【絶対通過】OpenESの自己PR写真がない時の対処法!

kae
こんにちは、Kaeです!@y_shukatsu_y

 

 

こんな方におすすめ

「OpenESの、自己PR写真に使える写真がないよ。」

 

「どんな写真を選べば評価されるの?」

 

「写真がない状態で提出しても大丈夫?」

 

といった、疑問や悩みを解決します!

 

 

 


【Kae(筆者)とは】(→詳しいプロフィールを読む

業界No.1企業に内定した、18卒です。

kae
培ったノウハウで、700名以上の就活生を内定へと導いているよ!

 

 

この記事では、「OpenESの自己PR写真がない時の対処法」をお伝えします。

実は、写真より自己PRの内容がポイントなんですよ。(こっそり)

 

最後まで読んだころには、絶対に評価される自己PR写真ができます。

kae
OpenESの通過率も上がるね!

 

1:【必須】性格が伝わる自己PRを用意しよう!

まず、「性格が伝わる自己PRを書く為の、客観的な自己分析」が大切です。


なぜなら、面接官が一番知りたいことが「就活生の性格」だからです。

kae
性格が伝わらないと、確実に落ちるよ!

 

 

また、人は主観的になると判断力が2倍も落ちます。

つまり、自分一人で行った自己分析は、「間違いだらけ」という訳なんです。

 

そもそも、自己PRの内容がクソだと、写真が良くても評価が落ちますよね。

kae
自己PR写真以上に、自己PRの内容が重要だよ!

 

 

だからこそ、「性格が伝わる自己PRを書くための、客観的な自己分析」が大切です。

 

 

 

そこでおすすめなのが、客観的に自己分析できるこのツール(無料)です!

kae
就活生の3人に1人が使ってるよ!
実際の私の診断結果です

(上記は、私の分析結果の一部です。)

 


こんな風に、グラフや数値で性格をデータ化してくれます。

なので、客観的に自分の強みや弱みを判断できるんですよね。

 

 

他にも、就活戦闘力や適職まで分析してくれます。

kae
20種類近く試した中で、一番良かったツールだよ!

 

 

登録が必要ですが、30秒もあればすぐに終わります。

診断するなら、下記からどうぞ。

 

>>無料でキミスカの自己分析を受ける

 

メニューバーの「適性検査」から、すぐに診断可能です。

 

✔併せて就活対策メルマガもおすすめです。

※今だけ、参加者限定で、「強みがなくても書ける!自己PR作成の5ステップ!」という電子書籍もプレゼント中です。

 

 

※700名以上の就活生が参加中です。(ありがとうございます。)

 

 

 

ちなみに、自己PRの書き方は「OpenESの自己PRは「性格を伝える」書き方が重要!【例文あり】」でも解説しています。


また、悩む就活生が多い「100%通過!学業、ゼミ、研究室で取り組んだことの書き方【例文あり】」も併せてどうぞ。

 

 

 

では、客観的な自己分析ができた人から、写真がない時の対処に進みましょう!

 

2:OpenESの自己PR写真がない時の対処法!

OpenESの自己PR写真がない時は、これで解決です。

対処法.フリー素材で作成する。


自己PR写真がないなら、作ってしまえばOKです。

kae
具体的に、解説してくね!

 

OpenESの自己PR写真が評価される基準はコレ!

写真を選ぶ前に、自己PR写真の評価基準を押させておきましょう。


kae
評価基準はコレだよ!
・面接官の興味を惹かせられる写真。


なぜなら、少しでもOpenESを読んでもらうためです。


実は、OpenESは読まれずに捨てられるって、知ってましたか?

kae
大企業や、締め切り直前は特に読まれないよ…。

 

 

 

しかし、自己PR写真で興味を惹ければ、確実に読んでもらえますし。

自己PRの内容が良ければ、次の選考へと進めますよね。

kae
文字ばっかのOpenESって、読む気なくす。

 


だからこそ、「興味を惹かせられる写真」を選ぶことが大切なんです。

 

対処法.フリー素材で作成する

フリー素材での作成手順は、以下の2ステップです。

 

ステップ1.フリーサイトで写真を選ぶ。

 

ステップ2.写真をコラージュする。

 


まずステップ1として、フリーサイトにアクセスしましょう。

私のおすすめは、画像サイトのPixabay(無料)です。


キーワードを打ち込むと、画像が出てきます。

 

 

 

kae
実際に、自己PR写真の選び方を解説するよ!


