Kae:1カ月で業界1位の大手に内定

インターンの200字自己PRはコレがないと落ちる!【例文6つ】

友だち追加

kae

こんにちは、Kaeです!

強みや凄い実績がない人向けに、私が業界1位の大手に内定した対策法すべてを発信しています!

 

今回は、「インターンの200字自己PRはコレがないと落ちる!【例文6つ】」を解説します。

この1記事で、確実に内定できるインターンの200字自己PRが書ける内容です。

 

▼誰しも自己PRで一度は悩んだことがありますよね?

・「インターンで200字の自己PR作成が必要だから、強み別での例文を参考にしたい」

・「確実に評価される自己PRを書いて、絶対インターンに落ちたくない!」

・「200字だと文字数が少なく、うまく自己PRがまとまらない…」

・「インターンの200字の自己PRでは、何が評価されるかわからず不安…」

kae
私も200字の自己PR作成に、2週間もかかったから凄くわかる…。

 

この記事で伝えるノウハウを1つでも知らなかったら、今後の就活で確実に詰みます…。

①自己PRのエピソードや取り組みが曖昧だとNG

②エピソードのすべてを伝えようとすると危険

③インターンでやりたいことを自己PRだと落ちる…

④自己PRの書き出しで〇〇をするのが通過のコツ!

⑤ポテンシャルが伝わる文章を書き他者と差別化せよ

⑥自己PRの締めで”あること”を書かないと落ちる

もし上記を1つでも知らなかったなら、この記事を読む価値があります。

 

今回紹介するのは、私の就活経験や1424人以上の就活生を指導し内定してきた中で習得した内容です。

もちろんこれだけではありませんが、これらを習得した結果私は下記の実績を出しています。

インターン 自己pr 200字

こういった過程で、評価され内定できる自己PRを完璧に習得してきました。

 

もしあなたが、「インターンを通過できる、200字の自己PRが書きたい!」「就活で失敗しないために、200字の自己PR例文を参考にしたい」

「200字でまとめるコツを知って、インターンに通過したい!」「高評価な自己PRでインターンに通過して、周りを見返したい!」

と思っているのであれば、必ず役立つ内容なのでぜひ最後まで読んでください。

kae
記事後半では、第一志望・納得内定するための対策法6つも無料でプレゼントしてるよ!

 

【必読記事:まだ何も就活対策が終わってないなら】

 

>>【時期別で解説】大学3年で就活何もしてないならすべき対策15

 

【もくじ】

1:インターン先の企業は200字の自己PRで何を評価するか?

インターン 自己pr 200字

ほとんどの就活生が間違っている、インターンの自己PRで評価されることを知っていますか?

これを知らないと、200字の自己PRは低評価のまま…。

実際、業界1位の大手に内定した私が解説します。

 

結論、インターンの自己PRでは「内面と自己PRのわかりやすさ、熱意」の3つを見られています。

実際、こんなデータも出ているほど。

インターン 自己pr 200字

(引用:リクナビ)

 

特に重要なのが、内面を伝えることです。

もしあなたが「熱意さえ伝われば通過できると思ってた」なら、インターンの通過率は下がる一方…。

200字の自己PRでは、内面とわかりやすさ、熱意が通過のコツですよ。

kae
ほとんどの就活生が評価ポイントを知らないから、この3つを200字の自己PRで伝えれば高評価!

 

2:インターンの200字自己PRではこの強みで通過率がUP!

インターン 自己pr 200字

できるだけ簡単に、高評価なインターンの200字自己PRを書きたいですよね?

これから紹介するあることが伝わらない自己PRは、絶対評価されません…。

過去に就活生を指導した結果、ES通過率が100%になり、3社内定を出させだ経験がある私が解説します。

 

結論、これらの能力が伝わる自己PRをすべきです。

インターン 自己pr 200字

(引用:高等教育に関するアンケート)

このように、企業は主体的に行動し、課題解決できる就活生を求めていますし。

そういった能力がある就活生に内定を出すんです。

つまり、インターンでもこれらの能力を自己PRできれば、100%評価されるということ。

 

なので、200字の自己PRで、主体性や行動力などをアピールできないか考えてみてください。

 

【関連記事:強みの言い換え方を知りたいなら】

 

>>【自己分析の強み一覧】見つけた強みの言い換え例も紹介【簡単】

 

kae
これらの能力を強みとしてアピールしてもいいし、エピソードから伝わるように工夫するのもオススメ!

