この気配りが強みの自己PR例文で簡単に内定レベルの伝え方に!

kae
就活戦略(このサイト)運営者のKaeです!@y_shukatsu_y

 

【断言】最後まで読めば、気配りの自己PR例文を理解してあなたも書けるようになります!

 

簡単に「気配りの強みで自己PRを作成したい」ですよね。

そこで就活戦略では、気配りの自己PR例文や伝え方。

自己PR作成のポイントや気配りの言い換え例も解説します。

kae
気配りの自己PRってどんな風に作成すれば良いのか難しいよ…。
kae
大丈夫!この1記事で、評価UPのポイントや例文を解説するよ!

 

 

✔Kae(筆者)

私は、業界No.1企業に内定した18卒です。

公式LINE(無料)で対策法を配信し、959人を内定へと導いてきました。

(第一志望や、6社内定など多数)

こういった経験から、解説していきますね。

>>詳しいプロフィールを読む

 

1:この気配りが強みの自己PR例文で簡単に内定レベルの伝え方に!

 

例文1.アルバイトで気配りや思いやりを発揮した自己PR

 

例文2.細かいところに気がつく(気配り)強みの自己PR

 

例文1.アルバイトで気配りや思いやりを発揮した自己PR

(レストランのアルバイトで気配り力を発揮した例文で考えてみた!)

 

強みは「気配り力を活かして相手目線に立ち、最適解の提案で会社の利益UPに貢献できること」です。大学3年の時、大手チェーン店のレストランでアルバイトをしていた時にも発揮した強みです。

 

お店では「注文時に利益が出るデザートを2回は勧める」という暗黙のルールがありました。ですが私は「押し売りするとせっかくの楽しい気分が台無しでは?」「相手も自分も心地良い形で、お店の利益UPに貢献するにはどうすれば良いか?」と考えたのです。

 

具体駅に、2つの取り組みを開始。1.利益優先ではなく、お客さんが注文したメニューに合ったデザートを提案する。2.デザートを進めて頼んでくれたお客様を記憶し、次の来店時に必ずお礼を伝える。

 

この結果、20%もおすすめしたデザートを注文してくれるお客さんが増加!これは私が常に「自分ではなく相手優先で考える!ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&テイクくらい相手を思いやって行動する」ことを心がけているからです。

 

毎日お客さんと接する営業だからこそ、強みの「気配り力の高さ」を活かせば、お客さんの満足度が高く、会社にも利益を出せる提案が可能な存在になれます。そして1年目からお客さん目線で、最適解の提案をして会社の利益UPに貢献できる営業として活躍します!

 

(ポイントや伝え方は後述!)

 

 

補足:アルバイトがエピソードの自己PR例文を紹介

「気配りを発揮したエピソードで、アルバイトのことを使いたい」って人もいるはず。

なので、アルバイトの自己PR例文を解説した記事を紹介しておきます。

 

詳しくは、「真似るだけで高評価!新卒のアルバイトの自己PR例文5つを解説」をどうぞ。

 

 

例文2.細かいところに気がつく(気配り)強みの自己PR

 

私は「辛い状況の時こそ他人を思いやり、細かいところまで気がつくこと」が強みです。この強みによって、会社やチームが落ち込んでいる時に縁の下の力持ちとなり、業績UPに貢献できると思っています。

 

実際に、大学1年の時に、所属するバスケットボールサークルでも強みを発揮しました。夏の県大会のために2カ月間のきつい練習があったんです。サークルの割に部活並みに練習がきつく、ついてこれずに3分の1が辞めるほど…。

 

ですが私は「自分が辛い時こそ周りを気遣うことで、自分ひいてはチームの成長につながるはず!」と思っていたんです。そこで、2つの取り組みを徹底しました。1.きつい練習の時こそ率先して声を出し、士気を高める。2.精神的にきつそうなメンバーの悩みや愚痴相談を積極的に行い、メンタルケア。

 

これを2カ月継続し、目標だった県大会出場をすることができました。こういった取り組みができた理由は、「自分が苦しい時こそ周りを思いやることこそが、チームへの最大の貢献」だと思っていたからです。

 

志望する営業は辛いことの連続だと思います。ですが、常にチームやお客さんへの思いやりを第一に考えて行動することで、手ごわいお客さん相手でも結果を出せる営業として貢献します!

 

kae
紹介した例文を参考にして、気配りの強みを自己PRしよう!

