Kae:1カ月で業界1位の大手に内定

【新卒向け】ホテル業界志望は必見!自己PR作成法・注意点3つ

友だち追加

kae

こんにちは、Kaeです!

強みや凄い実績がない人向けに、私が業界1位の大手に内定した対策法すべてを発信しています!

 

今回は、「【新卒向け】ホテル業界志望は必見!自己PR作成法・注意点3つ」を解説します。

この1記事で、確実にホテル業界に内定できる自己PRが書ける内容です。

 

▼誰しも自己PRで一度は悩んだことがありますよね?

・「もうすぐES提出があるけど、ホテル業界はどんな自己PRが好印象かわからない」

・「新卒でホテル業界に入社するために、高評価な自己PR例文がしりたい!」

・「未経験からホテル業界に内定したいけど、ESや面接で落ちた経験があって不安…」

kae
実際私も、200文字の自己PRすら2週間かかったタイプだからすごくわかる…。

 

この記事で伝えるノウハウを1つでも知らなかったら、今後の就活で確実に詰みます…。

①企業が求めない強みを自己PRするのはNG…

②協調性や共感能力がないと思われる自己PRは落ちる

③あなたの”あること”が伝わらない自己PRは低評価

④自己PRに凄さや実績は必要ない!

⑤自己PRは〇〇にこだわらないと魅力が半減する

⑥強みの活かし方を志望職種と絡めて伝えるべし

もし上記を1つでも知らなかったなら、この記事を読む価値があります。

 

今回紹介するのは、私の就活経験や1266人以上の就活生を指導し内定してきた中で習得した内容です。

もちろんこれだけではありませんが、これらを習得した結果私は下記の実績を出しています。

自己pr ホテル

こういった過程で、評価され内定できる自己PRを完璧に習得してきました。

 

もしあなたが、「ホテル業界のESや面接を通過できる、自己PRを書きたい」「就活で失敗しないために、新卒の未経験でも内定したい」

「高評価な例文を見て自己PRを書き、内定したい!」「憧れのホテル業界に内定して、周りを見返したい!」

と思っているのであれば、必ず役立つ内容なのでぜひ最後まで読んでください。

kae
記事後半では、第一志望・納得内定するための対策法6つも無料でプレゼントしてるよ!

 

【必読記事:まだ就活を何も対策してないなら】

 

>>【時期別で解説】大学3年で就活何もしてないならすべき対策15

 

【もくじ】

1:ホテル業界が求める就活生の人物像は?【高評価な強み】

自己pr ホテル

正直、どんな強みや自己PRなら、評価が高くなるか疑問ですよね?

実際私も、強みの伝え方に何日も悩んだ経験があるので分かります。

ですが、評価される強みを知らないと自己PRで100%を詰むだけ…。

実際に、業界1位の大手に内定した私が解説します。

 

ホテル業界が求める就活生の人物像がコレだ!

自己pr ホテル

(引用:高等教育に関するアンケート)

つまり、主体的に考えて、問題を解決する行動力がある人を求めています。

他にも、協調性やチームワークがある人材を求めるとわかりますね。

(実際私が就活してた時も、行動力の強みは評価が高かった!)

 

なので、ホテル業界を志望するなら、こういった強みと絡めて自己PRしましょう。

特に、行動力と主体性、課題設定や解決能力がおすすめです。

 

そもそも未経験の新卒でもホテル業界から内定をもらえるか?

結論、未経験の新卒でも内定はもらえます。

なぜなら、私が指導した新卒の就活生で内定している人がいるからです。

事実、就活生は実績は求められないので大丈夫ですよ。

これから伝える自己PR作成方法を実践すれば、確実に内定に近づけます。

kae
紹介した企業が求める強みが伝わる自己PRをすれば、ホテル業界の面接官に高評価間違いなし!

 

2:【新卒向け】ホテル業界志望者におすすめ!自己PR作成法

自己pr ホテル

誰しも、「どうやって自己PRを書けばいいの?」と疑問ですよね?

