Kae:1カ月で業界1位の大手に内定

【注意点3つ!】落ちる素直が強みの自己PRとは?作成法・例文

友だち追加

kae

こんにちは、Kaeです!

強みや凄い実績がない人向けに、私が業界1位の大手に内定した対策法すべてを発信しています!

 

今回は、「【注意点3つ!】落ちる素直が強みの自己PRとは?作成法・例文」を解説します。

この1記事で、確実に内定できる素直が強みの自己PRが書ける内容です。

 

▼誰しも自己PRで一度は悩んだことがありますよね?

・「エントリーシートで素直さの自己PRを書きたいけど、作成法がわからない」

・「例文やポイントを見ても、素直さが伝わる自己PRが書けない…」

・「そもそも素直な強みを自己PRして、評価してもらえるか不安…」

・「来週の面接で、素直さを言い換えた自己PRで評価されたい!」

kae
実際私も強みやエピソードに自信がなくて、不安で泣いたこともある…。

 

この記事で伝えるノウハウを1つでも知らなかったら、今後の就活で確実に詰みます…。

①主体性や行動力がないと思われる自己PRはNG

②強みが素直さしか伝わらないと落ちる…

③どう素直なのか具体的に伝わらない自己PRはダメ

④素直さを言い換えて書き出し方にこだわるのが重要

⑤〇〇か?が伝わらない自己PRは低評価…

⑥面接に呼びたい!と思わせる締め方がある!

もし上記を1つでも知らなかったなら、この記事を読む価値があります。

 

今回紹介するのは、私の就活経験や1424人以上の就活生を指導し内定してきた中で習得した内容です。

もちろんこれだけではありませんが、これらを習得した結果私は下記の実績を出しています。

自己pr 素直

こういった過程で、評価され内定できる自己PRを完璧に習得してきました。

 

もしあなたが、「ESや面接を通過できる、素直が強みの自己PR作成法をマスターしたい」「就活で失敗しないために、ポイントや注意点を知りたい」

「確実に評価される、素直が強みの自己PRを伝えて内定したい!」「来週の選考を通過して内定を取り、周りを見返したい!」

と思っているのであれば、必ず役立つ内容なのでぜひ最後まで読んでください。

kae
記事後半では、第一志望・納得内定するための対策法6つも無料でプレゼントしてるよ!

 

【必読記事:まだ就活準備終わってないの?】

 

>>【時期別で解説】大学3年で就活何もしてないならすべき対策15

 

【もくじ】

1:なぜ自己PRが聞かれる?評価される自己PRは人柄が必須!

「すごい実績がないと自己PRは評価されないんでしょう…」と思っているなら大間違い!

評価される自己PRの特徴を知らないと、就活で失敗します…。

実際、これまで1424人以上に指導し、第一志望や大手内定に導いた私が解説しますね。

 

結論:自己PRは人柄を評価するために聞かれている

なぜなら、人柄で内定を決めるとのデータが出ているからです。

自己pr 素直

(引用:リクルート)

圧倒的に、就活生の内面を見て評価しているとわかりますよね?

 

そして自己PRとは、あなたの強みやアピールをすることです。

つまり、自己PRで人柄が伝わらないと評価されないということ。

(実際、就活生にこれらの内容を指導した結果、2社3社と内定をとってる!)

kae
自己PRは、すごい実績なんて必要ない代わりに、人柄を伝えることが評価ポイントだよ!

 

2:素直さは〇〇と絡めた自己PRで高評価!素直な人の特徴

自己pr 素直

「素直さの強みは面接官にも高評価でしょう!」と思っているなら危険…。

実際、素直さの強みだけでは評価されません。

評価される強みと絡めて、自己PRすることが大切なんです。

私が指導した就活生は、この方法でES通過率が100%になり、3ヶ月で2社に複数内定しています。

 

素直な強みと〇〇を一緒に自己PRすれば確実に高評価になる!

結論、これらの強みと一緒に素直さを自己PRしましょう。

自己pr 素直

(引用:高等教育に関するアンケート)

特に、主体性や行動力、課題設定や解決能力は企業が求めている強みです。

なので、それらが伝わる強みはエピソードを使えばいいだけ。

 

【例文】

・素直な強み×積極的に行動したエピソード

・素直な強み×課題や問題を解決したエピソード

・素直な強み×周りと協力したエピソード…etc.

