Kae:1カ月で業界1位の大手に内定

こう伝えれば評価UPの観察力や洞察力の自己PRになる!例2つ

kae

こんにちは、Kaeです!

このサイトでは強みや凄い実績がない人向けに、私が業界1位の大手に内定した対策法すべてを発信しています!

 

今回は、「こう伝えれば評価UPの観察力や洞察力の自己PRになる!例2つ」を解説します。

これ1記事で内定レベルの自己PRが書けるようになる内容です。

 

▼誰しも、観察力や洞察力の自己PRで一度は悩んだことがありますよね?

・「観察力や洞察力を自己PRしたいけど、使える強みなのかわからない」

・「そもそも観察力や洞察力の意味って何?」

・「自己PRの書き方がわからなくて時間だけが過ぎてく…」

kae
私も200文字の自己PR作成に2週間かかったタイプだから、凄く共感する…。

 

これから伝える本質を1つでも知らなかったら、今後の就活で確実に詰みます…。

今回の記事で紹介するのは、私の就活時代の経験や1266人以上の就活生を指導し内定してきた中で習得した内容です。

もちろんこれだけではありませんが、これらを習得した結果私は下記の実績を出しています。

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

こういった過程で、評価され内定できる自己PRを完璧に習得してきました。

 

もしあなたが、「評価される観察力や洞察力の自己PRで選考と通過したい!」

「観察力や洞察力の意味を理解して、自分に合った自己PRを書きたい!」

「簡単に内定レベルの自己PRを作成できるようになりたい!」と思っているのであれば、必ず役立つ内容なのでぜひ最後まで読んでください。

kae
記事後半では、第一志望・納得内定するための対策法6つも無料でプレゼントしてるよ!

 

読んでおかないと損!「【書き出しで9割決まる】一行目がしょぼい新卒の自己PRはNG

 

1:こんな強みを企業は求めてる!【観察力・洞察力の自己PR】

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

もしかするとあなたは、「観察力や洞察力って自己PRできないんじゃ?」と思ってませんか?

実際、企業が求める強みではないのであなたの自己PRは評価されません…。

というのも、企業は”行動力”や”解決能力”がある就活生を求めています。

(観察力や洞察力だと、行動力や解決能力をアピールできてない…)

 

そこで、企業が求める3つの強みを紹介します!

この3つと絡めた強みを伝えれば、観察力や洞察力の強みも評価されるというわけです。

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

【企業が求める強み3つ】

・主体性

・行動力

・課題設定、解決能力

(引用:高等教育に関するアンケート結果

 

つまり、自らの頭で考えて課題を設定し、解決できる行動力を求められてます。

なので、それらと組み合わせて伝えれば良いだけ。

 

これは、実際に企業が「こんな人材が欲しい!」と答えた結果なので、参考にしないと損ですよ。

(私も就活生の時、この強み3つを知りたかったぁ…!)

kae
観察力や洞察力を使って、主体的に行動したり解決したことがアピールできる強みを考えよう!

 

あなたは観察力や洞察力の意味を説明できますか?

ちなみに、これが観察力と洞察力の意味です。

【観察力と洞察力の意味】

・観察力:細かく観察し、細かな物事に気付くこと(目に見える部分)。

・洞察力:物事の状況や原因を見極めたり推察すること(目に見えない部分)。

 

もしあなたが、容姿などの変化に敏感なら観察力が高いですし。

問題の本質を理解することなどが得意なら、洞察力が高いことになります。

 

【観察力や洞察力が高い例】

例:友達の様子がいつもより落ち込んでいる時にすぐ気づける

→観察力が高い!

 

例:なぜ友達が落ち込んでいるのか考えて解決策を出せる

→洞察力が高い!

kae
こんな風に、若干観察力と洞察力の意味が違うから、あなたに合う方を選んで自己PRしよう!

 

2:自己PRが書けない悩みはもうお終い!簡単な作成法5ステップ

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

「強みは決まってるのに、自己PRの書き方がわからない…」と悩んでるのではないでしょうか?