ですが、自己PRがしょぼいと内定どころか、ESすら通過ら不可能…。

そこで、5ステップ作成方法を伝授します。

私が指導した結果、400倍率や大手を含む6社に内定した人もいる内容です。

 

結論、この5つの順番で作成すればOK。

自己pr ホテル

 

【必読記事:高評価な自己PRを書きたいなら】

 

>>一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】

 

ホテル業界の自己PR作成法①:強みとベネフィットを書く

まず、強みを書くのは自己PRの基本です。

これができないだけで、「読みにくいな…」と思われてシュレッダーにかけられることもあるほど…。

 

特に、ベネフィットを書くことも大事です。

(ベネフィットとは:強みを活かしてどう貢献するか)

これがない自己PRと、ある自己PRでは通過率は雲泥の差です。

 

【例文】

 

×:強みは、「どんな状況でも自ら動ける行動力」です。

○:強みは、「どんな状況でも自ら動ける行動力」です。お客様に喜んでもらえる接客を、主体的にできるホテルマンとして活躍します。(①強みとベネフィットを書く)

 

実際この書き方をした就活生から、「1週間でESがバンバン通過するようになりました!」と連絡が来るほどです。

まず初めに、強みとベネフィットを書きましょう。

 

自己PRの評価は、9割が書き出し方で決まると思っていいレベルです。

 

【必読記事:書き出しで面接官の心を掴むなら】

>>【書き出しで9割決まる】一行目がしょぼい新卒の自己PRはNG

 

ホテル業界の自己PR作成法②:エピソード背景を伝える

エピソード背景として、端的に自己PRの背景を伝えましょう。

背景が伝わらない自己PRは、主語のない会話と同じです。

状況が伝わらず、理解できないので低評価になるだけですよ。

 

【例文】

 

実際、大学から始めたボランティアでも発揮した強みです。人の役に立つことがしたいと思い、ボランティアを始めました。(②エピソード背景を伝える)

 

添削していると、詳細に長く書く人がいますがNGです。

伝えるべき1番の部分は、背景ではないので。

後述しますが、強みとは内面が伝わる部分が1番大事ですよ。

例文のように、エピソード背景を伝えましょう。

 

ホテル業界の自己PR作成法③:強みの根拠を書く

強みの根拠とは、取り組んだ内容や行動、結果などです。

できるだけ細く、長くなりすぎず書くのがコツ。

強みの根拠が薄いと、説得力がない自己PRになりマイナス評価です。

 

【例文】

 

マラソンの給水サポートや街の清掃など、幅広く活動しています。特に客観視した行動で、「どうしたら人の役に立つ行動ができるか?」の考えを大切に行動。結果、ボランティアや地域の方から多くのありがとうをいただける活動ができています。(③強みの根拠を書く)

 

数字を書けるなら書いたほうが説得できますし。

行動した理由を「」をつけて書くと、臨場感が出て評価されますよ。

例文のように、強みの根拠を書きましょう。

 

ホテル業界の自己PR作成法④:ポテンシャルを伝える

ポテンシャルとは、あなたの内面や感情が伝わる文章のことです。

自己PRで1番伝えるべき、重要な部分なので絶対に必要。

 

実際、いろんな企業が「就活生の人柄を評価している!」と断言しています。

自己pr ホテル

(引用:リクルート)

 

ポテンシャルの文章がない自己PRは、面接官の心に響きません…。

例えるなら、初対面の人から急に「付き合って!」と理由もなく告白されるようなもの。

 

【例文】

 

このように私は、「一度きりの人生だからこそ、自分のためはもちろん。誰かのためになる生き方がしたい!」との思いを大切にしているんです。(④ポテンシャルを伝える)

 

なので、ポテンシャルが伝わる場所を必ず書きましょう。

 

ホテル業界の自己PR作成法⑤:強みの活かし方と熱意を書く

強みの活かし方と熱意が書かれていない自己PRは、魅力が半減します…。

想像してみて欲しいのですが、あなたが面接官ならこの例文を読んでどう思いますか?

 

【例文】

 

×:入社後もがんばります。

○:入社後はホテルマンとしてこの経験を活かし、思いやりとボランティア精神があふれる接客で、貢献します。(⑤強みの活かし方と熱意を書く)

 

前者の書き方だと、熱意も感じませんし。

「本当に入社後のことを考えているのか?」と、疑問を感じる自己PRになっています。

一方後者は、具体的な熱意と志望度が伝わるのでかなり高評価。

例文のように、強みの活かし方と熱意を書きましょう。

 

意外と知られてませんが、自己PRの締め方は超重要です。

 

【必読記事:面接に呼ばせる自己PRを書くなら】

 

>>【皆できてない】自己PRの締め方・終わり方はこの2つが大事!