 

素直さの強み単体では、評価されないと覚えておきましょう。

 

例えばどんな特徴がある人が素直な人柄と言えるか?

 

【こんな特徴があれば素直!】

・人の意見を素直に受け入れて反映した経験がある

・人の意見を取り入れて、成果を出したことがある

・自己流にならず知識ある人から学んだ経験がある…etc.

 

強みが素直な人の短所とは?【面接でも聞かれるよ】

 

【素直さの短所の例】

・周りの意見に流されやすい

・自分独自のこだわりを持ってやり抜くことが苦手

・人の意見を信じ切ってしまいやすい

・良い意味で奇抜な発想や行動が苦手

・主体的に動くことが苦手

 

ちなみに、短所の答え方も内定に直結するから重要ですよ。

kae
素直さを自己PRする秘訣はもちろん、素直な人の特徴や短所も押さえておこう!

 

3:5ステップ!エントリーシートの自己PR作成法【素直な強み】

自己pr 素直

簡単に、素直な強みで自己PRを作成したいですよね?

皆、この5ステップ作成法を知らないから書けないんです。

正直、この書き方をしないとESや面接通過は厳しい…。

実際に、業界1位の大手に内定した私が解説しますね。

 

自己pr 素直

 

【自己PR5ステップ作成法】

 

①強みとベネフィットを書く

②エピソード背景を伝える

③強みの根拠を書く

④ポテンシャルを伝える

⑤強みの活かし方と熱意を伝える

 

 

【必読記事:内定できる自己PRを書きたい?】

 

>>一瞬であなたが欲しいと思わせる!自己PRの書き方【新卒】

 

kae
ここまで読んでいる優秀なあなたなら、5ステップ作成法で自己PRすれば確実に高評価な内容になるよ!

 

1424人が実践!強み0でも大手に内定した6つの対策法【無料】

書き方などを解説してきましたが、この自己PRで内定できるかまだ不安ですよね?

実際、書けた気になっててもNGな自己PRを書いてる就活生は多い…。

 

そこで、私がおすすめしてるのが公式LINE(無料)です。

▼こういった内容が知れるので、自己PRの質も上がるし内定にめっちゃ近づけます。

期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

 

\すでに1424人以上の就活生が登録中!/自己pr 素直▲タップで詳細が知れるページに飛びます。

kae
10秒で友達追加できるし、不要になったら1タップで解除できるから損はしないよ!

 

4:この3つだけはやるな!素直が強みの自己PRでの注意点

自己pr 素直

あなたは、絶対に落ちる自己PRでの注意点を知ってますか?

この注意点3つを知らずに、ESで落ち続けている人が多いのが実情…。

実際私の元にも、「ES面通過できません…」との相談が来ますが。

この内容を教えるだけで、1ヵ月後には2社の内定をつかんだ女子就活生もいる内容です。

 

注意点1.主体性や行動力がないと思われる自己PRはNG

なぜなら、データでも紹介したように、主体的に行動できる人材を求められているからです。

素直さだけだと、「受け入れて反映する」強みは伝わりますが。

主体的に行動できる人材だとは伝わらないんです。

 

例えば、もしあなたが面接官なら、どっちを採用しますか?

 

【どっちの就活生を採用する?】

 

Aさん:強みは誰にも負けない素直さです!

Bさん:強みは、人の意見を素直に受け入れ、結果に繋げられる行動力です!

 

私だったら、絶対後者の就活生を採用しますね。

素直さも伝わりますし、行動できる優秀な人材だとわかるので。

主体性や行動力が伝わらな自己PRはNGです。

 

注意点2.強みが素直さだけしか伝わらない自己PRはNG

例えば、「素直さの強みを生かしてどう貢献するか?」が伝わらない自己PRは落ちます…。

なぜなら、企業は売り上げに貢献する人材が欲しいから。

これが伝わらない自己PRは、「結果は出しませんが雇ってください!」と伝えているのと同じレベル。

 

つまり、「素直さが強みです!」だけだと評価されないんですよね。

(添削してても、この強みの書き方をしてる人が多い…)

 

「どうやって売り上げに貢献すると伝えればいいの?」と思いますよね。

そんな時は、結論で強みを伝えた後に貢献方法を書いたり。

締めの文章で、入社後の意欲や活躍方法を書くのがおすすめです。

強みが素直さだけしか伝わらない自己PRはやめましょう。

 

