Kae:1カ月で業界1位の大手に内定

【例文3つ】コレだ!と納得できる努力を惜しまない自己PR・コツ

ゴクリと唾を飲み、緊張の中挑んだ一次面接で努力を惜しまない自己PRを話たら。

「努力って当たり前じゃないの?」と軽くキレられ、落ちた…。

脳みそからドバドバ汗が出そうなほど、時間をかけて書いた自己PRだからこそ。

「もうお祈りメールが来るのは嫌だ…質の高い例文を参考にしたい!」と思いますよね。

実際私も模擬面接で、「努力できることの何が凄いの?」と、鬼の形相で詰められ撃沈しました。

 

結論、質の高い努力を惜しまない自己PRを知れば、3分で解決できます。

そこで就活戦略では、努力を惜しまない自己PR例文や作成法。

言い換え方や注意点などを、徹底解説します。

kae
最後まで読めば、もう面接官に「当たり前でしょ?」と言われず、ES通過率もUPするよ!

【もくじ】

1:あなたは当てはまる?努力を惜しまない性格の人の定義・長所

努力を惜しまない自己PR例文を見る前に、「本当に自分に合った強みかな?」時になりますよね。

なので、定義2つを紹介します。

 

この2つどちらかに当てはまれば、あなたは努力を惜しまない人

定義1.主体的に目標達成のために行動できる

定義2.そもそも努力を努力だと思っていない

 

定義1.主体的に目標達成のために行動できる

”主体的に”というのがポイントです。

例えば、他人に説得されてイヤイヤ行動した経験は、努力を惜しまないとは言えませんよね。

誰でも、絶対に1つは主体的に動いた経験があるはず。

大学受験やアルバイトでの接客、友達付き合いなどで「主体的に動けたことは?」と振り返ると見つかりますよ。

 

ちなみに、私は1回だけ発揮した強みでも、自己PRして良いと思っています。

なぜなら強みは、シチュエーションや関わる人によって、発揮する・しない時があるからです。

(どんな行動でも発揮する強み=あなたの強みではない!)

1回でも主体的に行動した経験があるなら、努力を惜しまない強みを自己PRしましょう。

 

定義2.そもそも努力を努力だと思っていない

努力できる人に多いのが、努力の基準値が高いことです。

意識せずとも、目標達成のための行動量や思考量が多いんです。

周りから、「努力家だね!」と言われて、「別に普通だけどなぁ」と思った経験はありませんか?

上記に当てはまるなら、あなたは努力を惜しまない強みがあると言えますよ。

kae
①主体的に行動できる・②努力の基準値が高い人は、努力を惜しまない強みがあるよ!

 

2:【面接官が100%納得!】努力を惜しまない自己PR例文3つ

例文1.努力を惜しまず精進した自己PR

例文2.勉強(TOEIC)で努力した自己PR

例文3.努力を惜しまない強みの自己PR

 

例文1.努力を惜しまず精進した自己PR

【例え300回挫折しても、乗り越えられる努力とチャレンジ精神】

私は、幼少期から格闘技を見ることが大好きでした。大学入学を機に、少林寺拳法部に入部しました。「初めから否定することは簡単。無謀なことでも、1度挑戦してから判断しよう!」との思いがあったからです。

案の定、9割が経験者。私の技の習得が遅いことで練習が遅れ、悔し涙をこらえながら練習する日々でした。そこで脱初心者を目標に行動。①先輩の技を撮影し実践。②アドバイスを愚直にマネて自主練。これを1日1時間、3カ月継続しました。結果、3カ月後には経験者レベルに上達!

初めは思い通りにできず「どうせ自分はダメだ…」と思ってばかり。しかし「甘えているから否定するんだ、300回挫折しても絶対乗り越える!」との思いで、挫折を何度も乗り越え継続したんです。

この様に努力を惜しまない強みを貴社で活かせば、結果にくらいつく人材になれますし。否定せずチャレンジし続け、毎日1mmずつでも成長ですることで貢献します!(425文字)

 

一文目で興味を惹きつけて、強みの価値がグッと伝わる自己PRになっていますよね。

(コツや書き方は、後述)

実は上記の例文は、ある就活生が知恵袋で添削を依頼していた自己PRです。

勝手に私が修正してみました!