 

3:簡単!インターンの自己PRを200字で作成する4ステップ

インターン 自己pr 200字

正直「200字の自己PRってうまくまとまらない…」と悩みますよね?

しかし自己PRがしょぼいと、インターンの通過は不可能です…。

これまで就活生に指導し、1週間でESの通過率を上げた経験もある私が解説します。

 

結論、この4ステップなら簡単に200字自己PRが完成します。

インターン 自己pr 200字

この作成法で自己PRを書かないと、評価の対象にすらなりません。

例えるなら、銃を持っている相手に、竹槍で勝負を挑むようなもの。

確実に評価される構成や、伝えるべき内容が伝わる4ステップ作成法が重要なんです。

 

詳しい書き方は、別の記事で解説しています。

 

【必読記事:200字で自己PRを作成するなら】

 

>>【200字の自己PR】注意点3つを知らないと落ちる…例文7選

 

kae
就活戦略で伝えている200字の自己PR作成法は、どのサイトよりもインターン通過率が上がること間違いなし!

 

1424人が実践!強み0でも大手に内定した6つの対策法【無料】

書き方などを解説してきましたが、この自己PRで内定できるかまだ不安ですよね?

実際、書けた気になっててもNGな自己PRを書いてる就活生は多い…。

そこで、私がおすすめしてるのが公式LINE(無料)です。

▼こういった内容が知れるので、自己PRの質も上がるし内定にめっちゃ近づけます。

 

期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

 

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

 

\すでに1424人以上の就活生が登録中!/インターン 自己pr 200字▲タップで詳細が知れるページに飛びます。

kae
10秒で友達追加できるし、不要になったら1タップで解除できるから損はしないよ!

 

4:注意点3つを知らないと落ちる!インターンの200字自己PR

インターン 自己pr 200字

「来週締め切りのインターンに落ちたらどうしよう…」と不安ですよね?

しかし、この注意点3つを知らないと、インターン通過は厳しいです…。

実際に就活生でも、10社以上インターンに落ち続けて参加できなかった人もいるほどなので。

 

注意点1.自己PRのエピソードや取り組みが曖昧だとNG

冒頭で伝えた、インターンで評価される内容を覚えていますか?

具体的な内容が伝わる自己PRを、評価すると書いてありましたよね。

だからこそ、具体性がない伝わりにくい自己PRは落ちるんです。

 

伝わらない自己PR=初めから何も伝えないのと同じですよ。

なので、自己PRのエピソードや取り組みが曖昧だとNG。

 

注意点2.エピソードのすべてを伝えようとするのはNG

なぜなら、200字の自己PRですべて伝えるのは不可能だからです。

無理にエピソードすべてを詰め込むと、逆にわかりにくくなりますし。

文字数が足りずに、1番伝えるべき内面や熱意を書くことができなくなります。

(エピソードを伝えすぎて、ダメな自己PRを書いてる就活生が多い!)

 

そもそも、なぜ200字で自己PRを聞かれていると思いますか?

理由は、企業が自己PRにそこまで重きを置いていないからです。

つまり、自己PRよりも文字数が多い質問に注力した方が、が通過率は上がるということ。

 

こういった理由から、200字の自己PRで全てを伝えようとするのはNGです。

 

注意点3.インターンでやりたいことを自己PRするのはNG

なぜなら、企業は「会社の結果につながる優秀な人材がほしい」と思っているからです。

もっと言えば、早期に優秀な人材を見つけたいと思っています。

 

そこであなたが、「インターンではこんなことをやりたいです!」と自己PRすればどうでしょうか?