注意点3.どう素直なのか具体的に伝わらない自己PRはNG

例えば、エピソードが具体的でないと、どう素直なのかは伝わりません。

素直さの根拠が伝わらない自己PRは、説得力に欠けるのでマイナス評価…。

例えるなら、「強みは素直さです。でも証明するエピソードはありません」と伝えているようなものです。

 

添削しても、エピソードが抽象的すぎる人がほんとに多い。

抽象的な内容ほど、しょぼさが出るので注意ですよ。

どう直なのか具体的に伝わらない自己PRはNGです。

kae
注意点3つを意識して自己PRすれば、ESで落ち続ける最悪の事態は防げるよ!

 

5:【NG例文3選】絶対内定できない素直が強みの自己PR

自己pr 素直

できることなら簡単に、自己PRを書いて内定をもらいたいですよね?

そんな時こそ、NG例文が役立ちます。

NG例文を知らないが故に、落ちる自己PRで選考を受け続けている人も多い…。

私がインターンに3者連続で落ち状態から、業界1位の大手に内定した秘訣なども交えて紹介しますね。

 

NG例文1.主体性や行動力がないと思われる自己PR

 

強みは「人の意見を素直に取り入れ、成果に繋げられること」です。

これは居酒屋のキッチンのアルバイトでも発揮した強みです。新人の頃に店長から、何度も手際の悪さなどを事細かに注意されたことがあります。素直に注意を取り入れないと、辞めされられるアルバイトまでいたほどです。(主体性や行動力がないと思われる自己PRなのでNG)

そのために、同じミスを繰り返さないようにメモを取るなどして、アルバイトに取り組みました。結果、2カ月後には、「Kaeは誰より料理の腕が上がったね!」と褒められるまでに!

入社後も、先輩上司の意見を素直に取り入れ、誰より早く現場で活躍できる営業になります!

 

優秀なあなたなら、なぜダメかわかったはず。

文中の「素直に注意を取り入れないと、辞めされられるアルバイトまでいたほどです。」から、嫌々行動しているのが伝わるのでNGです。

ここまで露骨に書いてなくても、主体性や行動力が伝わらない自己PRの人は多いです。

必ず、主体的に行動したエピソードを伝えましょう。

 

NG例文2.強みが素直さだけしか伝わらない自己PR

 

強みは「素直さ」です。(強みが素直さだけしか伝わらない自己PRなのでNG)

実際、大学3年の広告会社のインターンで発揮した強みです。インターンの数日前に上司から「1つでも社会で役立つ経験を得て欲しい」との思いを実現するため、忠誠心を持ち実行。

具体的に、①自前に広告に関する本を10冊読み、専門知識を習得。②毎日目標とノルマを決め、達成する。(できない時は自宅に持ち帰り達成するまで寝ない)③疑問は先延ばしせず3分以内に解決。1カ月継続した結果、入社1年目レベルの広告技術がつき、上司からも「過去一番、真面目で優秀だった!」との言葉をいただきました。

貴社でも培った技術で、誰より早く必要とされる社員になります。

 

冒頭の強みが、「素直さが強みです」とありきたりですよね?

ありきたりな強みは、面白みや差別化力が弱いのでマイナス評価…。

実際、ありきたりな強みを書いている就活生ほど落ちている人が多いです。

なので、強みを単体で表現するのはやめましょう。

 

NG例文3.どう素直なのか具体的に伝わらない自己PR

 

強みは「困難な目標でもひたむきに突き進める素直さ」です。

大学2年の時から始めた簿記の勉強でも発揮しました。「ダラダラ大学生活を過ごしたくない」との思いで、簿記の資格取得に挑戦。2級を目指して取り組みました。

具体的に、1日2時間の勉強や、性格に合った効率的な勉強法を確立。結果、8カ月後には2級に合格!

入社後もひたむきに業務に取り組み、営業として売り上げに貢献します!(どう素直なのか伝わらない自己PRなのでNG)

 

全文を読んでも、「どこが素直なの?」と疑問を持つ自己PRになっています。

説得材料として、”困難にも負けなかった描写”などが必要です。

 

添削してても、強みとエピソードが乖離してる人がたまにいます。

必ずどう素直なのかが伝わる自己PRにしましょう。

kae
就活戦略を読んでくれているあなたには、就活で失敗して欲しくない!だからNG例文の書き方は絶対ダメだよ!