 

1266人が実践!強み0でも大手に内定した6つの対策法【無料】

書き方などを解説してきましたが、この自己PRで内定できるかまだ不安ですよね?

実際、書けた気になっててもNGな自己PRを書いてる就活生は多い…。

そこで、私がおすすめしてるのが公式LINE(無料)です。

 

▼こういった内容が知れるので、自己PRの質も上がるし内定にめっちゃ近づけます。

期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

 

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

\すでに1266人以上の就活生が登録中!/自己pr ホテル▲タップで詳細が知れるページに飛びます。

kae
10秒で友達追加できるし、不要になったら1タップで解除できるから損はしないよ!

 

3:注意点3つ!ホテル業界の自己PRで絶対にNGなことを伝授

自己pr ホテル

もし、「内定者の例文を見て自己PRを書けば、評価されるでしょ!」と思っているなら要注意…。

意外と、内定者の自己PR例文でも、NGな書き方をしてることがあるんです。

自己PRの評価を落とさないためにも、注意点3つを紹介。

私がアドバイスした結果、2ヶ月後には2社に内定し、納得内定を掴んだ人もいる内容です。

 

注意点1.企業が求めない強みを自己PRするのはNG

なぜなら、冒頭で伝えたように、企業が求める強みは明確に存在するからです。

また、ホームページを見ればどんな人材を求めているかがすぐにわかります。

だからこそ、ホテル業界のその企業が求める強みを自己PRしないと、ただただ損…。

 

実際、見当違いな強みを自己PRする人もいます。

その結果、就活後半に私に「一次面接すら通過できません…どうしたらいいですか?」と相談が来ることもあるんです。

そうならないためにも、企業が求めない強自己PRするのはのはNGです。

 

注意点2.協調性や共感能力がないと思われる自己PRはNG

なぜなら、ホテル業界で働くために必須のスキルだからです。

おもてなしをするためには、協調性や共感能力がないとできませんよね?

 

もちろん、絶対その強みを自己PRしないとわからないわけではありません。

ですが、「協調性や共感能力がない子だな」と伝われば、一発アウト。

(どんな自己PRがアウトかは後述するので、読み進めてね!)

なので、協調性や共感能力がないと思われる自己PRはNGです。

 

注意点3.あなたの内面や行動理由が伝わらない自己PRはNG

なぜなら、さっき伝えたように、内面を見て内定を出すかどうか決めるからです。

苦手な性格や嫌いな人、友達になりたくないのと同じです。

「この子なら一緒に働きたい!」「将来活躍してくれそう」と思われないと内定は出ません。

 

添削していても、この部分を伝えられていない就活生が本当に多い!

少しアドバイスをするだけで、質が上がって1ヵ月後には内定をもらってくるなんてこともザラです。

なので内面や行動理由が伝わらない自己PRは、NGです。

kae
ここまで読んでいる優秀なあなたなら、3つの注意点を実践すれば良い自己PRになるはず!

 

4:こんな自己PRだと絶対にホテル業界内定はムリ…NG例文3つ

自己pr ホテル

「3つの注意点に気をつけて、自己PRを書けばいいんでしょ!」と思ったなら甘いです。

実際のNG例文を知らないと、無意識にに落ちる自己PRを書く人もいるので…。

実際、就活を始めた頃の私は、ダメな自己PRでインターンに3社落ちたこともあります。

 

NG例文1.企業が求めない強みを自己PRしている

 

強みは、「誰にも負けない奇抜な発想力」です。(企業が求めない強みを自己PRしているのでNG)

実際、大学で参加した起業アイデアコンテストでも発揮した強みです。

地域の農家さんの売上UPになるための案を発表。その結果、参加者50名の中から最優秀賞をいただき表彰されました。

入社後はホテルマンとしてこの経験のように、奇抜な発想力を活かした接客で、お客様を楽しませます。(企業が求めない強みを自己PRしているのでNG)

 

これは、ホテル業界が求めない強みなのでNGです。

「誰にも負けない奇抜な発想力」って、ホテル業界であまり必要なきですよね?