面接官は「自分本位だな…活躍できる人材かどうかを知りたいのに…」と幻滅するでしょう。

 

なので、強みを生かして売り上げに貢献することを自己PRする必要がありますし。

それが伝われば、熱意の証明にもなり、インターン通過率も上がるんです。

 

こういった理由から、インターンでやりたいことばかり自己PRするのはNGです。

kae
インターンのESや面接で落ちる就活生ほど、この注意点3つができていないから要注意!

 

5:【NG例文3選】インターン不採用になる200字の自己PR

インターン 自己pr 200字

実は、よくある200字の自己PR例文は、NG例文が多いと知っていますか?

NGな自己PR例文を参考にすると、インターンに落ち続けることに…。

実際これまで、就活生に自己PR指導をして、2社3社とインターンに通過させてきた私が解説します。

 

NG例文1.自己PRのエピソードや取り組みが曖昧だとNG

 

強みは困難にも屈さない粘り強さです。

所属するサッカー部でも発揮した強みです。レギュラーとして活躍していたのです大ケガをしてしまいました。しかし諦めず、辛いリハビリを乗り越えました。日によっては朝から夜までリハビリをした程です。その結果、再度レギュラーに返り咲いた経験があります。(エピソードや取り組みが曖昧だとNG)

インターンで壁にぶち当たっても諦めず、結果にこだわる人材として活躍します!(189文字)

 

就活戦略を読んでる優秀なあなたなら、どこがNGな自己PRがわかりましたよね?

この200字の自己PRを読んでも、大学何年のエピソードがわかりませんし。

どこを怪我して、どのくらいの期間リハビリしたのかなど、具体的な内容がないんです。

 

こういった曖昧な自己PRだと、面接官は共感できずに評価してくれません。

なので、200字の自己PRを書くときは、具体性を意識しましょう。

 

NG例文2.エピソードのすべてを伝えようとするのはNG

 

強みは根気強く課題解決できることです。

大学2年次に、ゼミの世界のCO2排出削減の討論でも発揮した強みです。討論の期間が約3週間あったため、初めの1週間で環境問題に関する本を20冊読破し勉強しました。また、実際に環境問題に関する仕事をされている方から話を聞き、現実的な具体例を2週間考え続けました。

これらから考えた案を発表したところ、ゼミ内で高評価に!教授からも、「最後まで誰より熱心に取り組めていた」とお褒めの言葉をいただいた程です。(エピソードのすべてを伝えようとしているのでNG)(217文字)

 

この200字の自己PRを読んでわかるように、エピソードが詰め込まれすぎですよね?

その結果、表面的な自己PRになっていますし。

ポテンシャルや熱意を伝える文章を書けてないので、評価にすら値しません…。

 

具体的に書くことも大事ですが、それ以上にポテンシャルや熱意を伝えることも大切。

200字の自己PRで、エピソードすべてを詰め込むのはNGです。

 

NG例文3.インターンでやりたいことを自己PRするのはNG

 

強みの挑戦心の高さです。

この強みは大学2年から始めたTOEICの勉強で培いました。200点から800点を目指し、無謀な状態から1年で600点UPを達成した経験があります。

貴社のインターンでも挑戦心を大切に、新商品のパッケージ開発で良い結果が出すことが目標です。また、営業にも興味があるため、TOP営業の方からセールストークを学び、今後の経験値にしたいと思っています。(インターンでやりたいことを自己PRしているのでNG)(183文字)

 

自己PRの後半で、インターンでやりたいことをアピールし過ぎています。

企業が求める「企業で役立つ人材である」とのアピールにはなっていません。

その結果、必要性を感じない人材となり、ESで落ちるんです…。

 

もちろん、多少はやりたいことを自己PRしても構いません。

ですが、それ以上に強みを生かした活躍方法や。

インターンに対する熱意を自己PRしたほうが、通過率は上がりますよ。

kae
紹介した200字の、NG自己PR例文みたいな書き方をしている就活生が多いから、要注意だよ!