自己PRは必ず聞かれる質問なので、質が低いと絶対内定は不可能…。

そこで私がおすすめしているのが、この5ステップで作成する方法です。

 

【自己PR5ステップ作成法】

ステップ1.過去のできごとを洗い出す

ステップ2.順位付けで1~3位を決める

ステップ3.エピソードを深堀する

ステップ4.深堀結果を型にあてはめる

ステップ5.ブラッシュアップする

 

私は就活生の時、200文字の自己PRすら書けずあ不安で毎日泣いてました…。

そこからこの方法を見つけて実践した結果、自己PRが書けるようになったんですよね。

結果、業界1位の大手に内定することもできました。

この作成法は「一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】」で解説しています。

kae
この記事を読んでるあなたは優秀だから、5ステップ作成法を使えばすぐ自己PRが完成するはず!

 

1266人が登録中!理想の内定に近づく公式LINE【無料】

期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

 

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

\すでに1266人以上の就活生が登録中!/
自己pr 観察力 自己pr 洞察力
▲タップで詳細が知れるページに飛びます。

kae
10秒で友達追加できるし、不要になったら1タップで解除できるから損はしないよ!

 

3:どうすれば高評価な観察力や洞察力の自己PRが書ける?【例文】

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

「自己PRの例文を参考にしたい」と思うはずなので解説します。

正直、どのサイトも凄いエピソード過ぎたり、内容が薄くて参考にならない例文ばかりですよね?

私が就活してた時も、参考になる例文が少なくてかなり困ったのでわかります。

だからこそ私は、強みや凄い実績がなくてもすぐマネできる例文を紹介しますね!

kae
もっとあなたの自己PRが良くなるように、まずNG例文を紹介してから、良い例文とポイントを解説するよ!

 

こんな観察力や洞察力の自己PRだと落ちる…あなたは大丈夫?

【NGな自己PR例文】

 

強みは観察力の高さです。

実際、アルバイト先の居酒屋の店長からよく言っていただく言葉です。週末や休日はお客さんで大混雑するので、そんな時ほど”周りをよく観察する”ことを心がけています。

結果的に、アルバイトの後輩がミスをしたら誰より早く駆けつけて対応できますし。焦った対応をしている子には、積極的に「いつでも助けるからね」と声をかけて落ち着いた接客ができるよう行動しています。

貴社に入社後も、観察力を活かして貢献します!

この文章のどこがNGだかわかりますか?

 

【9割の就活生知らない】この3つが書けていない自己PRはNG

【NGな理由3つ】

1.強みに具体性がない。

2.感情が伝わる文章がない。

3.強みの活かし方がシンプル過ぎる。

 

1つ目に、「強みは観察力の高さです!」と自己PRされたらどう思いますか?

ありきたり過ぎてイメージが沸かないし、印象にも残らないので低評価…。

もっと、具体性やあなたを採用するメリットが想像できる強みを書くことが大切です。

 

2つ目に、さっきのNG例文を読んでも書き手の内面が伝わってこないのでNGです。

自己PRはあなたの”内面”や”考え方”を知りたいから聞かれているので。

絶対に、「あなたがどんな思いで行動したのか?」などの感情が伝わる文章を書く必要があります。

 

3つ目に、自己PRでは一番最後の文章で”会社での貢献方法”を伝えるのが基本。

ですがさっきのNG例文では、シンプルすぎるんですよね。

具体的に書けていれば、熱意も伝わるのにもったいない…。

なので、「観察力や洞察力を使って、どう貢献するか?」を具体的に伝えましょう。

kae
①強みに具体性がない・②感情が伝わる文章がない・③強みの活かし方がシンプル過ぎる自己PRはNGだよ…。

 

簡単!ポイント3つで自己PRを高評価に【観察力・洞察力】

では、どういった内容を書けば評価される自己PRになるか疑問ですよね?

(この時点でまだ自己PRが書けてなくても焦らなくて大丈夫!)

 

ちなみに、良い自己PR例文を書きたいならこのポイント3つを意識しましょう。

【自己PRを書く時のポイント3つ】

1.強みを具体的に書く。

2.感情が伝わる文章を書く。

3.イメージできる強みの活かし方を書く。

kae
これから紹介する例文を何度も読めば、コツを掴んで書けるようになるから安心してね!