 

6:確実に内定を掴み取る!素直が強みの自己PRポイント3つ

自己pr 素直

どんなポイントに気をつければ、内定できる自己PRになるか知りたいですよね?

これを知らずに、損してる就活が多いのも事実…。

実際この方法を実践し、1週間で評価される自己PRが書けるようになった就活生がいる内容を紹介。

 

【必読記事:もっと自己PR作成のコツが知りたい?】

 

>>15分で綺麗に書ける!自己PRの書き方・コツはコレ【例文あり】

 

ポイント1.素直さの強みを言い換えて書き出し方にこだわる

なぜなら、強みを言い換えないとありきたりで面白くないからです。

「また同じような強みだな…」と思われる自己PRは、確実に低評価…。

 

例えば何回も同じ話をしてくるお年寄りの話って、聞いていて苦痛ですよね?

実際人事からも聞いたのですが、強みや1行目が面白くないと、読むのを辞めることもあるそうです。

だからこそ、素直さの強みを言い換えた書き出し方が大切。

 

【必読記事:面接官の心を掴む書き出しをしたい?】

 

>>【書き出しで9割決まる】一行目がしょぼい新卒の自己PRはNG

 

素直さを別の言葉に言い換えて自己PRする方法はコレだ!

こんなふうに、簡単に素直さの強みは言い換えられます。

 

 

 

【関連記事:強みの言い換え方を知りたい?】

 

>>【自己分析の強み一覧】見つけた強みの言い換え例も紹介【簡単】

 

ポイント2.なぜ素直な強みや行動を発揮できたか?を伝える

さっきも伝えた通り、自己PRとか人柄を評価されているからです。

企業が評価したい人柄が伝わらない自己PRは、落ちるとわかりますよね?

実際私も、人柄を伝えた自己PRを書き、ESや面接を通過してきています。

 

そこでオススメなのが、「なぜ素直な強みや行動を発揮できたか?」を伝えること。

これを書くだけで、あなたの考えや人柄が伝わるんです。

 

【例文】

 

・素直に行動できた理由は、「意固地になるより、プロの意見を素直に取り入れた方が効率的に成長できる」と考えているからです。

→「自己流で進まず、成長のために他者の意見を素直に吸収できる人材だ」と良さが伝わる!

 

(ありきたりでしょぼい自己PRになるのは、この文章がないから…)

必ず、素直さや行動を発揮した理由を伝えましょう。

 

ポイント3.面接に呼びたい!と思わせる締め方にこだわる

なぜなら、締め方にこだわらないと、他の就活生に埋もれるからです。

正直、どの自己PRも同じようなレベル。

つまり、出来る限り熱意を伝えて差別化しないと、ES通過は厳しいんですよね。

 

そこでオススメなのが、自己PRの締め方にこだわること。

具体的な強みの活かし方や、熱意を伝えて、「面接に読んでみたい!」と思わせることが大切です。

実際、どっちの就活生生面接に呼びたいと思いますか?

 

【例文】

 

Aさん:入社後も強みを活かして頑張ります!

Bさん:入社後もひたむきに製品知識や目の前のお客様と向き合います。そうすることで、「〇〇社ならKaeさんがいるから買いたい!」と言ってもらえる営業として売り上げに貢献します!

 

私だったら、確実に後者の就活生を面接に呼びます。

これぐらい大きな差が出るので、締め方にこだわりましょう。

 

【必読記事:面接に呼ばれる自己PRを書きたい?】

 

>>【皆できてない】自己PRの締め方・終わり方はこの2つが大事!

 

kae
紹介したポイント3つを実践すれば、1週間もあればESや面接で効果が現れること間違いなし!

 

7:【高評価な自己PR例文3選】素直が強みの自己PRを伝授

自己pr 素直

どんな自己PRを書けばいいか、具体的な例文が知りたいですよね?