 

6:インターン通過率が2倍UP!200字自己PRのポイント3つ

インターン 自己pr 200字

「できるだけ楽に、200人の自己PRを書いてインターンに通過したい!」と思いますよね?

そんな時は、このポイント3つを知らないと通過率が半減します…。

実際これまで、就活生に指導し2ヶ月後には6社や、難関企業に内定させてきた私が解説。

 

【必読記事:自己PR作成のコツが知りたいなら】

 

>>15分で綺麗に書ける!自己PRの書き方・コツはコレ【例文あり】

 

ポイント1.自己PRの書き出しで確実に面接官の心を掴む

なぜなら、200字の自己PRは、書き出しで9割評価が決まるからです。

書き出し方がしょぼいと、その企業のインターンは100%落ちると思っていいレベル。

 

例えるなら、第一印象が良い企業は記憶に残るし、ずっと好印象ですよね?

それと同じように、自己PRの書き出しが好印象な就活生も、面接官の印象に残るんです。

 

特にインターンは本選考より応募数も多く、激戦になります。

つまり、ありきたりな書き出しだと、200字の自己PRは評価すらされない…。

なので必ず、高評価になる書き出し方がポイントです。

 

【必読記事:インターン通過率が上がる書き出しをしたいなら】

 

>>【書き出しで9割決まる】一行目がしょぼい新卒の自己PRはNG

 

ポイント2.ポテンシャルが伝わる文章を書き他者と差別化する

(ポテンシャルとは:あなたの内面が伝わる文章)

なぜなら、冒頭で伝えたように、内面が伝わる自己PRが高評価になるからです。

しかしほとんどの就活生は、ポテンシャルを伝える文章を書きません。

 

つまりあなたが、ポテンシャルが伝わる文章書けば、他社と差別化できる!

 

実際この方法を、本選考でも就活に教えた結果、2社3社と内定を掴んでいる人が多数いる内容です。

そもそも、企業が知りたいことを伝えられてない自己PRは、評価の対象外…。

例えるなら、タイヤのない車でF1レースに出ようとしているくらい論外です。

このように、200字の自己PRはポテンシャルを伝えることがポイントですよ。

 

ポイント3.自己PRの締めで「この子なら活躍してくれる!」と確信させる

なぜなら、企業はインターンで早期に優秀な人材を取っておこうと考えているから。

そこであなたが、「インターンでこう活躍します!」と伝えれば評価されます。

 

しかしほとんどの就活は、インターンでやりたいことを自己PRするだけ。

結果、企業の評価とのミスマッチが起きてインターンに通過できないんです…。

具体的に、どんな強みを生かして貢献するかを書いて、通過率を上げましょう。

 

200字の自己PRは、「この子なら活躍してくれそう!」と伝えるのがポイントです。

 

【必読記事:高評価な自己PRの締め方を知りたいなら】

 

>>【皆できてない】自己PRの締め方・終わり方はこの2つが大事!

 

kae
3つのポイントで200字の自己PRを書けば、大手や難関のインターン通過率が上がること間違いなし!

 

7:これで高評価!インターンの自己PR例文【200字】

インターン 自己pr 200字

正直「来週のインターン選考で受かる気がしない…」と不安もありますよね?

確実に高評価な200字の自己PR例文を参考にしないと、良いESはできあがりません…。

これまで1424人以上を指導し、複数内定や大手など内定させてきた私が解説。

 

【必読記事:もっと自己PR例文を見たいなら】

 

>>これで勝てる!新卒の自己PR例文7種類【書き方・ポイント】

 

例文1.インターンの200字自己PR【課題解決能力が強みの場合】

 

強みは根気強く課題解決できることです。誰より貪欲に参加し成果を出すとお約束します!(①強みとベネフィットを書く)

大学2年次にゼミの世界のCO2排出削減の討論でも発揮。その際教授から「最後まで誰より熱心に取り組めていた」とお褒めの言葉をいただいた程。(②エピソード背景を伝える)

私は常に「根気強い取り組みで達成できないことはない」と思っているんです。(③ポテンシャルを伝える)

インターンの新規事業立案でもとことん課題に向き合います。貴社の売上に貢献できるよう尽力します!(④強みの活かし方と熱意を書く)(192文字)

 

課題解決力の強みで、200字の自己PRを作成しました。

記事の前半で伝えたように、課題解決できる就活生は企業が求める能力です。

なのでインターンの自己PRでもアピールできれば、高評価間違いなし!