自己PRの内容が下記だとすると…。

自己PRの内容:「アルバイトの話+粘り強さ」を自己PRにした場合。

 


kae
自己PR写真は、こんな写真を選ぶよ!

1つ目に選んだ写真


「接着剤の写真」で、粘り強さを写真で表現しました。

 

 

2つ目に選んだ写真

 

また、自己PRをイメージしやすいように、バイト先の写真も選びました。

 

ちなみに、自己PR写真は何枚組み合わせても構いません。

kae
写真がない時でも、フリー素材から選べば簡単だね!

 

 

 

次に、ステップ2として、自己PR写真をコラージュします。


kae
できた自己PR写真はこんな感じ!

Googleスライドで5分で完成。


面接官が、「おっ?!」と興味を惹ける写真になってますよね。

kae
繰り返しだけど、「面接官の興味を惹けるもの」を選ぼう!

 

 

 

この様に考えれば、手持ちの写真でも自己PR写真は作れます。

kae
既に持ってる写真+フリー素材でもOKだよ!


興味を惹く自己PR写真を、作ってみてくださいね。

 

OpenESの自己PR写真は「説明文」も重要!

自己PR写真が作れたら、「説明文」も考えましょう。


考え方としては、「写真の説明をする」だけでOKです。

あえて、興味を惹く写真を添付するので、その解説が必要だからです。

 


kae
考え方のイメージとしては、こんな感じ!

 

面接官:写真に興味を惹かれる。→「おっ?何だこれは?」

 

→説明文を読む。→「そういうことか!面白い!」

 

 

 

 

kae
前述した自己PR写真を例にすると、こんな感じ!
説明文:4年間、アルバイトをしています。接着剤のように強固な粘り強さが身につきました。(39文字)


こんな風に、写真の意味が伝わるように、解説すればOKです。

kae
説明文は、40文字ギリギリまで埋めようね!

 

 

 

自己PR写真と、説明文が書けたらこれで完璧です!


最後に、OpenESの編集画面でアップロードしておきましょう。


アップロード方法は、「OpenESの証明写真のデータ化やサイズ調節!【アップロードまで】」で解説しています。

 

よくある質問1:OpenESの自己PR写真がないまま提出はダメ!

絶対に、自己PR写真がない状態で、提出するのはダメです。


なぜなら、写真がないことで「手抜き」だと思われてしまいますし。

志望度の熱意も薄れてしまうからです。


私も採用活動をすることがあるけど、空欄が多い人は即落とします。

kae
そもそも、文字ばかりだと読みにくいよね…。

 

 

なので、自己PR写真がないまま提出するのは、厳禁です。

 

 

 

OpenESの自己PR写真が、ない人も多いですよね。

どんな写真を選べば良いか、判断も難しいと思います。


写真がない時は、「面接官の興味を惹く写真」を写真を選びましょう!

絶対に評価される自己PR写真ができあがります。


このブログを読み込んで、戦略的な就活法を手に入れて下さいね。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

人気記事:100%通過するOpenESの書き方!【例文あり】」OpenES

私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。

「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。

 

でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。

毎日のように不安で泣いていました。

夏のインターンも全て落ちたし。

解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。

 

しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。

 

常識とされている、

・自己分析

・説明会

・OB訪問

これらすべてを辞めただけです。

 

今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。

 

私が実践した「就活の本質やテクニック」は
無料メルマガの1通目でお渡ししています。

※期間限定で、就活の本質が学べる特別プレゼント(127ページ)もお付けしています。

今までの常識を覆す就活法です。

→内容をチェックしてみる。