▼私が修正する前の自己PRはコレ

▲知恵袋にあったとある就活生の自己PR

私が添削した自己PRの方が、圧倒的に読みやすいですし内容が伝わります。

また、努力を惜しまない強みを最大限にアピールできた自己PRになっています。

 

例文2.勉強(TOEIC)で努力した自己PR

「勉強で努力した自己PRを書いたけど、不安だから例文を見たい」と思うはず。

なので、TOEICのエピソードで努力した自己PR例文を考えました!

詳しくは「【勉強で努力した自己PR】作成法やコツ・例文を内定者が解説!」で解説しています。

 

例文3.努力を惜しまない強みの自己PR

「努力を惜しまない強みを自己PRすると、当たり前と思われる」と悩みますよね。

そんなあなた向けに、当たり前と言わせない自己PR作成法を解説しました!

詳しくは「当たり前と言わせない!努力を惜しまない自己PR例文5つ・作成法」をどうぞ。

kae
3つの努力を惜しまない例文を参考にすれば、高品質な自己PRができあがるよ!

 

3:「自己PRやガクチカ、志望動機が書けない、自信0」な就活生のあなたへ

「自己PRやガクチカ、志望動機が書けない・自信0を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定する6つの就活戦略セミナー」を特別プレゼントしています。

【プレゼントの内容】

 

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

 

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

 

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

 

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

 

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

 

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

公式LINE(無料)を友達追加した人限定で、特別プレゼントしています。

▲タップで特別プレゼントの詳細が知れるページに移動。

 

4:努力を惜しまない姿勢を自己PRする作成法・ポイント3つ

では、例文の1つ目で紹介した自己PRを使って、作成法とポイントを解説します。

 

マジで超簡単!努力を惜しまない自己PRの作成法

ステップ1.強みをキャッチーにして目立たせる

ステップ2.エピソード背景と行動理由を説明する

ステップ3.取り組みと結果を数字で伝える

ステップ4.結果が出た理由と強みを結び付ける

ステップ5.強みの活かし方を断言して伝える

 

例文の1つ目で紹介した自己PRに当てはめると、下記の感じ。

【例え300回挫折しても、乗り越えられる努力とチャレンジ精神】(ステップ1.強みをキャッチーにして目立たせる)

私は、幼少期から格闘技を見ることが大好きでした。大学入学を機に、少林寺拳法部に入部しました。「初めから否定することは簡単。無謀なことでも、1度挑戦してから判断しよう!」との思いがあったからです。(ステップ2.エピソード背景と行動理由を説明する)

案の定、9割が経験者。私の技の習得が遅いことで練習が遅れ、悔し涙をこらえながら練習する日々でした。そこで脱初心者を目標に行動。①先輩の技を撮影し実践。②アドバイスを愚直にマネて自主練。これを1日1時間、3カ月継続しました。結果、3カ月後には経験者レベルに上達!(ステップ3.取り組みと結果を数字で伝える)

初めは思い通りにできず「どうせ自分はダメだ…」と思ってばかり。しかし「甘えているから否定するんだ、300回挫折しても絶対乗り越える!」との思いで、挫折を何度も乗り越え継続したんです。(ステップ4.結果が出た理由と強みを結び付ける)

この様に努力を惜しまない強みを貴社で活かせば、結果にくらいつく人材になれますし。否定せずチャレンジし続け、毎日1mmずつでも成長ですることで貢献します!(ステップ5.強みの活かし方を断言して伝える)

 

見ただけではわかりにくいと思うので、次の章でポイントを解説します。

作成法は「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」でも解説しています。

 

努力を惜しまない姿勢を100%評価させるポイント5つ

ポイント1.埋もれない強みに言い換える

ポイント2.行動理由を伝えて強みを説得する

ポイント3.一文では1つのことだけを伝える

ポイント4.エピソードをイメージさせる言葉を使う

ポイント5.強みを使い貢献できることを断言する

 