評価される例文を参考にしないと、自己PRはしょぼいまま…。

これから伝えるのは、私が一緒に選考対策をして、1週間後には内定を獲得した人がいる内容です。

 

 

例文1.素直が強みの自己PR【アルバイト・人の意見を取り入れる内容】

 

強みは「人の意見を素直に取り入れ、成果に繋げられること」です。失敗や指摘を素直に受け入れ、自分の成長剤にレベルUPすることで成長し続ける社員になります!(①強みとベネフィットを書く)

これは居酒屋のキッチンのアルバイトでも発揮した強みです。新人の頃に店長から、何度も手際の悪さなどを事細かに注意されたことがあります。面倒で辞める学生がいる一方。「意見を素直に取り入れて、誰よりも成長してやる!」との思いだったんです。(②エピソードの背景を伝える)

そのために、次のバイトで同じミスをしないよう自宅で練習したり。積極的に店長にアドバイスを求め業務に反映。2カ月ほど継続した頃には、「Kaeは素直だから誰より腕が上がったね!」と褒められるまでになりました。(③強みの根拠を書く)

素直に行動できた理由は、「意固地になるより、プロの意見を素直に取り入れた方が効率的に成長できる」と考えているからです。(④ポテンシャルを伝える)

入社後も、先輩上司の意見を素直に取り入れ、誰より早く現場で活躍できる営業になります!(⑤強みの活かし方と熱意を伝える)

 

素直さを伝えるために、「自己成長のために人の意見を素直に取り入れた」というエピソードにしてみました。

結論の強みで素直さを伝えることはもちろん。

エピソードから、本当に強みである証拠を伝えることも大切です。

向上心を持って素直に行動し続けられる人は、必要な人材なので評価してもらえます。

 

 

例文2.素直が強みの自己PR【忠誠心に言い換えた場合】

 

強みは「上司やお客様の要望に応えられる忠誠心」です。この強みで、「Kaeさんなら安心!」と言われる業務ができる社員になります。(①強みとベネフィットを書く)

実際、大学3年の広告会社のインターンで発揮した強みです。インターンの数日前に上司から「1つでも社会で役立つ経験を得て欲しい」との思いを実現するため、忠誠心を持ち実行。(②エピソードの背景を伝える)

具体的に、①自前に広告に関する本を10冊読み、専門知識を習得。②毎日目標とノルマを決め、達成する。(できない時は自宅に持ち帰り達成するまで寝ない)③疑問は先延ばしせず3分以内に解決。1カ月継続した結果、入社1年目レベルの広告技術がつき、上司からも「過去一番、真面目で優秀だった!」との言葉をいただきました。(③強みの根拠を書く)

ここまで取り組めたのは「会社とは自分の目標達成をする場以上に、上司やお客様の思いを実現する場である」との思っているからです。(④ポテンシャルを伝える)

貴社でも培った技術で、誰より早く必要とされる社員になります。そして、上司や会社の思いをくみ取り、自分の糧にできる社員として貢献します!(⑤強みの活かし方と熱意を伝える)

 

強みの素直さを、忠誠心に言い換えて自己PRしてみました。

ポイントは、行動力があると伝えることです。

なぜなら、た 忠誠心だけじゃ受け身なので主体性のない人物だと思われマイナス評価になるから…。

具体的に、「自前に広告の本10冊読んだ」などの経験から、行動力が伝わり評価されます。

 

【関連記事:行動力の強みを自己PRしたい?】

 

>>皆間違ってる!行動力の自己PR作成法【例文6つ・画像で解説】

 

例文3.素直が強みの自己PR【ひたむきさに言い換えた場合】

 

強みは「困難な目標でもひたむきに突き進める強さ」です。お客様が抱える悩みや要望にも、紳士に寄り添える営業になります。(①強みとベネフィットを書く)

大学2年の時から始めた簿記の勉強でも発揮しました。「ダラダラ大学生活を過ごしたくない」との思いで、簿記の資格取得に挑戦。2級を目指して取り組みました。(②エピソードの背景を伝える)

具体的に、1日2時間の勉強や、性格に合った効率的な勉強法を確立。何より、試験に落ちてもひたむきに進むことだけを考えました。結果、8カ月後には2級に合格!(③強みの根拠を書く)

それまで2回ほど試験に落ちたこともありましたが、「落ち込んでも何も得られない。意味のあることだけに時間を使うべき!」との思いで踏ん張れました。(④ポテンシャルを伝える)

入社後もひたむきに製品知識や目の前のお客様と向き合います。そうすることで、「〇〇社ならKaeさんがいるから買いたい!」と言ってもらえる営業として売り上げに貢献します!(⑤強みの活かし方と熱意を伝える)

 

素直さを、ひたむきさに言い換えて自己PRしてみました。

「試験に落ちてもひたむきに努力した」文章から、ひたむきさが伝わっています。

 

また、入社後の熱意にもこだわりました。

「Kaeさんがいるから買いたい!」と言ってもらえる営業として売り上げに貢献します!の文章だけで、独自性ある自己PRになりますよ。

kae
まずは例文を真似てもいいから、とにかく手を動かして少しでも自己PRを作成してみることが大事だよ!