 

 

とは言っても、何に気を付けて書けば良いかわからないはず。

なので次の章で、評価される自己PRの共通点を解説しますね。

 

 

2:評価される気配りが強みの自己PRは〇〇の共通点があった!

ズバリ、「どんな人間性かを自己PRできていること」です。

 

なぜなら、面接官は自己PRを通して「あなたの人柄」を判断するからです。

そのため、気配りの強みを通して「こんな性格ですよ!」とアピールできるほど評価されます。

(性格が伝わらない自己PRはマジでマイナス評価…!)

 

kae
評価される気配りの自己PRを書きたいなら、あなたの性格をたっぷりアピールしよう!

 

これを前提に、具体的な書き方のポイント3つを解説していきます。

 

 

3:気配りの自己PRでサクッと質が上がる3つのポイント【例文あり】

 

ポイント1.強みの気配り力を魅力的な言葉で言い換える

 

ポイント2.行動した理由からあなたの性格を伝える

 

ポイント3.気配りの強みを会社でどう応用するか伝える

 

 

ポイント1.強みの気配り力を魅力的な言葉で言い換える

なぜなら、「気配り」だけだと強みとして弱いからです。

そこで、「気配りの強みで、さらなるメリットがあるんですよ!」とアピールするんです。

(これだけで、魅力的な強みに変わる!)

 

さっき紹介した例文でも、こんな風に魅力的な言葉で言い換えています。

 

強みは「気配り力を活かして相手目線に立ち、最適解の提案で会社の利益UPに貢献できること」です。

 

→「気配りの強みを活かして、こんなメリットをもたらせるのか!」と強みの魅力度が増す!

 

ただ「気配りの高さが強みです」と伝えないようにしましょう。

(気配りの強みの言い換え例文は、後述!)

 

 

ポイント2.行動した理由からあなたの性格を伝える

さっきも伝えた通り、自己PRから伝わる性格を評価されています。

(あなたの性格が伝わらない自己PRは価値が0)

 

なので、この例文のようにたっぷり性格が伝わる文章を書いていきましょう。

 

ですが私は「押し売りするとせっかくの楽しい気分が台無しでは?」「相手も自分も心地良い形で、お店の利益UPに貢献するにはどうすれば良いか?」と考えたのです。

 

→「ちょっとした疑問も疑って試せる子なら、会社に入っても活躍してくれそう!」と好印象!

 

これは私が常に「自分ではなく相手優先で考える!ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&テイクくらい相手を思いやって行動する」ことを心がけているからです。

 

→「普段からこんな風に考えているのか!こんな気配りができること働きたい!」と高評価!

 

「なぜその行動をしたのか?」と考えると簡単に書けるようになりますよ。

 

 

ポイント3.気配りの強みを会社でどう応用するか伝える

強みの活かし方が具体的に伝わるほど、熱意も伝わり評価が上がります。

面接官も、志望度の高い就活生を採用したいですからね。

 

この例文のように、書けばOKです。

 

毎日お客さんと接する営業だからこそ、強みの「気配り力の高さ」を活かせば、お客さんの満足度が高く、会社にも利益を出せる提案が可能な存在になれます。そして1年目からお客さん目線で、最適解の提案をして会社の利益UPに貢献できる営業として活躍します!

 

→「こんな熱い思いがある子なら、次の選考にも呼んでもっと話がしたい!」と評価UP!

 

kae
3つのポイントを1つでも良いから使って、気配りが強みの自己PRを書いてね!

 

 

4:5ステップでカンタン!気配りの自己PRの作成法

 

ステップ1.できごとの背景を書く

 

ステップ2.印象に残っていることと感情を書く

 

ステップ3.取り組みと感情を書く

 

ステップ4.結果と感情を書く

 

ステップ5.発揮した強みを書く

 

具体的には「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」で解説しています。

 

kae
この5ステップで自己PRを書けば、「書けない…」って人でも簡単に書けるようになるよ!