ポイント1.埋もれない強みに言い換える

あなたが思う以上に、「努力を惜しまない」強みを使う就活生は大量にいます。

自己PRの冒頭に、「私の強みは努力を惜しまないことです!」と書いても、見向きもされません。

だからこそ、下記の例文のように強みを言い換えましょう。

【例え300回挫折しても、乗り越えられる努力とチャレンジ精神】

 

【】を使うことで、パッと強みを理解してもらうことができます。

何より、「300回以上挫折しても」の言葉がポイントです。

上記の強みを読んだ面接官は、「おっ!他の就活生より具体的で、興味性の高い強みだ!」と思いますよね。

 

考え方のコツは、「①数字を使う・②努力を具体的に言い換える」です。

数字は、脳内でイメージが膨らませてインパクトを残す効果があります。

スルスルと、最後の一文まで呼んでくれること間違いなしです。

(よくある強みをそのまま書くと、埋もれてきちんと読まれない…)

難しければ、例文の言い換えをオマージュして良いです。

必ず、「努力を惜しまない」を、埋もれない強みに言い換えましょう。

 

【言い換え例】努力を惜しまない類語・ことわざ・四字熟語を紹介

とは言っても、「例文のようにうまく言い換えられないよ…」と思いますよね。

そこで、類語やことわざ、四字熟語を使って言い換え例を紹介します。

【類語(努力を惜しまない)】

 

・尽力

・苦労

・試行

・骨折り

・心がける

【ことわざ(努力を惜しまない)】

 

・運根鈍(うんこんどん)

(成功=運の良さ、根気、粘り強さが必要である)

・石に立つ矢

(どんな困難でもやればできる)

・蟻の思いも天に届く

(小さな事でもコツコツ続ければ結果が出る)

・一芸は道に通ずる

(Aの分野で結果を出せばBの分野でも通用する)

・牛の歩みも千里

(牛のようにゆっくりでも努力を続ければ成果が出る)

【四字熟語(努力を惜しまない)】

 

・悪戦苦闘

(困難でも苦労しながら努力すること)

・一簣之功(いっきのこう)

(最後のひと踏ん張りまで努力すること)

・局面打開

(行き詰っていても、解決策を見つけること)

・勤倹力行(きんけんりっこう)

(仕事に精進し、努力すること)

・苦節十年

(初心を忘れず、長年苦労に耐えること)

 

※強みの言い換えが難しければ、一旦自己PRを書き終えることに集中しましょう。

ある程度書き終えた自己PRを見れば、強みは浮かんでくるものです。

(強みを一番に決めるから進まない、最後に決めよう!)

kae
あなた独自の言葉を作っても良いし、類語や熟語なども参考に強みを考えてみてね!

 

ポイント2.行動理由を伝えて強みを説得する

「努力を惜しまない強みって、当たり前でしょ」と言われるのは、説得できていないからです。

しかし、下記の例文のような一文を書くとどうでしょうか(太文字)。

私は、幼少期から格闘技を見ることが大好きでした。大学入学を機に、少林寺拳法部に入部しました。「初めから否定することは簡単。無謀なことでも、1度挑戦してから判断しよう!」との思いがあったからです。

「何でもチャレンジできる子なのか!確かに努力を惜しまない強みだな!」と、”納得”してもらえるんです。

説得してもらえる文章は、「行動した理由・あなたの価値観」から生まれます。

(9割の就活生は、上記の文章を書かないから損してる!)

 

考え方としては、「なんで初心者なのに拳法部に入ったんだろう?」と自問してみました。

すると、「否定せず、まずは挑戦しよう!と思ったからだよな」と思いついたという流れです。

kae
「なぜあの時行動したんだろう?」と考えれば、強みの根拠を説得できるよ!

 

ポイント3.一文では1つのことだけを伝える

面接官は、忙しいのでダラダラ長い自己PRを読んでる暇はありません。

(読んでもらえても、意味がきちんと伝わらず評価されない…)

例えば、下記の例文を読んで、一発で意味を理解できますか?