 

もちろん、絶対に評価されないわけではありません。

ですがホテル業界よりは、エンタメ系の業界の方が評価される自己PRです。

ホテル業界が求める強みで、自己PRしましょう。

 

NG例文2.協調性や共感能力がないと思われる自己PR

 

強みは、「一度決めたことは反対されても曲げない行動力」です。思い立ったら即行動で、貴社の売上UPに貢献します。

実際、大学で所属するダンスサークルでも発揮しました。振り付け担当として指導する立場だった3年の頃、大会優勝を目指して新しい振付の挑戦を提案。

しかし、全部員が反対…。それでも意見を曲げず、強引に押し通しました。3カ月間猛特訓した結果、大会では優勝を果たしました。

このように貴社でも頑張ります!(協調性や共感能力がないと思われる自己PRなのでNG)

 

読んでわかるように、「協調性や共感能力がないんだなぁ…」と伝わります。

ホテル業界で、この強みがないと勤めるのは不可能です。

協調性や評価能力がないと思われるエピソードは避けましょう。

 

NG例文3.あなたの内面や行動理由が伝わらない自己PR

 

強みの「獲物を狙うハイエナのような観察力」です。

実際、趣味の散歩で培った強みです。毎日30分、近所を散歩することが趣味なのですが、日々新しい発見があります。蕾だった花が咲いていたり、雲の流れの速さや、鳥のさえずりなど。

結果今で、友達から「Kaeは色んな人の表情や感情をよく見れているよね」と褒められることも多いです。

貴社でもこの強みで、1人でも多くの笑顔で溢れるように、ホテルレストランに欠かせない人材として貢献します!(あなたの内面や行動理由が伝わらない自己PRなのでNG)

 

なぜダメなのかわかりましたか?

1番伝えるべき、あなたの内面や行動理由がない自己PRだからです。

 

何度も伝えているように、あなたの人柄が伝わらない自己PRを評価されません…。

これは、ホテル業界だろうがどの業界の自己PRでも必須です。

面接官が1番知りたいことなので、内面が伝わる自己PRを書きましょう。

kae
ここまで真剣に読んでるあなたなら、NG例文のような自己PRを書かなくて済むはず!

 

5:ホテル業界に内定する就活生は実践済み!自己PRポイント3つ

自己pr ホテル

では、どんなポイントに気をつけて自己PRすればいいと思いますか?

これを知らないと、ホテル業界に内定はできないです…。

ちなみに、私がこれを就活生に指導した結果、3ヶ月後には、4社5社と内定をもらった人もいます。

 

 

ポイント1.自己PRに凄さや実績は必要ない

よく、「凄い実績がなすて自己PRが書けないです…」と相談を受けます。

ですが、自己PRに実績や凄さは不要です。

なぜなら、さっき伝えたように、具体的な強みと内面さえ伝われば評価されるから。

 

実際、この内容をアドバイスするだけで、「すらすら自己PRが書けるようになりました!」との連絡を多くもらってます。

なので、自己PRに凄さや実績が必要だと思わなくて良いですよ。

 

ポイント2.自己PRの書き出しと締め方を徹底的にこだわる

なぜなら、ホテル業界に内定したいなら1番重要な部分だから。

 

ホテル業界は、志望者が多いので倍率も高いです。

だからこそ、書き出し方や締め方がしょぼいと、印象に残らずESで埋もれてしまいます…。

例えるなら、第一印象が汚らしい人と仲良くなりたいと思わないのと同じ。

 

また、前半の書き出しがなくても、後半を読むにつれて内容は忘れるものです。

なので、締め方にこだわって印象づけることが大切です。

こういった理由から、自己PRの書き出し方や締め方がポイントになります。

(具体的な書き方や例文は、後述するので読み進めてね!)

 

 

ポイント3.強みの活かし方を志望職種と絡めて伝える

なぜなら、強みの活かし方と志望職種を絡めるだけで、説得力が20倍に跳ね上がるからです。

例えば、この例文を読んでどっちを面接に呼びたいですか?

 

【例文】

 

・入社後もがんばります!