 

8:周りからどんな人と言われるか?の質問で素直さを伝える例文

自己pr 素直

企業によっては、周りからどんな人と言われるか?の質問を受けますよね?

こういった質問に答えられないと、内定は厳しいです…。

そこで、これまで140社以上の選考を受けてきた私が解説します。

 

答え方は簡単で、結論+理由を話せばいいだけ。

特に文字数もないなら、自己PRのように構成などこだわる必要もありません。

 

【例文】

 

周りから、「人の意見を素直に取り入れられるよね」と言われることが多いです。(結論)

私は、居酒屋のアルバイトでキッチンを担当しています。そこでも、店長からの事細かな注意を素直に受け入れ改善することで、「今では誰よりも料理の腕が上がったね!」とお褒めの言葉をいただいた経験もあります。(理由)

 

重要なのが、自己PRで話した強みと乖離しないことです。

 

なぜ、「周りからどんな人と言われるか?」と聞かれていると思いますか?

なぜなら、「本当に自己PRで話した強みが事実か?」を見極める目的があるからです。

なので例文のように考えればOKです。

kae
素直さが強めの自己PRがかけた後は、こういった少し難しい質問にも答えられるようにしておこう!

 

9:高評価な素直が強みの自己PRで内定したいなあなたへ

自己pr 素直

就活が本格化してくると、「ほんとにこの自己PRで内定できるんだろうか…」と不安ですよね?

実際私も、不安でたまらなくて毎日泣いていたこともあります…。

 

それでも、あきらめず対策し続けた結果、業界1位の大手に内定できてるんです。

私が指導してきた1424人以上の就活生も、1ヵ月で6社内定を獲得したり、第一志望に内定しています。

 

これらができた人は、あなたのように逃げずに行動し続けた人。

この記事をここまで読んでいるだけで、かなり行動力もあるし素質があると思ってます。

そういう人は少し頑張れば良い結果になるので、諦めずに頑張っていきましょう!

kae
では、復習の前に少しお知らせがあるから、最後まで読んでね!

 

10:第一志望・納得内定できる6つの対策動画をプレゼント

自己pr 素直

公式LINEでは、私がインターンに3社連続で落ち、模擬面接すらダメ出しの嵐で、強み0・200文字の自己PRや志望動機すら書けない状態から…。

・1カ月で業界1位の大手に内定した方法。

・1200人以上が6社の複数内定・倍率400倍、大手、難関企業などに内定した方法。

・やりたいことを見つけて5社6社と複数内定できる対策法。

・対策を万全にして内定できない不安が0の状態で、第一志望・納得内定できる環境。

上記を無料で提供しています。

 

▼実際にこの対策法を実践した私や他の就活生は、下記の実績を出しています。

自己pr 素直

もしかするとあなたは、「凄い強みやエピソードがなく、自己PRや志望動機に自信がない」「漠然とした不安や焦りがある」

「ESや面接に落ちてばかりで内定できるか不安…」「志望業界や企業が見つからない」「就活に出遅れた…」と思っていませんか?

 

強みや凄い実績がなくてもESや面接を通過できる実力をつけて内定し。

「なりたい自分」を実現したいなら下記から公式LINEを友達追加しておいてください。

 

また、期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

 

\すでに1424人以上の就活生が登録中!/自己pr 素直▲タップで詳細が知れるページに移動します。

kae
無料で登録してプレゼントが受け取れるし、不要ならすぐ解除できるよ!

 

まとめ:

 

【この記事のまとめ】

・主体性や行動力がないと思われる自己PRはNG

・強みが素直さだけしか伝わらない自己PRはNG

・どう素直なのか具体的に伝わらない自己PRはNG

・素直さの強みを言い換えて書き出し方にこだわる

・なぜ素直な強みや行動を発揮できたか?を伝える

・面接に呼びたい!と思わせる締め方にこだわる

 

kae
では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

他の就活生は「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方・プログラミング」も読んで、さらに実力を付けています。

友だち追加