【一文が長いダメな例文】

 

案の定、9割が経験者で私の技の習得が遅いことで練習が遅れ、悔し涙をこらえながら練習する日々でした。そこで脱初心者を目標に行動し増した。具体的には、①先輩の技を撮影し実践と②アドバイスを愚直にマネて自主練。これを1日1時間、3カ月継続した結果、3カ月後には経験者レベルに上達!

初めは思い通りにできず「どうせ自分はダメだ…」と思ってばかりでしたが、「甘えているから否定するんだ、300回挫折しても絶対乗り越える!」との思いで、挫折を何度も乗り越え継続したんです。

 

…私だったら、「何となくわかるけど、マジで読みづら…」とマイナス評価しちゃいます。

なので、下記の例文のように端的に伝えましょう。

【一文が端的な良い例文】

 

案の定、9割が経験者。私の技の習得が遅いことで練習が遅れ、悔し涙をこらえながら練習する日々でした。そこで脱初心者を目標に行動。①先輩の技を撮影し実践。②アドバイスを愚直にマネて自主練。これを1日1時間、3カ月継続しました。

結果、3カ月後には経験者レベルに上達!
初めは思い通りにできず「どうせ自分はダメだ…」と思ってばかり。しかし「甘えているから否定するんだ、300回挫折しても絶対乗り越える!」との思いで、挫折を何度も乗り越え継続したんです。

 

ポイントは、一文で1つのことしか伝えないことです。

たくさん伝えたくなる気持ちはわかります。

ですが、伝えても伝わらないと意味がありません。

体言止めや数字を使って、一文では1つのことだけを伝えるようにしましょう。

kae
自己PRを声に出して読んでみて、一文で息継ぎが必要なら長すぎると考えてね!

 

ポイント4.エピソードをイメージさせる言葉を使う

面接官の脳内に、あなたの自己PRをイメージさせれば勝ちです。

なぜなら、人はイメージすることで記憶に強く残るからです。

そして大抵の就活生は、イメージさせる自己PRを書いていないので、印象に残りません。

なので私は、下記の例文のようにイメージが沸く言葉を書くようにしています。

案の定、9割が経験者。私の技の習得が遅いことで練習が遅れ、悔し涙をこらえながら練習する日々でした。

泣きそうになりながら練習をする憲法部員を、自然とイメージしたのではないでしょうか。

(イメージさせて、面接官をあなたの自己PRに入り込ませるのさ!)

 

逆に、下記の例文だと全くイメージがつかないはずです。

案の定、9割が経験者。私の技の習得が遅いことで練習が遅れて、チームに迷惑をかけていました。

「本人が、どんな様子でどんな気持ちだったか?」を、イメージできない文章ですよね。

前者の例文のように、様子が伝わる文章を書いて自己PRに惹き込ませましょう。

kae
イメージが伝わる文章は、挫折したことじゃなくても嬉しかったことでも書くと良いよ!

 

ポイント5.強みを使い貢献できることを断言する

面接官は、常に「あなたに内定を出すか?出さないか?」を迷っています。

”常に”です。

そこで、「貴社で活躍できると思います!」といわれるとどう思いますか?

私だったら、「思う?そんなポテンシャルの低い人材いらないわ」と思っちゃいます。

第一志望の会社でも、断言して伝えないと熱意は伝わりません。

なので、下記の例文のように断言してください。

この様に努力を惜しまない強みを貴社で活かせば、結果にくらいつく人材になれますし。否定せずチャレンジし続け、毎日1mmずつでも成長ですることで貢献します!

本心では、「業務内容がわかんないし、何とも言えない」と思っても、必ず断言するんです。

kae
断言するだけで、他の就活生の2倍は熱意が伝わるからお得だよ!

 

5:たった3つの注意点で努力を惜しまない自己PRが評価UP!