・このように貴社でも、人一倍思いやりの心で接客します。そして、「Kaeさんがいるからまたこのホテルに来たい!」と言われるホテルマンとして活躍します!

 

圧倒的に後者の方が、具体性があるので熱意が伝わります。

ホテル業界に内定したいなら、必須でやるべきことですよ。

例文のように、強みと志望職種を絡めて自己PRしましょう。

kae
紹介した3つのポイントを実践すれば、ホテル業界への内定率も上がること間違いなし!

 

6:確実に高評価!ESや面接の通過率がUPする自己PR例文3選

自己pr ホテル

「どんな自己PRを書けばいいか、値段が知りたい」と思いますよね?

高評価な例文を知らないと、ホテル業界への内では厳しいです…。

実際私は、これまで1200人以上を指導し、複数社や大手に内定させてきましたし。

自己PRやESを添削した結果、3社4社など内定を取る就活生が増えた内容を伝授します。

 

例文1.ホテル業界志望の自己PR【ホテルマン】

 

強みは、「どんな状況でも自ら動ける行動力」です。お客様に喜んでもらえる接客を、主体的にできるホテルマンとして活躍します。(①強みとベネフィットを書く)

実際、大学から始めたボランティアでも発揮した強みです。人の役に立つことがしたいと思い、ボランティアを始めました。(②エピソード背景を伝える)

マラソンの給水サポートや街の清掃など、幅広く活動しています。特に客観視した行動で、「どうしたら人の役に立つ行動ができるか?」の考えを大切に行動。結果、ボランティアや地域の方から多くのありがとうをいただける活動ができています。(③強みの根拠を書く)

このように私は、「一度きりの人生だからこそ、自分のためはもちろん。誰かのためになる生き方がしたい!」との思いを大切にしているんです。(④ポテンシャルを伝える)

入社後はホテルマンとしてこの経験を活かし、思いやりとボランティア精神があふれる接客で、貢献します。(⑤強みの活かし方と熱意を書く)

 

主体性や行動力が伝わる強みで、自己PRを考えてみました。

ポイントでも伝えたように、具体的な強みと活かし方を伝えて、面接官の心を掴む書き出し方ができています。

 

特に、行動力はホテル業界はもちろん、どの業界でも評価される強みなのでオススメ。

さらに、ポテンシャルが伝わる文章を書き、内面が伝わる自己PRになっています。

 

 

例文2.ホテル業界志望の自己PR【ホテルフロント(未経験)】

 

強みは、「自分の利益を度外視で、他人のために行動できる思いやり」です。入社後は誰よりも思いやり溢れる接客で、「絶対にまた来たい!」と思ってもらえるホテルフロントとして貢献します。(①強みとベネフィットを書く)

実際、大学で所属するダンスサークルでも発揮しました。ダンスの振り付け担当として指導する立場だった3年の頃、未経験の1年生が入部してきたんです。しかし、まったく練習についていけず悩んでいることを発見。(②エピソード背景を伝える)

そこで、3カ月間毎日、私のアルバイトや友達と遊ぶ時間を削り特訓。授業の空き時間に1時間は練習に付き合ったり。休みの日はZOOMを使って、基礎的なダンスの特訓を繰り返しました。結果、今では大会でも入賞するレベルになっています。(③強みの根拠を書く)

「自分の時間を犠牲にしてでも、思いやりの心を持ちなさい」との母の教えを大切にしているからです。(④ポテンシャルを伝える)

このように貴社でも、人一倍思いやりの心で接客します。そして、「Kaeさんがいるからまたこのホテルに来たい!」と言われるように、尽力します。(⑤強みの活かし方と熱意を書く)

 

思いやりの強みで自己PRしてみました。

「新卒の未経験でも、ホテル業界内定できるか?」と疑問を感じる人も多いですよね?

