キーエンスの採用大学はコレ【低学歴でも内定する2つの方法】

kae
こんにちは、kaeです!

 

こんな方におすすめ

「キーエンスは、自分の大学でも採用されるのか知りたい。」

 

「キーエンスに入りたいけど、学歴が低くて不安…」

という就活生に向けて解説します。

 

 

私は、難関私大から業界No.1企業に内定。

その後2年間、就活指導をして700名以上の就活生を、内定へと導いてきました。

低学歴でも6社の複数内定や、難関企業から採用された就活生も多くいます。


この経験にもどついて、キーエンスの採用大学の情報について解説します。

 

※動画で観たい方はこちらをどうぞ↓

1.キーエンスの採用大学(一部)はコチラ

キーエンスの採用大学の一部は、こんな感じです。

【採用大学(一部)】

(あ)青山学院大学 、大阪大学 、 大阪市立大学 、 大阪府立大学 、 岡山大学 、 (か)関西大学 、 関西学院大学 、 学習院大学 、 京都工芸繊維大学 、 京都産業大学 、 京都女子大学 、 近畿大学 、 慶應義塾大学 、 甲南大学 、 神戸大学 、 神戸市外国語大学 、 神戸女学院大学 、 駒澤大学 、 (さ)埼玉大学 、 滋賀大学 、 首都大学東京 、 上智大学 、西南学院大学 、 専修大学 、 (た)千葉大学 、 電気通信大学 、 東京外国語大学 、 東京工業大学 、 東京農工大学 、 東京理科大学 、 東北大学 、 東洋大学 、 徳島大学 、 同志社大学 、 同志社女子大学 、 (な)名古屋大学 、 名古屋工業大学 、 南山大学 、 日本大学 、 一橋大学 、 兵庫県立大学 、 広島大学 、 福島大学 、 (は)法政大学 、 北海道大学 、 (ま)明治大学 、 (や)横浜国立大学 、 横浜市立大学 、 (ら)立教大学 、 立命館大学 、 龍谷大学 、 (わ)和歌山大学 、 早稲田大学

kae
見てもわかる通り、学歴の高い大学が多く採用されているよ…

1-1.高学歴の大学でないとキーエンスに採用されるのは厳しめ

学歴の低い大学からの採用は、少し厳しいかもです。


「でも、高学歴”だけ”を採用している訳じゃないでしょ?」と思うかもしれませんね。

甲南大学などの学歴が低い大学(すみません…)でも、採用されることはありますが。

採用された学生は、早稲田や神戸大学の就活生と勝負して、”勝ち残った学生”です。

つまり、学歴が低くても能力が高い人材だったという訳です。


なので、キーエンスは高学歴でないと、採用されるには厳しめです。

 

1-3:きちんと対策すれば採用される

kae
キーエンスからの採用は無理なのかな…?

こういう話をすると、「じゃあ、低学歴の大学生はキーエンスに採用されるのを諦めろってこと?」

「能力が低いとキーエンスに採用されないの?」という反論が生まれます。


結論として、”きちんと対策すれば”採用されます。

 

よくある質問1:低学歴は採用されるのを諦めるべき?

低学歴の大学でも、キーエンスに採用される可能性は十分にあります。


「私みたいな人種は、対策しても学歴の高い大学生に勝てっこない…」と思うかもしれませんが、それは間違った考えです。


私は難関の私大に入学しましたが、指定校推薦なので学力はあまり高くありません。

それに、頭のキレなども良くないですし、就活を始めたころはかなり苦労しました。


kae
学力レベルでいうと、中間より下だと思う…


ググっても、「Fラン大学から難関企業に内定!」なんて実話が、たくさんあるくらいです。


なので、学歴が低い大学でも、採用してもらえます。

 

よくある質問2:能力が低いとキーエンスには採用されない?

能力が低くても、対策すれば採用されることは可能です。


「能力がないから、キーエンスに採用されるのは無理なんだ…」と思いがちです。

しかし、キーエンスに採用された就活生は、「努力」して内定を勝ち取った人達です。


高学歴だとしても、何度も面接練習をしただろうし。

低学歴の大学だからこそ、自己PRのブラッシュアップに注力して、能力を高めたはず。


なので、今は能力が低くても、対策をして高めていけばOKです。

kae
きちんと対策すればキーエンスに内定可能!

 

 

私も、200文字の自己PRでさえ、作成に2週間もかかるし。

その自己PRを、面接官にズタボロにダメだしされる…という結果でした。


それでも、必死に対策をしたおかげで、業界No.1企業から内定をもらうことができたのです。


繰り返しですが、「正しい就活対策」をすれば、学歴が低い大学でもキーエンスに内定できます。

 

2.キーエンスの内定には「客観的な自己分析」が必須!

結論、「客観的な自己分析」が重要です。

 

なぜなら、自分を理解できないと就活は成功しないからです。

 

 

また、人は自分のことになると客観性を失います。

 

「自分の性格を、都合よく解釈」してしまうんですよね。

kae
だから、中途半端な自己PRやESができて、内定がもらえないんだね…。

 

なので、「”客観的な”自己分析」が重要というわけなんです。

 

 

特におすすめなのが、この「客観的に分析してくれる自己分析ツール」です。

kae
就活生の3人に1人が利用してるよ!

 

こんな感じで、データで見れます。

キミスカの診断結果

(実際の私の分析結果です。)

強みや弱み、適職などがデータでわかるので、「的確に自己分析」できます。

 

 

こんな風に、正しく自己分析できれば、評価される自己PRが作れますよね。

kae
ESや面接の通過率がグッとあがるよ!

 

しかし、自己分析が甘いと、低レベルな自己PRやESになりかねません。

kae
いつまでも、内定が無いなんてことも…。

 

 

登録が必要ですが、30秒もあればすぐに終わります。

診断するなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

メニューバーの「適性検査」から、すぐに診断可能です。

 

 

✓「就活対策メルマガ(無料)」も併せてどうぞ。

対策法が無料で受け取れる、メルマガです。

kae
700人以上の内定者を輩出してるよ!

今すぐ無料で受け取りたい人は、こちら▼

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

もっと詳しく、メルマガと書籍の内容が知りたい人はこちら▼

 

>>もっと詳しいメルマガと書籍の説明を読む

 

毎年「もっと早くこの対策法を知りたかった!」と好評です。

 

無料で受け取れて、メルマガが不要ならすぐ解除できます。

 

 

キーエンスの採用大学は、大半が高学歴です。

 

しかし、学歴が低くても対策次第で内定は可能です。

この記事でお伝えした、戦略的な就活法で、内定を勝ち取りましょうね!

 

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

OpenESの書き方まとめ!例文と共に解説!【例文あり】」の記事もおすすめです。

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。