力はあまり高くありません。

それに、頭のキレなども良くないですし、就活を始めたころはかなり苦労しました。


kae
学力レベルでいうと、中間より下だと思う…


ググっても、「Fラン大学から難関企業に内定!」なんて実話が、たくさんあるくらいです。


なので、学歴が低い大学でも、採用してもらえます。

 

よくある質問2:能力が低いとキーエンスには採用されない?

能力が低くても、対策すれば採用されることは可能です。


「能力がないから、キーエンスに採用されるのは無理なんだ…」と思いがちです。

しかし、キーエンスに採用された就活生は、「努力」して内定を勝ち取った人達です。


高学歴だとしても、何度も面接練習をしただろうし。

低学歴の大学だからこそ、自己PRのブラッシュアップに注力して、能力を高めたはず。


なので、今は能力が低くても、対策をして高めていけばOKです。

kae
きちんと対策すればキーエンスに内定可能!

 

 

私も、200文字の自己PRでさえ、作成に2週間もかかるし。

その自己PRを、面接官にズタボロにダメだしされる…という結果でした。


それでも、必死に対策をしたおかげで、業界No.1企業から内定をもらうことができたのです。


繰り返しですが、「正しい就活対策」をすれば、学歴が低い大学でもキーエンスに内定できます。

 

2.学歴が低い大学でも、キーエンスに採用される2つの対策法

結論として、「選考を突破する力を高める」ことが重要です。

当たり前ですが、選考(ESや面接)を突破できなければ、採用されないからです。


kae
そのために、以下の2つの方法がおすすめ!

対策法1:性格が伝わる自己PRをつくる。

 

対策法2:就活を成功させた人から情報をもらう。

1つずつ解説していきます。

 

2-1.対策法1:性格が伝わる自己PRをつくる

1つ目は、「性格が伝わる自己PRをつくること」です。

面接官が知りたいこと1位は、”就活生の人柄”なので、性格が伝わらないと落ちるからです。

 

「性格より実績が重要じゃないの?」と思うかもしれませんが、違います。

企業は社会経験の乏しい大学生に、実績なんて期待してません。


もしあなたが面接官だとして、「企業経験のある学生じゃないとダメだ!」なんて思わないと思います。

「一緒に働きたいと思える子に、入社してほしいな!」と思うはずです。


なので、実績ではなく、性格が伝わる自己PRをつくる必要があります。

 

性格が伝わる自己PRの作成法

性格が伝わる自己PRの書き方は、この記事を参考にしてみて下さい。

【OpenES】自己PRはこう書けば落とされない!自己PR写真も解説!

kae
誰でも簡単につくれるように、5ステップで分かりやすく解説してるよ!

 

対策法2:就活を成功させた人から情報をもらう

2つ目は、「就活を成功させた人から情報をもらうこと」です。

なぜなら、成功者の経験にそって就活することが、一番の近道になるからです。

 

私も成功者から、情報を受け取っていました。

参考になる発信をしてた人の、SNSをフォローして、メールマガジンも受け取っていた形です。


自己流で就活してた頃は、200文字の自己PRすら書けなかったんですが。

その人を参考にして、自己PRをつくったり、就活を行った結果、第一志望から採用されたんですよね。


kae
自分一人で就活していたら、第一志望に落ちていたかもしれない…


なので、就活を成功させた人から、情報をもらうことは必ずやった方が良いです。

 

よくある質問:情報をもらう人を、どう見つけるの?

結論、どこでも構いません。

TwitterやYouTube、ブログ、メールマガジンなど。

たくさんあるので好きなものを選べばOKです。

※迷うなら、大手の就活サイトより、個人で発信している人やサイトがおすすめです。

kae
大手サイトは、ライターが記事を書いているので、質が低い…

 

「Kaeさんの情報を受け取りたいです!」という場合

私の情報を受け取りたい場合は…。

無料で運営している、就活戦略コミュニティがおすすめです。

低学歴の大学でも、難関企業に採用されるための、対策法などを発信してます。

 

※参加者700名突破しました!ありがとうございます。

※不要であれば、すぐに解除できます。

私は、1か月という最短で、業界No.1企業に内定しました。

 

しかし、就活を始めたころは…。

・200文字の自己PRの作成に、2週間もかかる。

 

・強みや面接で話せるネタがない…。

 

・内定できる自信がなくて、うつ状態になる。

といった悲惨な状態でした。

 

インターンに応募しても、5社連続で不採用。

模擬面接では、「その自己PRの何がすごいの?!」とボロクソに言われるほど。

 

しかし、そこから必死に対策を行ったところ…。

業界No.1企業に内定することができました。

 

「就活戦略コミュニティ」という、私が運営するメールマガジンでは。

その過程で学んだ、就活対策やノウハウを、無料で配信しています。

(→詳細を知りたい方はコチラ)

※現在700名が参加中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。