注意点を知って、「知らないうちに、落とし穴にはまっていないか?」を確認しましょう。

注意点1.エピソードをあれもこれも詰め込まない

注意点2.面接官は努力できる強みを聞き飽きている

注意点3.行動した内容の羅列や説明は絶対NG

 

注意点1.エピソードをあれもこれも詰め込まない

努力を惜しまない強みをアピールしたいが故に、沢山エピソードを詰め込む人がいます。

(落ちがちな罠だけど、ムダだからやめようね…)

自己PRもガクチカもすべて、エピソードを深堀した方が伝わるんです。

2つ3つも得伝えると、1つに使える文字数が減りますよね。

文字数が減ると伝わる内容も減り、薄っぺらい文章になっちゃうんです。

 

例えば、下記の例文みたいな自己PRは絶対ダメ。

強みは努力を惜しまないことです。

私は大学入学を機に、少林寺拳法部に入部しました。しかし未経験のため、技の習得に時間がかかりチームの足を引っ張ることが多々…。そこから努力して練習し、未経験から3カ月で、経験者レベルに上達しました。

また、卒業論文も1年かけて製作したこともありますし。習い事のピアノでも、3年間で2回コンクールで優勝したこともあります。入社後も努力を惜しまない強みで貢献します!

「たくさん努力したんだろうな…でも、良さが全く伝わらない」と感じる自己PRですよね。

必ず、1つのエピソードだけを深堀するようにしましょう。

 

注意点2.面接官は努力できる強みを聞き飽きている

厳しいことを言いますが、面接官は「努力できます!」という言葉を聞き飽きています。

「じゃあ、どうすれば良いの?」と思うかもですが安心してください。

自己PRの作成法でも伝えた通り、強みを言い換えれば良いだけです。

言い換えたり、【】を使うことでキャッチーに伝えましょう。

 

例えば、下記の例文では【】と数字を使って言い換えています。

【例え300回挫折しても、乗り越えられる努力とチャレンジ精神】

上記の例文のように書けば、間接的に努力が強みだと伝えられますよね。

つまり、「またこの強みかよ…」と思われずに、努力を惜しまない強みを自己PRできるんです。

面接官は、努力できる強みを聞き飽きていることを念頭に、強みを考えてください。

 

注意点3.行動した内容の羅列や説明は絶対NG

行動や取り組み内容の羅列をしても、な~んにも伝わりません。

”文字数の無駄遣い”です。

例えば、下記の例文のような自己PRになっているなら注意です。

強みは、努力を惜しまないことです。

私は、幼少期から格闘技を見ることが大好きでした。大学入学を機に、少林寺拳法部に入部しました。案の定、9割が経験者。私の技の習得が遅いことで練習が遅れ、悔し涙をこらえながら練習する日々でした。

そこで脱初心者を目標に行動。①先輩の技を撮影し実践。②アドバイスを愚直にマネて自主練。これを1日1時間、3カ月継続しました。結果、3カ月後には経験者レベルに上達!
この様に努力を惜しまない強みを貴社でも活かします!

 

「なぜ入部しようと思ったか?」「取り組みで努力できた理由は?」「どんな思いで行動したの?」

といった、就活生の内面が伝わる文章が一切ありません。

内面が伝わらない自己PRは、100%落とされます。

面接官は、あなたの取り組んだことを知りたいのではなく、内面を知りたいので。

なので、行動の羅列ばかりの自己PRを書かないよう、注意しましょう。

kae
①エピソードを詰め込む・②努力の強みを聞き飽きている・③行動した内容の羅列、の3つに注意…。

 

努力を惜しまない強みで、自己PRを話す就活生は溢れかえっています。

だからこそ、そのままの強みをアピールしても埋もれてしまうんです。

取り組んだエピソードをたくさん書けば、評価される訳でもありません。

キャッチーな強みでインパクトを残し、必ず最後まで読ませる。

そして、あなたの内面が伝わるように、理由や価値観をたっぷり書くんです。

 

上記ができれば、高評価な努力を惜しまない自己PRの完成です。

作成法やポイントは、記事内でたくさん解説しています。

ぜひ何度も読み返して、少しずつ完成度の高い自己PRを目指してくださいね。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

友だち追加