 

良い例文1.観察力を自己PRした場合【ポイント3つ】

【良い自己PR例文1】

 

強みは「君がいると安心して仕事ができる!」と言われるほどの観察力の高さです。(ポイント1:強みを具体的に書く)

 

実際、アルバイト先の居酒屋の店長からよく言っていただく言葉です。週末や休日はお客さんで大混雑するので、そんな時ほど”周りをよく観察する”ことを心がけています。

 

結果的に、アルバイトの後輩がミスをしたら誰より早く駆けつけて対応できますし。焦った対応をしている子には、積極的に「いつでも助けるからね」と声をかけて落ち着いた接客ができるよう行動しています。

 

これは「弱みを改善しても人並みにしかなれない。だからこそ、自分の強み(観察力)を活かした方が合理的に人の役に立てる」との思いから自然と身についた行動です。(ポイント2:感情が伝わる文章を書く)

 

貴社に入社後も、主体的に周りを見て学びを深めることができますし。仮にチームの誰かが困っていれば、一緒に解決策を考えるなど歩み寄った対応で売上UPに貢献します!(ポイント3:イメージできる強みの活かし方を書く)

 

面接官に強みをイメージしてもらうために、「君がいると安心して仕事ができる!」という言葉を入れてみました。

シンプルに「観察力がある」と伝えるより印象に残すことができます。

 

また、取り組みの後に感情が伝わる文章を書くことで、「こんな内面の子なのか」と理解してもらえるんです。

より強みや行動に説得力が生まれるので、自己PRの質もあがります。

 

さらに、最後の文章で「観察力の強みで困ってる人を助けて、売上にも貢献する」と伝えてますよね?

これにより、”強みの再現性”をアピールできるので説得力が高まるんです。

kae
こんな感じで、ポイント3つと良い例文を参考にして観察力の自己PR書いてみてね!

 

「こんな文章書けないよ」と思うかもですが、何度もトライするしかありません。

(自己PRは一度作って終わりじゃなく、ブラッシュアップが必須だからファイト!)

エピソードで悩んでるなら「これだけでエピソードがないを解決!高評価な自己PRが書ける!」ですぐ解決できます。

 

良い例文2.洞察力を自己PRした場合【ポイント3つ】

【良い自己PR例文2】

 

強みは洞察力の高さです。具体的に、新規営業が多い貴社の営業として、お客様の”本心”を考え抜いた提案をすることで満足していただき売上に貢献します!(ポイント1:強みを具体的に書く)

 

大学でのサッカーサークルでも発揮しました。私が3年の時、1年の男の子が打ち解けられず一人でいることに気付いたんです。その瞬間、「原因は?見落としている他の要因は?」と深く思考しました。そしてその子が皆と仲良くなれるよう、何気ない会話から理由を聞くことに。本心を理解するために「本当にこれが本音か?」と考えるクセをつけていました。

 

その結果、「サークルとは関係ない、アルバイトでの人間関係が問題だった」と原因が判明。解決に協力し、今では皆と仲良く活動できています。洞察力がなければ、「仲間とのノリが合わないから」など、ありきたりな結論になり解決できていなかったはずです。

 

「せっかくサークルに入ったからには、誰一人つらい思いをして欲しくないし、環境を整えることが上級生の役目」と思って行動していました。(ポイント2:感情が伝わる文章を書く)

 

疑いつつ本心をくみ取ることができれば、より深い顧客ニーズにたどり着けます。それは営業をするうえでも部下を指導する時でも役立つ能力です。こういった経験を活かし、売上に貢献します!(ポイント3:イメージできる強みの活かし方を書く)

 

観察力の例文とは違って、本質を見ることにフォーカスしたエピソードで考えてみました。

(ちなみに、人の本音を見る力は営業や事務職で重宝される強みだからおすすめ!)

 

この例文も、さっき紹介した3つのポイントを実践できてるので高評価になります。

強みをサラッと伝えた代わりに、二文目で具体的な魅力をアピールした自己PRです。

 

特に私は、ポイント2の”感情が伝わる文章を書く”ことが大事だと思っています。

そこが伝わらないと、面接官に「会ってみたい!」と思ってもらえないですし。

温かみがなく、ネットの自己PRをコピペしたような機械的な自己PRになるからです…。

だからこそ、「この時どんな思いで行動したんだっけ?」と深く考えてみてください。

kae
どんなに観察力や洞察力を発揮したエピソードが良くても、内面が伝わらない自己PRは無価値だよ…。

 

4:もっと観察力や洞察力の自己PRの質を高める方法【言い換え】

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

例文を見て、「どんな風に強みを言い換えたら良いかわらかない」と思ったのではないでしょうか?