 

特に、「課題解決力を生かして「 インターンでどう活躍するか?」を伝えられれば、2倍3倍評価が上がりますよ。

 

例文2.インターンの200字自己PR【挑戦心が強みの場合】

 

強みの挑戦心で、必ず結果にたどり着く精神でインターンに参加します!(①強みとベネフィットを書く)

この強みは大学2年から始めたTOEICの勉強で培いました。200点から800点を目指し、無謀な状態から1年で600点UPを達成した経験があります。(②エピソード背景を伝える)

これを達成できたのは「初めから諦めるのではなく、まずは挑戦すべし」との思いがあったからです。(③ポテンシャルを伝える)

貴社のインターンでもどんな困難があっても、まずは挑戦する心を大切に行動し必ず乗り越えてみせます!(④強みの活かし方と熱意を書く)(200文字)

 

挑戦心の強みで、200字の自己PRを作成しました。

また、インターンでやりたいことを自己PRするのではなく。

「挑戦心を生かして、インターンでどう活躍するか?」を自己PRしているので、高評価です。

ちなみに、200字の自己PRの場合、文字数ギリギリまで作成すると熱意が伝わるのでオススメ。

 

例文3.インターンの200字自己PR【粘り強さが強みの場合】

 

強みは困難にも屈さない粘り強さです。最終日まで仲間と協力しながら、粘り強く業務に取り組みます!(①強みとベネフィットを書く)

大学2年の時に所属するサッカー部でも発揮。レギュラーとして活躍していたのですが膝を大ケガ。1年のリハビリを乗り越え再度レギュラーに返り咲いた経験があります。(②エピソード背景を伝える)

折れずに行動できたのは「毎日1%の努力は1年で37倍になる」との思いを持っていたからです。(③ポテンシャルを伝える)

インターンで壁にぶち当たっても諦めず、結果にこだわる人材として活躍します!(④強みの活かし方と熱意を書く)(207文字)

 

粘り強さの強みで、200字の自己PRを作成しました。

「折れずに行動できたのは、毎日1%の努力は1年で37倍になるとの思いを持っていたからです」と伝えています。

これは、101%の365乗= 3780%になるということ。

 

こういった内面が伝わる文章を書けば、企業が知りたい人柄を伝えることができますよ。

 

【関連記事:コツコツ努力できる強みで自己PRするなら】

 

>>【評価UPの例文】コツコツ努力が強みの自己PR【内定者が解説】

 

例文4.インターンの200字自己PR【真面目さが強みの場合】

 

強みは人一倍の責任感で必ず目標を達成することです。インターンのセールス営業実践でも、どんな取引先相手にも折れず提案する人材として精進します。(①強みとベネフィットを書く)

所属するバレーボールサークルでも強みを発揮。大学2年の市大会で優勝を目指していたのですが敗退。しかし3年での優勝を目標に行動し達成した経験があります。(②エピソードの背景を伝える)

これは「約束したことは1年2年かかっても必ずやり遂げる!」との思いがあったからこそです。(③ポテンシャルを伝える)

強い責任感で些細な仕事でも全力を尽くす人材として、インターンに挑みます!(④強みの活かし方と熱意を書く)(227文字)

 

真面目さの強みが伝わる自己PRを、200字で書いてみました。

インターンでセールス営業を実践するていで、考えています。

 

もしインターンで行うことがわかっているなら、それを絡めて自己PRするのがオススメ。

例えば、「セールス営業の実践でも、折れずに提案できる人材として精進します」

と伝えられれば、誰よりもインターンに熱意がある就活生だと自己PRできますからね。

 