 

 

5:もっと自己PRの評価を上げる!強みの気配りの言い換え例文とは

では、気配りの強みの言い換え例文を紹介します。

 

協調性の高さを活かして、チームで1つの目標に向かって突き進んでサポート役として活躍できる。気配り力を活かして相手目線に立ち、最適解の提案で会社の利益UPに貢献できる。

 

相手も自分も心地良い形で、お店の利益UPのために思考錯誤できる。自分ではなく相手優先で考え、ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&テイクくらい相手を思いやって行動できる。

 

1年目からお客さん目線で、最適解の提案をして会社の利益UPに貢献できる営業として活躍できる。辛い状況の時こそ他人を思いやり、細かいところまで気がつける。

 

会社やチームが落ち込んでいる時に縁の下の力持ちとなり、業績UPに貢献できる。自分が辛い時こそ周りを気遣うことで、自分ひいてはチームの成長につながるとポジティブに考えられる。

 

自分が苦しい時こそ周りを思いやることで、周りに還元できる。お客さんへの思いやりを第一に考えて行動することで、手ごわいお客さん相手でも結果を出せる営業として活躍できる。…etc。

 

(ポイントは、強みをさらに魅力手に伝えること!)

 

kae
気配りの言い換え例文を参考に、魅力的な強みを考えてみてね!

 

 

6:警告!気配りを自己PRするときのNG例文と注意点を知らないと損

ダメな気配りの自己PRにならないためにも、NG例文と注意点を紹介します。

 

私は「辛い状況の時こそ他人を思いやり、細かいところまで気がつくこと」が強みです。実際に、大学1年の時に、所属するバスケットボールサークルでも強みを発揮しました。夏の県大会のために2カ月間のきつい練習があったんです。

 

サークルの割に部活並みに練習がきつく、ついてこれずに3分の1が辞めるほど…。そこで、2つの取り組みを徹底しました。1.きつい練習の時こそ率先して声を出し、士気を高める。

 

2.精神的にきつそうなメンバーの悩みや愚痴相談を積極的に行い、メンタルケア。これを2カ月継続し、目標だった県大会出場をすることができました。結果を出せる営業として貢献します!

 

「なぜNG例文なのか?」わかりましたか?

 

NG例文の特徴1.性格が伝わる文章が書かれていない

 

NG例文の特徴2.気配りの会社ので活かし方が書かれていない

 

 

NG例文の特徴1.性格が伝わる文章が書かれていない

取り組んだことしか書かれておらず、書き手の人柄がわかりませんよね。

何度も伝えている通り、性格の伝わらない自己PRは無価値です。

 

 

NG例文の特徴2.気配りの会社ので活かし方が書かれていない

具体的な強みの書き方がないほど、「志望度が低い」と思われてしまいます。

熱意の高さをPRするためにも、「気配りをどう活かすか?」を書きましょう。

 

kae
多くの就活生が、NG例文のような自己PRになりがちだから気を付けてね…。

 

 

7:この5つの対策法で第一志望・納得内定ができる!【無料で伝授】

自己PRが評価されても、「ある5つの戦略」を知らないままだと内定できません。

 

この5つの戦略を知らない人の大半が…。

「自己PRは書けたけど、本当にこれで内定できるのか不安」

「友達はインターンに参加したり内定をもらってるのに、自分だけまだ…」

といった状態になっているんです。

 

実際、この5つの戦略を知って就活をした学生は。

自己PRや志望動機、面接などの苦手意識が0になっているんですよね。

結果、内定倍率400倍以上の会社を含む、6社に複数内定をしたり。

面接が超苦手だったのに、立て続けに2社の内定!など多数の理想を実現しています。

 

ちなみに私も、200文字の自己PRすら書けない状態から、この対策で業界No.1企業に内定済みです。

(他にも、複数内定・第一志望内定などの就活生が多数)

 

そこで…。

 

 

無料!「5つの就活戦略セミナー」がおすすめ!

自己PRやガクチカ、志望動機が「書けない、自信0」を100%解決し、不安を0に!

その結果、第一志望・納得内定を獲得できる5つのセミナーをプレゼントしてます。

(現在、1000人以上が受け取り済み!)


無料でセミナーを受け取れますし、不要になればすぐに解除もできます。

友達追加は下記からどうぞ。

 

友だち追加

無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。

>>もっと詳しい公式LINEと電子書籍の内容を知る

 

毎年、「もっと早く知りたかった!」と好評なので損はさせません。

kae
自己PR以上に、5つの対策法で選考突破力をつける方が大切だよ!

 

 

という訳で、「気配りの自己PR例文」を徹底解説しました!

特に重要なのは、あなたの人柄をしっかり伝えることです。

そうすれば、魅力的な気配りの自己PR文が書けるようになりますよ。

 

 

この記事を読んだ人は「これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】」も読んでいます。

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。