ありきたりな強みを伝えても、「またこれか」と低評価になるのでNGです…。

良い例文でも紹介したように、”強みに具体性を入れる”こともおすすめですが。

強みを”言い換える”ことも、手っ取り早くできてあなたらしい自己PRになります。

 

こんな風に私だったら、言い換えます。

【観察力の言い換え例】

・誰よりも気付く力に長けている

・状況把握力があり臨機応変に対応できる

・小さな変化に気付くことで信頼を得られる

・周りの状況から取るべき行動を主体的に判断できる…etc.

 

【洞察力の言い換え例】

・物事の本質をだれよりも深く考察できる

・自己理解を深めて目標達成のために行動できる

・洞察したことを実践と改善で結果に結び付けられる

・相手の本音をくみ取り寄り添った解決策を導き出せる…etc.

 

コツは、”具体的に伝えること”ですね。

「どんな場面で、どんな風に観察力や洞察力を発揮するか?」を考えれば、簡単に思いつきます。

 

もしかすると、「あれ?私の強みって観察力・洞察力じゃないかも?」と思うかもしれません。

そんな時は、「【自己分析の強み一覧】見つけた強みの言い換え例も紹介【簡単】」を参考に考え直せばOKです。

kae
観察力や洞察力を自己PRする時は、ありきたりな強みにならないように言い換えるのもおすすめだよ!

 

5:内定に近づく観察力や洞察力を自己PRしたいあなたへ

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

ここまで読んでいれば、他の就活生よりも確実に実力がついているはずです。

もしかすると「まだ自己PRに自信がない」と思うかもですが、安心してください。

あなたのようにやる気があって行動できる人は、1カ月後2カ月後必ず結果に繋がります。

 

実際私も、就活を始めたころは自己PRが書けず1日5時間とか悩んでました。

それでも諦めず、バイト中や大学の休憩時間に考えてたんですよね。

結果的に、2週間かかりましたが書けるようになりましたし。

就活が本格化してから、1カ月で業界1位の大手に内定できています。

なので紹介した自己PRの作成法や例文を参考に、諦めずに頑張ってみましょう。

kae
では、復習の前に少しお知らせがあるから最後まで読んでね!

 

6:第一志望・納得内定できる6つの対策動画をプレゼント

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

公式LINEでは、私がインターンに3社連続で落ち、模擬面接すらダメ出しの嵐で、強み0・200文字の自己PRや志望動機すら書けない状態から…。

・1カ月で業界1位の大手に内定した方法。

・1200人以上が6社の複数内定・倍率400倍、大手、難関企業などに内定した方法。

・やりたいことを見つけて5社6社と複数内定できる対策法。

・対策を万全にして内定できない不安が0の状態で、第一志望・納得内定できる環境。

上記を無料で提供しています。

 

▼実際にこの対策法を実践した私や他の就活生は、下記の実績を出しています。

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

もしかするとあなたは、「凄い強みやエピソードがなく、自己PRや志望動機に自信がない」「漠然とした不安や焦りがある」

「ESや面接に落ちてばかりで内定できるか不安…」「志望業界や企業が見つからない」「就活に出遅れた…」と思っていませんか?

強みや凄い実績がなくてもESや面接を通過できる実力をつけて内定し、「なりたい自分」を実現したいなら下記から公式LINEを友達追加しておいてください。

 

また、期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

\すでに1266人以上の就活生が登録中!/
自己pr 観察力 自己pr 洞察力

▲タップで詳細が知れるページに移動します。

kae
無料で登録してプレゼントが受け取れるし、不要ならすぐ解除できるよ!

 

まとめ:こう伝えれば評価UPの観察力や洞察力の自己PRに!

自己pr 観察力 自己pr 洞察力

【今回の記事のまとめ】

 

・観察力や洞察力を自己PRするなら、ありきたりな伝え方にならないようにする。

そのために、企業が求める強み3つと絡めて伝える。具体的にイメージできるように強みを自己PRする。

・あなたの内面や考え方が伝わる文章を入れる。

・会社に入社した後、どんな風に強みを活かすかイメージできるように伝える。

 

kae
では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

他の就活生は「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方・プログラミング」も読んで内定に近づいています。

友だち追加