【関連記事:真面目さの強みで自己PRしたいなら】

 

>>知らないと損!真面目さの自己PRポイント3つ!言い換え例あり

 

例文4.インターンの200字自己PR【柔軟性が強みの場合】

 

強みは臨機応変に対応できる柔軟性です。どんな課題も対応しTOP成績を出せるよう精進します!(①強みとベネフィットを書く)

大学2年で1年間オーストラリア留学した時も発揮。即座に異文化に馴染み、積極的な友達作りや英語での会話を実行。結果、日常会話ができるレベルまで上達したのです。(②エピソード背景を伝える)

これは常に「目標達成のために強みの柔軟性を活かせないか?」と考えていたからこその結果です。(③ポテンシャルを伝える)

インターンでも環境にいち早く馴染み、信頼関係を構築して課題に貢献します!(④強みの活かし方と熱意を書く)(204文字)

 

柔軟性の強みで、200字自己PRを考えました。

より内面が伝わるように、「なぜ柔軟に行動できたのか?」を書いて、アピールしています。

 

【関連記事:柔軟性の強みを自己PRするなら】

 

>>【柔軟性の自己PR例文6つ】ポイント3つで高評価!添削あり

 

例文5.インターンの200字自己PR【向上心が強みの場合】

 

強みは常に効率的な方法を求められる向上心です。成果を出すだけでなく効率的な業務で貢献します。(①強みとベネフィットを書く)

2年の時コンビニのアルバイトでも発揮。来店数の割に業務量が多いことが問題でした。そこでマニュアル作成などを行い効率化を達成した経験があります。(②エピソードの背景を書く)

達成できたのは「サボって楽をせず、今苦労して効率的な方法を見つければ将来楽できる」との考えを持っているからです。(③ポテンシャルを書く)

些細な業務でも、効率的な方法を見つけ最短で結果を出します!(④強みの活かし方と熱意を書く)(201文字)

 

向上心の強みで、200字の自己PRを作成しました。

向上心=主体性や行動力があると伝わるので、高評価です。

 

【関連記事:向上心の強みを自己PRしたいなら】

 

>>注意!向上心の自己PRはコレがないと落ちる!作成法・例文6つ

 

例文6.インターンの400字自己PR【バイトのエピソード】

 

強みは、相手目線で最適解の提案ができることです。インターンのプレ営業でも、クライアントに最適解を提示し利益UPにつながる結果を出せます。(①強みとベネフィットを伝える)

大学3年の時、居酒屋接客のアルバイトでも発揮。「注文時に利益が出るデザートを2回はすすめる」という暗黙のルールがありました。ですが「押し売りは楽しい気分が台無しでは?」と疑問を持ち、心地良い接客を実践。(②エピソード背景を伝える)

具体的に、①利益優先ではなく、お客さんが注文したメニューに合ったデザートを提案。②デザートを進めて頼んでくれたお客様を記憶し、次の来店時に必ずお礼。3カ月継続した頃にはデザートを注文してくれる人も増加しました。結果、利益もUP!(③強みの根拠を書く)

これは常に「自分ではなく相手優先で考える!ギブ&ギブ&ギブ&テイクくらい相手を思いやり行動する」と心がけているからです。(④ポテンシャルを伝える)

インターンでも、相手目線に立った提案で業務に参加します。そして、お客さんの満足度を高め、会社にも利益を出すくらいの思いで尽力します!(⑤強みの活かし方と熱意を伝える)(410文字)

 

200字ではなく、400字で自己PRを作成しました。

ちなみに、400字の自己PRは200字とは作成法が違うので要注意。

400字の自己PR作成法は、別記事で解説しています。

 

 

kae
紹介した200字の自己PR例文を参考にすれば、あなたならインター通過率が上がること間違いなし!

 

8:インターンの200字自己PRのエピソードや強みがない?

インターン 自己pr 200字

正直、「自信を持って自己PRできるエピソードや強みがない…」と思いますよね?