なので、未経験の人でも書けるないようにしてみました。

特に、思いやり今ある行動ができる人は、ホテル業界で必須の人材として高評価ですよ。

 

【関連記事:思いやりの強みで自己PRするなら】

 

>>その思いやりの自己PRで大丈夫?コツ3つ【NG例文・注意点】

 

例文3.ホテル業界志望の自己PR【ホテルレストラン】

 

強みの「獲物を狙うハイエナのような観察力」で、誰よりも心地良い接客ができる人材になります。(①強みとベネフィットを書く)

実際、趣味の散歩で培った強みです。毎日30分、近所を散歩することが趣味なのですが、日々新しい発見があります。蕾だった花が咲いていたり、雲の流れの速さや、鳥のさえずりなど。(②エピソード背景を伝える)

些細な変化に目を向けることで、皆が見逃してしまう小さな幸せを見つける観察力が付いたんです。実際、友達からもよく「Kaeは色んな人の表情や感情をよく見れているよね」と褒められることも多いです。(③強みの根拠を書く)

このように「些細な人の気持ちやモノの変化に気付くことこそが、相手の気持ちに寄り添う第一歩」と思い、大切にしています。(④ポテンシャルを伝える)

貴社でもこの強みで、1人でも多くの笑顔で溢れるように、ホテルレストランに欠かせない人材として貢献します!(⑤強みの活かし方と熱意を書く)

 

ホテル業界に欠かせない、観察力の強みで自己PRを書いてみました。

特に、ホテルレストランの熱意が伝わる締め方にこだわりました。

「ホテルレストランに欠かせない人材として貢献します」と書くことで、グッと熱意が伝わりますよね。

こんなふうに、志望職種と絡めて伝えるのがポイントですよ。

 

【関連記事:観察力の強みで自己PRするなら】

 

>>こう伝えれば評価UPの観察力や洞察力の自己PRになる!例2つ

 

kae
私が紹介した例文を参考に、自己PRを書けばホテル業界の内定に近づくよ!

 

7:高評価な自己PRでホテル業界に内定したいなあなたへ

自己pr ホテル

この記事を読んでいる方は、「絶対ホテル業界に内定した!」と熱い思いがあるはず。

だからこそ、真剣にこの記事を読んでくれているんだと思います。

そういう行動力がある人ほど、就活では良い結果が出るんですよね。

(実際、2000人近くの就活生を見てきたからこそわかる)

 

なので、この記事を何度も読んで質の高い自己PRを作ってみてください。

ちょっとのことで諦める人ではないと思うので、行動し続ければ必ず良い結果になると信じてます。

kae
では、復習の前に少しお知らせがあるから、最後まで読んでね!

 

8:第一志望・納得内定できる6つの対策動画をプレゼント

自己pr ホテル

公式LINEでは、私がインターンに3社連続で落ち、模擬面接すらダメ出しの嵐で、強み0・200文字の自己PRや志望動機すら書けない状態から…。

・1カ月で業界1位の大手に内定した方法。

・1200人以上が6社の複数内定・倍率400倍、大手、難関企業などに内定した方法。

・やりたいことを見つけて5社6社と複数内定できる対策法。

・対策を万全にして内定できない不安が0の状態で、第一志望・納得内定できる環境。

上記を無料で提供しています。

 

▼実際にこの対策法を実践した私や他の就活生は、下記の実績を出しています。

自己pr ホテル

もしかするとあなたは、「凄い強みやエピソードがなく、自己PRや志望動機に自信がない」「漠然とした不安や焦りがある」

「ESや面接に落ちてばかりで内定できるか不安…」「志望業界や企業が見つからない」「就活に出遅れた…」と思っていませんか?

 

強みや凄い実績がなくてもESや面接を通過できる実力をつけて内定し。

「なりたい自分」を実現したいなら下記から公式LINEを友達追加しておいてください。

 

また、期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

 

\すでに1266人以上の就活生が登録中!/自己pr ホテル▲タップで詳細が知れるページに移動します。

kae
無料で登録してプレゼントが受け取れるし、不要ならすぐ解除できるよ!

 

まとめ:

 

【この記事のまとめ】

・企業が求めない強みを自己PRするのはNG

・協調性や共感能力がないと思われる自己PRはNG

・あなたの内面や行動理由が伝わらない自己PRはNG

・自己PRに凄さや実績は必要ない

・自己PRの書き出しと締め方を徹底的にこだわる

・強みの活かし方を志望職種と絡めて伝える

 

kae
では、最後まで読んでいただきありがとうございました!
他の就活生は「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方・プログラミング」も読んで、さらに実力を付けています。

友だち追加