強みやエピソードがしょぼいと、200字よ自己PRは低評価のまま…。

実際私も、ありきたりな強みだったが故に、模擬面接でボロボロに詰められたこともあるほど。

 

ですが私からすれば、半日もあれば強みや高評価なエピソードは見つかります。

詳しくは別記事で解説しています。

 

 

kae
就活戦略を読んでおけば、自己PRでつまずくことは一切なくなるから、別記事も呼んでね!

 

9:200字自己PRでインターンを通過したいなあなたへ

インターン 自己pr 200字

インターンに通過するために、この時期から行動しているあなたは優秀です。

そして、就活戦略で伝えた、200字の自己PR作成法を実践すれば。

ちょっと頑張るだけで、他の就活生に負けない自己PRができあがりますし。

2社3社と、インターンに通過できること間違いなしです。

 

これからの就活で、何をどんなふうに進めていけばいいか不安も多いですよね?

ですが、今から少しずつ行動していけば、必ず良い結果になる!

これからも就活戦略を読みながら、内定に近づいていきましょう!

kae
では、復習の前に少しお知らせがあるから、最後まで読んでね!

 

10:第一志望・納得内定できる6つの対策動画をプレゼント

インターン 自己pr 200字

公式LINEでは、私がインターンに3社連続で落ち、模擬面接すらダメ出しの嵐で、強み0・200文字の自己PRや志望動機すら書けない状態から…。

 

・1カ月で業界1位の大手に内定した方法。

・1200人以上が6社の複数内定・倍率400倍、大手、難関企業などに内定した方法。

・やりたいことを見つけて5社6社と複数内定できる対策法。

・対策を万全にして内定できない不安が0の状態で、第一志望・納得内定できる環境。

上記を無料で提供しています。

 

▼実際にこの対策法を実践した私や他の就活生は、下記の実績を出しています。

インターン 自己pr 200字

もしかするとあなたは、「凄い強みやエピソードがなく、自己PRや志望動機に自信がない」「漠然とした不安や焦りがある」

「ESや面接に落ちてばかりで内定できるか不安…」「志望業界や企業が見つからない」「就活に出遅れた…」と思っていませんか?

 

強みや凄い実績がなくてもESや面接を通過できる実力をつけて内定し。

「なりたい自分」を実現したいなら下記から公式LINEを友達追加しておいてください。

 

また、期間限定で「自己PRや志望動機が書けない・自信0…」を100%解決!

無い内定の不安0で、第一志望・納得内定できる6つの対策動画もプレゼントしています。

 

【友達追加で受け取れるプレゼント6つ】

0章:どうやって無い内定の不安を0にして、第一志望・納得内定できるのか?

1章:これで就活の不安が0に!ESと面接の通過率を上げる7つの就活対策法

2章:30分で簡単!評価UPの強み・やりたいことがわかる7ステップ自己分析法

3章:凄い経験や強みが0でも内定!5ステップの自己PR・ガクチカ作成法

4章:これだけで面接官の心をグッと掴み高評価!3ステップの志望動機作成法

特典1:あなたの思い通りに選考通過!内定が出やすい企業70選と見極め方

 

特典が消えないうちに友達追加しておいてください。

 

\すでに1424人以上の就活生が登録中!/インターン 自己pr 200字▲タップで詳細が知れるページに移動します。

kae
無料で登録してプレゼントが受け取れるし、不要ならすぐ解除できるよ!

 

まとめ:

 

【この記事のまとめ】

・自己PRのエピソードや取り組みが曖昧だとNG

・エピソードのすべてを伝えようとするのはNG

・インターンでやりたいことを自己PRするのはNG

・自己PRの書き出しで確実に面接官の心を掴む

・ポテンシャルが伝わる文章を書き他者と差別化する

・自己PRの締めで「この子なら活躍してくれる!」と確信させる

 

kae
では、最後まで読んでいただきありがとうございました!
他の就活生は「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容の書き方・プログラミング」も読んで、さらに実力を付けています。

友だち追加